« P7 | トップページ | 文句タレ地蔵 »

2009年11月19日 (木)

環境設定

キング、マウスパッド出るのかよ!?ってか、出てるのかYO!?
ぱよぱよ聞いてて、ほうじ茶噴いたわ!
 
 
 
Pでの動画再生能力、Vista時では、DLした三国志大戦のリプレイで、フルスクリーンだと紙芝居になっていたのが、まっとうに見られるようになったというレベルです。もともと、フルスクリーンにしなければ、特に問題はありませんでした。
Intelがチップセットのドライバをチューニングしたって話だったから、それの影響が大きいと思う。P発表当時にSonyが言っていた「HD動画もコマ落ちなく再生できる」というのは、結構条件が限定されてた印象。
ちなみに、7に変えたら、通常時のメモリ使用量が半分くらい下がりました。Vistaでの初期時は50%を超えていたんだけど、いまでは20%中盤くらいです。Vistaの時は、ほとんどチューニングしなかったからかもしれないけど、7も同様に、システムはほとんどいじっていないので、あまりシステムツールをいじらない人は、結構劇的な変化を感じるかもしれません。
逆に、Vistaをキリキリにチューニングしてた人は、パフォーマンスに変化を感じないかもね。
 
 
 
シャープのNetWalkerに、辞書入りの新機種が。やっと出たかーと思ったんだけど、肝心の辞書、microSDで付いてくるだけなのね。ちょっと、やっつけじゃありませんこと?
それ以上に、PC Watchに出てた記事を読んで苦笑。
記事で「初代は出荷開始1カ月半で約1万台。新機種追加で、年度内には5万台近い実績を目指す」とお偉いさんが言ってるんだけど、あんたら「2009年度内に10万台」とか言ってたんじゃんよ……。ラインアップ増やして、目標台数半減かよ……。
 
とりあえず、あのへっぽこキーボードを何とかして下さい。話はそれからだ。
 
 
 
さて、とりあえず、必要なソフトはPに入れました。まだ画像処理系が入ってないけど、「Paint.NET」は入れたので、必要最低限のことはできるね。

僕にとって必須のPCソフトは、すでに開発も販売も終了した「Lotus Super Office」です。文書系だけでなく、ウチの本は、これをDTPソフトとして使い、作っています。
使い続ける理由は、フローティングに表示されたままにできて、変更した内容がすぐに適用されるダイヤログボックスの存在と、オブジェクト配置を管理しやすい”枠”の概念とそのアンカーポイントの扱いが明確だから。

もう15年近く前に、自前のPCに入れるオフィススイートを選ぶ際、Microsoft OfficeとJustSystem製品群とこれを比較して、圧倒的にLotus製が使いやすかったので選択したのでした。
それ自体は間違っていたとは思わないけれど、すでにLotus社がなくなっているという事実は寂しいかぎり。

ちなみに、今現在IBMが出している「Lotus Symphony」は、同じLotusブランドのオフィススイートだけど、OpenOfficeをEclips風にビルドした、全くの別物。Lotus Super Officeに比べると、全然ダメ。
でも、MS Office互換ツールとして、僕はそれを使っています。ま、フォーマット変換くらいにしか使わないけどね。
 
 
このソフトが、今のところ、Windows7でも問題なく動いてるので、ちょっと安心。これに変わるソフトを探しているのだけど、今のところ見つかってません。
なかなか僕の嗜好と世の流れが合いません。

|

« P7 | トップページ | 文句タレ地蔵 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« P7 | トップページ | 文句タレ地蔵 »