« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

速報

ウツギさんは木曜日 東地区 "ヤ" ブロック 24bに配置されています。

| | コメント (0)

我が家にPがやってきた

引っ越し後、長らく財政難が続いている我が軍ですが、今もって解消されていない最大の理由が、ついに我が目の前に。
 
 
 
P_01

実は、9月にVAIO type Pを買っていたのです。
箱は白ですが、買ったのはペリドットグリーン。このグリーンがくせ者で、注文したときに在庫切れで、一ヶ月以上待たされることになったのでした。

何で今頃P?って話ですが、前々からずっと欲しかったのと、7が出る直前で安くなっている上に、買った後も7へのアップグレードが無償なこと。Atom Zが、今後同じTDPで性能が上がった物が出ないこと。さらに、これを超えるとがったモバイルPCが出る可能性が低いことといった理由によります。
もし仕事でも使うんだったらVAIO Xの方が良いかなと思うんだけど、会社で私物PCが使えなくなったので、個人で使うならPの方が、圧倒的に使い道が広いという判断。Atom Nシリーズだと、安いってだけで、今ひとつ普通なので、あまり欲しくならなかったんですよね。
 
届いたPなんですが、これ、ホントちっさいですね。箱とか、これにVistaが動くPCが入っているとは思えない。
でも、普通にVistaが起動するわけですよ。

P_02

SonyStyleでカスタマイズしたモデルなんですが、今回僕が選択したスペックは、以下。

カラー:ペリドットグリーン/ダークブラウン
CPU:Atom Z550(2GHz)
RAM:2GB
SSD 64GB
Bluetooth & WWAN/GPS搭載
カメラ無し
OS:WIndows Vista Home Premium

SSDなので、完全モーター無しPCです。音がしません。強烈。

P_03

普段使ってる12.1インチワイドPriusノートの上にのっけたら、何かただの図柄みたいに。
 
 
P_04

ポケット、ホントに入った。
 
 
P_05

分かりやすく、一般的なカードゲームのストレージボックスと比較したよ!
↑一般人に分かりにくいな
 
 
P_06

普段使ってるZaurusと重ねたら、Zauの横幅とPの縦幅がほぼ同じで、厚さはPがZauの2/3程度でした。薄。
 
 
既に発売から1年近く経つので今更だけど、このサイズはやっぱり驚異的。それでいて、キーボードが十分な大きさ。ストロークがないのは気になるけど、普通に打てるからね。
ポインティングデバイスは使いにくい印象。でも、昔Fivaでスティック使ってたけど、アレもはじめイマイチだったのが、しばらくして慣れたので、今回も、まぁいけそうな雰囲気。

本格的には7を入れてからにしようと思ってるけど、今日半日いじった感じでは、十分使い物になる感じ。Atom Zとはいえ、2GHzもあれば、一般的な使用には困らない。最近のPCレビューは「YouTube/ニコニコ動画のHD動画が見られる」と「3Dゲームがまっとうに動く」点が評価の指標になっているけど、僕はどちらもしないので問題なし。
ただ、簡単な画像処理でも、ちょっと重くなりそうな感じはします。2Dメインなのでそれほどではないだろうし、メモリも2GBあるから、そこそこいけそうな気はしますが。
 
 
お高い買い物ではありましたが、実際手に持ってみると、かなり満足度が高いです。これでPCの利用範囲が広がれば、創作の刺激にもなるかなーという感じです。
これからしばらく、イロイロ設定をいじりつつ、7導入の準備をしようと思います。いやー、電気的なスペックはアレだけど、このサイズは何かイロイロできそうな気がしてきてすごく楽しい。

| | コメント (0)

向き

郵政公社から郵便番号変更のお知らせが届きました。来年度から、相模原市各所の郵便番号がごっそり変わるんだそうな。さすが政令指定都市。
しかし、各所への住所変更手続き量は結構多いので、引っ越ししたわけでもないのにそれをして回るのは、正直勘弁してほしいデス。
 
 
 
画面を巨大化した”だけ”のDSiが出るというニュースに驚く。4.2インチ液晶といえば、普段僕が使っているZaurusよりも大きい。それでいて、GBAのスロットは無くなったままなんだから、バッテリの容量が上がったとはいえ、それだけではちょっとどうかなと思う。

ただ、実物を見ないと判断できないのよね。ひょっとしたら、解像度はそのままでも液晶の表示品質が驚くほど上がっているかもしれないし。まぁ、大きくなるだけでも、それはそれで意味があるのだけど。ウチには初代のDSもあるんですが、DSiに慣れた後で初代DSを使うと、その表示の酷さにビックリします。

とりあえず、画面が広くなると、ピクトチャットは書きやすくなりそう。でも、ログ保存は実装されないんだろうなぁ……。内蔵ソフトの追加分のことを考えれば、今後、辞書や事典、書籍の表示端末としての展開を考えているのかもしれない。
 
 
好調に見せていた任天堂も、先の決算報告で、実は大幅な減収減益でしたということが判明しているのだけど、今のご時世、単一分野の商品だけで勝ち続けるということがいかに難しいかの証明にも見えます。それでも、ほぼゲームの仕事だけで黒字を維持しているのは、さすが。
ただ、そろそろハードの普及は頭打ちになりそうなのに、起動率を上げる施策の一つであったWiiチャンネルが、なかなか面白くならないあたりは大きな問題だと思う。
 
ゲーム市場で対峙するSCEは、どうもソニーが世界共通戦略にシフトしているので、日本人が見たPS3の世界は、あまりぱっとしない印象に見えてると思う。かなり強力なコンテンツだと思っていた「まいにちいっしょ」は、いよいよ来月――っていうか来週から週刊化するし。
ただ、グループ内の制限があるとはいえ、もしうまく連携稼働始めれば、Play Station Networkは、かなり強力な情報サービスになる可能性があります。
まぁ、ソニーほど社内連携が下手なメーカーもそうそうないと思うからアレだけど。

このへんの結果は、来年末くらいにならないと見えてこないだろうね。本当は、もっと各国に合ったローカライズをした方がいいと思うんだけど、今の家電メーカーに、そんな体力はないんだろう。

XBOXは、特に何も変わらないと思う。彼らは、先人たちの成功例を素早くつまむだけ。
 
 
ゲーム業界では、今iPhoneがアツく、新規参入も多いと話題になっているけど、もしメジャーになるとしても当分先のことだと思います。たんに、業界ジャーナリストにiPod愛好者が多く、デベロッパー連中が、閉塞感のあるゲーム業界の新天地として、お祭りのように騒いでるだけだ。
このお祭り騒ぎが、今現在iPhoneを使っていない一般層にまで広がるかは、今のところ未知数。僕は無理だと思っているけど、それは僕がAppleギライだからだという気もするので、あまり正確な判断じゃない。
ただ、Appleが今後も成功し続けるカギは、製品やサービスではなく、ジョブズが引退した後のカリスマ維持によると思う。カリスマオーナーがいなくなると、Appleの主だった人間は、みんな分散独立していくだろうから。
そして、単体で見ればあまり大したことのないそれらの技術製品群は、すぐに消えてなくなる。
 
 
去年の今頃は、電子機器メーカーが「アレ?ヤバイんじゃね?」と気づき始めた時期で、それからいろんな手を打ち始めてきました。今は「こういうことやっていこうと思います」という決意表明とその下地を終えたところで、どうなったかが見られるのは来年の今頃になるんじゃないかな。
それを、利益の大小や株価による勝ち負けで判断するのではなく、「自分の欲しいものに合っているか」という方向性で取捨選択をする世界になっていてほしい。「民衆の総意」で多様な意見を潰すのも、「弱者を守れ」と過剰に保護を訴えるのも、どちらもただの共産主義にしか見えない。そうじゃない競争社会のバランスを作りだすのは難しいなーと思うけど、結局は個人個人の意識の問題なのよね。
 
 
今後、低価格PCの普及によるネットからの情報依存度上昇で、いい加減な情報からの扇動が「民衆の総意」になっていくと最悪だ。お互いに直接向き合った議論をしなくなり、短い文章を一方的に送ることを「コミュニケーション」というようになる世界では、それは容易に実現されるようになるのではないかと思ったりします。
それは、ヘタなサイコホラーよりも怖いんだけど、ストーカーが自身の異常性を理解できないように、当事者に問題意識は生まれないのよね。

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

今日のラクガキ

コピックを買ってきたので試し描き。
 
 
Rough_39

してやんよのフルバージョンを聞いたけど、音は今までの方が良かった。
収録されているアルバムは、全体的に音が安くて、個人的にはイマイチ。


Rough_417

報われないキャラこそ、佐藤利奈嬢にふさわしいと思う。
 
 
Rough_jun16

ウルトラの父とか演ってる場合じゃねー。

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

コミュ

本厚木駅前のサティ最上階にあるホビーショップ、何でこんなトコロにあるのに、やたらと濃い品揃えなんだろう?と思っていたら、ホビージャパンの直営店でした。
……いや、ホント、何でこんなトコロに入ってるんだ……?
 
 
 
アカウントは持っているけれど完全放置中のPixivをどうするか考え中。
流行り始める前後で「何が面白いんだろう?」と思って入ってみたけど、ここまで「全く使い道がないなー」という印象のまま。Twitterもそうだけど、ネット上のコミュニケーションツールは、僕には合わない物が多い。

ちなみに、Pixivのアカウントは、その場で考えて作った名前を使っているので、検索しても分からないと思います。
 
 
僕は、このBlogに関しては、相互コミュニケーションツールとは考えていません。
あと、ここで言ってることは、まんま僕の信念とかいうわけではありません。日頃思っていることをディフォルメして、わりと喧嘩腰に言ってることが多いです。
極端な物言いの方が、反発心から、その事象について思考してくれる場合が多いのでね。まぁ、言い過ぎるとダメなんだけど。

電話とかもそうだけど、昔から人の顔が見えない状況で話すのはキライ。でも、世の中のコミュニケーションは、どんどんお互いが見えない方向へ進んでいて、生まれたときからそれが当たり前って人も、これから増えてくるんだろうね。
そういう人と話すのは、僕にとっては、ちょっと怖い。ジェネレーションギャップとかより、そっちがイヤ。

Rough_book

| | コメント (2)

2009年10月27日 (火)

近場の駅 いろいろ

この前出かけた府中戦の帰りに知った西府駅、なんであんなところに?と思ってちょっと調べたら、昔駅があったこと以外に、近くにNECがあって、その利用客を見込んでいるという話。
ただ、近いとはいえ、結局山挟んで裏手になるから、中河原駅からバスで行った方が便利なハズ。
そんな駅を一つ増やす前に、南部線は、さっさと急行を増やすべきだと思うんだ。

どうでもいいけど、新しい駅名のせいか、「ニシフ」と入れても駅名がすぐに変換できないのが面倒ね。
 
 
駅といえば、僕が通勤に使う小田急線、オフィスの最寄り駅が「本厚木」という名前なんですが、その隣にある「厚木」駅は、厚木市じゃなくて海老名市にあります。川をはさんだ対岸にあるから「昔はここも厚木だった」というわけではないと思うんだけど……謎。
 
ウチから最寄り駅とは反対方向に歩くと、まぁ歩いて行けなくもないという距離で「小田急相模原」という駅があるんですが、これも、駅から出た踏切を渡るとすぐ隣の座間市に入るほど、市の端にあります。
こっちは、昔の小さかったころの相模原と近隣合併後の相模原市の規模の違いによるらしいのだけど、神奈川県相模原市相模原1丁目という、まさに相模原の中心にあるJRの「相模原」駅とは、そうとう距離が離れているので、かなり紛らわしい。
待ち合わせ指定してJRと小田急で相模原駅を間違えたら、その後、電車移動で合流するのに30分くらいかかることになります。
 
紛らわしいといえば、京王相模原線と小田急多摩線上に多摩センター駅があるんですが、「京王多摩センター」と「小田急多摩センター」が同一ビル内にあり、開札口の構造もほとんど同じで隣同士にあるため、気付かずに乗り間違えたことがあります。
京王に乗ろうとして小田急の改札をくぐってしまったんだけど、改札から中ではつながっておらず、隣のホームに乗りたい電車が来てるのが見えるのに、仕方なく小田急で次の駅まで行くことに。
この路線、何と次の永山駅も同じような構造になっていて、小田急永山駅と京王永山駅とで、一旦外に出てから乗り換えることができます。
京王と小田急じゃイメージカラーも違うんだけど、初めて来た人には分んないと思うんだ。

ちなみに、多摩センター駅にはもう一線、「多摩都市モノレール線」が走っているんですが、こちらはちょっとだけ離れた場所にホームがあり、「多摩センター駅」という名前で建っています。
この多摩センター駅からは、相模原や町田、八王子といった方向へと延伸する話もあるらしい。国有地やら米軍施設やらを通るので難しいそうなんだけど。もしできたら、あの交通の便の悪い「町田リス園」とかは喜ぶんじゃないかな?自然を荒らすだけなら意味がないけど。

京王線で永山駅の隣には「若葉台」駅というのがあって、初代プリキュアの学園周辺の舞台になったところ。ただ、駅のデザインは、若葉台じゃなくて同じ京王線の新代田の方らしい。
ここの住所も微妙な所で、「若葉台」というのは東京都稲城市の地名であり、この駅に併設されている京王線の車両工場は実際に若葉台にあるんだけど、駅自体は神奈川県川崎市にあるのです。
もっとも、稲城市の若葉台という地名は、駅ができて以降に付いた名前らしい。
 
 
地名って、不変のようでいて、実際にはちょくちょく変わったりするので、住んでる付近のことをちょっと調べてみると、意外なことが分かったりして面白いです。電車の駅も、それなりの頻度で増減するしね。
そういった公共的なものも、時代とともに変化していくわけで、いつまでも同じってものなんて、そうそうないよなーと思うのでした。

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

描こう

食事中に思いっきり舌を噛んでしまい、結構ヒリヒリしているウツギです。
よくアクション作品とかで、捕虜になった人間が「舌を噛み切ってやる!」とかいう展開があるけど、それくらいで、人って死ねるもんなんでしょうか?
 
 
クリスマスケーキの予約やら年賀状の印刷受付やらで、どんどん年末の色が濃くなってきている今日この頃。
そういえばもうすぐライダーの映画も公開なんだっけ。意外とWが面白いので、何かディケイドがどんな作品だったか、結構忘れてきてるよ?
Wって、架空の1都市での事件だけを描いていて、これまでのライダーの中では、かつてないほどの小規模な箱庭作品だよなーと思う。このあと、どう展開するんだろう?
 
 
 
先週末からの天気は回復せず、今日も神奈川は朝からずっと雨。毎度のことながら、雨が降ると、いろいろと行動が制限されるので面倒。駅が遠いって不便ね。
ま、分かってて住んでるんだけど。
 
我らが最寄り駅である相模大野駅も、再開発が遅々として進まないのが残念なところ。何より、再開発中の駅前が、中途半端に転々としか土地を買い上げられてなくて、やってるお店と空き地が半々になっているのが難。来年、政令指定都市化するって言ってるのに、大丈夫なんだろうか?
……まぁ、相模大野は相模原市の中心ではないけれど。

オフィスのある厚木も、LAOXが閉店したのがイタイ。末期の厚木LAOXは、家電量販店としてはかなり小さいお店だったんだけど、3Fより上のASOBIT CITYが、なぜか濃い品ぞろえで重宝していたのに。
 
でも、自分の住んでるところがあまり騒がしいのもなんだかなーって感じなので、自宅‐駅の徒歩移動圏内は、今くらいの感じが良いんだろうなとも思うのでした。
 
明日は朝だけちょこっと雨が降るっぽいことを言ってるので、さらに面倒。他の時間は降っててもいいから、通勤時間だけは晴れていてください。行きはともかく、帰りに、晴れた中、歩いて帰るのは、ちょっと寂しいんだ。
 
 
ちなみに明日は、来年の春コミの申込締切日です。どうしようかなぁ……。
 
 
そんなこんなで、10月最終週です。今週末――ってか、来月頭には、冬コミの当落通知が出ます。それによって年末の予定が大きく変わるので、なかなかの一大イベント。
で、コミケよりも前に、来月15日には、久々にコミティアに参加します。スペースは「ふ03a」。まー、のんびりできる位置です。
詳細はまた後日書きますが、今度はちゃんと本が作れるといいなぁ。同人イベント参加って、「久し振り」になると、もう気分は「初参加」なので、また新しくやっていきたいと思います。

あー……でも、まだレーザープリンタ、そのままなんだよね……。直るんだろうか?

とりあえず、表紙デザインの方向性がまとまらなくて悩み中。シリーズ物のコンセプトを決めるのって難しいね。
 
 
 
先週ちょっとお店でも見たけれど、新しいBamboo Fun、欲しいなぁ。あわせて「Photoshop Elements」を7にできれば。
現在のUTさんの主力色塗りソフトは、「Photoshop Elements 4」です。ノートには軽さ優先で2を入れてます。1は逆に重かった。「Painter Essensials」も使うけれど、ベースはフォトショで描かないと、ペインタ単体では、ちょっと色が決められない。
色塗りソフトでは、「Comic Studio」のメーカーが出してる「Illust Studio」も気になってます。解説見てると、マスクやアンマスクが楽そうなんでね。そんなに高くないし。

ただ、PCのソフトは、来年あたりにWindows 7に最適化した感じで一気にバージョンアップしそうなんで、ちょっと今は買い時ではないと思うんですよね。特に64bit化とか。
しばらく様子を見るかなと思っていたけれど、やっぱり年末あたりでメインPCのOSを7にするかなぁ?HDD挿し換えで、現状とグラフィックツールのみを入れた7の環境を入れ換えられるようにするというのもアリかもしれない。
 
まぁ、今年は本当に財政難なので、できそうにない気はするのだけど。金さえあれば。
 
 
とにかく、今はティア用の原稿を進めないとね。さすがにコレができないと、今年、何もしなかった気がするのです。それだけは避けたい。

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

DIGITAL CONTENT EXPO 2009

アニメ版にゃんこい!が、どんどん今風ダメアニメになって行っててゲンナリ。
ま、分かっていたことではあるけれど。
 
 
 
今日は、「デジタルコンテンツエキスポ2009」というのを見に、お台場にある「日本科学未来館」まで行ってきました。
ちなみに、未来科学館の館長は、宇宙飛行士の毛利さんですね。
Dce2009

Dcexpo09

こんなのがあるってのは全然知らなかったんだけど、メーリングリストで回ってきて興味を持ったので、試しに行ってみたのでした。
 
 
基本的には、研究所とか大学の映像&立体物作品展示が主な感じ。それにいくつか実用的な企業の製品やら、学生の作品が置かれてます。
ちょっと乱暴な言い方をすると、「商品企画とクリエイターの青田買い見本市」ってトコロ<身も蓋もないな
 
「デジタルコンテンツ」という漠然としたタイトルだけど、ほとんどは映像作品ですね。
こないだのCEATECでも出ていた3D映像関連は、ここでも多かったです。でも、家電メーカーじゃなくて、大学とか研究所の物が多かったのが特徴的。

既に発売されているパイオニアの「フローティングビジョン」は、初めて見たけど、かなり浮き上がったところに見えていて驚きでした。が、真っ正面から見ないとダメで、少しズレると、とたんにただの2枚絵に見えてしまうのが難。ただ、センサーも付けて、その反応によって絵を動かすなど、今後の応用が期待されます。
……パイオニアにその余力があるかは疑問だけど……。

3d_sony

同じく空間投影っぽい形の3Dでは、ソニーの「360°立体ディスプレイ」もなかなかに面白そうでした。こちらは、筒の中に立体映像として3Dモデルを表示させる物。ただ、”360°”と言ってるわりに、真上と真下は見られなかったりします。まだ解像度が今ひとつだけど、細かい作り込みは、需要があればすぐにでも進むと思う。
こういうのは、表示器よりも撮影環境が問題だけど、例えばゲームとかに使えば面白そう。空間投影型の対戦ゲームとか、結構面白そうじゃない?

3d_fuji

既に発売されている、富士フイルムの3Dデジカメも、フォトフレームや印刷写真が展示されていました。
初めて見たけど、フォトフレームは、ホントかなり強烈に、立体的に見えます。人に関しては、頭部が不自然に前に来るのに違和感があったけど、木々の立体感や、風景の奥行き感など、実用化された製品で既にここまで来ているのは驚きです。ただ、フォトフレームとしては、立体に見える視野角がかなり狭いのが難。あと、印刷物に関しては、液晶モニターの表示と比べて、立体感に乏しいのが残念。
でも、今後どんどん洗練されてくると面白いことになりそうだと思いました。
 
 
そのほか、液晶やプロジェクターでの3D映像を見ましたが、遠景での立体感は結構自然な反面、近距離になるととたんに階段状というか、ブロック単位での立体感になるのが気になります。あと、メガネで見るヤツは、画面が暗い。家庭用でこれをしたときに、ユーザーが満足してくれるかは、ちょっと疑問。
まだまだ、これからという感じです。
 
 
特定の時間、ステージではヒューマノイドロボ「HRP-4C」が一人コントをしていました。結構普通に動くなぁと思うけど、やっぱりまだ不自然さはあります。
Hrp4c

あと、前々から感じていて、今回実物を初めて見てあらためて思ったけど、HRP-4Cって、下田麻美嬢に似てるよね。
 
 
今回、僕にとって特に興味深かったのが、併催の「ASIA GRAPH 2009」。全くのノーチェックだったんだけど、特にアニメーション作品に面白い物が多くてびっくりでした。
僕は、以前はCGとか嫌いだったんですよ。気持ち悪い不自然な作品が多かったので。「不自然」と言っても、ポリゴンの計算不足とかそうのではなく、なんか「作品」じゃない感じがしたのです。2Dも3Dも、僕が「CG」を普通に作品として気持ち悪くなく見られるようになってきたのは、フランスの3DCGアニメである「インセクターズ」を見たあたりから。
それはともかく、この展示会、その名の通りアジア各国の作品が並んでるんですが、知らない間に、東南アジアとかのレベルって上がってきてるんですね。ビックリでした。

アニメーションで特に驚いたのが、台湾の作品群。台湾って、もっと田舎っぽいイメージあったんだけど、作品はかなり洗練されてました。特に東南アジア諸国が、やけに民族性を出したり、世紀末思想的な環境問題を出しているのに対し、台湾の作品は、きちんと技術とエンターテイメントをバランスよくまとめて作品にしてるんですよね。
この辺ピクサーにも通じるところがあって感心しました。さすが、世界最大手のチップベンダーの国だ。
ただ、オリジナリティは今ひとつなところがあるけれど……。
あと、台湾は1枚絵もかなり好みの作品が多かったです。あまりにコミックコミックしてる感もあったけど、悪くはない。
ただ、狙ってやってるのかどうか判断つかなかったけど、1画面内の遠近感というか座標軸がオカシイ。3つくらいの空間と1面の平面の組み合わせになってて、これはどの作品も、そう。

やや古くさい感じはあるけれど、東南アジア諸国も、かなり良い作品作ってました。なんか20年くらい前の日本っぽい感じはしたけど、技術力はスゴイ。インドとかシンガポールとか、IT系強いって言うしね。

それに比べて、明らかに変なのがチャイナ。とにかく、まとまりがない。「中国からの作品群」という個性がない。何を表現したいのか分からない。
ま、僕が彼らの信号を受信できなかっただけかもしれないけれど。にしても、まだ中国は、世界に対する表現が下手だと思う。――いや、下手なんじゃなくて、探ってる最中なのかも。

そして、僕が全く受け付けなかったのが、SOUTH KOREA。アニメも1枚絵も、僕が嫌いだった20~30年前のCG表現をしている。特にアニメが酷い。「酷い」って言ったら語弊があるかもしれないけれど、とにかく僕には合いませんでした。難しいね。

日本人の作品は、1枚絵のCGに関しては、もはや色々やりすぎてどこへ行こうとしているのか分からなくなっている印象。他の国々が、ある意味「ゲーム絵」で統一されている中、なんかイロイロ変な作品ばかりでした。
でも、ちょっと前みたいに、ただのグロじゃなくて、立体物の現代アートに近い感じ。環境アートと言うべきか。
それに比べてアニメに関しては、学生作品が多いせいか、昔からちっとも変わらない。
男が作る作品は「走ったり飛んだりの高速移動を技巧で細かく表現し、最後にシュールなオチを付けるオレ、カッコイイ」で、女の子は「ちょっと説教の入った道徳童話」。ホント、アナログとかデジタルとか以前に、日本の学生アニメは、この2つしかない。何十年も前から、全く変わらない。僕が日本の学生アニメが嫌いな理由の一つなんだけど、未だにそのままと言うことにガッカリでした。そりゃ日本のアニメもダメになるわ。
 
 
Miraikan_2


昼前から出かけて長いこと見て回りましたが、かなり興味深く楽しめる展示会でした。入場無料の、比較的こぢんまりしたイベントではあったけど、会場の名前通り、なんか未来を感じました。
それに、来場者に子供連れが多かったのも印象的。やっぱりこういうのに子供がふれるのは大事。
こういうのをやって人が来られる雰囲気ができている点は、お台場の開発の成果だと思う。ホントは、こういうのが地方でやれると良いんだけどね。
 
 
 
というわけで、結構大きな刺激を受けて、なかなか充実した1日でした。明日までやっているので、興味のある方は是非。
ただ、今日の帰りには、雨に降られてずぶ濡れに。ここしばらく天気良かったんだから、もう少しもってくれても良いのに……。

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

今日のラクガキ

Rough_madobe

”窓辺”は分かるんだが、”みなみ”はどっから来たんだ?
 
 

Rough_29mo

ウチのメインPCは、ツクモのショップブランドPCです。

 
 
Rough_7

ゼロ、セブンに似てなさ過ぎだろ……。


| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

next seven

ソフマップから届いたメルマガで、明日のWindows7早朝販売イベントのゲストが今井麻美嬢とまきいづみ女史と書いてあって驚く。
人選の理由は全く分からないのだけど、お祭りなんだなーということは伝わってきます。
 
 
というわけで、PC業界待望のWindows7が、いよいよ明日から発売開始。Vistaがあまりにも不評だった反動か、7に対する期待は大きい印象。

僕もRC版を使ってみたけれど、ウチの古いCeleronM 320 + 855GMEマシンでも普通に動いていたので、よく言われる通り、軽いOSなんでしょう。ただ、OS付属のチェスゲームなんかを立ち上げたりすると分かるけど、グラフィック性能はそれなりのものを入れてないと大変。855GMEでは、フリーズしたかと思うような、おっそい動きになったのでね。
ま、そんなので動かすなって話ですが。

今回の7は、OSとしての裏方に徹した方向のようなので、結構安心感があります。料金払って購入するんだから、そりゃ新機能が多い方がいいけれど、ツール的なソフトは、それ専門のソフトを別途使った方が良い。まぁ、どこぞのメーカーはWindowsではマルチメディアの編集ができないとか機能が低いとかCMするけど、そういったソフトを入れたら入れたで、Microsoftは独禁法で訴えられるからなぁ……。
毎度のことながら、シェアが低いことを逆手にとって、自分たちの「クリエイティブ・ツール」をおしつけて他を排除するのは、なんだかなーと思う。

それはともかく、OSそのものだけでなく、ここしばらくの新製品ラッシュによって、PC業界がにぎやかになってる感じ。そして、数年前の日本では全く存在感のなかったASUSやacerのPCが、結構大々的に出てきているのが印象的。安いわりに、そこそこまっとうだし、DELLがacerに抜かれたというのも分かる気がします。
 
 
でも、買った人たちがこれで何をやるかってのが、やっぱり見えてこない。今まで何度もプロモーションが行われたわりに、どうもWindows PCの営業は、それで何をさせるかというソリューション提案が下手だと思う。このへん、議会制と絶対君主制の違いみたい。
OSメーカー、部品メーカー、周辺機器メーカー、本体販売メーカー、ソフトメーカーが、それぞれ独立して、誰か一人が主導権を取るというわけではないというのが、PCが家電にならない最も大きな理由だと思います。

使う人間が明確な目的を持たなければいけないのに、どうもPCに対するイメージは、人によってかなり違う感じ。でも「PCってこういうもの」という、何か特定の強いイメージを与えると、PCの利用範囲を狭めるだけになりかねない。まして、OSを買ったところで何ができるってわけでもないんだから、なおさらイメージをつけにくい。
 
 
でも、PCの高機能からくる汎用性は、ときとして専用機を駆逐するほどの威力があります。だから、あれだけあったタイプライター&ワープロは消えたし、音楽の自動演奏に使うシーケンサーも、単体のハードは無くなってしまった。
それらは、やりたいことが明確で、なおかつPCでそれを提供できたってことだと思うんだけど、今後、他にこういった分野は出てくるんだろうか?
 
 
今後PCがどういう風に使われていくのか分からないけれど、Netbookによって、今まで使ってこなかった人たちが使い始めたことだけは確か。
新しいOSと今後の展開で、これらの人たちが何をし始めるか、興味があるトコロです。

| | コメント (2)

2009年10月19日 (月)

送受信

朝、大幅に寝過ごす。ちょっと遊びすぎたか。
でも、頑張れば普通の時間に出勤できたあたり、やっぱり自転車という乗り物は偉大だと思うのでした。「定刻」がないというのは、生活の中で結構意味のある要素なのかもしれない。
 
自転車で走っていると、空の色が秋色になってきたなーと感じます。夏から秋にかけて、色が薄くなる感じ。冬になると、さらに硬くなる。
でも、関東圏の空のコントラストは低いと思います。というか、空自体が低く見えるんだよね。
 
 
 
部屋の模様替えで、いろいろと所有機材が機能を取り戻していくのがちょっと楽しいです。けど、そもそも、もっと早くから使えるようにしないといけなかったわけで、ちょっとサボリ過ぎたなーと反省。そして、用途が重複してあるものもあって、もうちょっと考えないとなーと、また反省。

ただ、やっぱり、モノは自分で勝手使ってみないと分からないことも多いので、反省はするけど後悔はしてません。
 
 
最近は、スペックとか会社のイメージで、使ってもいないのに批評する人が多くてげんなりすることがあります。特に「風評」というのはデマゴ-グの含有率が高いのだけれど、ネット上でそれが記録されるようになって、「信頼されるデマ」が増えてきた印象。まぁ、有用な議論よりも、盲信と全否定の論説者の方が声が大きく、閲覧者の人気も高いので、今は仕方がないんだろうなーと思います。

物を作る人間は、もっと物を使うべき。作り手がそのモノについて「使っていない」というのは「知らない」と同義であり、無知は罪。業務用品なんかは、なかなか使う機会がないけど、それでも試作品とか過去の製品とかを使ってみたほうがいい。
それは、売る人についても言えることだと思う。使わないと知ることはできないし、知らないものを売るのは誤りだ。
というか、「作るから使う」のではなく「使うから作る」というのが、本来のモノツクリだと思う。
ただ延々と作り続け、皆が「使う」モノが何なのか分からなくなっているのが、今日の消費社会なのだと思う。

世界同時不況は、それを見直すには必要なことだったかもしれないなーと思ったりします。ま、刺激が強すぎて、無駄と一緒に必要なものまで削られて大変だけど。でも、この先に出てくるものが何なのかは、結構楽しみ。1999年よりよっぽど世紀末な今の雰囲気は、なかなかに面白い。

――自分が生き残れればの話だけど。
 
 
ただ、面倒なのは、この時期に日本の政権が変わったことですね。せっかく軌道に乗りかけたところに不確定要素が出てきたので、転ぶ方向が分からなくなってきました。今まで実権を持たずに言うだけだった人たちが、実際に何をするかというのは、もっと余裕があるときなら見てみたい気もするんだけど……。でも、余裕があるときに無理に変わったりなんかしないのよね。

悪い要素が重なって目立つというのは世の必然なんだろう。だからこそ、自分の中で「知っていること」を増やして、「判断」ができるようにならなければいけないのだと思います。
 
 
 
私信>昼頃、やっぱり茨城だなぁ……?

| | コメント (0)

今日の店舗試合

というわけで、今日は予定通り埼玉は行田の車輪大会まで行ってきました。
大会も今回で10回目。ついに二桁です。
 
 
でも、行きの電車で寝過ごして引っ返したり、トレード用のカードを忘れてきたりとボケボケでした。
試合前の全国対戦でも連敗だったので、今日はダメっぽいなーという予感が。
 
で、大会。結果は、一回戦負け。カード並べて直前でデッキ変えたのはさすがに自分でもどうかと思う。前の大会でもアスターがアビリティ発動しなかったけど、今回もコキア置いたらオプスが盤面に現れたりと、システムも敵に回ったので、どうにもならねぇ。
そのあとのフリープレイでも誰にも勝てなかったし、今日はどうにもならない感じでした。こりゃ、しばらくダメかもね。
 
でも、楽しめました。やはり、みんなでわいわいとやるのは楽しいね。
っていうか、プレイヤーが少ないゲームだから、人が集まるだけでもいい環境だ。
しかし、店舗イベントが公式サイトで告知されなくなるので、今後はどうなることか。あと、今回の大会結果には納得いってない(自分の試合が、というわけではなく)ので、次までには、単調な強デッキをブッ潰せる戦い方を身につけておかねばなるまい。とりあえず、アレにいつまでも勝たせておくわけにはいかない。
 
 
というわけで今週の戦いは終了。
さて本格的に、次回コミティアの準備を進めなくちゃね。でも、準備会から「宛先不明で参加案内が戻ってきた」と連絡があったので、こちらのシステムもうまくいってないのでした。
なんか今月は、いろんなことがダメダメだなぁ……。

| | コメント (0)

2009年10月17日 (土)

今日の三国志大戦大会

今日は予定通り、三国志大戦の店舗大会のため府中に行ってきました。
あいにくと天気は悪かったのだけど、まぁなんとかもつでしょ――ってことで、当然のように自転車で。電車で行っても、セガワールド府中は、駅から遠いしね。
 
その前に、府中駅前であるセガワールドアルカスに行き、最終的に出場デッキをどうするか決めることに。
ちなみに、今使ってるのは、以下の2つ。――ここで大戦のデッキの話をしてもどうだろ?とは思うんだけど……。
 
 
 「破滅陥陣営」
 UC厳氏
 R高順
 C程遠志
 C波才
 R呂布(飛将)

 G陳宮(再起)

 「激励呉単」
 SR呉夫人(激励)
 R孫権(手腕)
 R周喩(赤壁)
 UC張昭
 UC諸葛瑾
 C駱統

 GR陸遜

破滅陥陣営はEX厳氏が当たってから使い始めて3.5では主力なのだけど、超絶再起が今の僕のLvではカウント0でゲージ満タンになるという状況になったために安定しなくなったデッキ。
激励は3.5になる前に主力で使っていたけど、士気の上昇速度が全体的に上がって、士気差が作りにくくてやめていたのを、再び持ってきたデッキ。

で、それぞれ演習線で2戦ずつした結果、破滅陥陣営が1勝1敗、激励が2勝となったため、本番では激励を使うことに。
 
 
定員32に対して、エントリーが29人、キャンセルが何人かいて、最終的に25人で戦いました。僕は一回戦シードで2回戦から。
相手は群漢2色の丁夫人入り。デッキ的にはあまり不利を感じていなかったんだけど、思いのほか、相手の方は強うございました……。後半で、計略を出す武将を間違えたりのミスもあって、終盤で抜けられ、敗北。んー……確かにこのデッキ、昨日から使い始めたとはいえ、なかなか勝てませんですな……。
 
091017_3594t3r2


僕の相手の方は決勝まで行ったのだけど、決勝では馬超左慈ワラの人が勝ってました。左慈って最近見てなかったけど、まだ強いのか……。

というわけで、今回も残念ながら勝てませんでしたが、やっぱこういう大会に来るのは面白いね。いろんな試合が見られて満足です。これからも、のんびりとがんばろう。
 
 
今回久々に府中まで来て、以前ここでやってた人たちとまた話せたのは良かった。やっぱりプレイ仲間がいる方が、アーケードゲームは楽しい。一人でストイックにやり続けるのもアリだけどね。
で、その場にいたメンバーで食事をしてだべって帰ったのでした。
 
帰りに、知り合いの人を送る形で移動したのだけど、JRの南部線に駅が一つ新設されていてびっくり。話を聞くと、半年くらい前にできたらしい。とても立派な駅が建っていました。
が、どう考えてもその周辺に何もないので、何のために建ったのかが分かりません。駅でちょっと話していたのだけど、その会話中も、降りてくる人、まばらだったし……。JRの考えることはワカラン。
 
 
さて、明日は悠久の車輪で埼玉だ!――と言ったら「オカシイでしょ?」と言われました。
ま、好きなんだから、しょーがないよね。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

利益

朝のコンビニ中華まんは、安くて美味しいので、とても好き。
問題は、出社時間に立ち寄るコンビニでは、行く時間に中華まんが用意されていないと言うこと……。
 
 
 
仕事の帰りに、駅前の一角で工事してるから何だろうと思って見てみたら、駐輪場にゲートやら何やらを作っているところでした。――ここ有料化するのか!?
首都圏近郊に来て驚いたけど、駅前に無料駐輪場がないとかあり得ん。自転車からお金取るとか、ワケワカラン。場所なら立体にすればある程度のスペースでかなりの台数確保できるんだから、それくらいあっても良いじゃない?。
放置自転車なんて無料の駐輪場があればほとんど無くなるし、駐輪場があれば駅やその周辺の商店街を利用しやすくなるんだから、経済効果的にも良いと思うんだ。そのくらいの行政サービスがあったってバチは当たらねーでしょ?

前住んでた所は、駅前に無料駐輪場があって便利だったけど、その後高架にした際に、有料化しちゃったんだよね。
結果、高架下にできたスーパーの前にみんな路駐するし、利用者の一部は隣の駅を利用するようになったし、そのせいで、高架後に再開発を予定していた駅前は、入れたお店も半年で潰れて寂れていくしで、行政の浅はかさを露呈した格好になっていました。

何が有益で何が無駄なのか、公共サービスに携わる人たちは、もう少しよく考えた方が良いと思うんだ。
ま、常に同じ結果になるとは限らないけどね。
 
 
Windows7発売まで、あと1週間。ここしばらくPCの新モデル発表ラッシュですが、去年からのNetbook普及の結果か、数年前に比べてノートPCの値段が格段に下がっていて驚きです。
CULVとかいうジャンルのCPUを積んだノートなんか、Atomよりも圧倒的に性能が上で、処理能力は段違いに高いんだからスゴイ。今これを書いてるノートPCより、はるかに性能が良くて消費電力が小さい。

でも、それだけ性能の高いPCが、年々出荷台数を増やしながら普及しているわりには、世の中ちっともクリエイティブになった気がしない。
ネット上のデマゴ-グに踊らされたり、違法データに流通に使われるだけでは、先人達の努力も報われない。
メーカー各社は、PCで何ができるかを、売りつける以上に努力しなきゃいけないんじゃないかなーと思う。そして買う側も、何がしたくてツールを買うのか、自分で考えられるようにならなきゃダメだ。

どうもその辺、今の世の中、かみ合ってないんじゃないかなーと思ったりするのでした。需要と供給がかみ合ってない。
量的にも、質的にもね。

| | コメント (0)

今日のラクガキ

Rough_genji


なんとか、気合いで大戦の降格分を戻す。
でもやっぱり、超絶再起の超絶弱体化で、もはや我が破滅陥陣営では、安定して勝つのは難しい。
試しに以前使っていた激励をやったら、普通に勝てました。試合時はどっちを使うべきか?
 
 
でも、呂布&厳氏夫婦が使いたいんだよね……。
結局、強いとか弱いじゃなくて、使いたいカードを使うってのが、楽しむためには一番だと思うのでした。

| | コメント (0)

2009年10月14日 (水)

今日のラクガキ

091014

DS版アイマスを買いました。PSP版すっ飛ばし。

2Dに落としてある各キャラのモデリングのかわいく無さ加減はちょっとオカシイ。窪岡絵のシンプルさが、絶妙なバランスで成り立っていることを実感させてくれます。

ゲームはまだちょろっとしかやってないけれど、アドベンチャーパートは極めて普通。進んでいくと面白くなりそう。でも、オーディションは酷すぎる。
そして、いまだに音楽が何も変わってない点は、さすがに、いい加減にしろよなーと思う。内蔵音源鳴らすんだから、それに合わせてアレンジを変えるくらいしろよ……。

さすがにDSには向かないゲームだよなーと思うのでした。分かっちゃいたことだけど。
 
 
 
あと、ゲーム内使用アイテムプレゼントにモバイル登録必須とか、ウィルコムナメんな。

| | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

今日のラクガキ

Rough_miku_2

電子のウタヒメ。
 
 
Rough_pocky_2

ぽっきー。
 
 
Rough_shinkenred_2

殿。
 
 
 
――いや、「ラクガキ増産マシーン」のクセに何にも描いてないなーと思ったので、これからはちょびっと置いていこうかと思ったのでした。
とりあえず、手持ちのコピックのうち1/3くらいのインクが切れていてしょんぼりです。
 
 
[追記]
やけに線が滲んでるなーと思ったら、絵描き用じゃないペンを使ってた……。
僕は、道具は何でも良いんじゃなくて、きちんと選ぶべきだと思ってます。スキャンをノートPCからやったので、色味がよく分かりません。
Rough_pocky_b

青系が全くないので、今度買ってこないとなぁ。

| | コメント (0)

今日のATCG

延々とカードを引くのにも飽きてきたので、久しぶりに車輪の全国戦をガッツリプレイ。
結果は惨憺モノでした……ウワサにゃ聞いてたけど、今回もひどいな……。
知ってる人しか分からない話をしてアレだけど、新ロザリオとか酷すぎる。また今回もバーン・ドーン・ガーン・うわーって感じなのか……。
 
大戦は、先日うっかりICカードを紛失。しかし、今回はサイトに登録していたので再発行できたんだけど、そうしたら、降格危機状態で持ちこたえていたのが、何もしないのに降格してました……。
 
というわけで、店舗さんでの大会を前に、2つのATCGのモチベーション大幅ダウン。
 
 
――と、ひとしきり愚痴ったところで、今週もがんばろう。

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

旧・体育の日

東京オリンピックの開催日記念なのに、ハッピーマンデーでうろちょろ変えられるのはなんだかなーと思うのですが、連休になるんだったらそっちの方が良いか。
特に今日みたいな土曜日の場合、会社は休みで振り替え休日も発生しないから、祝日の意味が無くなるしね。
 
 
というわけで、今日は長距離サイクリングの日でした。
今回の走路はこんな感じ。
091010log


最後の方は電池が切れたのかお店に入って見失ったまま止まったのか、ログが橋本駅付近で切れてますが、町田駅付近の我が家まで戻ってきているので、図中の水色線よりもプラス10kmくらい走ってます。総距離50kmくらい?

お昼を過ぎてから、まず、鎌倉街道を通って府中まで、来週の大戦3の店舗予選大会申し込みに行ってます。途中町田リス園あたりの道路が細くて参るけど、山道のわりには走りやすいです。
驚いたのは、多摩の山を走っているときに、セミが鳴いていたこと。すっかり涼しくなったと思っていたけど、こんなtころで夏の残り香が。
府中にたどり着く前に、永山駅付近で、今年夏頃にどこからか移転してきている「悠久の車輪」をプレイ。新カードはほとんど引けずガッカリ。でも、ここの台は良かったです。誰もやってなかったけど……。

で、セガワールド府中で大会受付。いつもなら大会告知ポスターが出ているはずなのに、今回はなかったので、受付してないのかと思って焦りましたが、そんなことはなかったです。僕のあとにもすぐ人が来ていたので、今日か明日には枠が埋まってしまうんじゃないかな?

そのあとどうするかなー?と考えて、セガアリーナ八王子へ向かうことに。ここからどう行けばいいのかは分からなかったけど、まぁなんとかなるかーと走り出しました。
いつも思うんだけど、道路標識にある目的地名って不親切だよね。あんまり大きくない町の名前があったり、目的地に着く前に標識に出てくる名前が変わったり。
今、地図で見返してみると、相当遠回りをしている……。

ルート16ターボを走ってれば何とかなるかと思い走り続けたんですが、4時過ぎたあたりから、小雨がぱらつき始めました。10/10って雨の降らない日で有名なはずなのに……。
ま、そんなに強くなかったおかげで、それほど苦もなく走り続けられましたが。

思ったよりも時間がかかって、6時前にセガに。ここ、駅からかなり遠くて辺鄙なせいか、それほど人が多くないんですよね。ただ、そのおかげで、都内ではすでに全滅しているデッキケースキャンペーンをまだやっていました。すでにシールが集まったカードをもっていたので、その場で交換。今回は呉と蜀の2個取れた。
以前知り合いになった店員さんが不在だったので大会が中止になった理由は聞けなかったけれど、相変わらず大戦台が3台しかなかったから、この辺が理由なのかなぁ?でも、それじゃ最初から予定に入れないはずだし……。

ひとしきり大戦をプレイした後、いったん橋本へ移動。八王子から相模原って、結構距離あるんだよね。しかも八王子は盆地なので、どこから行っても山を越えなきゃいけないし。
途中東京工科大学の前を通るんですが、どうやら明日と明後日の2日間、学祭らしい。あのだだっ広いキャンパスには入れるなら、ちょっと行ってみたい。

橋本に着いたら、またここでもゲーセンへ。車輪稼働店で料金体系を確認。ここ、カード排出無しで、3時間¥1kってサービスをやっていて、それが新Ver.稼働でもやっているかを確認したかったのでした。どうやらサービスは継続らしい。
ちなみにこのお店、麻雀やQMAとかでも、同様のサービスをやっています。
リサイクルボックスに大量のカードがあったから、誰か相当やったらしいんだけど、今日は誰もいませんでした。

そのあとは、町田へ移動してちょっとお買い物をした後、9時頃帰宅。まぁまぁ、良い運動になったかな。でも、今のATBで長距離は初めてだったので、ちょいと疲れました。
次は紅葉の頃にまた走りたいね。

| | コメント (0)

2009年10月 9日 (金)

マーケティング

今日は自転車の便利さを痛感した一日でした。やはり自転車は生活必需品だ。
 
 
 
フレッシュプリキュアのWEBゲームサイトができたんだそうな。こんなの、大きなお友達しかしないだろうに……。
こういうのは、Webアプリよりも、ドリームライブの機能拡張の方が、お子様直接には効果あるんじゃない?さすがに、小さな女の子以外があのゲームをゲーセンでやってはいないだろう。

……まぁ、全くいないとも言い切れないけど……。
 
 
データカードダスも、気がつけば大量の種類があるけれど、カードデザインは、どれもなんかあんまりパッとしない印象があります。
 
ここしばらくのプライズ品とかアニメグッズ関係を見ていて、特定の有名作家を使うより、制作会社を使えば安く大量に書き下ろしグッズを作れるってことに、メーカーが気がついたんだと思うんだよね。で、ソレ単体での価値よりも、複数コンプリートすることへの価値を上げようとしている印象。

ただ、「質より量」ってワケでも無くて、「これだけ揃えとけば何か当たるんじゃない?」って考えてるように見えます。お客さんの嗜好が多様化しているからメーカー側もいろいろ試してるんだけど、結果、何を求められているか分からないまま、増えたラインナップを減らせないという状況なんじゃないかと思うのです。
「どれがよろしいんでございましょうか?」というお伺いをたてるより、「これを出したいんじゃい!」という提案型の製品の方がクリエイティブだと思うんだけど、それをするだけの体力が無くなったままずっと来ている感じ。
疲労しているのはお客さんも同じなので、そろそろ大幅な淘汰をしてもいいんじゃないかと思うんだけど、どんなことがあっても製品を買い続ける絶対数があって、それが「人×グッズの種類数=売り上げ」になるから、利益確保のためには少量多品種にならざるを得ないんだろうなと思ってます。

オタク系産業がどんな状況下でも最低限の利益を上げられるのは、その強力な固定ファンのおかげだと思います。が、一般層を巻き込んだ大ヒットにならないのも、そういった固定ファンのせいだと思います。
そのファン構成も、漫画とアニメとゲームでは結構違うんだけど、いつからなぜそうなったのかは、僕にはわかりません。僕が知ってても意味ないし。
 
 
一つ言えるのは、オタク系作品――特にアニメなんかは、PCやAV機器なんかよりも、よっぽどコモディティ化が進んでいるということ。たぶんみんな気付いてると思うんだけど、あまり誰も言わないよね。
ま、言ったところで、だれも得をしないというのは確かだ。

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

強い奴らに会いに行く

朝は電車が止まっていて大変でした。
まぁ、何もしなくても遅れる小田急線が、台風で止まらないわけがないんですが。

結局、いつもより早く出たのに、30分遅れで出社。駅からオフィスへの道のりが長いので、そこからがまた面倒だったんですが、強風か雨かのどちらかで、いっぺんには来なかったのが救い。傘が吹っ飛んだりはしませんでした。
話を聞くと、昨日の夜から大変だったようで、海老名から都内の方へ帰れず、ファミレスでしばらく過ごした方もいたとか。今日は都内のJRも全滅だったらしく、久しぶりにすごい台風がやってきたなーという感じでした。電車は便利だけど、地震・雷・火事・台風すべてに弱いのが難。

まぁ、勝てないからこその天災なんだと思います。勝てない相手には、無理せず、負けないように挑むことが大切。

そして帰りは、久しぶりにすっきりとした晴天。明日は自転車で走れるといいな。
 
 
 
大戦3の全国大会、前回に続いて出ようと思っていた八王子の店舗予選が、突如中止になっていました。八王子はここ一店舗なのに、なんで潰す必要があるんだ?八王子市民ナメんな!※UTさんは八王子市民ではありません
んー……今度お店に行って店員さんに理由を聞いてみよう。大会は古巣の府中に行ってみるか。

そういえば、相模原には、毎月店舗独自大会を開いているお店があるんですが、いつもタイミングが悪くて、一度も参加してないんですよね。毎回独自ルールで展開していて参加者も多いので、次こそは出てみたい。
 
 
店舗イベントと言えば、「悠久の車輪」の店舗イベントは、店舗さんが公式サイト経由で告知できるようになっていたんですが、これが来週からできなくなるらしい。せっかくゲームを盛り上げようと頑張っている店舗さんに対して、この仕打ちはないわ。
これからはどこで何をやっているというのが分からなくなるので、このゲームの対戦会で出かけることはほとんど無くなるなぁ……。
 
 
アーケードゲームだと、先月から稼働を開始している「BORDER BREAK」が人気ですが、僕的にはイマイチ。オリジナルロボットものでの、多人数オンラインチームバトルなんですが、爽快感があんまりなくて、やや単調な印象。続ければ装備も充実していいかもしれないんだけど、今のプレイ料金だと、それほどできないなぁ。可能性はあるので、今後の展開に期待。
今のところ、ロケテでプレイした「サイバーダイバー」の方が面白かった。ま、ネームバリューで負けるだろうけどね。

| | コメント (2)

2009年10月 7日 (水)

わーるど いず まいん

台風は、非常に強い勢力を保ったまま上陸するらしい。
このエネルギーを電力に変換できれば、日本のエネルギー資源問題は、大きく改善されるだろうに。
 
 
 
家電展示会のニュースから、リアル初音ミクのロボットが出ているという記事を見て興味を持ったのだけど、その写真を見てガッカリ。そんな中途半端なリアル志向じゃなくて、先日アキバにオープンしたという献血所にあるという3D映像の方が、きっとみんなの望んでいる方向だと思うんだ。BOFじゃ、だれも喜ばない。
――いや、BOFがダメだったかというと、必ずしもそうではないんだけど。
 
 
その日本最大級の家電展示会であるCEATEC、今年もテレビが主役の様子。ひところの大画面競争は終わって、3Dやらネットにつながるやら、どんどんインテリジェントな方向へ向かう様子。まぁ、そのくらいしかやることが無くなってきてるんだろうけど。

僕としては「とにかく綺麗な画が映るスクリーン」であってほしいと思います。それは僕が、テレビを、放送受信機としてよりも、映像出力機としてしか使わなくなってきているからなんですよね。

ちょっと前に知人が「テレビは見ないから持ってない」と言ってたんですが、「地上&衛星放送番組を見ない」では僕も同意だけど、それが「映像を見ない」と同義になると、それは違うし、もったいないと思うのです。
なんだかんだで映像メディアってのはやっぱり強くて、たくさんのオモシロ体験を提供してくれます。それを、芸を持ってない芸人連中の内輪トークを見ないからという理由だけで手放すのは、実に惜しい。
今、昔の映画とかを安く出してるDVDとか結構あるし、今のプレイヤーやTVだと、それをかなり綺麗に映してくれるんですよね。Blu-rayだと、さらに上を行くし、感動体験の素がたくさんあるワケです。「くだらないからいらない」だと、それ以上に「ステキ体験を逃す」ことの損失の方が大きかったりすると思うのです。

「テレビ」という言葉と「放送電波受信機」は、もはや同義語じゃない。いつまでも下世話な番組を垂れ流す局側はともかく、テレビを作っているメーカー側は、そう考えてると思います。
テレビ局は潰れても、テレビはなくならない。
 
 
とりあえず、東芝のCell TVは凄いなーと思うけど、それ以前に「SEDはどうした?」と思うのでした。
権利問題って、ホント嫌ね。

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

雨天注意

回数券の期限が切れたとたんに連日の雨。なんだかなぁ。
今度の台風も、微妙に上陸しない様子。
 
 
 
財政危機だというのに、やってるアーケードゲームである「悠久~」にカードが追加されたもんだから、財布から目に見えて漱石さんが飛んでいく……。それで、全く新カードが引けないんだからしょんぼりだ。新Ver.プレイ2戦目で引いた、先週出た唯一のSRカードが、逆さまの人ってなんだよ……。
ま、先は長いし、のんびり行かないとね。追加カードを使ったデッキ変更も検討してみたけど、今ひとつ美しくないのが難。
相変わらず強カードと強化アビリティで突っ込んでくるデッキが多い印象なので、今回も苦労しそうだ。
あと今回も、ストーリーモードの外伝が理不尽な難易度。以前開発者のブログで、プロデューサーが「開発は、どんなシナリオでも初見のあと2回目でクリアできると言っていた」と書いてたけど、そんな作りしてるから「想定外でした」とか言って使用中止になる壊れカードができたりするんだと思う。

とりあえず、前のバージョンで、とあるゲーセンの常連たちがカード開封動画とか上げていたので、今回もそういうのが出るのを期待しておきます。
僕の場合、引っ越してからゲーセン仲間がいなくなったから、ちょいと寂しい。
 
 
カードと言えば、こないだスリーブ(カード用の保護カバー)を買いに入ったカードショップで、ガンバライドのカードが大量に置いてあって、危うく買いそうに。他のゲームと比べるとそんなに高くないから、本気で買ってしまうところでした。ファイナル アタック ライドゥでも¥1k台だったし。こないだ送られてきた車輪のカードはそこそこテンバイヤーにも回ったらしく、どうやら今は万超えてるらしいんでね。そういうのに比べると、全然安い。
――と思ってしまうから問題。カードの売買って好きじゃないんだけどさ。

ディケイドも終わっちゃったから、年末年始あたりにディケイ&ディエンドライバーとか、ケイタッチとか投げ売りされてそうなので、ファイナル フォーム ライドゥはそのあたりが狙い目。
――と、そんなことを言っているけど、僕はガンバライドをやっているわけではありません。月に一回くらい、思い出したようにすることはあるけどね。あの演出とかは結構好きだけど、カードのデザインはイマイチ。

で、バンダイは、早くWのガイア”USB”メモリを出すべき。ベルト型の2ポートUSBハブも作って、挿すと「サイクロン!」「ジョーカー!」とか叫ぶの。ハブを3ポートにして、横にある大きめのスロットに2.5インチHDDを挿し「マキシマムドライブ」とか言うのも良いね。

気がつけば、ライダー映画の公開も来月なんだよね。まさかシンケンジャーがあの立体30分のみで、冬映画がWライダーになるとは思わなんだ。
 
 
 
町田でコナミのサッカーゲームがロケテをやっていました。前々からだけど、プレステのリモコンでゲーセンのゲームってアリエナイと思う。グラフィックとかに特徴があるわけでもないし、ゲーセンまで来てやるゲームじゃないと思うんだけど……。
「いまだに新作アーケードゲームをコンスタントに出す優良メーカー」と見るか、「代り映えせず微妙に駄作になっていく続編を延々と送り込むバカ殿メーカー」と見るか、KONMAIに対する評価は結構分かれそうな気がします。

ただプライズに関しては、コナミはもうフィギュアは作らないでほしい。ゲーセンにあったジャンボサイズのアロエを見た時、その出来の悪さに愕然としたのでした。
今までもずっとそうだったけど、KDEの作った物は、なんであんなに顔が平面で可愛くないんだ?

まぁ「Fighting武術」とか作っちゃった会社だから、3Dは駄目なのかもしれないけれど。
 
 
 
冬コミの受付確認はがきが届きました。が、どうやら書類不備っぽい。ここしばらく、申し込みをWebから行っているので、記入不備とかは送信時にはじかれるから安心してたんだけど、書かれていた登録番号が申請したジャンルと違うのよね。何ミスったかなぁ……?
というわけで、ウチの冬コミ参加は、今回は無理っぽいですが、注意書きに「必ずしもジャンルコードと一致しません」と書いてあるので、そこに望みを託してみます。

| | コメント (2)

2009年10月 3日 (土)

電フェス2009

ってことで、今日は幕張まで行ってきました。
朝起きたら雨が降っていて面倒になったので、当初の予定よりものんびりと出発。出掛けに管理人のおじさんが「作業してたら雨が降っているのでカッパを着たら晴れちゃったよー」と言う話をしてたので、傘を持たずに出掛けたら、海浜幕張に着いた時には結構降ってました。たぶん、管理人さんの仕事が終わったんだと思う。
 
 
しかし、引っ越してから初めてメッセまで行ったけど、遠いなぁ……。
 
 
Dfes2009_1

 
で、昼過ぎに着いたんだけど、思いのほか人が少なかった印象。
――いや、十分多かったんだけど、広々としたメッセの空間の中で、前よりも屋台が少なかった感じ。これだったらメッセじゃなくても良かったんじゃなかろうか?釘宮嬢が舞台上のコメントで「当日までUDXだと思ってた」と言っていたけど、あそこだと、逆に狭すぎる気がするから微妙。
まぁ、今日の天気が悪かったのが影響していると思うし、結果論だけど、新しくできたアキバの日通ビルの跡地のは使えなかったんだろうか?
 
とはいえ、メディアワークス単体のイベントで、これだけの規模のものができるのは、本当にすごい。出版業界も大変な状況だけど、だからといって、切り詰め切り詰めで引っ込んでいたら、客商売はだめだと思う。
あと、何か女性のお客さんが多かったのが印象的。オトメ系ブースもあったし、イベントも多かったってのもあると思うけど、メディアワークスって、結構そっちも強かったんだなーと感心したり。

それと、相変わらず、オフィシャルのレイヤーさんのレベルが高い。特にロンドローブは、販促にいるレイヤーさんのレベルが高いと思う。そんなコスプレイヤーさんに興味の無い僕でも、足を止めざるをえない。
 
 
僕的には、ひさしぶりに生天目さんのお姿を拝見できたので満足。これで1年は戦える。
そして「電撃ウルトラクイズ」での偽まるさんは輝いていました。乃木坂の問題で、日和見連中をフェイントによりふるい落としたりしたのは見事。
 
 
そんなこんなでイベントステージまで見ていたら、会場を出たのが6時に。もっと早く帰るはずだったのに……。そして、物販で散在してしまい、諭吉さんが飛んでいくことに……。そんな買うつもりはなかったのに……今月、本気でお金無い……。
買ったのは、グッズじゃなくて、ドラマCDなんですけどね。通販だし面倒だなーと思って見送ってた「森口織人~」のドラマCDだけを買おうと思っていたのだけど、展示品見てたら「山本ヤマトのイラスト集付きか……しかもヒロインみったんじゃん」とか「これ、マイフェアレイディオで宣伝してたなー」とか、色々買い物かごに放り込むことに。僕は、昔からドラマCDって好きなんですよ。ウチにある一番古いのだと、「アルスラーン戦記」のカセット文庫かなぁ?ってか、アレ、まだウチにあったっけ?
でも、イベント見てたら、¥100 1チャレンジのコーナーが終わっていたのは失敗だったか。まぁ、唯一欲しかった作品のクリアカードは貰えたから良いけど。
現在UTさんの一推しメディアワークス作品は「ロッテのおもちゃ」です。――とか言うと、また「ロリかよ」とか言われるけれど……。
 
 
せっかく幕張まできたので、先日バージョンアップしたばかりの「悠久の車輪」をやって帰ろうかと思ったら、タイトーステーションが、既に無くなっていた……。ココを無くすか?タイトー、何考えてんだ?和田社長の方針、やっぱおかしいと思う。
 
 
そんなこんなで、こっちの世界は、どんな時も元気だなーと思ったのでした。
ゲーム業界がデカくなり過ぎてシステマチックになる一方で、政府の介入とか起こりそうだったコミック&アニメ業界は、変わらずの動きに見えます。それはカラ元気かもしれないけれど、会場を見る限りでは、ユーザーと共に盛り上がっているように見えました。
明日は、いろいろ積もった仕事もあるので行かないけれど、今日と同じように盛り上がるんだろう。雨が降らなきゃ、今日ももっと人が入っていたんじゃないかなと思うしね。
何だかんだと言われるけれど、こっちの世界は、同じエンターテイメントでも、芸能界よりはるかに健全だよなーと思うのでした。
 
 
 
でも、幕張は遠い。

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

もう少しメモステが安ければ

10月に入ったので、服を長袖のものに変えました。衣替えだけど、まだちょいと暑いかな。
 
 
 
「にゃんこい!」の1話目は、悪くはないけど、さほど良くもない。ただ、主人公が原作よりも、よりヘタレ感を強調されていたのは、あまりよろしくない。まぁ、イマドキのアニメらしいけれど。
それにしても、今井麻美嬢は歌のお仕事が増えてきてる印象。そして相変わらず、榊原ゆい女史の映像はファンタジーだ。
そういえば、ミンゴスとゆいにゃんって同期じゃなかったっけ?
 
 
PSPがバージョンアップして、音楽再生機能を強化してきました。新しく入ったプレイヤーソフトを見る限り、どうやら本気でPSP goをインテリジェントなメディア・プレイヤーにするつもりらしい。PSP発表時にくたたんが語っていた世界が、ようやく現実的になってきた感じ。
今日も雨で電車通勤だったんだけど、ここしばらくの電車移動でPSPをメディアプレイヤーとして使った感想としては、このサイズに文句がなければ、かなり実用的なプレイヤーという印象。goはこれよりも小さいわけで、普段持ち歩くためのプレイヤーとして、選択肢が増えるというのは良いんじゃなかろうか。
僕は、既にUMDソフトがいくつかあるし、大きめの画面に意義を見いだせるのでgoは必要ないけど、もっと小さいサイズでソフトを複数入れたまま持ち歩きたいっていう新規さんには有効だと思う。
USB周辺機器のアダプタは発表されたもののUMDアダプタが出ないことに不満を言ってる人たちもいるみたいなんだけど、そもそもコンセプトが違うマシンに何言ってんだ?と思う。
でもまぁ、PSP-3000が値下げされたりとかして、goの値付けも微妙な感じになってきたし、本気で普及するとしたら、カラーバリエーションが出てからだと思う。

しかしこう、いろいろデータ配信についてのアナウンスが出てくると、メモステに8GBの物を選んだことを、ちょっと後悔。16GBにしとけばよかったかなぁ……。
 
 
 
 
それにしても、今週は雨が続く。週間天気予報によると、関東西部は来週も雨らしい。明日からの電撃フェスティバルも天気悪そうだ。
2年前の15周年の時は、入場までにそうとう待たされる程の大行列だったけど、今回はどうだろう?

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »