« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月24日 (水)

久しぶり

うっかり自宅のネットがつながらない状況になってました。よくよく考えたら、なんてことない理由だったんだけど、直すまでに時間がかかってしまいました。
でも、トロステが何日か分見られなかったこと以外は、大した問題ではないかな。


で、ちょっと連絡。
8月のコミティアは、またも参加を見送りました。というわけで、秋までイベント参加はありません。


うちの近所は、梅雨真っ盛りで、天気のいい日が少ないです。週末に雨とか、出かけられなくてツライ。……まぁ、出掛けるケド。

そんななか、先日、アーケードゲームの「悠久の車輪」がバージョンアップでカード追加されたので、久しぶりにプレイ。前のバージョンが、多くの店舗でカード在庫切れをおこし、まだほとんどそろっていないので、そこそこ持っていないカードを引けるのがうれしいトコロ。でも、カード追加だというのに、近所のゲーセンでは、あまりやっている人を見かけず……。さすがに、もう人が増えることは期待できないか……。
来月あたりで三国志大戦が大幅アップデートを行うようなので、またアーケードカードゲームにも大きな動きがあると思うんだけど、アーケード自体が盛り下がっているし、なかなか難しいね。

先日、ゲーセン仲間が悠久の車輪の未開封カードを持ち寄って、いっせいに開封していくという動画をニコニコに上げたとかで見たのだけど、やっぱり仲間が集まってワイワイやってるのは楽しいよなーと思いました。アーケードのトレカゲームって、そういうのも含めて楽しさがあると思うんだけど、まぁ、敷居がたかいっちゃ高いよね。
前の大戦の大会で行った八王子のゲーセンも、「店舗独自大会やりましょう!」と言っていたけど、あれから行けてないなぁ……。駅から遠い所にあるから、週末に雨ばかりだと行けないんだよね……。


さて、来週はちょっと所用で実家の方に行ってきます。新幹線移動なんで乗換案内とかで調べたりしたんだけど、新横浜‐広島間って、随分と速くなったなぁと思いました。10年前と比べて、1時間以上速くなってない?
車中では、PSPが、ポータブルメディアプレイヤーとしての実力を発揮してくれそう。メモステも8GBのものを買ったので、動画ファイルとかも余裕で入るようになりました。16GBにするか結構迷ったんだけど、これまでの経験から、手当たりしだいファイルを突っ込むなら16GBじゃ足りないし、好きな音楽と新しいネットラジオだけなら8GBでも余るという感じなので、動画やゲームなんかを入れるとしても8GBで十分かなという結論に。

PSP goは16GBを内蔵するみたいだけど、確かにその容量なら、micro MSを追加しなくても十分だろうね。っていうか、メモリーカードの大容量化と低価格化には驚くばかりです。「4GBのマイクロドライブが破格で手に入る!」とCREATIVEのMuVoを分解するのが流行ったのって、まだ5年前の話なんですよね。今じゃ、4GBのSDHCとかだと、へたすりゃ特価で\1k切ったりするからなぁ。メモステは高いって言われるけど、それでも16GBで、安いのだと\10kしないからね。

ただ、それだけの容量アップでできるようになって事って、実はあんまり多くはないかもしれない。まだ、要望と技術がアンバランスな気はします。でも、これだけの大容量が当たり前になったところでできてくるものには、なかなか面白いものがあるんじゃないかなーと期待はしています。

21世紀が始まって、まだ10年もたっていないけど、大きく変わったものもあれば相変わらずなものもあって、やっぱりこの先のことはわからなくて、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

New PSP

新しいPSPである「PSP go」が発表に。
先月PSP-3000買ったのに!なんてこった!
 
 
――とはなりませんでした。さすがに、これは別物だ。
 
 
僕はPSPの液晶サイズは重要だと思っているので、3.8インチまで小さくされると、どうかなぁ?って感じがします。得られる情報量は、結構変わると思いますね。
僕的に理想に思っていた新型PSPは、現行機種のUMDをとって、スライド式のキーボードを入れるというものでした。
 
早い話が、「mylo」です。
 
mylo自体は、北米では一定の成功を収めているけど、他はイマイチパットしなかった感じ。でも、「PCを立ち上げずにブログを書ける」というアピールは、思いのほか有効なんですよね。
日本では、ケイタイでの親指タイピングが幅をきかせているけど、海外ではスマートフォンの需要も大きいし。ネットブックがあるって言っても、安くてコンパクトというだけで、結局機動には時間がかかるし、ソフトを立ち上げるのもデータを処理するのにも早くはない。
そういうときに、PSPくらいのサイズでささっと書けたらいいなと思うワケです。その辺は、手書きやタッチペンでのソフトキーボードが使えるDSiが有利。表示領域が小さくて、使いにくいけれど。
 
かく言う僕は、このエントリをZaurusを使って書いています。記事を各ページにアクセスするまでの時間よりも、PC機動の方が遅い。「スリープモードにしとけばいいじゃん」という人もいるけれど、今までの経験から、それは遠慮したいんだよね。
 
 
久多良木さんが退いたりとかしたけれど、なんだかんだで、当初のPSPが持っていたビジョンに進んでいる感じはします。UMDを中心としたSONY規格の閉じた世界から、ネットワークを軸にしたオープンな世界に変わっただけで。
――って、その変化は、とても大きいけれど。
 
 
まぁ、発売まで後4カ月以上はあるから、どんなものが出てくるか楽しみにしておこうと思います。
そして、それが出るのに会わせて行われるであろう、PSP-3000の、メディアプレイヤーとしての機能アップデートが楽しみです。SONYが作ろうとしているのは、「新しいPSP」ではなく、「ネットワークを解したコンテンツ端末」だと思うし、そのネットワークへは、現行のPSPにも楽しめる世界だと思うので。
 
……そうじゃなかったら悲しいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »