« 検討段階が楽しいわけさ | トップページ | さりゆくものたち »

2010年1月16日 (土)

DIVAの話しかしてないんだ

さぁ、僕の1月の休日をことごとく潰してくれた、SEGAアーケードゲームのロケテ話をしようじゃないか。
 
まずは、Project DIVAのことを全く知らない、大多数のこのブログ読者のために、簡単な説明をしておこうじゃないか。
 
 
 
PSP版公式サイト

上記を読め。
 
 
 
えー……この中の「ムービー」→「おまけ動画②」というのが、実際のゲームの雰囲気に近いです。
 
 
以降、公式サイトを読んで「ボク、Project DIVAのこと分かっちゃったー」という人だけ読むといい。
文章ばかりでやたらと長いから、朝に出社して会社から僕の名前で検索かけて来るようなダメ社会人は読まない方がいいでしょう。



   
最初に言っておこう。

別に僕は、ニコ動とかに大量に上がっているミク動画が好きなワケじゃない。そもそもニコ動もYouTubeも、特にすすんで見に行くことはありません。Vocaloid自体は、やっぱ不自然な声だよなーと思うし、初めて「初音ミク」という名前とあのパッケージ絵を見たときは、「クリプトン、何やっとんじゃ?」と、本気で心配になったものです。
そんな中、PSPでゲームが出ると聞いたときは、ここ最近の「人気が出たらその作品をあらゆるメディアを使って骨までしゃぶり尽くす」という段階に入ったのかーと思いました。ちょうどハルヒが駄作を大量生産中だったしね。
それが、たまたま、三国志大戦のイベントを見に行ったお台場でやっていた新作試遊台コーナーでゲームに触れ、「何コレ、楽しいじゃん!?」となって、今に至るワケです。
なので、ゲーム以外のミクについては、あんまり詳しくないんです。そもそもKEIの絵、あまり好きじゃないし<だから余計なことを言うな
 



 
さて、16日ですが、実際のところ、ロケテに参加しに行くかどうか迷ってました。なんと言っても、前の週の3連休をそれで潰しているのでね。最後の曲で失敗で終わってたりとかしていたけど、そこまでガツガツやりにいくのもどうかと思ったし。
でも、お台場の東京レジャーランドパレットタウン店はともかく、横浜のラウンドワンや川崎のシルクハットならそれほど遠くないし、ほとんど期間を空けずにロケテをやってどんなモンなのか興味が出てきたので、やっぱり見に行くことにしたのでした。

当初,ファンタシースターポータブルのイベントがあるというので、それに参加するのも兼ねてお台場に行ってみようと思ったんだけど、そっちのイベントは、メインのものはすでにエントリー締め切ってるし、そのほかに関しては、装備がもらえる以外は時間を縛られる感じだったので、やっぱりやめることに。
で、一番近い横浜へ行くことにしたんだけど、当日のオープンは9時。さすがに人が多く来るだろうと思い、朝イチでプレイして帰ることを目指して6時台に行ければなーと思っていたら、思いのほか早く起きられたので、6時前横浜駅着という電車に乗って移動したのでした。
しかし、さすが夜の横浜は、暗くて寒い。1時間くらいは大丈夫だったけど、それ以降はガタガタ震えるくらいです。
ま、それ以上に、ギョーカイ時事放談聞きながら笑いを抑えるのに震えてましたが。聞き終わった後、練習しようと思ってPSPを出したんだけど、そっちは手がかじかんでてぜんぜんできませんでした。
「早朝パチスロに並んでる人らは、こんな感じなのかー」とか、ぼんやり思いました。
 
 
整理券の配布が始まったのは、8:30になるちょっと前。整理券をもらったときの番号は「9」。これなら午前中にはプレイできるなーと。
9時開店からは、ずっとモニターを眺めてました。横浜では、外部に出力した映像をモニターに出していたので、なかなかゆったりと観賞できてよかったです。自分のプレイが晒されて嫌な人もいたかもしれないけど。出力された映像は、時々フレームがブレたりしていたけど、程なくして安定していました。話では、昨日はうまく映像が出ずにトラブったらしい。今日の朝イチでは技術の人が確認に来ていました。休日で出勤手当も出ないその人は、問題がないということを見届けて帰って行きました。

なお、先週の武蔵村山ではずっと、プレイ映像ではなくロケテCM映像を流していたんだけど、これは使用基板であるRINGシリーズの外部映像出力が、DVI-Dの端子しかないから。セガワールド ドリームファクトリーは、ファミリー向けショッピングモールらしく一般的なテレビしか持っていなかったので、HDMIならともかく、PC用に使われているDVI-Dではどうしようもなかったのです。
これに対しビデオゲームに力を入れている大手のゲーセンは、ゲーム機に合わせたモニターを自前で持っている場合が多いのです。
ちなみに、今回のロケテ各地は、それぞれ――

  • 大阪発祥でボーリング場を核に全国各地にアミューズメント施設を展開する「ラウンドワン」
  • 関東圏にパチスロの「PIA」と共にアミューズメント施設を展開する「シルクハット」
  • 金沢から関東と東海地区へ進出する総合アミューズメントの「レジャーランド」

    という、メーカー直営以外のゲーセングループでは、大手のところが揃っているわけです。横浜なんか、歩いて1分くらいのトコロにSEGA直営店があるのに、ラウンドワンでロケテするからね。
    ま、有力ディーラーにアピールするってのが今回の目的だったんだろうね。
     
     
    で、ロケテのプレイがまわってくるまでのんびりと待っていたら、僕の前3人が、呼び出されても現れないという事件発生。僕より前だから5時台から並んで待ってたはずで、それでプレイしないとか、ガッカリ過ぎるでしょ。ってことで、僕も後ろ何度か振り返ってプレイを待ってみたけど、一向に現れないので、予想外に早くプレイすることになったのでした。
    今回プレイしたのは「Last Night, Good Night」と「崩壊歌姫」。LNGNはまた長押しの説明と、一曲は安定して通したいからという理由。ただ、先述の通り、予想外にまわってきた順番で慌てていたので、プレイ用に挿していたイヤフォンを服の袖で引っかけて抜いてしまい、途中から耳に音が届いてこない状態でプレイしたので大変でした。
    崩壊は、PSP版にはない新曲で、さすがにここ数日聞いただけでは歌を覚えられませんでした。何とか最後までいけたのは良かったけど、クリアできなかったのは残念。

    今回のアーケード版は、PSP版と違って、チャンスタイムにコンボつなげればGREATクリアになるというものではなく、前半でミスが続くと後半取り返せないので、曲に慣れてきても、そのままクリアまではいけないんですよね。もうクリアできないというのが分かっているのに、曲を最後まで続けなければいけないというのは、ちょっとしょんぼりな気持ちになります。
    まぁ、HARD以上はチャンスモード自体が存在しないので、そもそもキツイんですが、この辺はもう少しバランスを取ってくれるんじゃないかなと思う。

    何にしても驚いたのが、先週とゲームの仕様がいろいろ変わっていたところ。

    まず、それまでPSP版と同じ仕様で「ターゲットの位置にコンボ数、画面右下にタイミング表示」だったのが、「ターゲットの位置にタイミング表示、画面右下にコンボ数」という内容に変わったんですよね。これは僕も前回のアンケートに書いたんだけど、PSPは画面が小さいからその中に書いてさえあればとりあえず情報は一瞥できるけれど、アーケード版は画面がデカイので、今押したボタンのタイミングが合っているのかずれているのかを見やすい位置に出してくれっていう、多くのユーザーの意見をすぐさま反映したってことなんですよ。
    その他、前回、ICカード初期登録時に、登録名にNo-NAMEというのが入っていていちいち消さなきゃいけないのが無くなっていたり、2曲消化したあとで出ていたコンティニュー画面が無くなっていたり、ミス終了でのコンティニュー画面でカウントをとばせなかったのが一般的な仕様に変わっていたり、とにかく、細かいところでいろいろと開発が進んでいることが伺えます。
    ――っていうか、SEGAってユーザーの意見を聞くような会社だったっけ?<失礼な

    あと、今回のロケテは、整理券を作ったり、各店舗共通ルールを作ったりと、SEGAがちゃんと仕切ってるんですよ。整理券は、各店舗とも249まで。ま、実際はそこまでの人数はプレイできないんだけど、途中キャンセルも考慮して配っているということを、わざわざチラシで告知してるんですよね。A4で貼ってあるだけだから、みんな見てない気もするけれど。
    ――っていうか、SEGAってディーラーの意見を聞くような会社だったっけ?<失礼な
     
     
    その他、至る所で、本作のSEGAの本気度が垣間見えるところが多々あり、どんだけ力入れてるんだよと、驚きを隠せませんでした。
    整理券にまで遊び心を入れてるし。
     
    Diva_ticket2_1
    これが本来の整理券。
    Diva_ticket2_2
    裏は、プレイできる店名と日付が入っていて、他店へ割り込んだり、次の日へ持ち越したりとかはできません。この仕様は全店共通。

    で――
     
     
    Diva_ticket2_3

    Diva_ticket2_4

    下2桁が「39(ミク)」の整理券にだけ、はちゅねみくのイラストが入っているという芸の細かさ。オイオイ、SEGAにこんな気の利いたことができるヤツがいるってのかい。
    39のは、残念ながら写真撮れなかったけど、39と139と239で、全部違ったことに、また驚きました。

     
    「Shining Force CROSS」が「ドルアーガ オンライン」と同じ運命をたどっているとお嘆きの全国のゲーセン店員のみなさま、SEGAは本気です。是非コンバートキットを開発するようプレッシャーをかけて下さい。
    なお、筐体は、そのままでは流用できません。と言うとちょっと違うけど、コントローラーと外装以外に、外付けのスピーカーが追加になるんですよ。それは外装込みなんですけど、単純にソフトインストールし直すよりも高くつくと思う。
    あと、これは僕もアンケートで出しているんだけど、そもそも座って操作する筐体で立ってプレイするので、高さが微妙なんですね。なので、筐体の下に台座を仕込んで欲しいとか思っているので、もしホントにそうなった場合、ゲーセンにとっては、ちょっと大変そう。
    まぁ、小さいコや女の子にも向けているから、高さは変えない可能性が大きいけどね。
     
     
    プレイ終了後、整理券を配っていた店員さんといろいろ話してました。
    製品の入荷時期は、やっぱり先週と同じで「未定」だそう。台数についても「未定」ということでした。ラウンドワンの下っ端(というと語弊があるけど)は何も知らないことが多いけど、この件は(頼んでもないのに)わざわざ偉い人に聞いてくれたので、よほどの秘密主義でない限り間違いなさそう。ラウンドワンでも未定ということは、やっぱり稼働時期が決まっていないというのは本当なのだろう。

    ロケテで、ここまで整理券を配って管理しないといけないほどの新製品はあまり無いので、複数台入れたいと思うところはあるかもしれません。もっとも、このお店はSEGA直営のすぐ近くという立地と、とにかく横浜駅前はゲーセンが多いので、ここでの展開がどうなるかは不明。ただ、「これだけ人気があって入荷しないということはない」とのこと。
    あと、RINGEDGE基板の筐体自体が、まだ立ち上げ時期なので、SEGAの供給体制もちょっと怪しいところがあるのが難。

    その他、いろんな話も聞けたけど、ブログに書けそうなのはこのあたりまで。
     
     
    基本、今回のロケテは一人一回だったのだけど、どこの会場も、それを厳守してもしょうがないってことで柔軟な対応をしていた様子。ということで、夜中にもう一回できそうだという順番で整理券を貰って、いったん帰宅。
    ちなみに、今回の2回目ロケテでは、一枚もICカードを貰っていません。欲しい人達はいっぱいいるし、それが普通だって。
    それでも、プレイする人1人分の時間を取っちゃってるわけだから、それで良いのかって疑問は残るけど。
     
     
    2回目のプレイができたのは、9時前。でも、結構前から会場にはいました。何せ、HD画面でHDミクをずっと見られるんだよ?そりゃー見るさ。
    で、村山で筐体の画面だけを見ているだけでは分からなかったことも見えたりしました。

    モーションに関しては、やっぱりこの世代のゲームになると、動きがかなり軽くなる感じ。バーチャだと5くらいから一気に動きに重量感が無くなったけど、あんな感じはDIVAにもあります。PS2のライブラリは、結果論だと思うんですが、動きに重さを与えるという意味では、かなり優秀だと思うんですよね。ただ、アーケード版アイマスがXBOXに移植されたときほどの違和感はないです。XBOX版での「太陽のジェラシー」のモーションは、一体何が起きたんだ?と思えるくらい動きがリニアになっていて気持ち悪かったけど、あんなのはないです。
    ただ、モーションの継ぎ目のキレがよすぎる感じ。伝えにくいけれど。
    もっとも、Vocaloidというキャラクターを考えれば、人形っぽいところも味になるので、白すぎる肌と合わせて、僕は好きですけどね。
     
    あと、なんか以前と見たムービーが違っていて、僕の記憶違いだったか?と思うところが多々あったんですが、その疑問は翌日に解決することになります。
     
     
    2回目のプレイでは「Packaged」と「ハト」を選曲。「オマエ、そればっかりだな」って感じですが、これは、新しいモジュールを取るためにポイントを稼ぎたかったから。「ノーマルチャレンジボーナス」という、ポイント大幅ゲットのモードでプレイしたからなんです。
    だってさ、当然と言えば当然なんだけど、みんなデフォルトの衣装でばかりやってるわけさ。で、変えてる人が少しでもいれば、「オレも変えてみようかな?」って思う人も出てくるじゃない?
    問題は、クリアに集中すると、なかなか自分で選んだ衣装を楽しめないという点にあるんだけど。しかし、今日見ていると、僕以外にも「にゃんこ」を選んでいる人が一人だけいて、とても嬉しゅうございました。2曲目で失敗してたけど。
     
     
    そんな感じで、現地で知り合った人とダベりながら観覧し、10時過ぎに帰宅。
    17日は、元々大戦の試合に行こうと思っていたのだけど、ポイント貯めてもう1衣装くらいは見たい――ということで、翌日も行くことに決定。
     



     
    というわけで、本日17日のお話。
     
     
    今日は、昨日よりも30分くらい遅く出ています。単純に眠かったので。
    しかし、今日の横浜ラウンドワンは、朝8時開店なのです。さすが総合アミューズメント施設。24時間フル稼働の東京レジャーランドには負けるけど。
    なお、ゲーム自体は、7時にサーバーリセットがかかるとのことで、レジャランでもそのタイミングでは止まるそうな。ラウンドワンでは、ゲームコーナーは深夜0時終了なので、11:50で閉店リセットがかかるとのこと。ただ、閉店リセットのあと、再起動してその回プレイしてた人まではプレイさせていたんだそうな。
    また、横浜ラウンドワンは、上の階のボーリング場が早朝5時までやっているんだけど、このロケテ期間中は、その閉店時間までそこにいて、閉まると同時に外に並び出すという人達が数人いたとのこと。スゴイね。
    僕が行った6:30頃の段階ですでに40人。前の方には寝袋にくるまってる人とかもいて、一体これは何のイベントなんだ?と。イヤ、僕もそこにいるわけだけどさ。
    7:30に整理券の配布を始めたときには、すでに70人以上の大行列でした。ホント、恐ろしい人気だなぁ。

    ちなみに、前回同様、ロケテ用のICカードが配られていて、それを目当てに来ている人も多いんですが、先週のロケテから参加しているという僕みたいなのも多く、最初のプレイ時にICカードを貰わないという人も少なくありませんでした。
    つまりリピーターも相当数で、単純に考えれば、本稼働時にも期待が持てるわけです。
    横浜のラウンドワンでは、普段の客層も関係していると思うけど、見た目普通の女性客も結構多かったように見えました。初音ミクの人気も、じわじわと一般層に伝わり始めているのかもしれない。そもそも「アイドル」というのは、女の子に人気が出るものだからね。忘れがちだけど。
     
     
    で、今日のプレイは昼頃になりそうだなーと思った直後に「このまま川崎に行って並ぶか」という考えが浮かび、実行。その足で京急川崎駅へ直行。
    Diva_kawasaki
    この経路を取った人はそこそこいたようで、現地に着くと、さっき列に見えた顔がちらほら。着いてすぐに整理券配布が始まり、僕がもらったのは50番台。
    これなら、横浜でプレイしたあと移動したらちょうどよい感じなのではなかろうか。
     
     
    とんぼ返りで横浜に戻り、今日もいろんな人のプレイ画面を見る。
    で、昨日からずっと感じている違和感が徐々に強くなる。おかしい、曲のムービーが、僕が知っているものと違う。僕の記憶力は、そこまで落っこちたのだろうか?と心配になるも、昨日選曲した曲も違っていて、ひょっとしてSEGAは一日のうちにモデリングを差し替えたのか?とか思ったり。そんなはずはないんだが。
     
    ただ、今日のプレイヤーは、どうも選曲が偏っている感じで、まだここでも謎は解明できませんでした。
     
     
    そうこうしているうちに、昼を過ぎて、ようやく自分の出番が回ってくる。
    目標の100ポイントまでちょっとあったので、再び得意曲を選択。で、「Last Night, Good Night」と「The Secret Garden」。
    LNGNでは、HARDで念願のパーフェクトを達成。ヤッタネ。でも、何故か達成率は99%。全部Coolでキッチリ合わせないとダメだというのか?
    Gardenを普通にクリアして、ようやく目的のポイントが貯まる。ホントはここまで貯める前に別のものにすることも考えたんだけど、その一つである「ミラクルペイントをマジックのモジュールで」というのを昨日の夜に別に人がやっていて鑑賞できたので、自分では別のものにすることに。
     
    満足して横浜をあとにし、久々の川崎に再移動。
     
    会場であるシルクハット京急川崎店前では、ミクのウィッグを着けたおねいさんがロケテのPRを大声でしていました。ただ、すごい人数待ちのロケテPRをそこまでする必要があるのかは、ちょっと疑問。いつ出るかも分からないしね。
    でも、せっかくだから、多くの人には見てもらいたいよね。駅から出ると真っ正面という好立地なので、「アレはなんだ?」という家族連れの人は、結構多かったです。
     
     
    シルクでのロケテは、さすが、様々なゲームのロケテ地になっていることもあり、普段とはフロア構成も大きく変えて、いろんな面でやりやすくなるように配慮してありました。今まで見てきたDIVAロケテでは、一番音が大きかった。外部モニターも立派でした。さすがPIA。
    ここでは、整理券番号をスタッフがその場と店内アナウンスで5番後くらいまでを呼んで並ばせるという方式。現在の番号が掲示されて無くて分かりにくかったけど、スタッフに聞けば良いだけのことなので、そんなに不便でもない。
    が、僕らの前後が並んでいるときに、今まさにプレイしている人の次の番号集団がうっかり並びそびれたらしく、並んでモニターを眺めていた僕らにおそるおそる話しかけてくる。
    曰く「飛ばされたら原則整理券取り直しなんだけど、今並んでいる人達がOKしてくれたらその後に並んでいいよ」と、お店の人に言われたらしい。僕らは苦笑しながらOKを出す。
    ここで、「オマエら引っ込んでろ」とか言えるくらいだと面白いなと思ったりもするね。
     
     
    順番が回ってきて、今回のロケテ最後となる僕の選曲は「ワールドイズマイン」と、アーケード版の新曲である「ナイトメア☆パーティーナイト」。そして選んだ衣装は、ウエディングドレス風の「ホワイトドレス」。ワイズマンの背景が教会っぽいので、この衣装でプレイしたかったんだよね。
    結果として、どちらも普通にクリアできたのだけど、クリアに必死でなかなか映像を見ていられないというのがツライところ。でも、ギャラリーが楽しめたなら、その方が良い。プレイ経験のないナイトメアがクリアできたのはよかった。これ失敗したら、選んだ新曲全滅だったし。
     
     
    十分堪能したなーと思って、またしばらく後続の人達のを眺めてました。僕の前までは、結構みんなEASYとかNORMALとかでPSP版にある簡単な曲を選んでいたけど、以降はモジュール変更と新曲選択が増えたので、面白かったです。
    ま、これは僕じゃなくて、僕の2人後にプレイした人の影響だと思うんだけど。
     
     
    その人はすでに自分のICを持っているリピーターだったんですが、なんか獲得しているポイントが凄いんですね。すでに100ポイント必要な巫女服を着せてるのにね。
    で、1曲目のナイトメアをグレートチェレンジボーナス獲得で終了させたんですよ。
    で、その時点でのポイントが500超。


    39s4koma04
     
     
    そう、ここで彼は――
     
     
    スイムウェアを選択したのだ!
     
    画像はPSP版のものです
     
    沸き起こる拍手!

     
     
    いやー、まさかロケテ中にスイムウェアの映像を見られるとは。個人的にはスイムウェアSの方がよかった……と思ったかどうかはさておき、彼はその衣装で「みっくみくにしてあげる」をこなして去っていったのでした。どこのどなたか存じませんが、どうもありがとうございました。これで不況に勝てそうです。
     
     
    その後もしばらくいろんな人のいろんなプレイを眺めていました。で、ようやくムービーの謎が判明。
    これ、EASY/NORMALとHARD/EXTREMEとで、ムービーが違うものがあるんだ!特に「崩壊歌姫」とか、全く違う映像だったから、昨日自分がプレイしたのと、今日多く見てきた映像が合わなくてずっと不思議だったんですよね。
    謎は全て解けた!
     
     
    そんなこんなで、狭い店内にあまり長居するのもねーということで、4時くらいで帰宅。長々と僕から時間を奪っていったDIVAロケテへの参加も、これにて終了です。
    一応ロケテ自体は明日までやっているので、たまたま休みなんだよねーという関東近郊在住の方は、行かれてみるのも良いかと思います。不況時の就職活動やらセンター試験とか、かなり大変な時期だと思うんだけど、ラウンドワンとか、金曜は朝に学生が整理券取りに来てて学校帰りの夕方順番が回ってくる頃にプレイしたりとかあったそうな。
     



     
    さて、ここまでロケテに参加してみてきた感じだけど、とにかくSEGAが、かなり本気でやる気になっているのを強く感じました。また、今回ロケテに参加しているのは、音ゲー好きよりもミク好きの方が圧倒的に多いけど、実際に稼働しても普通にプレイされそうな雰囲気です。スタートダッシュだけで終わりそうではない。
    それは、定期的に追加楽曲配信をアナウンスしている点もそうだけど、カジュアルに時々プレイするゲームとしてもよくできているので、かなりのリピートを期待できると思います。予想以上に女性客も多かったし、中高生の女の子も並んでいたのが印象的。ま、少数ではあったけど、1人あたり1プレイ10分弱のゲームが1台しかないのに、整理券番号が開店1時間を待たずに150を超える絶望的な状況の中で、プレイできるところにいるというのは、なかなかな努力と思うのです。それをする人がいるってのは、たんにロケテの物珍しさ以上の何かはあると思うよ。
    贔屓目かもしれないけどね。
     
    アーケードゲームへの展開に懐疑的だったところも、今回のことで結構な評判になっている様子。ただ、どこも余裕はないだろうから、どういう入れ方をするかは、なかなか悩むところかなーと思います。
    さすがにロケテほどの集客はないだろうし、ここまで人集まってきたら、逆に迷惑だし。人が来すぎると大変だと複数台入れたら、本稼働時はサッパリだったとか、不安要素は少なくない。

    あと気になるところとしては、すでにコンシューマー版の続編開発がアナウンスされているということ。たとえスタートダッシュが凄くても、コンシューマー版が出ると、それで終わりという可能性もなきにしもあらず。
    これも、アーケード版が太鼓のポジションを取れるかどうかだと思います。やりこむヘビーユーザーが流れても、ゲームコーナーの近くに来たときに、「ちょっとやっていくかー」という人をつかむことができれば、楽曲追加配信と合わせて、細長く続いていくゲームになると思います。

    僕は、コレは当たると思うけど、それが長続きするかどうかは、今の世の中だとハッキリ言えない。すぐに人の興味が動くからね。でも、ゲーム自体が、単純な割によくできているから、これを軸に、周辺に休憩コーナーやらプライズやらを配置すれば、いろいろとプラスになると思います。僕がオーナーなら、間違いなくそうする。
    ま、この2回目のロケテで、どこのお店もSEGAのミクフィギュアを置いていたのは笑っちゃったけど。っていうか、前のSEGA直営でもそうだったけど。
     
     
    とにかく、SEGAが本気だということは間違いないので、その到達点を、楽しみにしながら待ちたいと思います。
    今年のAOUショーは、絶対行かないとな。

  • |

    « 検討段階が楽しいわけさ | トップページ | さりゆくものたち »

    ゲーセン」カテゴリの記事

    コメント

    呼ばれた気がしたので初コメですw

    >これも、アーケード版が太鼓のポジションを取れるかどうかだと思います

    これ、難しいんじゃないですかね・・・
    ミクってニコ動発祥でそこで育ってるわけですから太鼓ポジションとは別世界だと思うんですが。
    むしろポップンの位置が狙い易いかと思われます。
    前評判高いみたいなんでいろんな所に入るのではないでしょうか?

    投稿: playman | 2010年1月19日 (火) 22時33分

    >playmanさん

    ハハハ、釣られおって。
    職場からは、ほどほどにねー。

    「初音ミクというキャラクターのゲーム」じゃなくて「女の子が歌って踊るリズムゲーム」という見せ方ができればって話で、僕もロケテ前は「こんなんミクオタしかしないだろ」と思っていたんですが、武蔵村山で、大きなお友達に混じって並んでいる家族連れとか見てると、あながちそうでもないんじゃないかと思えてきました。

    ポップンは、結局音と筐体がポップなだけで、中身は他のコナミ音ゲーと同じく、譜面覚えて「こんな難しいモノできるワタシカッコイイ」というゲームなので、あのポジションではダメなんですよ。

    「ミク知らなきゃやらないだろ」じゃなくて、むしろ「こんなゲームがあったんだけど、このキャラクターって何?」と一般層に思わせたい節があります。
    そのためには、オリジナル意外にアニソンとか入れないとと思うんだけど、その点についてはSEGAでは力不足なのがね。できてサクラ大戦くらいだし。

    難しいとは思うんだけど、ロケテを見てる限り、SEGAはかなり本気でした。
    さっぽろ雪まつりでミクの雪像を作るそうなんだけど、それにあわせて筐体札幌に送るっぽいし。

    まぁ、いろんな意味で注目してます。

    投稿: Mr.UT | 2010年1月19日 (火) 23時32分

    水着ですが、実は台場で知人がSもビキニも両方取得しました。
    寒そうなミクが印象的過ぎてw

    投稿: | 2010年1月26日 (火) 17時00分

    >水着ですが、実は台場で知人がSもビキニも両方取得しました。


    なんだって!!


    ……
    ココログはコメントに画像が貼れなくて、ちょっとイマイチね。

    それはともかく、あの期間にお台場でVP稼いだということは、24時間合宿組の方でしょうか。
    さすが、気合いの入った方々は違うにゃー。
     
    確かに、雪とか降ってるPVとかもあるので、あの衣装は寒そうですね。ぜひ、MMSのような暖かい曲で踊らせていただきたいトコロ。
    というか、MMS用に、フラガールのモジュールが出ると、僕は信じています。
     
    コメント、アリガトーでした。

    投稿: Mr.UT | 2010年1月26日 (火) 21時55分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    « 検討段階が楽しいわけさ | トップページ | さりゆくものたち »