« 秋へ | トップページ | 雑談 »

2009年9月25日 (金)

取捨選択

もう、夕方の6時でもかなり暗くなってきました。事故らないよう気をつけないと。
 
 
 
_0099

「まいにちいっしょ」がサービス終了するというニュースにショック。
日刊が週刊になってトロステは続くようなんだけど、PS3での部屋やら庭やらの一部は終了になってしまう様子。PSPではリアルマネーアイテムが増え始めていたタイミングだったので、それらがすべて無意味になるんだったら救われないんだけど……どこまで有効なんだろう?

でも、このリニューアルは、おそらくPSP版の改良に行き詰ってのことなんじゃないかと思ってます。

もともとPS3専用コンテンツとして作られたまいいつけど、より多くのユーザーにアピールするためにPSP対応が必要になり、作ってはみたもののPS3版との内容差が大きく、ニャバターやお庭を実装したけどPS3版との互換が取れずに、結局、PS3版とPSP版の両方が存在するという前提に立って根本的に再設計することになったのではないかと。
なので、PSP版しか見られなくてなおかつリアルマネーアイテムを買わなかった僕みたいな人たちにとっては、毎日の楽しみが週1に減ってしまうというのはあるものの、リニューアルには大いに期待していいんじゃないかなと思ってます。

業界側の人気も高いコンテンツだから、SCEも無理に終わらせたりはしないと思うんだ。今回の発表が急すぎた点に不安はあるけれど。
 
 
あと、PSPでPS3の「HOME」のようなサービスである「R∞M」を始めるようだけど、いよいよもってPSPにキーボードをつなげる機能が必要だと思う。goだとBluetoothで可能って言い出すかもしれないけど、PSP-3000でもUSB接続なりの対応は必要でしょ。短文ならいいけど、PSPの入力システムで長文ブログを書くなんて、苦行でしかない。

ま、何にせよ、実際に始まってからだなぁ。
 
 
 
昨日発表されたWACOMの新しいbambooシリーズが、なかなか面白そうで気になってます。僕がメインで使っているペンタブレットはIntuos2なんだけど、2の最大サイズのを使っていて、さすがにこれをおいそれと買い替える気はありません。だけど、ノートPCにつないで使う小さめのペンタブレットは、前々から使いやすいのを探しているんですよね。
これまでにBizTabletとか、Favoとかいろいろ使ってはきたんだけど、なんか「フル機能のIntuosを廉価にしました」って感じの使い勝手で、イマイチだったのです。でも、新bambooは、それ用に新しい操作系を作ったようで、小型なりのメリットを持っている様子。
まぁ、まだ実物をさわってはいないので何とも言えないけど、ちょっと注目のデバイスです。
 
 
 
先日、すでに量販店での先行販売が開始されたSharpのNetWalkerをさわってきました。ちょっとだけしか見てきていないけれど、現状の感想としては、「これは、ない」。
発売前のレビューとかで「NetbookのようなWindowsマシンと違ってサスペンドからの起動が早い」とか言われていたけれど、速いのはホントにそれだけで、アプリケーションの起動が結構遅い。起動した状態でおいておけばいいのかもしれないけど、それだと、全体的なパフォーマンスが不安。キーボードも、親指打ちには大きく、通常タイピングには小さくて、何よりタッチがおかしい。小さなスイッチの上に大きなキートップがのっかっている感じで、打ちにくいったらありゃしない。
光学ポインタはとてもよかったけれど、そもそもタッチパネルなのにソレいるの?って感じ。

長いことPDAを使い続けている自分としては、「全てにおいて残念なマシン」という印象でした。これでさっとメモを取ったり、スケジュール管理をしたりというのは、絶対にアリエナイ。

もっとも、PDAという存在を市場が否定してしまっている以上、PDAよりもPCライクにするのは当然なので、WindowsOSを使わないコンシューマ向けネット端末としては、たぶん今のベストなんだと思う。ただ、「これならPCそのものの方がいいじゃん」という結論になる。結局、まだまだ「初めての製品」ってことなんだろうなーと。

Netbookだって、EeePCの初期モデルだとSSD 4GBでなかなかXPの実用もままならなかったのが、この1年程度で急成長したわけだし、やり方次第で化けることだってありえる。今後は台湾勢も出てくるだろうし、Sharpは「改良した次モデル」に素晴らしい物を出してくることが多いので、今後に期待しておきたいと思います。
 
 
Netbookと呼ばれるPCが出てきてから、この手の製品については、格段に評価のハードルが上がった印象。初代EeePCが出た時、「これで¥30kくらいになったら買ってもいいかなー?」とか思ってたけど、今、はるかに性能の上がった後継機種が、型落ち処分価格で売られているのを見ても、あんまり欲しくならない。安けりゃそこそこの性能でもいいと思ってたけど、結局、使い道がなきゃ、あってもしょうがない。「高いから売れない」ということはあっても「安けりゃ売れる」ということは、無い。

今の世界同時不況は、いるものといらないものを、世界規模で見極めるのにとてもよい状況とも言えます。ここから這い上がってきたものが、多分、この先ずっと伸びていくものになるんだろうね。
それが何なのかは、全く予想できないけれど、それを選ぶのが僕たち自身であるということは、間違いない。

|

« 秋へ | トップページ | 雑談 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋へ | トップページ | 雑談 »