« 彩の国というよりもほぼ群馬 | トップページ | 今日のラクガキ »

2009年11月30日 (月)

大衆文化

昨日の日記は帰りの電車内でPを使って打ったのだけど、やはりキーの打ちやすさはZaurusを圧倒的に上回るね。
ただ、バッテリを持たそうと思って画面を暗くしてたんだけど、意外に電車内の照明がキツくて液晶が見づらかった。最大輝度にしても1時間は確実に持つので、車中でしか使わないと限定すれば、輝度は上げておいた方がいい様子。ただし、隣の人にも見えやすくなるので気をつけないと。
僕が普段使っているのはテキストエディタは「JmEdit」。Pでは、フォントをかなり大きくしています。
 
 
それはともかく、昨日帰り際に、外の掃除をしていたゲーセンの店員さんが「高田純次がよくラジオとかでしゃべっている調布に行きたいんですよ!」と熱く語ってくれたのだけど、はたして僕は、彼にどう返せば良かったのだろうか?
 
 
 
今更知ったのだけど、Wのガイアメモリ型USBメモリが出るらしい。しかも、付属するバッファロー製USBメモリの着せ替えジャケットというスタイルなんだそうな。残念ながらベルト型のUSBハブは付かないようなんだけど、メモリ接続で起動するデスクトップアクセサリーのようなソフトが付属するとのこと。なかなか実用的っぽい。
USBメモリは出たら欲しいと思ってたけど、期待してたのよりも高級過ぎて、やや敷居が高い。

僕は意外とUSBメモリって使わないんだよね。PDAを長いこと使ってきているので、USBメモリよりもCFやSDといったメモリーカードの方をよく使うのです。Pには、レジストリをいじらないアプリを入れた1GBのスマートメディアと、各種データ保存用の4GB SDHCが常時ささっています。
本体ストレージは、64GBの容量云々よりも、SSDの寿命が心配で、あんまり書き込み量を増やしたくないと思ってしまうのです。実際のところどうなのかは、まだよく分からないんだけど。
 
 
 
先日まで公開されていたマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」のDVD/Blu-rayが来年早々に出るらしい。
当初、映画は「2週間公開」で、タイミングが合わずに見逃していたのだけど、延長しているということを知ったので、先週夜に見に行ってたのでした。僕はそれほどマイケルのファンということではないんだけど、彼の曲とパフォーマンスは好きなので、興味があったんだよね。
それにしても、映画に関しては、町田は不便。若者の街とか呼ばれていながら、映画館が無いからね。町田市内にあることはあるんだけど、市街地から離れた南町田まで行かなきゃいけない。なもんで、前々から気になっていた、南大沢のTOHOシネマに行ってきました。よく行くタイトーステーションの上の階にあります。

映画の内容は、ライブのリハーサルとバックスクリーンの映像、それに合わせたミュージックビデオのような感じなのだけど、驚いたのは、マイケルが主役のドキュメンタリー映像でありながら、全くマイケル個人を描いていないこと。
映画の紹介記事とかで、「ステージに臨む素顔のマイケル」とかいうのがあったりしたけど、僕が見た限り、そういうのは一切ない。いや、確かにマイケルは全編にわたって出てくるし、それはマスコミに見せるときの構えた感じではないのだけど、でも、その存在は、あまりにも遠い。
まさかこんな形で映像化するとは思っていなかっただろうから本人へのインタビューが皆無なのは分かるんだけど、それにしても、マイケルのパーソナルが、本当に希薄。
マイケル自身のパフォーマンスや存在感は圧倒的で、映っているのはすべて、「”KING OF POP” Michael Jackson」。そこにマイケル・ジャクソンという「人間」は、どこにもいない。

作中で、ライブのディレクターが「まるでロックの教会だ」というシーンがあるんだけど、何かその一言が、全てを表しているようでした。

映画は、「ドキュメンタリー」なのだけど、どう見ても「エンターテイメント」。元々、辛気くさいドキュメンタリーを見たいわけじゃなかったので、この内容には満足。そして、そのステージを完成できなかったのは、低迷するポップミュージックにとって、大きな損失だ。
 
 
そんな巨人の最期の映像が出るので、これを機にウチの再生環境もランクアップさせようかと思ったのだけど、先立つものがなさすぎて、どうにもならないのでした。
くそう、金さえあれば。
 
 
ちなみに、僕が初めてまともにマイケル・ジャクソンの映像を見たのは、初めて行った東京ディズニーランドでの「キャプテンEO」だったと思う。あと、アニメ雑誌の「ニュータイプ」で、いのまたむつみとのツーショットが出てきたときは驚いたね。

|

« 彩の国というよりもほぼ群馬 | トップページ | 今日のラクガキ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 彩の国というよりもほぼ群馬 | トップページ | 今日のラクガキ »