« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

大衆文化

昨日の日記は帰りの電車内でPを使って打ったのだけど、やはりキーの打ちやすさはZaurusを圧倒的に上回るね。
ただ、バッテリを持たそうと思って画面を暗くしてたんだけど、意外に電車内の照明がキツくて液晶が見づらかった。最大輝度にしても1時間は確実に持つので、車中でしか使わないと限定すれば、輝度は上げておいた方がいい様子。ただし、隣の人にも見えやすくなるので気をつけないと。
僕が普段使っているのはテキストエディタは「JmEdit」。Pでは、フォントをかなり大きくしています。
 
 
それはともかく、昨日帰り際に、外の掃除をしていたゲーセンの店員さんが「高田純次がよくラジオとかでしゃべっている調布に行きたいんですよ!」と熱く語ってくれたのだけど、はたして僕は、彼にどう返せば良かったのだろうか?
 
 
 
今更知ったのだけど、Wのガイアメモリ型USBメモリが出るらしい。しかも、付属するバッファロー製USBメモリの着せ替えジャケットというスタイルなんだそうな。残念ながらベルト型のUSBハブは付かないようなんだけど、メモリ接続で起動するデスクトップアクセサリーのようなソフトが付属するとのこと。なかなか実用的っぽい。
USBメモリは出たら欲しいと思ってたけど、期待してたのよりも高級過ぎて、やや敷居が高い。

僕は意外とUSBメモリって使わないんだよね。PDAを長いこと使ってきているので、USBメモリよりもCFやSDといったメモリーカードの方をよく使うのです。Pには、レジストリをいじらないアプリを入れた1GBのスマートメディアと、各種データ保存用の4GB SDHCが常時ささっています。
本体ストレージは、64GBの容量云々よりも、SSDの寿命が心配で、あんまり書き込み量を増やしたくないと思ってしまうのです。実際のところどうなのかは、まだよく分からないんだけど。
 
 
 
先日まで公開されていたマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」のDVD/Blu-rayが来年早々に出るらしい。
当初、映画は「2週間公開」で、タイミングが合わずに見逃していたのだけど、延長しているということを知ったので、先週夜に見に行ってたのでした。僕はそれほどマイケルのファンということではないんだけど、彼の曲とパフォーマンスは好きなので、興味があったんだよね。
それにしても、映画に関しては、町田は不便。若者の街とか呼ばれていながら、映画館が無いからね。町田市内にあることはあるんだけど、市街地から離れた南町田まで行かなきゃいけない。なもんで、前々から気になっていた、南大沢のTOHOシネマに行ってきました。よく行くタイトーステーションの上の階にあります。

映画の内容は、ライブのリハーサルとバックスクリーンの映像、それに合わせたミュージックビデオのような感じなのだけど、驚いたのは、マイケルが主役のドキュメンタリー映像でありながら、全くマイケル個人を描いていないこと。
映画の紹介記事とかで、「ステージに臨む素顔のマイケル」とかいうのがあったりしたけど、僕が見た限り、そういうのは一切ない。いや、確かにマイケルは全編にわたって出てくるし、それはマスコミに見せるときの構えた感じではないのだけど、でも、その存在は、あまりにも遠い。
まさかこんな形で映像化するとは思っていなかっただろうから本人へのインタビューが皆無なのは分かるんだけど、それにしても、マイケルのパーソナルが、本当に希薄。
マイケル自身のパフォーマンスや存在感は圧倒的で、映っているのはすべて、「”KING OF POP” Michael Jackson」。そこにマイケル・ジャクソンという「人間」は、どこにもいない。

作中で、ライブのディレクターが「まるでロックの教会だ」というシーンがあるんだけど、何かその一言が、全てを表しているようでした。

映画は、「ドキュメンタリー」なのだけど、どう見ても「エンターテイメント」。元々、辛気くさいドキュメンタリーを見たいわけじゃなかったので、この内容には満足。そして、そのステージを完成できなかったのは、低迷するポップミュージックにとって、大きな損失だ。
 
 
そんな巨人の最期の映像が出るので、これを機にウチの再生環境もランクアップさせようかと思ったのだけど、先立つものがなさすぎて、どうにもならないのでした。
くそう、金さえあれば。
 
 
ちなみに、僕が初めてまともにマイケル・ジャクソンの映像を見たのは、初めて行った東京ディズニーランドでの「キャプテンEO」だったと思う。あと、アニメ雑誌の「ニュータイプ」で、いのまたむつみとのツーショットが出てきたときは驚いたね。

| | コメント (0)

彩の国というよりもほぼ群馬

というわけで今日は、恒例になってきた、埼玉は行田市にある「アミューズメントアスリート」での、「悠久の車輪」大会に行ってきました。
そのゲーセンの最寄り駅「吹上駅」は、初めて行った時は工事中だったのだけど、今年に入ってその整備工事も終わり、今日はクリスマスイルミまでついていました。
月日も経ったものだ。

関係ないけど、吹上駅から目的のゲーセンの途中にあったセブンイレブンに「美味しい埼玉フェア」とかって横断幕の広告が出てたんだけど、その期間が「11/17~11/23」とか書いてあってなんだかなーと思いました。
2,3日ならまだしも、1週間前の期限切れの広告を掲示するのは、ある意味詐欺なんじゃなかろうか?
 
 
さて、今回はデッキに制限があったので、いろいろ考えた末に作ったデッキで挑んだのだけど、直前で変えてしまい、それが裏目に出て、あっさり敗北。何やってんだか……。
ぜんぜん良いトコがなくて、なんともしょんぼりな感じでした。むー……もう僕ではダメそうね。
今日は店員さんを含めて参加者16人だったので、結構人が集まった感じ。なかなか賑やかでした。このくらい人が集まると良いね。

車輪もかなり大味なゲームになってしまっているので、強カードを使うか、特殊な効果を狙ったコンセプトデッキにするかしないと、今までのように、先読みとカード捌きではどうにもならなくなっているのが難。このへん、もうちょっとマイルドに調整してくれればいいんだけどなぁ。タイトーのおかれた状況は、なかなか厳しいものだと思うけど、最後まで頑張ってほしいトコロ。
……まぁ、去年の今頃は完全に終わっていたアクエリアンエイジオルタナティブに比べれば、よく頑張ってるほうなのだけど……。あれはなぁ……稼動1年半後に行われた、最後のオンライン対戦イベント、500位まで参加賞の称号配布があったのに、最下位が200位台だったから……。
 
 
 そんなこんなで、おそらく今年最後の遠征は終了。や、大戦の大会が残ってるか。
 
 
こうして着々と原稿は遅れていくのでした。来週から本気を出そう。
それ以上に、資金繰りの悪化が、ちょっと致命的なレベル。本を作るのって、結構かかるのよね。さて、どうしたものか。
……とにかく頑張りマース。

| | コメント (0)

2009年11月28日 (土)

締め切りまであと2週間

「そうだ」というタイトルのメールが来たので「京都へ行こう」と返信したら「懐かしい」と返される。
その反応は予想外。
 
 
 
今日は、アイマスDVD発売イベントのために新宿まで。なんか新宿もご無沙汰だ。
特別来たい町でもないのだけど。
 
 
1時半頃に着いたときには、会場前できれいに並んだ列が。いつも思うけど、よく訓練されたオタクは、まわりに迷惑をかけない。知り合い同士でつるんで騒いでるのは、ニワカだったり、作品自体に興味なくて騒げる肴があれば良いっていう連中だ。

会場のバトゥール東京は、結婚式なんかの会場に使われるところということで、わりと上品な派手さのあるところでした。
入り口の看板に「定員300人の会場」とかって書かれてたんだけど、僕の整理番号自体が「397」。さらに後続にも人が多く……たぶん参加者450くらい。入れすぎじゃない?
あと、中身の構造が、銀座のパセラリゾーツそっくりでした。

で、2時から開演だったわけですが、正直、コロンビア主催ののDVD発売イベントだし、そこまで過度の期待はしていなかったんですが、いやはやどうして、なかなかすごいイベントでした。
特に、会場で流された、先のアイマスライブでのトーク部分の映像は、別途どこかで公開してほしい。
中村さんと仁後ちゃんに若林嬢って組み合わせも珍しい。中村さんは相変わらず自由だ。仁後ちゃんは相変わらずかわいいなぁ。そして、直美先生は、この二人のお守りで大変そうでした。
ディレ1とか、久々に見たなぁ……。コンシューマに移植されてからは、すっかり坂上Pがメインになってるから。

そんなこんなで、詳細は文章で書いても面白くないのでやめるけど、とても楽しい2時間のイベントでした。まさかこんなにオモロイイベントだとは思わなかったぜ。12月のライブチケットが取れなかったのは残念だったが、これにこれただけでも意味はあったね。と、会場でのピクチャでも話をしていました。
 
 
しかしまぁ、アイマスもホント息の長いことだ。本職のゲーム内容がどんどんビミョーになってきているのが難だけど、歌って踊るポリゴンゲームのさきがけとして、今後ともがんばってほしいトコロ。でも、そろそろCDを出すペースは手加減してほしいかな。多すぎて買いきれない。
いや、いい曲いっぱい聞けるのはありがたいのだけど。
 
 
 
さて、明日は、もはや毎月恒例になってきた埼玉ゲーセン遠征。正直、今の僕ではどうなるものか、なんともいえないけれど。まぁ、ちょっくら教育してくるとしましょう。

そんなこんなで、原稿がまったく進みません。

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

いつの間にかゲームは高度技術産業になってた

早いところは、今週末から大戦全国大会の予選受付が開始。今回はデッキケースがもらえるので、2か所くらいは出てみるつもり。さて、どこへ行こう?
それにしても、今回も八王子のセガは、予選開催店舗から外れてるのね。前の羅刹の時の中止といい、何かやらかしたんだろうか?仮にも、都内のセガ直営店だというのに……。
あそこ、BORDER BREAKも入荷できてなかったしなぁ……建物の構成上、潰れるということはないと思うけれど。
 
 
 
先日発売されたNintendo DSiLLを、お店でさわってきました。本当に大きくなっただけなのね……。でも、店頭で流れている紹介ムービーでもあるように、上の世代が机に置いて学習系ツールをプレイするというスタイルだと、なかなか有効な印象を受けました。
画面については、明るくて大きいけど、そもそもDSのソフトは、初代からLiteでの3インチを基本に作られてるから、DSiでも大きい印象があったわけで、それが4インチになって、なんか製作者の意図と違うんじゃ……って感じでした。見やすいといえば見やすいけど、DSの解像度の粗さを再認識しますね。隣にあったPSPが、よけいにきれいに見える。
ただ、カラーリングは、LLの方が好み。特にブラウンはカッコイイね。行ったお店では売りきれてましたが、クリスマス商戦には間に合うんだろうか?
サイズも、大きいのは大きいんだけど、相対的に薄く感じるのが、逆にいいかもしれない。ポケットに全然入らないというほどでもないしね。

DSiとほとんど同じというのが、メリットに見えるかどうかというのが評価の分かれ目かな。このへん、別コンセプトでスタイルを大きく変えたPSPgoと好対照です。ただ、単純に「ユーザーを増やす」という点で見れば、ターゲットを、これまでとは違う上の方向へ振ったLLは、今後の伸びしろが大きそうだと思いました。

個人的には、ここまで大きくなったんだから、アドバンスのスロットを復活させるくらいしてくれてもなーと思いました。あと、音量調整のスライド復活を希望。スイッチでもいいっちゃいいんだけど、あまりに階段が少ないので。内部ではもっと細かく音量調整可能だってのは、音楽プレイヤーのボリューム調整が本体に反映されていることからも明らかだし。
アイマスDS、キャラクター設定のせいで一人だけやたらと声がデカイので、ゲームやってると非常にバランスが悪い音量にしかならないんですよね。っていうか、いくらキャラ付けったって、アレは無いよなーと思うんだ。やってて、イラッと来る瞬間があるんだ。
 
 
Wiiの動画配信サービスの強化など、徐々に任天堂も次の手を打ち始めているけど、暗い話の多かった平成21年のクリスマスは、ゲーム業界で、明るい話を聞くことはできますかね?

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

秋末

「有意義に過ごす」と言えば、やっぱサイクリングですよー。
というわけで、今日はのんびりと走っておりました。

走ったのは、相模大野からルート16ターボ沿いに橋本へ行き、多摩ニュータウン通りを通って南大沢に行ったあと、町田街道でかえって来るという、いつもの「コンフォートスペースオーロで時間貸しゲームをプレイしよう」コース。分かる人にしか分からないけど。
 
 
Tamanew_st01

「秋になったら銀杏並木がキレイだろうなー」と思っていた多摩ニュータウン通りは、どうやら先週がピークだった様子。今日は、もうほとんど落ちていました。残念。
でも、半分くらい落ちた状態というのも、それはそれで風情のある感じです。
そういえば、前にいたオフィスでは、入り口のトコロに大きな銀杏の木があって、大きな存在感を示していました。
あの黄色は、花の色と違って、結構力強い印象があります。

Tamanew_st02

通りから見える動物看護学校の校舎も、なかなか趣のある建物です。大学の認可が下りて、来年から4年生大学になるとかで、新校舎の工事が進められています。
そういうせいもあるのかもしれないけれど、こういう建物の下に「入学願書受付中」とかっていう看板がデカデカとあるのは、ちょっと興が削がれるね。
 
 
もう11月も、あと一週間。いよいよ冬に入り、今年も終わりが近づいてきました。
やることいっぱい残ってて、ちょっとガンバんないとなーと思う日々です。

| | コメント (2)

2009年11月22日 (日)

フォロー。

ぬかった……ぐぐるさんを甘く見ていた訳ではないが……。
キャニオンは余計なことしてないで、仕事しててください。
 
 
3連休だーと思っていたら、なんとなくグータラしてしまい、結局何もしないで土日を過ごす。いろいろ予定してたんだけどなぁ……。
明日はもっと有意義に過ごそう。
 
でもまぁ、「こんなはずでは…」と思うことは、最近ちょっと多め。言ってしまえば、人生そのものが、それ。
おかしいなぁ……こんな30歳になるはずでは……。

とはいえ、今が嫌いかというと、そうでもない。ほかにいい道はあったと思うけど、今の居場所も、なかなか。
で、この先、もっとよくなれば良いなと思いながら仕事をしてるわけです。
 
 
そんなに難しく考える必要はないわけさ。

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

文句タレ地蔵

PSPのバージョンが上がり、それまでXMBの一番上にあった「ワンセグ」が「エクストラ」の一項目へ格下げに。まぁ、日本だけの機能だったろうから、当然といえば当然なのだけど、おかげで、どこいつテーマを使っているウチのPSPのXMBアイコンから、¥980がいなくなることに。
さようなら、テレビさん。

ちなみに、ウチのPSPには、以前、試しに作ってみた、こんなテーマがあります。
Psp_ew

欲しい人は、ゲーセンで会った時に言ってね。
 
 
 
今週のギョーカイ時事放談での偽まるさんの叫びは、よく分かるけど、どうしようもないよねーと思う所が多かった。
 
 
僕は、わりとマイクパフォーマンスを好んで行うんだけど、それを行うまでには、周囲環境の把握とセルフプロデュースが不可欠。言動が、演出と本気の境界線で、エンターテイメントに消化できるかどうかのギリギリのラインを狙います。
だけど今の人たちは、それまでの過程も意に介さず、自分の世界をぶしつけに持ってきて、他人の行動を断定する。それに対する反論は、彼らには弁解にしか聞こえないし、「見解の相違」を認識させようにも、「こっちの主張を認めさせて勝利する」というのが彼らの原理なので、そもそも議論にならない。
こちらが、諦めたり相手の言いたいことを理解しようとしたりすると、その時点で相手は「勝利」を自覚するので、話も終わってしまう。
 
何か考えがまとまらないときに人と話した時、予想外にアイディアが出てきたり、考えがまとまったりという経験があると思うんだけど、本来「会議」とか、そこでの「議論」というのは、それをテーマの下に系統立てて行うもの。だけど、「自分の意見を通すために相手を潰す」と考えている人が、だんだんと目立つようになってきた印象。

これは民主主義を多数決で運用してきた弊害だと思う。

これに、ネットの掲示板のような「反対派の存在が消える」世界が現れました。
学校でも会社でも、リアルにはいろんな人が周りにいて、その中には考えの合う人も合わない人も、部分的には合わなかったり、特定の趣味だけあったりする人もいるけど、とにかく「いる」という認識が、絶対にある。意見の相違で口論になっても、その意見の違う人は「いる」。
でも、ネット上のユーザーコミュニティでは、口論になって合わないと、どちらかが「消える」場合が多い。それが進むと、結果として、声の大きい人とそれにつきあえる人だけが残る。それが彼らの「世界」になる。
  
「世界」を作るのは、間違いじゃない。誰とでも仲良く、というわけにはいかない。まぁ、問題なのが何かということが分かっていれば、そもそも、ゆがんだ個人世界など作らないのだけど。
  
そして、その「世界」の中で、しかし本人は、頂点には立たない。
自分の価値観をもとに、上の人物を他に見つけ、その周辺を回り続ける。自分が「神」になるよりも、「神に認めてもらった人」の方が、はるかにプレッシャーが無いからね。世界の外を攻撃するにも神の威光を借りられるし、その責任を神に投げて逃げ道を確保しやすいし、いよいよとなれば、神を挿げ替えてもいい。
 
 
そういう人が増えたというのが、今の僕の認識。
 
 
僕は結構、議論するのが好き。そのために、極端な言動をとります。賛同より反抗の方が、言葉の幅が広いからね。そもそも、言いながら自分の意見に否定的な思考が走りはじめるし。
その手法は中学時代の校長先生の影響が多分にあるのだけど、協調性と反するので、いまだにバランスが難しい。よく失敗もするけれど、失敗を失敗と認めることができれば、関係修復は、それほど難しいわけじゃない。

だけど、今は、相手から言葉を引き出せないことが多い。こちらの言動を額面通りに受け取られ、そこで機械的に行われる賛否で結論が出て、相手の思考が終わってしまうからだと思う。
意味は違うけど、お互いに「話にならない」となる。

結果として残るのは、自分の勝利を主張する子供じみた声の方。それを「何言ってんだか…」と思っていたけれど、そういう勝利宣言をはやしたて、別の場面で同じようなことをする人が多くなってきた。
と、僕には見えるのでした。

高田延彦が「ハッスル!」を始めた時、「この人、何やってんだろ?」と思ったりしたけど、今では、なるほどなーと思うこともあります。パフォーマンスをパフォーマンスとして示したうえでドラマを演じないと、どんなに努力の裏付けがあっても、八百長扱いにされる。
――ま、たとえ話は誤解しか生まないので、このへんにしとくけど。「つまり、こういうこと?」とか「それは、こういうことじゃない?」に続く言葉は、「あー、伝わらなかったかー」という感想につながることが少なくないです。
 
 
 
ということを、わりとリアルでも話すことがあるのが、僕の中では反省事項。そういったことを、相手の内から出てくるように思考させるのが、作品を作る人たちの仕事だと思うのでした。
精進せねばね。

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

環境設定

キング、マウスパッド出るのかよ!?ってか、出てるのかYO!?
ぱよぱよ聞いてて、ほうじ茶噴いたわ!
 
 
 
Pでの動画再生能力、Vista時では、DLした三国志大戦のリプレイで、フルスクリーンだと紙芝居になっていたのが、まっとうに見られるようになったというレベルです。もともと、フルスクリーンにしなければ、特に問題はありませんでした。
Intelがチップセットのドライバをチューニングしたって話だったから、それの影響が大きいと思う。P発表当時にSonyが言っていた「HD動画もコマ落ちなく再生できる」というのは、結構条件が限定されてた印象。
ちなみに、7に変えたら、通常時のメモリ使用量が半分くらい下がりました。Vistaでの初期時は50%を超えていたんだけど、いまでは20%中盤くらいです。Vistaの時は、ほとんどチューニングしなかったからかもしれないけど、7も同様に、システムはほとんどいじっていないので、あまりシステムツールをいじらない人は、結構劇的な変化を感じるかもしれません。
逆に、Vistaをキリキリにチューニングしてた人は、パフォーマンスに変化を感じないかもね。
 
 
 
シャープのNetWalkerに、辞書入りの新機種が。やっと出たかーと思ったんだけど、肝心の辞書、microSDで付いてくるだけなのね。ちょっと、やっつけじゃありませんこと?
それ以上に、PC Watchに出てた記事を読んで苦笑。
記事で「初代は出荷開始1カ月半で約1万台。新機種追加で、年度内には5万台近い実績を目指す」とお偉いさんが言ってるんだけど、あんたら「2009年度内に10万台」とか言ってたんじゃんよ……。ラインアップ増やして、目標台数半減かよ……。
 
とりあえず、あのへっぽこキーボードを何とかして下さい。話はそれからだ。
 
 
 
さて、とりあえず、必要なソフトはPに入れました。まだ画像処理系が入ってないけど、「Paint.NET」は入れたので、必要最低限のことはできるね。

僕にとって必須のPCソフトは、すでに開発も販売も終了した「Lotus Super Office」です。文書系だけでなく、ウチの本は、これをDTPソフトとして使い、作っています。
使い続ける理由は、フローティングに表示されたままにできて、変更した内容がすぐに適用されるダイヤログボックスの存在と、オブジェクト配置を管理しやすい”枠”の概念とそのアンカーポイントの扱いが明確だから。

もう15年近く前に、自前のPCに入れるオフィススイートを選ぶ際、Microsoft OfficeとJustSystem製品群とこれを比較して、圧倒的にLotus製が使いやすかったので選択したのでした。
それ自体は間違っていたとは思わないけれど、すでにLotus社がなくなっているという事実は寂しいかぎり。

ちなみに、今現在IBMが出している「Lotus Symphony」は、同じLotusブランドのオフィススイートだけど、OpenOfficeをEclips風にビルドした、全くの別物。Lotus Super Officeに比べると、全然ダメ。
でも、MS Office互換ツールとして、僕はそれを使っています。ま、フォーマット変換くらいにしか使わないけどね。
 
 
このソフトが、今のところ、Windows7でも問題なく動いてるので、ちょっと安心。これに変わるソフトを探しているのだけど、今のところ見つかってません。
なかなか僕の嗜好と世の流れが合いません。

| | コメント (0)

2009年11月18日 (水)

P7

朝、起きたら雨が降っていて驚く。あわてて天気予報を確認するも、「寒いけど晴れだよ」とのこと。嘘つくなよーと思いながら出かける準備をしていたら、いつの間にか雨はやんでいたのでした。そして、明るい日差しが差し込む、寒い一日に。

間違っちゃーいないけど、僕にとっては出社&帰宅時間のピンポイントな天気が重要なので、そこだけ違うってのは、なんだかなーと思ったのでした。まぁ、自転車で行くよりも、電車を使う方が30分近く早出しなきゃいけない環境ってのがマズい気もするけれど。
 
 
 
P_7

ついにType PをWin7化。
届いた7用の各種ユーティリティが、外付けDVDドライブからのAutorun起動しか対応していないというトンデモ仕様だったので、いろいろ調べて、中身の抽出と個別インストールにてアップグレード実行。光学メディアを使わなかったせいか、7のクリーンインストール開始から必要なドライバの導入終了までにかかったのは2時間程度でした。放置できないので手間はかかったけど、思ってたよりも早かった。

それにしても、有料でありながら、このアップグレード用ディスクの仕様はヒドイ。フルオートにさせるためとはいえ、光学ドライブ搭載機ならともかく、Pのようなものまでインストール手段を限定させてしまうのはいかがなものか?そのうえ、すべての機種共通のため、DVDが3枚もあるし。
せめてアップデートプログラムが走ればよかったんだけど、各種フラッシュメモリやネットワーク経由などで何度試しても動かなかったので諦めたのでした。

ただ、「圧縮した一つのパッケージで提供し、ユーザーに個別インストールをさせない」という仕様は、ライセンスの問題も絡んでくる話なので難しいトコロ。このへん、日本製は神経質なくらい厳しい。同じ日本製でも、完全な台湾OEMや、東芝のように、PC作ってる歴史が長く世界的なシェアがあるところならまだしも、SONYのような、小さなところでは、あまりこの辺の改善は期待できない。でも、叩く人が多いのと同じくらい愛好者もいるので、情報には事欠かないというのがありがたいね。
 
 
現在、徐々にソフトを入れて環境構築中。クリーンインストールしたらVAIOの壁紙とかなくなっちゃって、これはちょっと失敗だったカモ。
ひとまずAeroはONにしているけど、いくつかのアプリでは不具合も起きるようなので様子見。
全体的に、確かにVistaの時よりも反応が良い感じ。今後ソフトを入れていけば重くなるかもしれないけど、このサイズでこれだけ動けば、当初の期待値は超えてます。ただ、フルスクリーン動画再生時のコマ落ちは、予想以上だった。

と思ったら、全部ドライバ入れ終わったら、まっとうに。Vista時代に紙芝居になっていたスタパビジョンが問題なく見られるようになってびビックリです。何だよIntel、やればできるじゃないか。

あと、気になるといえば、バッテリ駆動時間かなぁ。電源の無い所へ持っていくのに、もつのが2時間程度というのは、ちょっと心もとない。とはいえ、今まで使っていたノートPCのバッテリが30分くらいしかもたなくなってたというのと、そのノート自身も2時間くらいしかもたなかったというのがあるので、今までと比べて悪いわけじゃない。近頃では電源を提供しているお店も増えてきているので、最近の僕の生活からだと、問題にはなりそうにない。アダプタもちっちゃいしね。必要になったらLバッテリを考えよう。
 
 
そんなこんなで、いよいよ7とPを常用PCにし始めました。Pは発売から半年以上経って、十分に情報が出そろってからの購入だったので、「こんなはずじゃなかった」ということもなく、非常に満足度は高いです。
どんどん価格競争が激しくなっていくPC業界だけど、工人舎やいくつかのアジアメーカーが頑張ってたり、DELLも新しいAdamoを発表したりしてるように、「ただの同じ箱」じゃなくて、ユーザーが使いたくなるビックリドッキリ機種が出てくる世界であってほしいなーと思います。
 
あとは、壊れなければカンペキ。

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

私は…負けない!

結局、昨日あった別件の用事もキャンセルになり、一日を寝て過ごすことに。夜はちょっと身の危険を感じたけれど、今こうして日記を書いているということは大丈夫なんだろう。
それにしても、今年のサークル活動は反省することばかり。あまり余裕なくても、予定入れときゃなんとかなるってわけではないことを、あらためて痛感したのでした。いやー、もう歳だわ。言い訳だけど。

大晦日に向けて、いろいろと考え直おさないといけない。
 
 
しかし、このタイミングでレーザープリンタを失ったのはイタイ。調べてみたら、A3で両面印刷対応な機種は、安いものでも¥100k近くする様子。お金ないっつーの……。ボーナスも期待できないのに、どこから捻出するか?

ただ、買わないという選択肢は、無い。
 
 
今まで使っていたキヤノン製LBP-870は、かつて万世橋にあった、今は亡きLAOXデジタル館で買った物で、パラレルポートしかありませんでした。そのため、印字速度はともかく、データ転送に驚異的な時間を必要としていたので、買い替えるのも悪くないかなーとは思っていたわけです。
これまでの活躍に感謝しつつ、次の10年を戦える世代へと交替していただくことしますかね。

悩みどころとしては、USBのみにするか、ネットワーク対応にするか。これは、ノートをつないで共有すればどうでもいいことかもしれない。
そして、潰れる直前に買ったトナーが、まるまる無駄になったのが悲しい。
 
 
インクジェットのプリンタなんかは毎年新機種が出るけれど、PC周辺機器は、それほどライフサイクルが短いわけではないと思う。僕が使っているインクジェットは、エプソンのPM-3500Cだけど、これも、もう10年近い。
インクジェット機は言うほど高いわけではないので、顔料系インクのプリンタに買い替えることも考えたんだけど、今のがマズいか?と言われると、そんなことはないんだよね。ウチの本、印刷に関してはおおむね好評価だし、僕自身も不満はないので、これも潰れるまで使い続けるつもりでいます。
これ以外に、小物用にキヤノンのiP4100を使っているので、PMは、ほぼ同人専用になっています。

これ以前はhpの物を使っていました。が、hp製はインクが手に入りにくかったんですよね。その当時、白が印刷できるアルプス製か、印字品位の高いhp製かで検討した結果、hp製にしました。僕の感覚では、エプソンは緑くさく、キヤノンは赤過ぎだったのでした。
今では、パーソナルユースの物は、どこを選ぶかは好みの問題という部分が大きくなってきてる印象。
 
まぁ、じっくりと選ぶとしますか。
 
 
 
 
 
そんなこんなで傷心につき凹んでいたウツギさんにビッグプレゼントが。
 
Imas_event

アイマスライブDVD発売イベント当選オメデトー!
俄然テンションMAXでござる。

全ては、このときのために!


しかし今、会場について調べたら、どうやら「結構式場」らしい。なんで?

| | コメント (0)

2009年11月15日 (日)

欠席

重ね重ねスミマセン。今日のコミティア、欠席します。
 
 
金曜に雨の中走ったせいか、プリンタが終わったメンタル要因か、はたまたその両方か、熱が上がってきてちょっと面倒なことになってきました。
いや、もう……ホントごめんなさい。この埋め合わせはいずれ……。

| | コメント (0)

2009年11月14日 (土)

敗北

前回、用紙がつまってどうしようもなくなったプリンターを、今日は何とか復活させようと頑張っておりました。
数時間の苦闘の末――

Printer_paper


やった!ついに紙を全て取り出したぞ!
意気揚々と、既刊の印刷を始められたのでした。


が、


なんか用紙が、変なかすれ方をしています。何だろうとプリンタの中をのぞいたら、用紙のつまっていたところから、黒い紙のような物がぺろりと出ていました。
まだ用紙の残骸があったかと思って引っ張ってみると、黒いフィルムのような物が引き出されてきました。


どうやらそれは、転写用のフィルムだったらしい……。

結果――

Priter_dead

まっとうな印刷がされず、印刷該当ラインには、黒いラインしか出ないようになってしまいましたとさ。ついに10年あまりの長きにわたって共に戦ってきたレーザープリンタが殉職。あぁ、ゴメンよ……。
 
 
というわけで、明日のコミティアでは、新刊/既刊共々、置けなくなってしまいました。申し訳ありません。
とりあえず、これから、インクジェットで刷れる用のペーパーを作ってみようと思います。無駄にコストかかるからあまり印刷できないだろうけど。
そんな感じで当日はスペースにおりますので、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

コミティア参加告知

今週末、オリジナル オンリーの同人誌即売会「COMITIA 90」に、サークル参加します。
 
日時:11/15(日) 11:00~15:30
場所:東京ビッグサイト 西1ホール
スペース:ふ03a
頒布予定物:
[新刊]
「セイギノヒーロー」04
突飛な言動と行動力で周囲から「ヒーロー」と呼ばれる少年と、それに振り回される妹のドタバタギャグ4コマ漫画。のつもり。
今回の新刊では、ヒーローと敵対するライバル(自称)キャラが登場する4話目になります。いつも通り、モノクロ8P/カラー表紙のプリンタ本で¥100。
 
あと、「~ヒーロー」の既刊も少しだけ持っていきます。
 
同じく既刊の「木野先生~」は、冬コミ合わせでリニューアルオフセット化するので、今回は(も)お休みです。もう少し待っていてくださいませ。
 
ただし、確定情報ではなく、あくまで予定です。印刷機と作者のネタ不調により、出るかどうかは結構怪しいです。当日早朝には確定情報を掲載しますので、気になる方は、お手数ですが、再度ご確認ください。
 
また、当日は私事理由により、閉会の15:30までは居られません。14:30までは確実にいますが、15:00までに撤収する予定ですので、予めご了承ください。
 
当日はNintendoDSでピクトチャットにログインしていると思うので、見かけたら遊んであげてください。(ユーザー名:うつぎ いすず)
 
 
以上、告知でした。

| | コメント (0)

待ち人来たらず

昨日の夜9時半頃に佐川から電話が。

「スミマセン、届けるの忘れて持って帰っちゃったんですが、明日でもいいですか?」

おいテメェ、ブッ潰すぞ。
 
 
 
――とは、さすがに言わないけど、いいからとっとと持ってこい(意訳)と連絡。結局、夜の10時半ごろに届けにきやがったのでした。だから佐川は嫌なんだよ。何で法人はみんなあそこを使うんだ?

で、Windows7ですが、一回インストールしたものの、各種ドライバを入れるソフトが動かず、いろいろ調査中。
インストール自体は、USBの外付けメモリにコピーしたものから入れました。その他は、ネットワークドライブ経由なんだけど、それでやってる各種ユーティリティのインストールがうまくいかない。っていうか、ソフトが起動しない。
と思っていたら、入れた人の話だと、起動までに相当時間がかかるとか。
ま、どうやっても環境構築に時間はかかるので、作業の片手間に走らせておくことにしよう。
 
 
 
関東は、なんか週末までずっと雨らしいです。日曜は晴れてくれるみたいなのでいいけど。
紙を大量に持ち歩くのに、雨が降ってたら最悪です。
っていうか、プリンタ、いまだに動かないままなんだけど、間に合うんだろうか?

一応、告知したので、あとは間に合うように頑張るだけです。まだちょっと、できるかどうか怪しいんだけど……自分で描いたものが、面白いかどうかさっぱりわからないのが難しいトコロ。つなぐ話も、一つ一つが面白くないと、人様に見せる意味がない。

がんばりまっす。

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

ぽっきーあんどぷりっつのひ

_0186

1099という絶妙な回数で、ついに「まいにちいっしょ」内のトロステーションが最終回に。

_0193

僕も去年引っ越したから、この感じはわかるなぁ。
何もなくなった部屋を見渡すと、ちょっと感慨深かったです。
 
 
そして――
 
 
_0039

新番組開始、オメデトー!

いよいよ、新生「週刊トロステーション」が開始。週一回の更新は毎週金曜ということで、今回は0回という控えめな内容だったけど、以前のPSP版まいいつよりも、機能は充実している感じ。それに、過去のトロステからの、トロの物語とゲームの宣伝のバックナンバーも少し上がっていて、PSP版開始前のも多いから、それだけでもしばらく楽しめそう。
まぁ、第0回目のニュースが、PS3とPSPgoの宣伝だけってのがちょっとなーと思ったけど、最初だし、そんなもんか。
_0074
次回予告がいきなり「初音ミクとコラボ」ってあたりは、さすがだと思いました。


ただ――

_0009

まさか、引っ越し先が鈴木義司さんちとは……。

_0031

ちょっと今後のトロの行く末が心配です。
 
 
それにしても、思ったよりもPSP版がPS3版に近づかなかったのは残念。部屋の模様替えができないということは、今後もポスターやら置物はもらえないということか。

そして、何より、プラチニャP会員が、月額¥500というのに驚く。てっきり、年間¥1050とか月額¥105とかを勝手に想像してたんだけど、思いのほか高かった。しかも、PSP版だと、そこまで機能が多いわけでもないから、これだけ高いと、有料会員にはちょっとなれないなぁ……。

んー……さすがに、もうちょっと値段下げるか一年契約のディスカウントとか入れないと、有料会員増えない気がする……。
 
 
 
やっとWILLCOMのWindowsMobile新機種が発表に。
ただ、「発表」なだけで、まだ完成したわけじゃなく、出てくるのも年明けなんだそうな。特に、WindowsMobile感を出さないように進めているっぽい、ユーザーインターフェースを含むソフト面は、これまでのW-ZERO3を使っていた経験からすれば、不安要素しかない。2年ほど使っているW-ZERO3[es]、何度初期化したことか。

で、いよいよ機種変かなーと思ったんだけど、よく見ると、QWERTYキーボードが付いていないことに気付く。
……おいおい、キーボードなくしたら、W-ZERO3を選ぶ意味がないじゃないか。誰だ?こんな暴挙にOKサイン出したの?

というわけで、まだまだ、当分W-ZERO3[es]を使い続けることになりそう。あるいは、WILLCOM 03に替えるか?いずれにしても、データ通信メインなので、WILLCOMから3キャリアの携帯に替える気は、いまのところありません。WILLCOMを解約するときは、携帯電話を持たなくなる時か、ウィルコムが潰れるときだと思う。僕の音声通話時間は、年で1時間もいかない。
気になるのは、いつまでたっても安定しないWindowsMobileの挙動。どこまで安定したのか、ちょっと注目してます。

それにしても、「WILLCOM 03」から、また「W-ZERO3」に名前が戻っているのは、何か意味があるんだろうか?キーボードのつかない機種にW-ZERO3という名前を与えるのは、ちょっとどうかなと思うんだけど……。
 
 
 
そんなこんなで、予想通り、ちっとも来やしない佐川の荷物を待ちながら、外付けDVDがないのにどうやってPに7を入れようかと思案するのでした。

| | コメント (0)

2009年11月10日 (火)

あけげー

Windows7のアップグレードキット発送の連絡が届く。やった!明日にはアップデートできるぞ!
と思ったけど、業者が佐川か……。こりゃ、ウチにいる間に届けには来ないな……。
 
 
 
アーケードのカードゲームでホームグラウンドにしているイミグランデ大和店の近くに、コンピューターランド系列のゲーセンがあったんですが、いつの間にか潰れていました。シャッターに貼ってあった告知を見ると、先月いっぱいで閉めたらしい。
まぁ、ほとんどメダルゲーの小さなお店ではあったけど、帰りに時々ストZERO2をやりによったりしていたので残念です。結構、いつも人がいる印象だったんだけどなぁ。
コンピュータランドは、どこも結構レトロなゲームを置いているので、なにげに行ってたりします。町田には「虹色町の奇跡」があるし、向ヶ丘遊園には「野球格闘 リーグマン」があるしね。

今年に入って、知ってるお店で潰れたのは、厚木駅前のZETTONに続き、これで2件目。ZETTONは、最後まで「アヴァロンの鍵」を置いていたところなので、無くなったのは残念。
僕が引っ越してくる前の2年前からだと、僕が調べた限りで、厚木・海老名・座間・大和市のゲーセンは、10店舗近くが閉店しています。んー……。
 
アヴァロンについては、公式サイトで確認したら、時々行っていた、吉祥寺のお店も設置店リストから消えてました。まぁ、誰もプレイしないのに、あんなデカイ筺体置いておくわけにもいかないか。
そう考えると、2年ちょい前に新規にできた港北ニュータウンのセガ店に、なぜかアヴァロンが置かれたのは不思議。あそこ、カードやグッズ、イラストレーターの色紙とかも展示してるんだよね。しばらく行ってないから、今どうなってるかは分からないけれど。
 
 
まぁ、気が付いたら神奈川県から稼働店が消えていたアクエリよりはいいと思うけど。
アクエリは、どこか処分価格でカード売ってるお店があったら、持ってないのを埋めてみようか。で、できるお店で1勢力ぐらいはストーリーのエンディングを見たい。
 
 
去年の今頃のアクエリよりは、悠久の車輪は頑張っているけれど、さすがに今の人のいなさはキビシイ。マッチングで当たるのは、ほとんどランカーとそのサブカだし、デッキの差異はあっても、戦い方はパターン化されてきている。
公式サイトも、ゲーセンのイベント情報を上げなくなったら、とたんに情報更新の頻度が下がったように見えるので残念。新カードの登場記念で称号キャンペーンとかやってたけど、その新カードのロザがヒドイんだっつーの。
ま、図らずもロケテからずっと見てきたので、最後まで付き合うけどね。
 
 
三国志は、この後また全国大会が控えているけど、さてどこへ行きますやら。「BODER BREAK」ばかりでなく、他の物もしっかりとしてほしいトコロ。でも、武将モデリングの取得キャンペーンを一月に3回もやるのはいい加減にして欲しい。

そういえば、初音ミクのProject DIVAアーケード版は、進んでいるんだろうか?アレにネット連動コンテンツとかで、動画作成サービスとか付いたらヤバイ。つぎ込んでしまう。
DIVAのモデリングって、今まで見た歌って踊るポリゴングラフィックの中で、一番かわいいと思います。今のプリキュアEDも上位。アイマスは、360のグラフィックでアーケードのモーションなら良かったんだけど。360のモーションは、とにかく不自然。特に「太陽のジェラシー」はヒドかった。
ドリームクラブはやってないから何とも言えない。アレ、パチスロで稼いでクラブに通うというゲームの流れも酷いけど、それ以上に音楽がダサすぎるので、ちょっとやる気になりません。
 
 
アーケードゲーム、がんばって欲しいんだけどなー。

| | コメント (0)

2009年11月 9日 (月)

足下を見つめて

gigashotが見当たらないことに気付く。カバンのポケットに突っ込まれていたはずが、いつの間にかなくなってる……まいったなぁ……どこかで落としたか?
まぁ、そう遠くないうちにHDが撮れるカメラに買い替えようとは思っていたけれど、無くなるのは困りもの。見つかればいいんだけど。
 
 
 
PlayStationNetworkで音楽系の映像がダウンロード販売開始されたけど、ウチのPSPは、いつからか、ビデオの認証で失敗するようになっていました。それを先日、ネットで調べて解消。
PC管理ソフトであるMedia GOから機器認証をいったん解除して再度認証したら可能になりました。きっと認証がマズいんだろうと思ってPSP単体で解除とかしたんだけどうまくいかなかったんですよね。このあたり、まだまだソニーのソフトは弱いなーと思います。
 
思い当たる点としては、一回レンタル形式のビデオを落としたのち、それの期限が切れた前後の操作あたりかなぁ。まぁ、デバッグをするつもりはないので、問題解決したからよしとしておくけれど。
 
 
 
先週末は外出時にPを持って出かけましたが、電車内でもわりと使えました。XPを使っている時はあまり信用していなかったスリープ→復帰も、これなら実用的だなと思うレベル。
ただ、やはりというか、標準バッテリだと、あまりもちませんね。通信はしませんが、液晶の輝度を落として文章を打つだけでも、概ね2時間くらい。まぁ、そのくらいもてば使えなくはないけれど、余裕は無い。別途Lバッテリが欲しいところだけど、\10k以上するからなぁ。もう少し必要性が増したら考えよう。
 
 
あと、やはりコイツ用にペンタブレットのbambooが欲しいです。環境整備は7導入後にと思っているので控えめな使い方をしていますが、画像の編集とかもある程度できそうなので、やはりペンタブレットは僕には必須という感じがします。
Loiloとかもあったら面白そうなので、各種ソフト付属のヤツを、年末くらいには導入したいと思っています。ペンタブレットであるbambooの方が、PCであるPよりも大きいというのが、ちょっと面白い。
 
 
ここまでのサイズなら、bambooもワイヤレスになればもっと使い勝手が上がるのになーと思ったり。というか、ポインティングデバイスも、もっとBluetoothとかの共通無線方式になれば、いろいろと使う場面が広がると思うんだけど。
僕はマウスが好きではないので、パッドかトラックボールをメインに使っているのだけど、これらでBluetooth対応機器って、ほとんどないんですよね。まぁ、Bluetooth自体がそんなに普及できなかったというのはあるけれど、最近はネットブックや携帯電話にも搭載されているものが多いし、携帯して出先で使う際に、線がない方がすっきりしていいと思うのです。
Blutoothの標準スタックでは性能が出ないというなら、ドライバ作ればいいだけだし。でも、今現在モノがないということは、需要がないということなんですかね。いいと思うんだけど。
 
 
PC周りの世界は、まだまだ既存の技術を使いこなしているとはいねないと思う。別に、クラウドとか以外でも、これまでの延長線上で、PCを使った新しいことはできると思うんだよね。
新しい派手なトレンドを叫ぶのも結構だけど、現状の地道な改善もしっかり見てほしいなーと思ったりします。まぁ、地味だけどね。

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

爆鎮未完

土曜はレスキュー、日曜はバトスピと、JAMの曲で目覚める今日この頃。子供は朝から元気だなーと思う。
 
 
今週末は、1日中、所用で横浜まで行っておりました。ただ、あまり明るい感じはしなかったなぁ……。去年のリーマンショックは、それまでギリギリ耐えていた物を、何か一斉にブチ壊した感じがします。
再来年はなくなってるかもねと、ちょっと話したりしておりました。何が、とは言えないけど。
 
 
トロステが週刊になるまであとちょっと。代わる11/11で、PS3が発売されて丸3年なのか。その間、HD-DVDの消滅やら、大不況発生やら、色々ありましたにゃー。
何というか、数年後に振り返ると、今年はいろいろな転換期の年だったと思えるのかなーと考えたりします。良い方向なのか悪い方向なのかは分からないけどね。
 
個人的には、ここまで、あまりいい年ではなかったので、少しでも取り返したいトコロ。ただ、もうあんまりそのチャンスもないんだよなぁ……。
むむむ。
 
 
とりあえず、1週間後のコミティアの方針は決まりました。――決まったっつーか、こうしかできねーなーって話ですが。詳細は、木曜日くらいに出します。オフセット本を出さないのは確定です。
……色々やろうとして収拾がつかないのもあるんだけど、もうちょっと時間に余裕を取らないと、結構キツイんですよね。もっとひょいひょい売れるところなら良いんだけど、ウチみたいに小さいところは、作った半分くらいは在庫になるので、後で悔いの出ないところまで手を入れたいし、冬コミ合わせの早割に割り込ませて、できるだけ経費を落としたいというのもあるのです。ガッカリな話だけど。
ただ、ホントはコミケじゃなくてコミティア合わせにしたいんですよね。オリジナルでギャグマンガなんて書いてると、コミケはホント、アウェーなのでね。特に今年は大晦日だし、人が来る要素がまったくないんだ。知らない人は同人って儲かるんでしょ?みたいなこと言うけど、そんなのウケてるジャンルの2次創作かエロくらいだぜ?商売で創作はできない。
そんなこんな、いろいろなことを考えつつ、今年を乗り切るため手を尽くすのでした。

現在の大きな問題は、プリンタが紙詰まりのままということ。コレ直らないと、また何もない机の前に座ってないといけなくなるんだけど……。
 
 
がんばりまーす。
 
Rough_pple

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

そりゃねーぜ

そうか。
アイマスライブのチケットが外れたのも、風邪を引いたのも、原稿が間に合わないのも、民主支持じゃないからなのか。さすがUPLIFTさん、なるほど、納得だ。

それにしても、峠のラジオからもう3年なのか……。酔っぱらいヒデキのクロスオーバーイレブンを、遠い中華の寒空の下で聞いたのも、いまや遠い思い出だねぇ……。
 
 
 
僕は、メインPCはそこそこだけど、サブPCはわりと予算をかけずにやっているので、アンチウイルスソフトにフリーのAVGを入れて使っています。
最近FreeのAVGが8.5から9に上がったということで、バージョンアップしました。
 
で、インストール後、最初のスキャンについての問い合わせ画面が表示されたんです。

Avg
 
 
 
…ん?
 
 
 
Avg_up



……
……アンインストールするか……。

| | コメント (2)

2009年11月 5日 (木)

それでいいのか それがいいのか

漫画に使いたいと思いつつ、今後も使うタイミングがないだろうなーと思っているパロディーのセリフTOP3。

・「わかるかなー? わかんねーだろーなー?」
・「流れ流れて2万年……昔のことは忘れたゼ」
・「なんとなっとー朝のメシ」

最後のでジオング先輩の「しゃー がしゃこん」を思い浮かべられた方とは、良いBB戦士談義ができそうです。バウンドドッグにセーラー服は似合うよね。
 
 
 
昼過ぎに厚木へ移動していたら、途中の細い路地に信号機が新設されていました。こんな狭い路地裏に信号機を立てるくらいなら、県道に街灯をもっと追加してください。
お役人様たちって、ホントにこの国で生活しているのか、疑問に思うことが多いです。
 
 
ゲーセンにて、ギャザのロゴがポスターにあって、なんか新しいカードゲームでも出るのか?と思ったら、「ロード・オブ・ヴァーミリオン2」のポスターでした。そういえば、FF4とかロマサガのキャラとかも追加されるんだった。もはやスクエニキャラのバーゲンセールだなぁ……。
カードには興味が出たけど、ゲームは相変わらずのようなのでスルー。時間とお金に余裕ができたらやってみますかね。
 
 
朝と夜の冷え込みが強くなってきて、そろそろ手袋をつけないで自転車をかっ飛ばすのが危なくなってきた感じ。しかし、人間が服飾を着る習慣は、いったいどこからでてきたのだろう?「進化」の概念は、もはや万人が常識としてとらえている事象ではあるけれど、本当に進化という変化は行われてきたのか疑問に思うことは多いです。
空調を制御しないと生きることすらままならない動物になることが、なぜ人間には必要だったのだろうか。
 
 
年末に来ているせいか、あちこちで道路工事がおこなわれていてウンザリです。水道管とかガス管とか、生活にかかわる工事は必要だとは思うのだけど、ホントにその周期でやらなきゃいけないことなんだろうか?
同じ場所を、水道管、ガス管、その他と、別理由で何度も掘り起こしたりね。
 
それとは関係なく、相模大野駅前のとあるビルは、気付くと、しょっちゅう工事をしています。
そこに入っている「やよい軒」という定食屋は、気付くと、しょっちゅう店内工事をしています。改装をしてるわけじゃなく、いつも何かの工事。意味が分からない。
 
 
世の中、不思議なことがいっぱい。だけどそれは、別の見方からすると、きっと常識なんだろう。
 
 
とりあえず、アイマスライブDVD/BDの大阪公演ダイジェストDVD受付は明日までだぜ!みんな、忘れんな!
ライブ映像見たら、「Next Life」を歌う我那覇に惚れました。アレはカッコよすぎ。

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

散逸

一年ぶりくらいに本社で仕事をする。久しぶり過ぎな上に、そもそもあまり通ってなかったから、構造を忘れてました。

それ以上に、いつもより1時間早く出なきゃいけないのが難。今日中に片付かなくて明日も行くのでちょっと面倒。  

 

先のディケイドの最終回をめぐって、テレ朝の社長が定例記者会見時に、「BPO放送と青少年に関する委員会」に謝罪したという報告がされたということに驚く。→ここのページの一番下

――いや、あの最終回はどうよ?とは思ったけど、放送局に是非を問うほどのものか?とも思うのです。

「子供向け作品であの流れはどうなのよ?」という質問に対して「本編と宣伝の境目がはっきりしてなくてすみません」という回答がかみ合ってるかどうかはおいておくとして、こういった話が出たのは、平成ライダーの有力視聴者層に奥様方が多かったというところが大きかったのかなと思う。

思うことはいろいろあるのだけど、TV局の性格にも問題は少なくないので、いつも以上に言いたいことがまとまらず。とりあえずあった出来事のメモだけにとめてみました。ただ、日本では、「儲ける=悪」という意識が強いね。士農工商とはよく言ったものだ。

 

7のディスクを発注して、届くまで実用ソフトのインストールを控えてPを使ってますが、それなりに使ってみて、確かに重い感じはするなーという印象に。それがハードのせいなのか、OSのせいなのか、まだなんともいえない。

動画の再生は、確かにキツイ。スタパビジョンがフルスクリーンで完全紙芝居になるとは。ウチのPriusGear(Celeron M 320 / RAM : 768MB)でも大丈夫だったから、これは残念。でも、事務系の作業は、特に問題なし。

おおむね想定どおりか。これが、OS替えて、いろいろソフトを入れ込んで、どうなるか?  

 

さて、眠い。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

アドベンチャーゲームの選択肢はいつからあんなに少なくなったのだろうか

今日は休みにしたかったんだけど、月初に休むといろいろ面倒なこともあるので仕事。天気が悪いし、本当は休みたかったところだけど。

そして、当然のようにハズれる年末アイマスライブチケット。結局自分で取れたのって、1st Aniv.のときだけだなぁ。
DS版のアイマスは、あまり進んでいないけど、全体的にガッカリな作品という印象。DSに合わせた作品を作ればいいのに、無理やりアイマスのフォーマットにしているシステムが、ゲームを大幅にマイナス方向へ振っていると思う。
PSP版で、普通の値段で3作同時に出したわりには普通に売れ、DLCの売り上げも上々だったのが、かえって駄作開発につながったのではないかという気がします。シリーズ寿命を延ばすのはいいけど、ただ売れてるハードで出しゃいいってモンじゃないっしょ。
でも、相変わらず楽曲は好み。今まで気にしてなかったけど、CDの棚整理をしていて、アイマス関連のがスゴイ数になっていて驚きでした。そりゃ、半年ごとにメンバー人数分くらいのCDがでてりゃ、50枚とか簡単に超えるわな。
 
 
 
LAOXの店舗が、ほぼ全て免税店に切り替わったという話を聞いてガッカリ。アキバで一番好きな量販店だったのに……。今年の春に創業者が亡くなったと聞いて残念に思っていたけど、まさか中国人に乗っ取られるとは予想だにしませんでした。
ASOBITとMUSIC VOXは、何とか生き延びてほしいです。でも、どちらも今のアキバの中心からは外れた場所にあるんだよね。
 
 
そういえば、ここしばらくアキバへ行ってません。なんか町田駅周辺で、事足りてるんだよね。
 
 
僕が初めてに行った頃の秋葉原は、「激安家電の街」でした。電気工学系の学生だったので、種類豊富なパーツ類とか、やたらと揃っている専門書を探すのに重宝しました。
その後、全国へ広がる家電量販店の激戦化に伴い、アキバの価格は決して安いものでは無くなったけれど、今も昔も「理系人間の趣味の街」という面は変わってないんじゃないかと思います。
僕としては、変化の早いアキバを眺めているのは楽しいので「電気街を守れ!」的な、中小PCパーツメーカーの保守的な意見には疑問があるけど、アニメ&ゲーム文化が大挙してくるのも勘弁してほしいトコロ。でも、「アキバはこうあってほしい」というのをおしつけるのは違うよなーと思ってます。あそこは、計画的に作ってできるような街じゃない。

ただ、LAOXザ・コンピューター館跡地がずっと空き家のままだったり、大通りの中心だったミナミのビルにドンキが入り込んで延々と韓国CMを流し続けているのを見ると、なんだかなーと思います。
 
 
 
ようやく日本でも姿を現したPSP goを、店頭でちょっとさわってきました。写真とかで見てた印象よりも、よっぽど使いやすい。キーの位置やクリック感も、アナログパッドの位置も、全然問題なかった。
以前ネットのコラムで「アナログパッドを減らして操作感を下げた」とか書いちゃうヘッポコ記者がいたけど、そこまでしてiPhoneを持ち上げたいか?と思うくらい、まっとうなゲーム機という印象。やっぱ、実物を触ってみないで適当なコト言えない。

でも、UMD非搭載ということは、これでゲームをするには、すべてこれ用にソフトを買いなおさなければいけないワケで、これまでのPSPユーザーが買い替え&買い増しするには厳しい物であるということは確か。せめてメモリースティックがmicroじゃなくて普通のDuoサイズならば。
あと8mmくらいまで厚くなってでもUMDを搭載すれば、ポケットにギリギリ収まりきる携帯プレイヤーとして、かなり人気が出たんじゃないかと思うんだけど。そのへんは、今後の方向性を考える上で、中途半端な物を出すわけにはいかなかったんだろうね。

現行の3000とgoの売上比率如何によっては、今後、欧米と日本で、ゲームメディアを変えてハードを分けるということが出てくるかもしれない。むしろそうなった方が面白いとは思うんだけど、さすがに難しいか。

興味深いのは、「簡単にポケットへ入れられるくらいの大きさにして、常に持ち歩けるように」というサイズにPSPを変えてきたのに対し、DSiは「多少の携帯性を落としてでも、表示領域を広げる」という方向を提示したこと。まぁ、DSの販売台数は圧倒的なので、「多様なバリエーションの中のひとつ」という面が大きいんだろうけど、両者とも「今のまま同じことを続けていてもダメ」と考えてるってことでしょう。
この結果がどう転ぶかは分からないけれど、GameBoy一人勝ちのような状況では、こういう展開は起きなかったと思うので、PSPは歴代の任天堂以外のポータブルゲーム機としては、かなり健闘しているし、iPhoneを持ち上げる動きも競争原理には寄与していると思う。

WindowsCEを開発しながら、メディアプレイヤー、ゲーム、電話といったすべての方面において、中途半端で不安定な挙動と方針を提供し続けたMicrosoftは、この辺をちょっと反省した方が良い。まぁ、Microsoftが本気を出そうとすると、だいたい独禁法などを使って叩かれたりするので、ちょっと可愛そうではあります。同情はしないけど。
 
 
なんにしたって、選択肢は多い方が良い。アレはダメ、コレはダメと頭ごなしに決めつけるより、出てくるものを楽しむ余裕が欲しいね。
そのうえで取捨選択すればいい。みんなと同じ意見と物をそろえて安心するという生活も、そろそろ変わっていい頃だと思うんだ。

| | コメント (0)

2009年11月 1日 (日)

今年も残り60日

P_101


P_04

P_102

P_103

そんな半年前のトロステを懐かしく思い出す休日。

P_105

ずっとさわってると、休日もあっという間に過ぎていくので考え物だなーと思いました。冬コミの参加も決まったというのに、原稿がまったく進まねぇ……。
 
 
とりあえず、テレ朝は日曜の朝にスポーツ中継を入れないで下さい。
 
 
 
今日から11月だというのに、すこぶる暑くて驚いたのだけど、夕方からは一転して雨になり、さらにビックリ。確かに、なんとかと秋の空は変わりやすいとは言うけれど。
PC作業に時間を取られて一日部屋にいたけど、出かけてたら雨に降られてさんざんな目に遭うところでした。
そろそろ紅葉がきれいな時期なので、ちょいと出かけたいなーというのはあるんですが、なかなかタイミングの見極めが難しい。山登って雨降られたら、本気で帰れなくなるのでね。ムリして帰ると事故りかねないし。

そんなこんなで、今年も後2ヶ月です。
――文字で書いたら、ちょっと焦ってきました。去年はかなり大変な1年だったけど、今年も別の方向で大変な年になってます。ここから、少しでも挽回したいトコロ。
 
 
でもまぁ、なるようにしかならないよね……。
 
 
冬コミの当落を検索してあらためて思ったのだけど、ホントに大晦日の参加なんだよね……。そんなタイミングでも、10万を超える人が押し寄せるってんだから、日本ってのはすごいトコロだ。
――いや、自分もなんだけどさ。
 
今年のゴール地点が見えたので、あとはそこへ、いかにキレイにたどり着くかを考えながら、ちょっくらがんばっていこうと思います。

| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »