« さりゆくものたち | トップページ | 方向指示 »

2010年1月20日 (水)

保護

オフィスがお引越し。ま、よく変わる会社だから仕方ないけど。
 
 
 
数か月ぶりくらいで大戦の全国戦に復帰したけど、あっさり連敗で降格危機。大戦については、あんまり腕が上がらないなぁ。ま、流行デッキに流れるよりは、勝ち負けを繰り返してる方がいいけど。

それにしても、WCCFの人のいなさ加減は、さすがにヒドイとかマズイとかのレベルをはるかに通り越していると思う。今デッキケースキャンペーンをやっているのが嘘みたいだ。この先、どうするんだろう?

値段が下がったらプレイしてみようと思っていたShiningForceCROSSに、そもそも¥100スタートという設定が本体に無いという話を聞いて驚く。何考えてんだ?

今SEGAのお店でBOSSの缶コーヒーにCROSSのストラップアクセが付いてくるんだけど、その2か月前にやっていたBORDER BREAKのストラップ、前に行った武蔵村山では、まだ普通にありました。あのお店、BB置いてないんだけど何でキャンペーン設置店になったんだろう?

そういえば、先日立川に行った時に、初めてムー大陸 立川店を見たんだけど、アトラス撤退したのにまだムー大陸なんだなーと思ったら、アミューズメント事業は分社化して独立させてたのね。ちょっと意外。どこかに払い下げるか無くすかすると思ってたから。
時々大戦と車輪をプレイしに行くイミグランデ大和店の近くには、同様に旧アトラス系列のゲームパニック大和店がありますが、そこは、あんまり面白いゲームおいて無いかわりに、マニアックなプライズが置いてあるので、たまに行ったりします。

久しぶりに横浜に行って、駅前にある大量のゲーセンがどれも生き残っているのを見て、商売ってのは結局、一般論でくくるんじゃなくて、ケースバイケースで対応しなきゃいけないんだろうなーと思ったのでした。店舗経営ってタイヘンネ。
 
 
 
時代とともに、制作も、流通も、販売も、ユーザーも変わっているというのに、何でもかんでも既得権益で保護しようとする音楽著作家連中は、本気で一回絶滅させた方がいいんじゃないかと思うときがあります。
違法データDLでウン十億の損害が出ているというけど、タダで出回ってなかったら誰も聞いてないデータばかりだということを、そろそろまっとうに認識すべき。「いくらでもデータをコピーして回ってかまわないゼー」とは言わないが、いい加減、大衆娯楽作品に対して「文化を守れ!」とかいうアホなことを言ってる場合ではないことを理解すべき。
「オレの音楽コピーは許せないが、音楽制作に使うソフトはダチの持ってるやつのコピー」とかいうふざけたヤツらはいっぱいいるし、金を払わないでソフトを使う人が無くならないから、PCソフトは、無料で収益が出るビジネスモデルを模索している。で、成功例も増えてきた。

資本主義社会の中で時代に応じたギブアンドテイクを行っているのだから、自称アーティストの連中よりも、ゲームやアニメ会社で作品を作っている人たちの方が、まっとうな社会人。そして、まっとうな著作家。
ゲーム会社へは「企業努力をしろ」なのに、音楽家からは「金を回収できる法律に変えろ」という発言ばかりでは、全然フェアじゃない。大衆から望まれない仕事は、無くなってしかるべきなのよね。
大不況である今の時期に言うのもアレだけど。
 
 
結局は、今の10代20代くらいが50~60になってお偉いさんになるまで、文化人どもの意識ってのは変わらないんだろうか。
人が総入れ替えになるまで待たなきゃいけないってのは、しんどいなー。

|

« さりゆくものたち | トップページ | 方向指示 »

日記」カテゴリの記事

コメント

ほかの業界ではわからないけど

同人ゲームやギャルげーなんかはコピーされて
広まり、「あーこんないいものがあるんだー」
って購買につながることもあるので結構目をつぶってるところはありますね。。

絵師的には知名度UPにもつながるし、違法コピー=宣伝媒体 かかわった出資先の人からするととんでもない事だけど そういう側面もあるということで。

投稿: 中川 | 2010年1月21日 (木) 00時01分

>中川君

すべては、ケースバイケースなわけですよ。

CDが売れなくなってきてから、「音楽を守れ!」とか言い始めても呆れるだけで、「売れない音楽家は辞めれば?」ってのが、極端に言うと、僕の考え。
資本主義社会での職業ってのはそういうもんだと思う。文化として存続させるだけなら、音楽を職業にする必要はない。

投稿: Mr.UT | 2010年1月21日 (木) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さりゆくものたち | トップページ | 方向指示 »