« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

Final Day

というわけで、大晦日の冬コミに参加された皆様、お疲れ様でした。そして、当スペースに足を運ばれた皆様、どうもありがとうございました。
 
 
どうにかこうにか本はできたので、最後の最後で、何とかサークルの体裁を保てました。
ただ、本の内容については、中継ぎの顔見せ要素の強い話なので、やや不満。それをそのまま書くかどうかで、かなりもめていたのでした。でも、書かないことには進まないということで。

しかし、今回新たに導入したカラーのレーザープリンタ、驚くほどの威力を発揮しました。
今まで、本文のモノクロをレーザーで印刷していたんですが、A3用紙にB5サイズのビットマップを2枚貼り付けたものを両面印刷するという形になるんですが、こうしてできたデータは、1ファイル数十メガバイトになります。それを、RS-232Cのパラレルポートで転送するので、スプールに10分近くかかっていました。
これが今は、「印刷」をクリックしたあと、次の瞬間に印刷が始まるように。
そしてカラーの表紙も、A3用紙にフルカラー印刷するので、いつも50枚くらい印刷処理を入れたら、あと買い物に出かけたり、風呂に入ったり、食事を取ったりと、他の作業に入っていました。全部出力終わるのなんて、1時間以上先だしね。
これが今は、30枚印刷するのに5分とかかりません。

これを驚異と言わずして何とするか。

さらに、新たに導入した裁断機が、これまでの3倍の量をいっぺんに処理し、その精度も格段に上がりました。
もはや、自宅製本に関しては、完璧の領域に達したと言っても過言ではありません。プリンタが壊れたのにも、意味はあったというわけだ。
ただ、いろいろ印刷品質を試すために出力していたら、本体に表示されたトナー残量が驚くほど減っていたので、ちょっと考えないとなーってカンジでした。まぁ、黒に関しては、すでに予備を2本確保しているから大丈夫なんだけど。
ちなみに、CMYK各色単品をヨドバシで購入すると、買ったプリンタ本体の値段よりも高くなります。
 
 
そんなこんなで、いつもより早く製本作業も終了し、予定通りにビッグサイトへ。知り合いと合流し入場。いつもよりも安全なカンジでした。

C77space

予定通りに10時開場。僕らの創作東空間は、開始からしばらくは人の流れがありません。このあたりもいつも通り。ウチの来客数は、コミケではティアでの1/3といったところです。相変わらず、コミケではダメ。特に冬はね。
それでも、全くお客さんの来なかった当初に比べれば雲泥の差。もっと面白い作品をお見せできるよう頑張ります。
あと、何人かの方からも言われましたが、「木野先生~」の続きは、諦めていません。来年早々には、形におこしたいんだけどね。僕の思い入れもあるから、なかなか納得いかない。
でも、これも、進めないと何にもならないから、やっぱり、とにかくやってみようと思います。

今回は、ほとんどスペースにいました。ま、眠くて歩けなかったってのが大きいんですが。懐も、あまり暖かくはないしね。
訪ねてきたにくー先生に、メダロットのすばらしさを語りつつ過ごしたり。とらドラとかゼーガペインとか、ほっといたってBDになるんだから、みんなでメダロットを応援しようぜ!でっかく生きろよ男なら!正々堂々、ロボトルファイト!

不況だのなんだのと言われているけれど、今回も、サークル、一般参加者共に、例年通りの傾向だったと思います。正月休みを重んじる日本人をして、この大集結だから、どれだけこのイベントがスゴイかっつー話です。
あと、今回は、一般参加者に、普通の外国人さんが目に付いた印象。GEEKっぽいカンジじゃなくて、ごく普通の西洋人。理由とかは分からない。
 
 
閉会後は、普通にそのまま帰宅です。とにかく眠い。電車の中で寝たら、意外とスッキリしたけれど。
年の最後でペースを戻せてきたので、そっちの面でもスッキリしたのかもしれない。
 
 
さ、いよいよ激変の2009年が終了し、ミレニアムも10年が過ぎようとしています。
また新しい1年を頑張るために、ちょいとお休みをしながら、次の準備をしていきたいと思います。
 
それではみなさん、よいお年を。
Bsite_gate_sta


| | コメント (2)

2009年12月29日 (火)

C77

参加日:12/31(木)
サークル名:海鈴亭
スペース:東4ホール ヤ-24b

頒布作品:
「セイギノヒーロー」
Hero04


セイギノヒーローを目指し奮闘する少年と、それに振り回される妹の日常を描いた、ギャグ4コマ。ヒーローごっこの話とか、特撮オタクの話とかではありません。わりと普通。
表紙カラー、本文モノクロ8Pのプリンタ本。
プリンタが新しくなって、キレイ度アップ。(当者比)

イヤ、ホントにキレイです。
製本だけは、他に負けない自信があります。あとは中身だ。
 

既刊の1~3は置かれます。
新作の4も出ます。

 
 

  • なお、当日15:00~15:30は、イベント会場をまわるために、スペースにいない予定です。あらかじめご了承下さい。
  • スペースにいる間は、ほぼピクチャにログインしていると思います。
  • ファンタシースターポータブル2のパートナーカード交換しようぜ!
  • さすがにルミナスアーク3の対戦は、やってる余裕無いよね。

  • | | コメント (0)

    2009年12月28日 (月)

    寒い寒い

    ¥100で1回、¥500で6回のプライズゲームで、¥500投入したものの、5回目にして物が取れたとき、ちょっと複雑な気分になります。
     
     
    さて、いよいよ明日からコミケ。みんな、無茶はするな!
     
     
    僕は明日まで仕事です。
    本……ムリかなぁ……。

    | | コメント (0)

    2009年12月27日 (日)

    キック エーンド ダッシュ

    「イタタタタ…腰が…」
    と、黄忠の撤退台詞が出てくるほど、昨日のプリンタ設置が響いているウツギです。コンバンワ。
    「ワシゃ、まだ若いんじゃー!」と叫べるようになれば、アナタも立派な老人の仲間入り。
    それはともかく、せっかく、先の祝日に特売されていた32GBメモステが同じ値段で再セールされたのに、朝のヒーロータイムが無かったショックで出遅れちまったぜ。
     
     
    昼から、「はなまる幼稚園」の最新刊を買いに町田へ。書店で、「殺し屋さん」と「恋愛ラボ」の4巻も出ていることを知り、一緒に購入。くそう、俺の好きなタイプばかり揃えやがって……やるじゃねーか年末進行。
    それはともかく、「殺し屋さん」、3巻までの4コマ漫画に総集編って、どんなだよ?営業は、3冊買わせる努力をした方が良いんじゃないか?

    というか、引っ越してから、もう一年経つのか。いや、まだ段ボールの処分、終わってないんだけど……。
    でも、確かに、こっち来たときにはあったツクモexがちゃんと潰れているので、間違いなく1年経ったんだろう<イヤな覚え方だ
     
    町田のキャッツアイに寄ったら、「悠久の車輪」のカードが切れたようで、旧バージョンのカード排出になってました。だけど、前のバージョンでもカード切れで最後は排出無かったハズなんだが、今排出されてるの、その切れたはずの前バージョンだよね……?
     
     
    あと、冬コミに来る知り合いと電話。
    で、うっかりしてたんだけど、サークル入場と会場閉め切りの時間とを勘違いしてて、9時だと間に合わないので、8:30目標で来てね。<私信かよ
    8:50までに僕を見つけられなかったらお電話下さい。<私信かよ
    やー、コミティア基準で考えてると、コミケと1時間ズレるので危ないね。
     
     
    とりあえず、来年からのアニメ版はなまるが面白そうだと期待できるほど僕はオタクじゃないが、恋愛ラボのドラマCDは探してこよう。っていうか、殺し屋さんのデカ長が若本さんなのは、まんま過ぎやしないか?各社の企画担当の皆様、若本さんの使いすぎはよくないと思うよ?

    | | コメント (0)

    2009年12月26日 (土)

    到着

    注文していた、いろんな物が到着。

    Saidan


    新しい裁断機を買いました。
    今まではローラータイプの物を使っていたんだけど、もっといっぺんに切りたかったので。使い勝手は、まだ分かりません。大量に切るときのズレが気になるけど、どうだろう?一応、一番評価が高い物を選んだんだけど。

    箱を開けたときに、レバーが跳ね上がってきてビックリしました。
     
     
     
    Lpc

    そして、新しいレーザープリンタも到着。何と、A3対応のカラーです。両面印刷ユニットも、もちろん導入。
    試しに印刷してみたんだけど、あまりの早さに驚愕。世の中はここまで高速になっていたのか。

    箱に「40kg」とか書いてあって、まさかそんなにないだろーと思ってたんだけど、甘かった。
    部屋に持ち運んだだけで、オレの腕はボロボロだ!(橘さん風に)

    あと、このプリンタ、箱が、本体と付属品で完全別でした。付属品の方に「スターターキット」とか書かれていて、「そんなの頼んだっけ?」とか思ってしまいました。
    それでいて、保証書は、別途エプソンに頼んで発行してもらうというシステムなのが謎。とりあえず、長く使いたいので、ユーザー登録はしました。
    今エプソンのレーザープリンタは、特価のキャンペーンをやっているので、来年には新機種がでるんだと思います。僕としては、トナーと感光体が生産終了にならなければ、それでいい。
     
     
    そんな土曜日の午後。まいふぇあれでぃおとかの公録へは行けなんだ。アクアプラスフェスタへも行けないぜ。

    | | コメント (0)

    2009年12月25日 (金)

    有識者

    Voiceきゃらびぃの最終回に驚愕する。本気でムカついている子安さんの相手をしなけりゃいけない岡本君がかわいそうでした。
    ってか、子安さん、もうLv70超えてるのか……。寝る前にちびちび進めてるんだけど、ウチのPSP2キャラは、まだ30をちょっと超えたところ。トロ&クロと一緒に惑星間を飛び回っています。

    どこいつのシナリオは、クロがいつものように、やりたい放題でした。
     
     
    今年の夏に大きな話題となった、実物大ガンダム。来年春から、静岡に立つらしい。さすが、バンダイ工場設置県。
    来年は静岡遠征だね。バンダイ工場見学ツアーに受かれば、さらにいいんだけど。

    静岡は、プラモデルもだけど、ピアノも世界1の生産地で、一般的なイメージのお茶やウナギばかりではなく、富士山やサーキットという観光だけでもない。立地的にも不思議なところだなーと思う。

    ただ、のぞみが止まらないのは残念。
     
     
    C77の本は、まだ予断を許しません。自分の作品が面白いと思える日はくるのか?細かいネタばっかりで、一つにまとまらないのが難。
    細かいネタばっかりで、一つにまとめない作品だらけなのが、今の粗製乱造4コマ漫画界。とか言うと、また敵が増えるけど。
     
     
    というか、ホントここ数年で漫画家(のようなもの)がすごく増えた印象。漫画家と大学生の数なら、日本は世界のトップだね。質は、いまさら言うまでもない。特に大学生は、今じゃバカの代名詞だ。

    ある意味、お金を積んで学士を買ってるわけだけど、そうじゃない人もいっぱいいるのに、全て等しく「大学生」扱いされるのは問題。評価機関も全く機能していないんだから、日本の技術力が低下するのも無理はない。
    そして、中等教育までの最低ラインが高いから、全体的にはそこそこの水準を維持していて、それがレベル低下を認識しづらくしていると思う。
     
     
    せめて日本の大学数が、今の半分くらいになればなーと、新しくWEBオンリーの大学が認可されたというニュースを聞いて、思ったのでした。

    | | コメント (0)

    2009年12月24日 (木)

    ラスト1週間

    99位かよ。
     
     
     
    昨日のPCデポからの帰り、途中にあったJVCの工場がきれいさっぱり消えていることに気付く。停止したという話は聞いていたけど、あれだけの広い敷地が更地になると、結構なインパクトです。
    まぁJVCも、今生きてるのが不思議なくらいではあるけれど。

    ちなみに、そのビクター大和工場の跡地には、大きなショッピングセンターが建つらしい。近所にワーナーマイカルシネマまで入ってるサティがあるのに、わざわざ似たりよったりの物を作る意味はあるのだろうか。
     
    あと、前に見た時は閉店扱いだった鶴間駅前のゲームセンター、貼り紙の内容が「しばらくお休みさせていただきます」に変わってました。復活するといいな。
     
     
    先日、映画を見に行った時に、ついでに海老名のタイステで「サイバーダイバー」をプレイしてきました。で、カード登録時にユーザー設定をしていてビックリ。コレ、職業選択だけで、キャラメイクできないのか……。
    Lvが上がったりポイントがたまったりとかしたら変えられるのかもしれないけど、最初の状態で性別すら選択できないのは、さすがにどうかと思う。

    ゲーム的にはオーソドックスなFPSなので、カスタマイズ機能がしょぼいと、ちょっとやる気が出ない。同時期にShining Force CROSSが稼働しているというのは、どうしたって比較されてしまうだろうに。グラフィックも、弾幕が厚いと処理落ちっぽいのが激しいし。
     
    というか、全体的に、前にやったロケテの時から、全然、完成度が上がったように見えませんでした。もうちょっと本格的にやってみたら違うかもしれないけど、それだけのやる気は、ちょっとわいてこない。

    んー……かなり期待外れ。これで携帯連動機能もないんだから、褒められる個所が無い。

    矢継ぎ早にVer.UPで機能拡張していかないと、まったく売れなくって、同一筺体のHalf-Lifeの方が生き残るという状況になりかねない。海外ではどうか知らないけど、少なくとも、これじゃ日本ではダメだと思う。
     
     
    タイトーがアーケードで生き残る道は、ホントにプライズだけしか残ってないのかもしれない。
     
     
     
    そんなこんなな今年のクリスマスイブ。調子も今ひとつで、何とも締まらない感じ。
    というか、今年は、年末という感じが全くしない。個人的には、2009年は、なかったことにしたい年です。

    でも、最後ぐらいはなんとかしたいな。

    | | コメント (0)

    2009年12月23日 (水)

    サブディスプレイ

    今日が休みで、本当によかった。
     
     
     
    今日は、前々から欲しかった物を購入。

    Mimo02

    タッチスクリーン機能付きのUSBサブモニターです。
    コレ、磁気研究所のだから、なかなか安くならなくて、サブモニターに¥20kかけるのもなぁ……と思ってたら、今日限定で安売りしていたので、迷わず買いに行ったのでした。さすがPCデポ。あの子はやってくれる子だと思ってたよ。
    しかし、もう一つの本命、32GBのメモリースティックが売り切れていたのには参りました。まさか、開店から2時間以内に売り切れるとは……メモリースティックユーザーの多さを甘く見ていたか……。

    最初、ドライバーとツールをインストールしたら、ツールがどうしてもマルチモニターを認識してくれず、試行錯誤の末、最新ソフトのインストールと、ドライバの途中差し替えで、何とか認識に成功。無事、Photoshopのパレットエリアとして使えるようになったのでした。

    このUM-720Sというモニター、タッチパネル以外に特徴的なのが――

    Mimo01

    持ち運びしやすいように折りたためるところ。モバイルノートと一緒に持ち運ぶのに、かなりよい機種です。僕は、する予定無いけど。
    発色も、タッチパネルのわりに、そんなに悪くないです。十分使える。

    しかし、この8インチで800x480というディスプレイを見ると、Pがいかに高解像度かということを思い知らされます。ま、Pの解像度には慣れたけどね。レビューとかで「文字が小さいときにはdpiを変更しよう」とかいう文を見かけるけど、アレのdpiを上げるとか、Pの良さを殺す以外の何ものでもない。
     
     
    というわけで、また一つ便利な物が導入されました。
    ま、機材による作業効率のアップと、作品制作スピードは、全く連動しないのが難しいところだけどね。

    | | コメント (0)

    2009年12月22日 (火)

    しょほーセン

    ここしばらく、どうにも体調が良くなかったのだけど、今日の昼過ぎから、あまりの目眩にPCの前にまともに座っていられなくて、こりゃさすがにヤベーと思い病院へ行くことに。
    何度か経験あるけど、熱があるとか頭痛とかいった分かりやすい症状ではなく、ただ目眩が激しいってのは、説明しにくい上に原因も判然としないので、医者に診てもらってもどうにもならないことが多いのが難。
    結局今回も、血液検査とかしてもらいつつ、目眩解消のお薬をもらって終わり。まぁ、ちょっと詳し目に検査をしてもらったので、結果待ちといったところ。何もなければ、それでいい。

    過去の経験から言うと、この感じは、たぶん食事か睡眠。思い当たる節がありすぎて、原因は特定できない。

    今でこそ鍛えているものの、もともと体のつくりが弱いので、しょうがないなーと思うところも。月一回の通院と、毎日2回3種類の薬がないと、生存すら危うかった時代に比べれば、今はまさにウルトラスーパーフルアーマーヘビーデラックスMr.UTとでも言うべき状態なので、これ以上の健康を望むのは欲張りだろうとも思う。

    時々、そのときの薬の副作用についてTVで特集が組まれたりとかして、親と微妙な会話をすることがあるけど、人それぞれの個性を認めるなら、万人に効く薬が存在しないことも理解するべき。
    そういう話をすると、またいろいろ言ってくる人もいるけど、こちとら当事者であって、何とかの会とか偽善者の集まりにとやかく文句言われる筋合いはない。死にそうになったヤツらは、生きる覚悟が違うんだっつーの。勝手に弱者にするな。
    でも、あと20年位して、手持ちのネタを全部作品に出力し終わるまでは、健康でいたいな。とりあえず、視力はそのままでいたい。目が見えなくなるのはツライ。


    ひとまず、こんな文章を打てるくらいには回復したので、ぼちぼちとやることにします。ま、お大事に。

    | | コメント (0)

    2009年12月21日 (月)

    おやっさん

    Tower06


    どうやら今度は下の方を塗装するらしい。当たり前といえば当たり前だけど、こういうのの維持とかは大変そう。
    こういう所はケチるべきではないけど、よけいに費用をかけ過ぎるのもダメよね。
    今の世の中、「適正価格」というのが本当に存在しているのか疑問。
     
     
     
    昨日見られなかったムービー大戦2010を見に行く。
    もう冬休みに入るので、休日は人多そうだなーと思ったんだけど、近場の映画館は夜にやってません。夏のヤツが南町田でレイトショーをやっていたのは、3Dがあった関係かもしれない。
    で、調べたら、会社から近い海老名のTOHOシネマズがレイトショーをやっていたので行ってみたのでした。
     
    さすがに平日のレイトショーは人がいません。がらがらの映画館で、中央に陣取ってゆったりと見られました。
    問題は、開始が8:30なので、夜10時の終了後、30分以上かけて自転車で帰らなければならないこと。平地を走るなら大したことないんだけど、ひと山越えるのがね……。気分的に面倒。

    ディケイドは、夏のアレをひっくり返してやるだけの意味があったのか、その内容にかなり疑問符が。タックルとか無理矢理だし、士の妹ドコ行った?
    終始「は?」の連続で、ちょっとコレはどうなんだ……と思って見てたけど、終盤のバトルあたりになると、だいぶどうでもよくなってきました。

    そして、まさかのWへの入り。

    一転して、Wの方は、本編への序章としてしっかりとできているので、かなり面白かった。というか、おやっさんが格好良すぎる。まさか、あのとぼけたロックンローラーがこんな渋いオヤジになるとは。
    男は黙ってても30過ぎたら渋さが出てくるもんだと思ってたんだけど、なかなかどうして、うまくいかないもんです。この年になってまで、映画館でチケット頼んで「学生ですか?」と聞き返されるとは思わなんだ。一体オレは十何年生だよ?
     
    そして、最後のまとめ方は、いかにもお祭りな感じ。ま、この締め方なら、ディケイドの超展開も許せるかというカンジ。しかし、夏のアレは、いったい何だったんだろう……。
     
     
    あと、映画が始まる前の、長ったらしい予告を見ていて、じわじわと3D上映の映画が増えてきてるなーと思いました。
    近日公開の映画だと、「アバター」を3Dで見たい。テーマは、いかにもな感じでありがちっぽいけど、今のハリウッド3Dグラフィックスが一番分かる作品じゃないかと思う。CGという意味でも、立体という意味でも。
    そもそも、ハリウッド映画にストーリーを期待するもんじゃないしね。さすがに、いつまでもバイオレンス&ロマンスばかりというのはどうかと思うけれど。あと、「製作費○○億$!」とか言いながら、その内訳のほとんどが主役級俳優へのギャラというのも、そろそろどうにかした方がいいと思う。
     
     
    海老名は、新宿へも横浜へも、電車乗り換えなしで行けるので結構便利。駅前周辺で、結構まかなえるし。ただ、その「直通」でも、50分程度かかるというのが、いかに首都圏中央の遠隔地にあるかということを物語っている。駅周辺からちょっと離れると、とたんに何もなくなるしね。

    周辺開発も、かなり大雑把に進んでいるので、今後人が増えてきたら、もうちょっと色々できるのかもしれない。というか、掘りかえしたまま、ちっとも整備が進まない道路は、ちょっと何とかしてほしい。
     
     
    そんなカンジで、エンターテイメントを楽しんだ一日でした。
    さぁ、あとが無くなってきたぞ。

    | | コメント (0)

    2009年12月20日 (日)

    幹線観戦

    今日は、映画を見に橋本まで行ってみました。
    しかし、まさかの満席で見られず。毎月20日が¥1000均一日だというのを甘く見ていた……。
    ライダーバトルは、また日を改めて見に行こう。
     
     
    いきなり予定が狂ったのでどうしようかと思ったんだけど、そういえば車輪のイベント戦が始まってたなーということで、そのまま橋本のゲームセンターオーロで時間貸しのプレイをすることに。
    前回のAA大会で、フリープレイ時にやられたカードが気になっていたので、それを中心にデッキを組んだら、今日のリプレイがその「ハダル」デッキだった……。デッキの構成自体は全然違うけど、なんか真似したっぽくて残念な感じ。
    戦績は、可もなく不可もなく。可能性は感じたけど、使いやすくはないなぁ。
    暫定1位と2位にも当たったけど、相変わらずあの1位の人は空気の読まないデッキを使う。2位の人は前バージョンでの最強デッキの一つだったけど、それで僕に負けてちゃダメだろ……。
    オーロ、前からあまり調子のよくなかった1台が調整中のまま放置されていたのと、前からあったコミュニケーションノートがなくなってました。人がいないのは分かるけど、ちょっと寂しい。
     
     
    その後、大戦の試合を見に府中のセガワールドアルカスへ。途中、南大沢まで来たときに、「そういえばナムコプロデュースの東京ミートレアができたんだよなぁ」というのを思い出して寄ってみたかったんだけど、また今度の機会に。そもそも、一人で行くのもどうかと思う場所だし。
    と考えながら走っていたら、坂を下りきったところで、車がガードレールに突っ込んでる事故現場に出くわしました。他に事故に関係している車はなく、交差点の角へ向かってまっすぐに突っ込んでいたので、たぶん、ボケーっと下っていたら、前の車が止まっているのに気付いて、慌ててハンドルを切ったんだろう。ちょっと同情できない。

    アルカスの大会、間に合えば参加したかったけど、受付時間過ぎてました。定員割れしてたから、頑張れば参加できたんだけど。
    っていうか、アルカスでも定員割れするのか……。まぁ、セガワールド相模大野は、参加者13人だったしなぁ……。
    なんか、結構不思議なデッキが多かったです。個人的に、一番注目していたのは五虎将使い。五虎将号令を実戦で使う人、初めて見たよ。しかも、それで準決まで行ったからなぁ。すげぇ。
    決勝は神速vs屍英魂で、優勝したのは神速使い。っていうか、決勝は神速だったけど、府中の全突さんね。屍でアレに対抗するのは、ちょっとキツイと思う。
    やっぱり今のVer.は、早い騎兵をうまく使える人が強いのかなぁ。僕は騎馬使えないからキツイや。
     
     
    で、最後まで観戦したあと、予定通り、多摩センターへ。
     
    Tamac_x01

    駅からすぐのツリー。

    Tamac_x02

    そのツリーから続く、イルミネーションのトンネル。

    Tamac_x03

    ピューロランドがあるのでシナモンがいます。

    Tamac_x06

    そのピューロランド。

    Tamac_x04

    ペガサスとか。

    Tamac_x05

    こういう小物もたくさん。
     
    やー、さすが郊外の高級住宅地。この不況でも関係なく艶やかです。
    写真は、さすがに、高感度機種でもなければ手ぶれ補正も搭載していないので、結構ブレブレでした。縮小したらそこまで目立たないけどね。
    んー、やっぱ手ぶれ補正くらいは付いてるのが欲しいなぁ。でも、これから裏面照射型のCMOSが一つのトレンドを作りそうなので、もうちょっと待ちたいのよね。というか、Exmor RのHDR-TG5Vがでたら、それがベストなので、あと1年くらいは待ってみたい。
     
     
    そんなこんなで、今日も自転車で走りまくった一日でした。
    体動かしてスッキリしたので、あと一週間、また頑張ろう。

    | | コメント (0)

    2009年12月19日 (土)

    だって今日はおじさんのバースデー

    _0176


    | | コメント (0)

    2009年12月17日 (木)

    プレートの先の先

    ImpressのAV Watchに上がったウォークマンに対するコラムを読んで、この人はホントPSPを知らないんだなーとあらためて思ったり。
     
    Media GoはPlay Station Networkに対応したコンテンツを管理ソフトであって、通常はPSP用。ウォークマン対応は、海外でのオープン戦略のために無くなった転送ソフトを補うために付いたもの。日本でx-アプリが出たのは、歌詞表示の独自性を管理するソフトが必要になったため。ま、ついでで、もともと社内にあったというx-○○といういくつかのソフトを、いろいろくっつけちゃったのは問題だと思うケド。

    前にも「PSPがPSP goになってアナログスティックが2個から1個に減った」とか言って、勝手な思い込みによる批判をしてたけど、分かりにくいことがあるんだったら、ライターならむしろ、歴史背景や意図などを挙げて、どう使い分ければよいかを解説すべき立場だろうになーと思う。
    だいたい、それを言ったら、「PSPはMP3やその他メディアファイルを再生できるんだから、ウォークマンと同じ使い方ができて紛らわしい」と言ってるのと変わんない。PSP用ソフトとウォークマン用ソフトを同じ土俵に上げて話をしているから、まさにそのままだ。

    こういうロートルなAVマニア(笑)がいるから、SONYのブランドイメージが下がっていくんだよなーと思うのでした。でも、長年AV機器にかかわってるジャーナリストですらこうなんだから、一般の人は、もっと分かってないんだろうね。
     
     
    今のコンシューマーエレクトロニクス機器の最大の問題は、それを使う一般消費者の理解度の個人差が大きすぎる点にあると思う。

    例えば電子レンジにしたって、時間を設定して温めるボタンを押すだけの人と、様々な設定を行って多彩な料理を使う人とで、その差は激しい。だから、多機能なレンジを作っても「そんな使えない機能いらないから安くして」ということになったり、機能を絞った低価格品を出して「今まで作れた料理が作れなくなった」という事態が発生したりする。

    ポータブルメディアプレイヤーでAppleが勝利した原因の一つに、「シンプルさ」があります。最初はiTunesによる楽曲管理と、そこから持ち出すというだけに特化したクローズドで単機能な世界を作る。それまでMP3を有効に使ってたPCの世界の人たちは、それへの反応は鈍かったけど、単に外で音楽を聴くだけという大多数の素人には、特に考える必要もなくてラクな世界。そして、毎年のように、一つ一つ段階的に機能を上げてユーザーを教育していった結果、圧倒的多数の一般消費層に「iPodサイコー!」な世界を作り上げたのでした。

    逆に、韓国勢が一瞬の流行のあと全部消えていったのは、低価格で多機能なものにしてしまったから。低価格で一般消費者にアピールしながら、機能が多すぎて、逆に「使えない」と離れられてしまった。「MP3というファイルフォーマットを扱うんだからある程度のPCリテラシーはあるハズ」と思って作ったんだろうけど、ユーザーはそんなに賢くなかったし、賢くなろうともしなかったのでした。
     
     
    この「賢くなろうとしない」というのが、ここ数年、エンジニアをやっていて一番困っている要素。
     
     
    大昔は、新しい電気製品を買ってきたら、家族のみんなが集まって、それをどうやって使うか説明書を見たり知ってる人に聞いたりしながら、有効な使い方を身につけようとしていました。が、今は、初めに触れられる表面部分をなぞって、そこから得られる体験だけで終わる人が多い。もっと便利で有効な機能があるのに、それを呼び出そうとはしない。

    もちろん、今の一般的な携帯電話の取扱説明書のように、膨大な量の機能が詰め込まれているんだから、それを身につけるのをあきらめるのは、仕方ないことかもねとは思う。でも、機能で差別化を図る日本の大手電機メーカーにとっては、「今のままで十分です」と言われたら、もうどうしようもない。
    そりゃ、軒並み傾くのも当然っつー話です。
     
     
    でも、「こんな素晴らしい機能を入れたんだから使えよ」という恩着せがましい技術は、意味がない。本当に必要なモノが何かをよくよく考える必要があるし、現状以上のことを求められていないなら、別の全く新しい何かを作らなくちゃいけない。
    iPodはそもそもウォークマンに戦いを挑んでなんかいない。「ネットワークでつなげるコンテンツ配信マーケットを作る」という戦略の一環でできたのがiPod。メディアプレイヤーを作ったんじゃなくて、新しい市場を作った。そうじゃなくて「ウォークマンを作る」ということで対抗しているから、SONYはいつまでたっても勝てない。
     
     
    今は、受けても送り手も、チャレンジ精神が足りないんだと思う。あるいは、発想力。
    今ある枠内でモノを考えるのは、もう行き詰ってる。何年も前からね。
     
     
    ま、そうやってイロイロと新しいものを考えた結果、セグウェイみたいなゴミができたりするのが残念なトコロ。そりゃ仕分人もスーパーコンピュータの予算を削りたくもなるわって話です。

    | | コメント (0)

    2009年12月16日 (水)

    調べる世界

    先日の鉄塔シート、どうやら表面の塗り直しをしていたらしい。
     
    Tower05

    よく見たら、キレイに塗り直されてました。
    そして気が付けば――
     
    Tower04

    さらにとなりの鉄塔にもシートが。順々に塗装をしていっている様子。
    しかし、朝ふと気が付くと、目の前に巨大な塔がそびえてたらビックリするよなぁ。ホントはいつもそこにあるんだけど、細い骨組みだけだと、そこまで存在感無いんだよね。
      
     
    いよいよFF13が発売するということで、ショップの中には早朝販売をするところもあるらしい。その中にソフマップもあったから、町田店はいつ開店なんだろうと思って調べてみたら、普通に10時でした……。ソフマップで当日二桁時間に開店するのは町田店だけ……。
    まぁ、入っている西友のビルが、10時開店だからってことなんだろうけど。しかし、町田にある他の量販店やアニメショップは、軒並み7時開店ってのがなんとも……。

    しかしまぁ、なんだかんだでFFの人気は衰えないね。僕は7以降やっていないのだけど、それは、あまりに長丁場のムービーゲームになってしまった印象が強いから。
    ストーリー自体は面白そうなんだけど、ただでさえ作業的なRPGの戦闘シーンが、演出過多でやってられないのよね。シュミレーションとかアクションのRPGの方が、「ゲームをやってる」感があります。
    いろいろと批判もあるFFが、それでも強烈な販売数を記録するのは、やっぱりその歴史によるところが多いんだろうね。DQにしてもそうだけど、今ではRPGもたくさん作られているのに、DQとFFの足元にも及ばない販売数なのは、結局、先駆者へのリスペクトなのかもなーと思ったりします。
     
     
     
    カシオの電子辞書が、次機種で一気にカラー化するらしい。今までカラーの辞書はシャープの独壇場だったので、これは結構大きな事件。

    僕は、オフィスへは常に電子辞書を持って行ってますが、使っているのはシャープのPW-C6000という、かなり古い機種です。カラーとはいえDSTNで、収録コンテンツも最近の辞書に比べればはるかに貧弱。

    それでも使い続けているのは、カラーで乾電池駆動だから。

    モノクロは図版の情報量が少ないし、リチウムイオンバッテリは予備が高いので。あと、シャープの辞書よりカシオの辞書の方が、辞書機能が好みだったので、買い換えるならカシオなんだけど、モノクロしかないから換えられないなーという感じでした。
    それが一気に解決するは大きいです。値段も従来からそれほど高くなってるわけではないし、駆動時間がカラーとは思えないほど長いしで、ほとんど弱点が無い。
    まぁ、絶対的な価格は安くないので、もう少し期間が経ってから購入を考えると思うけど、電子辞書の世界も大きく動いたなと思いました。

    電子辞書はそういった動きがあるのに、PC上で使える辞書ソフトは、全く充実する気配がありません。Netbookとかフットワークの軽いPCが増えてきたから、そこに辞書が乗ればかなり使えるんだけど、「最新の情報はWEBから拾ってね」ということなんだろうか。
    type PとかにもEPWINGの辞書とか入れて使ってるけど、もっとまっとうに使える辞書を入れられたら、情報端末としての価値が上がるのになーと思います。


    電子辞書は、日本で一番成功した「電子出版物」だと思うので、そのモデルを解析すれば、コンテンツの電子化への道も見えてくるかもね。
    そういえば、PSPへのマンガ配信も始まったけど、どうなんだろう。AmazonのKindleが世界展開し始めたことだし、そろそろ書籍の世界も、ペーパーレスに現実的な解が見え始めるかもね。
     
     
    ま、それでも紙はなくならないと思います。
    紙からの情報取得体験は、もうちょっとちゃんと研究した方がいい。じゃないと、情報は大量にあるのに、内容を全く理解できない人が、今後どんどん増えていくと思う。
    人が得る情報というのは、その内容もさることながら、どんな媒体課によっても大きく変わってくるので、「感動の仕組み」は、精神論以外で、ちゃんとメカニズムを解析すべきだと思います。

    ただ、実験するのはともかく、その評価がしづらいってのが問題だけどね。

    | | コメント (0)

    2009年12月15日 (火)

    るみなすあーく3劇場 ~最終回~

    ルミナスアーク3は、「フェリシア」と呼ばれるモンスターから世界を守る騎士達の物語です。
     
     
     

    La3e01

    | | コメント (0)

    2009年12月14日 (月)

    ヨユーっち

    ファーストフードチェーン店のウェンディーズが、年内で全店閉店するそうな。都産貿浜松町館の前にあったので、イベントに行った時には、時々利用してました。
    味は悪くなかったけど、やっぱあの手のお店って、知名度が重要な気がします。今のご時世だと、なかなかキツイよね。

    そういえば、相模大野駅近くにあった、とあるレストランが、気が付いたらガストになってました。生き残るのって大変だなーと思うけど、長生きすりゃいいってものでもないのが難しいトコロ。
    町田駅前にあるかつ丼屋も今月で閉店してしまうらしく、メニューの¥500均一セールをやってました。そのそばにあった西友も、中身がガラッと変わるし、そういう時期なのカモね。

    今年の春に潰れたLAOX厚木店も、いまだ空きビルのままだし、なんだかんだで、今回の不況は長引いてるなーという印象。でも、マスコミが煽ってるほどではない。
    大きな会社がリストラ発表すると、こぞって叩く報道をしたりするけど、局による番組予算の大幅カットっていう、かなり大掛かりなリストラは、あんまり報道されない。それでもなお赤字になっているのに、他所の批判ばかりというのは、オメデタイ限りだ。
     
     
    そんな中、東芝がCELL REGZAを、本当に出したのに驚く。売れる、売れないとは別次元のものだけど、どこに価値を見出すかは、人それぞれ。ま、そもそも大画面TVの走りだったプラズマTVも、出てきたときは余裕で¥1000k超えてたから、今のCELL REGZAは、まだ常識的なところかもしれない。
    しかし¥1000kとかいっちゃうと、家電量販店の10%ポイント還元でも、その値は相当なものになるよなぁ。
     
     
    余裕があるんだか無いんだか。
     
     
    DSソフトの「ルミナスアーク3」を買う。――いや、ゲームをやってる時間はないんだけど、特典のDVD見たかったから。あと、ソフマップで、テレカ付きで置いてあったんだよ。(UTさんは特典テレカに弱いです)

    ルミナスは2からやり始めたけど、キャラクターはカワイイし、お話もテンポがよいので好き。ただ、立ち絵が、右向きと左向きで、たんにミラー反転してるだけってのがなぁ。画像データ量を削るためだと思うんだけど、そのせいで、服飾パーツがどっちに付くのが正解なのか分からなくなるんだよね。せめて左右対称なデザインなら良いのに、そろいもそろって、みんな左右非対称な服装だから。それで3まで来ちゃったんだからしょうがないと諦めるけど。
    ちなみに、2だと、好きなキャラはディア様。リーダー的に。

    DVDは歴代のOPが収録されていてよかったけど、やっぱOPの音楽、ちょっと音に思い切りが足りないと思うなぁ。
    あと、公式サイトでやってたWEBラジオのパーソナリティが中村繪里子嬢と広橋涼女史ということを知り愕然とする。そんなオモシロ番組に気付かないでいたとは……。
    コンシューマゲームも、ちょいちょい情報仕入れないとダメね。
     
     
    そんなカンジで、原稿が間に合わなかったらPSP2とLA3のせいだと思って下さい<ダメじゃん

    | | コメント (0)

    2009年12月13日 (日)

    ふぁんたしー

    もはや誰もできるとは思っていなかったオフセット本、結局今回も流すことに。むむむ。
    どうにもこうにも「コレ!」って物にならない。今年に入って描いた何枚もの没表紙を見ながら、ちょっとあんまりだよねーと思うのでした。自分でやってみると、何で漫画単行本の表紙に、わざわざ専門のデザイナーが付くのかってのが分かるね。
    もはや僕にオフセット本は作れないんじゃないかと諦めたりしますが、まぁ、まだ次で頑張りたいと思います。
     
    とはいえ、冬コミに出す本が無くなるわけではなく、いつものウチらしく、プリンタ本で行くってだけなんですけどね。
    プリンタは導入の目処が立ちました。
     
     
     
    「PHANTASY STAR PORTABLE 2」を買う。前にトロステで出てたときに、WiFiでのパーティープレイができると言うことだったので、ちょっとやってみようかと思ったのでした。
    この手のリアルタイムポリゴンアクションゲームって、僕は苦手なんですよね。視点が定まらなくて……。
    でも、モンハンと違って、ちゃんとストーリーがあるので楽しめます。モンハンは、周りにやってる人いないと、全然ツマラナイからね。

    で、何となく始めたのだけど、ヒロインのエミリアが可愛すぎてヤバイ。初めはただのわがまま娘かと思ってたんだけど、保護者のおっさんに怒られてヘコんだり、褒められて浮かれたりする心情の変化が、とてもまっすぐで良い。やはり子供は、そうでなくては。ヘンに偉そうなガキとか、いらないんだよ。

    Emla

    でも、物語内で年齢のくだりがあるのだけど、ちょっと17歳はないだろーと思いました。それって、そのあとの17歳っぽい人キャラのネタ振りなだけなんじゃないかと。
    あと、受付嬢のキャラの声が、通常のイベント時と、社内スペースでいる時の会話ウインドウが開いているときに始まる会話の時(分かりにくい)とで、全く違うキャラなのはどういうことだ?変なガイジンさん風のしゃべりなんだけど、受付席に着いてるときに話しかけると、異様に低く粘っこいしゃべりに変わるんだよね。別の日にとって、その時のディレクションが違ったんだろうか?
     
     
    で、オンラインモードもやってみました。この手のクエスト攻略ゲームは、PCでもやったこと無かったのでどうかなーと思ったけど、アクセスしたチームは、みなさん親切でよかったです。
    ただ、みんなレベルが高くて、オフラインでもやってこと無かったレベルの高いクエストに入っていったので、どうなることかと思いました。終盤で体力回復薬、無くなるし。
    しかし、やはりキーボードがない状態でのチャットは難しいね。早くあのUSB端子にキーボードがつなげられるようにして下さい。
     
    あとPSP2は、メニューに「インストール」があるんだよね。わりと細かくイベントムービーとかもあるし、テンポ良くゲームをするには良いカンジ。
    今後こういうゲームが増えていくなら、32GBのスマートメディアを買うしかないカモね。今の8GBも、もうほとんど空きがないし、ちょっと本気で考えよう。
     
     
    そんなカンジで、今年もあと2週間ほど。頑張らないとなー。

    | | コメント (0)

    2009年12月11日 (金)

    UI

    この原稿が、あと数日で自分の理想形まで行けるとは、ちょっと思えない。そこまで高望みしているわけではないのだけど、何か、いまひとつなのよね。

    まだまだ巧夫が足りない。
     
     
     
    スイッチがずいぶんとへたってきていたキーボードをだましだまし使っていたのだけど、キーの取りこぼしやクリックの不具合が我慢できないレベルになってきたので、新しく買い換えました。
    僕は、マウスが嫌いなので、これまではASUS製の安いけどタッチパッドまで付いている小型のキーボードを使っていました。その前も、同形状のALPS製を使っていて、基本、僕のメインPCのキーボードは、タッチパッド一体型なのです。
    しかし、今ではそういう物も少なく、サンワサプライで同じ形状の物があったものの、キータッチが好みじゃなかったのでした。

    なので、今回は、タッチパッドとキーボードを別々に購入。
    当初タッチパッドには、エレコムから出ている、テンキーにもなるよって物が安かったので買っていたんですが、1週間くらいで壊れてしまいました……。特に何をしたわけでもないのに、デバイスにエクスクラメーションマークが付いたまま、ドライバがうまく認識されない状態に。修理で返す手もあるんだけど、そもそもこのタッチパッド、クリックボタンの挙動が特殊で、ブラウザなどでマウスジェスチャを行えないため、僕には使えないものだったのでした。
    なので、FILCOの一番安いグライドポイントを導入。キーボードには、バッファローの、アイソレーション型でスリムなのを導入。

    Keylayout

    現在のうちのPCデスク上はこんな感じになっています。普段はペンタブレットのベースがパームレスト状態に。

    文字入力とかはよくなったんだけど、グライドポイントがクセモノ。買う前から分かっていたことなんだけど、左右のクリックボタンが、機構的に平面内に収まっているので、端の方にある通常のノートPCなどと比べると、極めて押しにくい。なれの問題かもしれないけど、まだちょっとツライ。
    でも、ドラッグするのに変なところでホールドが外れていた前のパッドに比べれば、十分改善できたので、これからしばらくこれと付き合っていこうと思います。
     
     
    そんな、環境を変えたばかりの状態で、果たして作業は大丈夫なのだろうか?
    やってやれないことはない。やらずにできたら、ちょーらっきー。やるとなったら、やるっきゃない!ない!なーい!
    ――ってなカンジ。

    | | コメント (2)

    2009年12月10日 (木)

    はしりまわれ

    オンキョーが工人舎と組んで、同じタイプのノートPCを出すというのにビックリ。おいおい、それじゃまるっきり「ソーテック」じゃないか。
    どちらかというと、工人舎が、あまりいい状態にないんじゃないかと思う。ま、事情はともかく、工人舎のPCは、CPUがいつも最低クロック品ばかり使っているのを何とかしてほしい。
     
     
    通勤路の、とある場所で、今週頭から鉄塔にシートが被さっていたんですが、今朝になったら外されていました。
     
    Tower01

    今週はこんなになっていたのが、

    Tower02

    このように元通り。

    この遠景だとそれほどでもないけど、その横を通っている陸橋を渡るので、登り時には結構威圧感があったんですよね。骨だけと皮があるのじゃ大違い。
    そして、その隣にあった鉄塔のシートは、まさに外している最中でした。
     
    Tower03

    よく、こんな所で一人作業出来るなぁ。僕は高いところ苦手なので、ちょっと真似できないです。
     
     
     
    大戦の大会は、年明けてから、1/17のタイトーステーション多摩センター店と1/24の宝島 相模大野店へ出陣予定。目指せ一勝。

    それにしても、多摩センターにあるタイステは、単純に「多摩センター店」だったのね。セガの時代は「パルテノス」という名前だったのだけど、これは、すぐ近くに「パルテノン多摩」という文化会館があって、そこから駅へと続く「パルテノン通り」と呼ばれている遊歩道のそばにあるから。――だと思う。
    この通り、今の時期はクリスマスイルミでキレイなので、余裕があったら、今年も行ってみようと思ってます。理想としては、セガワールド アルカスの試合を観戦に行って、帰りに寄れれば。アルカスの試合はレベルが高いから見に行きたいんだよね。

    ちなみに、僕の三国志大戦でビューの地はアルカス。アルカスではじめて、セガ府中をホームにしてました。当時の自宅からだと調布が近かったんだけど、あんまり綺麗なお店では無かったのと、待ち列ができていたver2のときでも、セガ府中は空いてたんだ。あと、セガ府中もアルカスも、プライズゲームは比較的良心的。
    そもそも僕がアーケードのカードゲームを始めたのは、アルカスでガンダムのデッキケースを取ったのが始まりだし、大戦も、名刺ケースに使えそうだなーと思って取ったレザー調ケースが、¥500で2つ取れたために、試しにゲームもしてみるかーとなったのが最初。今年の10月にセガ府中の大会に行った時は、行きにアルカスに寄ったんだけど、このときも¥500でDS用ポーチを取ったりしています。

    Torado_pch

    ↑コレね。プライズゲームスキーとしては好きなお店。

    プライズだと、昨日もちょっと話に出した立川のモナコが、僕的には一番。実用グッズもキャラものフィギュアも、幅広く置いているうえに、適度な難易度設定で、頑張れば何とかなるお店なのでね。あと、一人、かなりフレンドリーなオジサン店員さんがいて、結構サービスしてくれるのです。ここへは、ほぼプライズ目的だけで行ってました。
    立川も、面白い街だったなぁ……久しく行ってないけど。僕は、今のオフィスに来てなければ、立川か川崎に引っ越すつもりでした。
     
     
    今いる町田駅周辺は、わりと立川に近い使い勝手。ただ、雰囲気は結構違う印象。何が?と聞かれてもうまく説明できないけれど。

    町田もゲーセン激戦区で、駅を中心に徒歩10分以内圏で、「ラウンドワン」「モナコ」「アドアーズ」「タイトーステーション」「キャッツアイ」「ゲーム ユーフォー」「コスモ」の7店舗があります。もっと散らばれよ、と思う。

    「ラウンドワン」はボーリングがメインの複合アミューズメント施設で、ゲーセンだと、麻雀激闘倶楽部やBBHといったコナミ系に人が付いている印象。
    「モナコ」はナムコ系がメインのようだけど、大戦が半額で連コイン可なので常に誰か付いているのと、プライズが比較的豪華。
    「アドアーズ」はメダルがメイン。
    「タイトーステーション」はロケテも行われるタイトーの基幹店舗のひとつ。
    「キャッツアイ」は、基本すべてのゲームが通常の半額なうえに台の種類も多くてお客さんが多いんだけど、女性店員の衣装が、なぜかゴスロリ調。
    「ユーフォー」は古くて狭いけど、コナミの通信ゲームは置いてるのと、意外に懐かしいシューティングがあって遊べる。
    「コスモ」は、GvsGをプレイしている集団が常にいて、シューティングがそこそこあるのと、僕が大好きなクイズゲーム「虹色街の奇跡」がある。

    これだけあるのに、町田にはセガ直営店が一つもないんだよね。逆に、セガがいるとパワーバランスが一気に崩れる気がするので、それはそれで仕方がないかなーと思います。隣の相模大野に直営店があるしね。セガじゃなくてサミーだけど。
     
     

    んー……なんか関東近郊ゲーセン案内サイトでも作ってみようかという気になってきました。ひと段落したら、javaの練習も兼ねて、どっかにサイトを作ってみますかね?僕の移動圏内だから西東京&神奈川メインだけど。埼玉にあるアミューズメントアスリートだけは、なぜか別格に詳しいけど、埼玉自体はほとんど知りません。機会があったら、千葉、埼玉、茨城、群馬の各所にも行ってみたいな。

    | | コメント (0)

    2009年12月 9日 (水)

    ギリギリ

    うっかり次回コミティアの申し込みを忘れていることに気付き、あわてて会社から受付サイトにつなげて、間一髪で申し込み完了。
    今まで、当日の朝思いだして、会社出る前に申し込んだことはあったけど、会社から申し込んだのは初めてだ。しかも完了は、締め切り10分前。
    危うかった。

    そのせいで、サークルカットが悲惨なことになっているのだけど、勘弁してあげてください。
     
     
     
    演習戦ばかりやっていたせいで、気がつけば大戦の全国順位がなくなってました。そろそろ、また上を目指さないとなぁ。使用デッキの履歴を見る限り、過去150戦くらいは6割くらいの勝率になっているのだけど、全国戦の戦績は、負け越しがかなりかさんでます。なかなかうまくいかない。
    厚木に排出アリ半額台が戻ってきたので、今は仕事の昼休みにプレイしてます。2戦がギリギリだけど。

    ちなみに、厚木にあるセガ直営店の「Shining Force CROSS」の稼働開始は、17日からなんだそうな。遅くないか?
    「パームトップス」という店名に加えて2階がバッティングセンターという特異なセガ店だけど、それなりに人の来るお店だし、もう少し早く入ってもよさそうなのに。「BORDER BREAK」も待ち列できてるくらいだし。でも、新規の筐体だから、台数出すのは難しいのかなぁ。
     
     
    以前、立川のモナコ店員さんが言ってたんだけど、プライズゲームなんかは数ヶ月前にリストが来て予約を入れるんだけど、人気商品はどうしてもお店で取りあいになって、セガ商品は直営店に多く流れるから数を確保するのが難しいんだそうな。当時はハルヒがブームだったから、そのフィギュアを入れたかったんだけど、特に立川のモナコは向かい側がセガだから、なかなか数が抑えられないと言ってました。エヴァ関係も、コンスタントに人気があるけど、セガ店オンリーのデザインとかもあって苦戦するとか。
    でも、ゲームの稼働は、あまり直営店優遇という風には見えない。まぁ、実際がどうなっているかは知らないけれどね。店長さんの意向もあるだろうし。
    さらに地方だと事情はかなり違ってきそう。ウチの地元にあってゲーセンはほとんどなくなっちゃったけど、周辺ではラウンドワンが増えたりしてるって言うし。

    SQEX社長が言うように、生き残ったのが全部かっさらっていくのカモね。
     
     
    そういえば、タイトーの「サイバー・ダイバー」は17日から稼働開始と言うことだけど、近くじゃどこが入れるんだろう?ロケテのやっていたタイステ町田には入るだろうけど。
    ロケテ時にはタイトーの人が「最初から¥100でいきますよ」と言っていたけど、本当なんだろうか?CROSS、¥200スタートだったしなぁ。

    でも、「高いとプレイしてもらえない」というのは、タイトーも認識している様子。それは、インタビューとかでは「お客からクレームは来ていない」とか言っていたタイトーの料金値上げが、テスト導入していた海老名のタイステで、すでに無くなっているところからもあきらか。海老名のタイステ、プライズゲームとかはわざわざ別ボックスでコイン投入機を横付けしていたのに、全て元に戻っているからね。よっぽどだったんだろう。
    っていうか、「¥120で2クレジット」と書いてあったGvsG NEXTを見て、「だったら¥100で1クレジットにしとけよ」とか思ったりしてました。今じゃQMAも¥100で2クレジットだよ。
     
     
    とりあえず、「ゲッテンカ」は10枚くらいで鶴姫出たから満足。っていうか、最初チュートリアルも見なかったら初戦で負けて、何事かと思いました。やり方分かったあとでも、3戦目のノブナガに勝てる気しない。
     
     
    ……なんだかんだで、アーケードゲームの新作って、ちょくちょく出てるね。
    いわゆるビデオゲームは、ほとんど無いけど。

    | | コメント (0)

    2009年12月 7日 (月)

    理系は話に参加しない

    先日、最近出た工人舎の小型PCであるPAシリーズを触ってきました。
    小さいってのもすごかったけど、驚いたのは、その軽さ。サイズだけなら、昔出た富士通のLOOX UやVAIO type Uとかもあるからそこまで驚異的というほどではないけど、重量は、これでホントにPCか?と思うくらい。プラスチックな外観と合わせて、ちょっとPCには見えないおもちゃっぽさがあって、なかなか面白そうでした。キーボードも、それほど変じゃなかったし。
    少なくとも、Netwalkerよりはいい。

    惜しむらくは、CPUが1.33GHzのAtomZでOSがXPということか。新鮮味と将来性がない。

    工人舎といえば、デュアルディスプレイという不思議なノートPCも出るけど、そっちは使いやすいかどうか、何とも。
    デュアルディスプレイ環境が標準であるというのは、すごいとは思うけど、USB外付けディスプレイが多数出ている昨今では、どこまで意味があるのやら。ただ、Athlon-NEOマシンとしては、なかなか価格と性能のバランスはいいと思う。
     
     
    そういった、低価格でフットワークの軽い、ネットにつなげる目的のPCが増えている中、ネットの利用や表現に関連した法案作りで、どちらかというと規制強化の流れは進んでいる印象。
     
     
    人の揚げ足を取るというのは、ほとんどの場合、している方は「揚げ足を取っている」ということを自覚している。日本人は、これを「負い目」に感じるので、この行為には否定的だし、だから公的な交渉時にそれをしない。

    ――という文化が崩れたのだと思う。

    「そんな法律だれが決めた?」という幼稚な反論が横行する事態を止めるのは、その行為を規制する法律を実際に作るしかない、ということなのだろう。
    本来、こういった問題を解決するのは教育なのだけど、今の学校や家族に、それをどうこうできる能力は、たぶん無い。というか、できてるところとダメなところの差が激しいんだと思う。

    そして、できてる人たちが損をしているのが問題。

    学歴偏重と公務員的な事なかれ主義で来た学校教育と、個人の尊重という名の自分勝手からくる家庭教育が、それぞれ正常に機能しなくなった結果。1世代を経て築いた、なかなか興味深い歴史だね。
    で、できてる人たちができてない人たちを規制しようとするけれど、そもそもできてる人たちには、それが自然なことなので、できてない人たちに何と言えばよいか分からないので、もう揚げ足を取られまいと必要以上に細かく文書化するから、できた法令が恐ろしく窮屈なものになっていると思うのです。
    それに、倫理観が出来上がってからネットに触れるのと、初めにネットやケイタイありきの人たちとでは、物の見方も違うしね。
     
     
    ま、妙な法令案が出てくることで問題提起がなされれば、それはそれで一歩前進だと思うのだけど、その議論すら揚げ足取り合戦になるという所が難儀だよなーと思います。それに、「法令」とかっていう決まりごとは、一度できちゃうと、良くも悪くも、しばらく変わらないから厄介。
     
     
    つい先日β版が出たGoogleの日本語変換ユーティリティーなんかは、その変換候補を「普段使う口語的な語句をすぐに変換できる」とか「最新の事象にすぐに対応できる」といった反面、「サジェスチョンにより文章が画一化する」とか「日本語としての正確性が崩れる」とかいうこともあったりで、なかなかいいのか悪いのか判断付かないところもあります。
    だけど、これがあるということが当たり前の時代はすぐにやってくるのだから、そういった一つ一つのツールや物事に対応していくんじゃなくて、そもそも、物の善悪を応用的に判断できる教育が必要だと思う。それはたぶん有識者と言われる人たちには分かっていることなんだろうけど、いかんせん、結果がすぐに出ないし、それを実証するのも困難だから、納得してもらえない。行政主導だと、ゆとり教育の「失敗」って前科があるから、なおさらだ。

    どうするのがベストなのかは、いろんな人が、意見し、試し、検証しながら、少しずつ固まっていくんだろう。ただ、解決するスピードよりも、新たなモノができるスピードの方が、たぶん今は、早い。
    技術屋は、常に新しく便利な物を出し続けることを要求されているのに、社会は全くそれに追いつけないでいる。結果として、市場要求に応えたにもかかわらず、「テメェんトコの作ったレコーダーでオレ様達のスバラシイ音楽がコピーされてオレ様達の儲けが減るんだが、どうしてくれるんだ?」とか言われるんだから、そら、やめたくもなるわって話。
     
     
    全然違うトコに着地した。

    | | コメント (0)

    2009年12月 6日 (日)

    ゆううつなぼくら

    最近、時間の使い方が、まるでなってない。特に土曜日は、本当に何もしないで終わってしまう。
    というか、モチベーションが全く上がらない。何が悪いのだろう?
     
    さすがにこのままだと、また本が落ちるので、年内にある大戦の店舗予選は出ないことに。年明けに、我らが相模大野駅下にあるゲーセン「宝島」で試合があるので、それに出ることにしよう。

    本は、相変わらず、2歩進んで3歩下がることの繰り返し。自己満足なので仕方がない。これが仕事だったら、締め切り優先なんだけど。
    この分だと、オフセット本は、またキャンセルかもね。っていうか、オフセット本を作るよりも、いつものプリンタ本を毎回出す方が良いんだろうと思う。
     
     
    稼働を始めたオンラインアケゲーの「Shining Force CROSS」をプレイ。ドルアーガオンラインの、グラフィックと操作性を良くしたような感じ。結構並んでいたのであまりやれなかったけど、「BORDER DREAK」よりは面白そう。ボチボチやってみよう。
    それにしても、BORDER BREAKの時もそうだったけど、何で町田のキャッツアイには入荷しているのに、セガ直営の「セガワールド相模大野店」には入荷してないんだ?まぁ、ここは、セガじゃなくて、元サミーの直営店ではあるのだけど。
    カードゲームの車輪もやってきたけど、こっちはさんざん。先日、新カードをトレードで手に入れたので使ってみたら、一勝もできず。ま、これはもういい。持ってない新カード引けたので、とりあえずOK。
     
    町田のタイトーステーションに行ったら、らき☆すたタイトーユニフォームの第2弾が。ってか、こなた、何で2種目?
    がんばったけど、取れず。っていうか、ここは取れない。また南大沢まで行ってきますかね。
    どこいつリボルテックのサンタバージョン・クロは取れました。でも、またトロが取れない……。
     
     
    さて、グダグダやってても、時間は同じように過ぎるので、できる限り前に進むようにしないと。
    とりあえず、気持ちだけでも盛り上げよう。

    | | コメント (0)

    2009年12月 4日 (金)

    そろそろ今クールも終了か

    Voiceきゃらびぃが次回で最終回とのこと。こえっちがアシスタントをしてる頃から好きなWEBラジオだったので残念だ。
    しかし、最終回のゲストが岡本信彦ということで、いやがうえにも期待は高まるのでした。岡本信彦と下野紘は、日本の男性声優の二枚看板だよね。

    ヘタレ声優として。
     
     
    もう、アニメ版のにゃんこいは「責任者出てこいや!」と叫びたくなるレベル。そういうキャラ萌な作品を作りたいなら、それに合った原作なんて山のようにあるだろうに。
    無いとは思うけど、原作までこんなテイストになったら、ガッカリどころの話じゃない。

    ただ、僕の場合、面白くなくなったら、それまで。僕は作品のタイトルには固執しないので。今あるものが、面白いか、そうでないかに意味がある。
    僕にとっては、面白いなと思い始めたところがその作品の始まりで、面白くないなと思ったところで終了。つまらなくなっても、作品すべてを否定しはしないけど、それ以降の展開は僕の中には入ってこない。だから、ウチの本棚には、途中までしか買ってない漫画が結構あります。惰性で集めても、いいことなんてないからね。
     
     
    漫画版「紅」の4巻を購入。と言っても、目的は、どちらかというと初回盤のアニメDVDの方。「紅」のコミカライズなのに、付属するのが「電波的な彼女」というのが不思議なところだけど、前巻のが結構面白かったので、今回も買ってみたのでした。
    内容的には、展開早くて説明的だけど、今回もサイコで面白かった。作画的には、前回の方が良かったかもしれない。芝居としては、前回の小林画伯がスゴ過ぎたけど、今回もなかなか。

    それにしても、最近のアニメの男キャラは、空気読めないっつーかニブいのばっかりだ。まぁ、さすがにこれだけ作品があふれてると、なかなか意外性のある展開もできないから、せめて作中のキャラは気付いてないことにして、展開の幅に含みを持たせたいということかもしれないけど。

    マンガの方は、「新キャラ→エピソード消化→新キャラ→エピソード消化→…」を繰り返すので、いささか単調ではあるけど、悪くはない。少なくとも、アニメの辛気くさい雰囲気よりは良い。
     
     
    スーパーダッシュ文庫でジャンプSQと言えば、「迷い猫オーバーラン」の作画が誰になるのか気になっていたんだけど、矢吹健太郎ということでガッカリ。や、そこはもっと新人さんを使うべきじゃないか?
    最近のジャンプのセンスは、ちょっと古い気がしなくもない。「めだかボックス」とか、週ジャンにこだわらず、さっさとウルジャンとかに持って行けば良かったと思うんだ。
     
     
    そろそろ今期のアニメも終盤で来月から来期の作品が始まるけど、僕的注目は「はなまる幼稚園」。ガイナが作るって時点で面白くないのは決定事項なのだけど、とにかく原作に悪影響与えるんじゃねーぞってな気持ちでいっぱいです。

    | | コメント (0)

    2009年12月 3日 (木)

    ぷろでゅース

    1話あたりの番組時間が長くなったため、ちょっと見るタイミングの無かった先週分のトロステーションを、ようやく見る。
     
     
    _0145

    そしたら、ジェネオンの変態プロデューサーこと中山さんが出てきてビックリ。
     
     
    _0153

    さすが中山さん、ポリゴン猫でもイケるらしい。
     
    _0152_2

    ということで、のら犬の皆さんも出ればいいんじゃないかな。
     
     
    リニューアル後のトロステはゲームとアニメの話ばかりなので、今まであったような一般のネタも復活してほしいところなんだけど、この辺はやっぱり本体の意向なんだろう。
    ゲーマーであるPS3オーナーには問題ないけど、従来からのトロステ視聴者、特に女性層は離れていく可能性が高い。それは結構なマイナス要因だと思うのだけど……。
    まぁ、まだリニューアルしてから一か月もたってないし、年内は様子を見つつというところか。
     
     

    ITmediaにてWindows7導入後のスピードに関する検証記事が。
    ウチのPはXPを導入したことないけど、体感としては、記事とほぼ同じで、7だと、XPよりはもたつくだろうけどVistaよりもはるかに軽快に動く。特に起動時のディスクアクセス過多はVista使用時の最大の難点だったので、そこが軽減されたのが大きい。
    実使用時に引っかかりを感じるのは、主にAero使用による影響と思われます。

    僕は視覚効果もほとんど生かしているので、その辺も遅い。ただ、全体的にもっさりとしているのではなく、操作したときの最初に引っかかる感じで、その後は特に不満を感じる挙動はしない。総じてVista時よりも満足度は高いし、XPにダウングレードしたいとも思わない。

    Pの環境構築で、今僕が問題にしているのはオーディオデバイス。USBオーディオ機器をつなげてみたら、音のブツ切れが頻発して使い物になりませんでした。いくつか種類を試したんだけどダメ。
    このとき、メモリやCPUの稼働率は高くなく、たぶんVAIOのUSBコントローラとの問題だと思う。昔から、VAIOとUSBオーディオ機器は、相性悪いからね。もうちょっと設定とか見てみるつもりだけど、たぶんダメだろうなぁ。

    その他は、おおむね問題なし。画像を扱うのに、思ったより処理時間がかかるなぁというくらい。あと、ネットラジオのDLに使っていたソフトが、7に合わせて最新のものを使わないといけなかったんだけど、GUIが大幅に変わっていたので面倒。
    大容量のSDHCを入れてメディアプレイヤーっぽく使おうかと思ったけど、今のところそこまで持ち歩いていないので、ウチにあるHDDからの直接再生するくらい。
    わりと起動も早いので、表示できる情報量の多いプレイヤーとして、なかなか使えるから、手持ちのUSBオーディオが使えるともっと良かったんだけど……。やっぱりもうちょっと頑張ってみるか。
     
     
    CULVのCPUが出てきたことで、Atom搭載のNetbookにあまり優位性が感じられなくなってきたけれど、ただの安物ではなく、もっと便利に使えるPCが増えてくればなーと思います。Pを使ってみて、ホントにそう思う。
    まぁ、Pはかなりとんがった製品なので、万人にはお勧めできないけれど、こういった物もあると、PCの世界もまだまだ捨てたモンじゃないよなーと思います。工夫次第で、いろいろな物ができるし、まだまだ面白いものは作れる。
    不況だ何だと嘆いている前に、もうちょっとやれることはあるだろうなーと思うのでした。

    | | コメント (0)

    2009年12月 2日 (水)

    今日のラクガキ

    Rough_3ta1

    サンタ衣装って、男女問わず、ほっそい人には似合わないよね。
     
     
    Rough_3ta2

    無駄に露出が高いのは下品なだけだよなーと思うのです。

    | | コメント (0)

    « 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »