« ぷろでゅース | トップページ | ゆううつなぼくら »

2009年12月 4日 (金)

そろそろ今クールも終了か

Voiceきゃらびぃが次回で最終回とのこと。こえっちがアシスタントをしてる頃から好きなWEBラジオだったので残念だ。
しかし、最終回のゲストが岡本信彦ということで、いやがうえにも期待は高まるのでした。岡本信彦と下野紘は、日本の男性声優の二枚看板だよね。

ヘタレ声優として。
 
 
もう、アニメ版のにゃんこいは「責任者出てこいや!」と叫びたくなるレベル。そういうキャラ萌な作品を作りたいなら、それに合った原作なんて山のようにあるだろうに。
無いとは思うけど、原作までこんなテイストになったら、ガッカリどころの話じゃない。

ただ、僕の場合、面白くなくなったら、それまで。僕は作品のタイトルには固執しないので。今あるものが、面白いか、そうでないかに意味がある。
僕にとっては、面白いなと思い始めたところがその作品の始まりで、面白くないなと思ったところで終了。つまらなくなっても、作品すべてを否定しはしないけど、それ以降の展開は僕の中には入ってこない。だから、ウチの本棚には、途中までしか買ってない漫画が結構あります。惰性で集めても、いいことなんてないからね。
 
 
漫画版「紅」の4巻を購入。と言っても、目的は、どちらかというと初回盤のアニメDVDの方。「紅」のコミカライズなのに、付属するのが「電波的な彼女」というのが不思議なところだけど、前巻のが結構面白かったので、今回も買ってみたのでした。
内容的には、展開早くて説明的だけど、今回もサイコで面白かった。作画的には、前回の方が良かったかもしれない。芝居としては、前回の小林画伯がスゴ過ぎたけど、今回もなかなか。

それにしても、最近のアニメの男キャラは、空気読めないっつーかニブいのばっかりだ。まぁ、さすがにこれだけ作品があふれてると、なかなか意外性のある展開もできないから、せめて作中のキャラは気付いてないことにして、展開の幅に含みを持たせたいということかもしれないけど。

マンガの方は、「新キャラ→エピソード消化→新キャラ→エピソード消化→…」を繰り返すので、いささか単調ではあるけど、悪くはない。少なくとも、アニメの辛気くさい雰囲気よりは良い。
 
 
スーパーダッシュ文庫でジャンプSQと言えば、「迷い猫オーバーラン」の作画が誰になるのか気になっていたんだけど、矢吹健太郎ということでガッカリ。や、そこはもっと新人さんを使うべきじゃないか?
最近のジャンプのセンスは、ちょっと古い気がしなくもない。「めだかボックス」とか、週ジャンにこだわらず、さっさとウルジャンとかに持って行けば良かったと思うんだ。
 
 
そろそろ今期のアニメも終盤で来月から来期の作品が始まるけど、僕的注目は「はなまる幼稚園」。ガイナが作るって時点で面白くないのは決定事項なのだけど、とにかく原作に悪影響与えるんじゃねーぞってな気持ちでいっぱいです。

|

« ぷろでゅース | トップページ | ゆううつなぼくら »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぷろでゅース | トップページ | ゆううつなぼくら »