« 調べる世界 | トップページ | だって今日はおじさんのバースデー »

2009年12月17日 (木)

プレートの先の先

ImpressのAV Watchに上がったウォークマンに対するコラムを読んで、この人はホントPSPを知らないんだなーとあらためて思ったり。
 
Media GoはPlay Station Networkに対応したコンテンツを管理ソフトであって、通常はPSP用。ウォークマン対応は、海外でのオープン戦略のために無くなった転送ソフトを補うために付いたもの。日本でx-アプリが出たのは、歌詞表示の独自性を管理するソフトが必要になったため。ま、ついでで、もともと社内にあったというx-○○といういくつかのソフトを、いろいろくっつけちゃったのは問題だと思うケド。

前にも「PSPがPSP goになってアナログスティックが2個から1個に減った」とか言って、勝手な思い込みによる批判をしてたけど、分かりにくいことがあるんだったら、ライターならむしろ、歴史背景や意図などを挙げて、どう使い分ければよいかを解説すべき立場だろうになーと思う。
だいたい、それを言ったら、「PSPはMP3やその他メディアファイルを再生できるんだから、ウォークマンと同じ使い方ができて紛らわしい」と言ってるのと変わんない。PSP用ソフトとウォークマン用ソフトを同じ土俵に上げて話をしているから、まさにそのままだ。

こういうロートルなAVマニア(笑)がいるから、SONYのブランドイメージが下がっていくんだよなーと思うのでした。でも、長年AV機器にかかわってるジャーナリストですらこうなんだから、一般の人は、もっと分かってないんだろうね。
 
 
今のコンシューマーエレクトロニクス機器の最大の問題は、それを使う一般消費者の理解度の個人差が大きすぎる点にあると思う。

例えば電子レンジにしたって、時間を設定して温めるボタンを押すだけの人と、様々な設定を行って多彩な料理を使う人とで、その差は激しい。だから、多機能なレンジを作っても「そんな使えない機能いらないから安くして」ということになったり、機能を絞った低価格品を出して「今まで作れた料理が作れなくなった」という事態が発生したりする。

ポータブルメディアプレイヤーでAppleが勝利した原因の一つに、「シンプルさ」があります。最初はiTunesによる楽曲管理と、そこから持ち出すというだけに特化したクローズドで単機能な世界を作る。それまでMP3を有効に使ってたPCの世界の人たちは、それへの反応は鈍かったけど、単に外で音楽を聴くだけという大多数の素人には、特に考える必要もなくてラクな世界。そして、毎年のように、一つ一つ段階的に機能を上げてユーザーを教育していった結果、圧倒的多数の一般消費層に「iPodサイコー!」な世界を作り上げたのでした。

逆に、韓国勢が一瞬の流行のあと全部消えていったのは、低価格で多機能なものにしてしまったから。低価格で一般消費者にアピールしながら、機能が多すぎて、逆に「使えない」と離れられてしまった。「MP3というファイルフォーマットを扱うんだからある程度のPCリテラシーはあるハズ」と思って作ったんだろうけど、ユーザーはそんなに賢くなかったし、賢くなろうともしなかったのでした。
 
 
この「賢くなろうとしない」というのが、ここ数年、エンジニアをやっていて一番困っている要素。
 
 
大昔は、新しい電気製品を買ってきたら、家族のみんなが集まって、それをどうやって使うか説明書を見たり知ってる人に聞いたりしながら、有効な使い方を身につけようとしていました。が、今は、初めに触れられる表面部分をなぞって、そこから得られる体験だけで終わる人が多い。もっと便利で有効な機能があるのに、それを呼び出そうとはしない。

もちろん、今の一般的な携帯電話の取扱説明書のように、膨大な量の機能が詰め込まれているんだから、それを身につけるのをあきらめるのは、仕方ないことかもねとは思う。でも、機能で差別化を図る日本の大手電機メーカーにとっては、「今のままで十分です」と言われたら、もうどうしようもない。
そりゃ、軒並み傾くのも当然っつー話です。
 
 
でも、「こんな素晴らしい機能を入れたんだから使えよ」という恩着せがましい技術は、意味がない。本当に必要なモノが何かをよくよく考える必要があるし、現状以上のことを求められていないなら、別の全く新しい何かを作らなくちゃいけない。
iPodはそもそもウォークマンに戦いを挑んでなんかいない。「ネットワークでつなげるコンテンツ配信マーケットを作る」という戦略の一環でできたのがiPod。メディアプレイヤーを作ったんじゃなくて、新しい市場を作った。そうじゃなくて「ウォークマンを作る」ということで対抗しているから、SONYはいつまでたっても勝てない。
 
 
今は、受けても送り手も、チャレンジ精神が足りないんだと思う。あるいは、発想力。
今ある枠内でモノを考えるのは、もう行き詰ってる。何年も前からね。
 
 
ま、そうやってイロイロと新しいものを考えた結果、セグウェイみたいなゴミができたりするのが残念なトコロ。そりゃ仕分人もスーパーコンピュータの予算を削りたくもなるわって話です。

|

« 調べる世界 | トップページ | だって今日はおじさんのバースデー »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調べる世界 | トップページ | だって今日はおじさんのバースデー »