« すてーしょなりー | トップページ | 観測点 »

2009年5月14日 (木)

ファッション

どうやらPOMERAに新色が出るらしい。オプションのソフトケースも多色展開する様子。
結構チャレンジな製品だったけど、意外と話題になったので、思ったよりも売れたってことなんだろうか。
 
でも、さすがに、これ以上の新規ユーザーがいるかは疑問。とりあえず、SDHCくらいは対応しないと。
まぁ、テキストファイルだけで2GB以上の容量を埋めるとは思えないけれど、どんどん値段が下がっていることを考えれば、扱える容量は大きい方がいい。
 
ただ、メーカーが考えなければいけないのは、「売れているか?」という点ではなく、「使われているか?」ということ。
不況不況と言われて小売業も不振と言われている中にあって売れているんだからいいじゃないと思われるかもしれないけれど、ネットで話題になったりして売れたデジタル機器やソフトは、その出荷数ほどに実ユーザーは多くない。それは、飛びついたユーザーが、いわゆるガジェット好きな軽いオタクで、話題になった面白そうなものには簡単にお金を出す層であり、自分に本当に必要なものかは、あまり吟味していないから。

というか、最近は「オレ達が流行を作っている」と思ってる集団が多くて困る。

そういった層は一定数いて、それが「メーカーが想定したユーザー数」よりも多い場合、結果として「想定していたよりも多くのユーザーがいた」という「勘違い」を引き起こす場合がしばしば。なので、「第2弾」を出す前に、別の「話題の製品」が出ると、メーカーが出した「第2弾」は、全くの予想外れの結果を招く恐れがある。
飛びついたユーザーにとっては、メーカーが用意した「第2弾」ではなく、新しい「話題の製品」の方が「第2弾」だから。それは、全く別分野の製品であっても。
 
 
――ということを、ここ数年思っているんだけど、例えば会社の営業やら企画やらに言っても、なかなか分かってもらえないんだよね。数字は、事象を簡略に記号化したものだということは分かっているはずなんだけど、それ自体が重要であるかのように扱われます。
算数の単純計算やら公式暗記やらを否定していた人たちが、なぜか、数字の中身を吟味しないで単純比較で処理するようになるから不思議。

もちろん、全部が全部そうだってわけじゃないんだけど、最近は「使われなくてもいいから、話題になっている時に売ってしまおう」という思惑も出始めているから厄介だなーと思ったりします。僕は、イロイロと考えて作った製品が、全然関係ない理由で、ただのコレクションとして買われていくなら、売れない方が良い。それが正当な評価。

件のPOMERAがどういう道をたどるかはわからないけれど、個人的には、洗練された文具になっていってくれればなーと思います。僕にとっては、惜しいところまでいってるのでね。

|

« すてーしょなりー | トップページ | 観測点 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536023/45013927

この記事へのトラックバック一覧です: ファッション:

« すてーしょなりー | トップページ | 観測点 »