« 3日目 | トップページ | まちびと »

2010年1月11日 (月)

最終日

本当は今日も一日眺めていたかったんだけど、さすがにそれでは今週の生活に支障を来すので、1回のプレイで帰ってきました。
それに、DIVA難民が武蔵村山に押し寄せてきたのでね。
土曜から日曜にかけては、複数回プレイも可能な人数だったのに、今日は急に増えてたから、何か情報がまわったのかもしれない。
 
 
さて、昨日から今日にかけての僕のDIVA体験記と、そこで聞いた話を元にした僕のゲーセン考察。

いつもいつも長めの文章が流れるこのブログですが、今回は特に長い上に、興味のない人にはさっぱりツマラナイと思うので、興味のある方だけ、下記からどうぞ。
 
 

Diva_monitor

さて、まずは昨日のお話。

ロケテ3日目である1/10。先日の土曜日に、そのすばらしく動く映像に惚れたので、その日は一日ロケテに張り付く勢いで、朝もはよから出かけました。土曜日が、10時チョイ前着で30番台だったので、7:30出発9:20到着を目標に出れば、20番前後でできるだろうという目論見。

しかしここで、いつものようにアクシデント発生。

昨日は多摩川付近で迷ったので、そこから先は地図で確認していたのだけど、通い慣れたはずの橋本までの道を間違え、うっかり上溝駅に着いてしまう。
※上溝駅から、一次チェックポイントの橋本駅までは、約6kmほど離れています。
いきなり大幅なロスをして凹みながら走っていると、多摩川を渡ったところで、今度は市民駅伝に止められる。これもきっとゴルゴムの仕業に違いない。というか、こんなに朝早くから走るとは、ご苦労なことです。<お前が言うな
何とか9:30ちょいで、目的地に到着。

土曜は、開店前に列ができていて、そこに、映画の列と間違って並んでしまう一般のお客さんとかいたためか、今日は列などはできておらず、整理券をSEGA社員が配ってました。説明を聞くと、筐体に「現在プレイ中の人の番号」を掲示するので、自分の番が近くなったら並んでおいてくれとのこと。
なるほど、昨日の反省が生かされている。

Diva_ticket2

本日の整理券番号は23番。これなら、お昼頃にはプレイできそう。
 
 
立川まで行って帰ってくるのには難しい感じだったので、モール内で食事を取ったあと、自転車で周辺を走ってました。

Bunmeido

ココ、文明堂の工場とかあるんですね。工場直売のカステラとか売ってました。
他にも、僕らにはなじみの深いフォスター電機や航空電子の本社とかあってビックリ。彼らは、こんな所で物作っているのか。

で、昼前に戻ってみると、あと数人で自分の番という感じだったので並んで待つ。
 
 
昨日は、ヒヨってNORMALをプレイしてしまったので、今日は普通にHARDを選択。曲は「Packaged」と「ハト」。僕がPSP版DIVAで好きな曲のツートップ。
パケの方は、事前にPSPで練習してから行ったんだけど、わりときわどかった。PSP版ではチャンスタイムにどれだけコンボが繋がるかが重要だったので、他でミスしてもそこだけできれば挽回できたけど、今回は全体的にコンボが繋がるかどうかにかかっているので、序盤でミスをすると、中盤でコンボがとぎれたときに挽回できないのがキビシイ。

「ハト」プレイ前にモジュールを変更。一番好きな「にゃんこ」を選択。
このモジュール選択は、カード更新やプレイ後の成績に応じてもらえるVPというポイントを使います。今回ロケテ時はカード登録時に50VPもらえていたので、一番安いポイントの中から選んでみました。
ちなみに、「スクールスイムウェア」は500VP。一回のプレイでもらえるポイントは10もないので、ロケテ中に取れる人はいないでしょう。

しかし、この「にゃんこ」、PSP版ではテクスチャだったサスペンダーが、当然と言えば当然だけど、しっかりモデリングで作られていて、ちゃんとサスペンダーとおなかの間に隙間が。これで今年一年生きていける。っていうか、可愛すぎるんだっつーの。
惜しむらくは、HARDクリアに集中すると、画面を見る余裕が無くなってしまうということか……。

ニコ動とかに今回のロケテの動画とか上がってるみたいだけど、あんなの、実際の筐体に映し出される映像に比べれば1/65536程度の魅力しかない。

終わったあとに、SEGAスタッフに、ボタン音の消し方を聞く。モニターレベルフェーダーの下にあるボタンがそうなのね。曲の途中でも切り替えられるのは便利だ。
そして、アンケートを書いている課程で、同時押しの部分は、次のパターンが来るまで押し続ければ、その分ボーナスが入るということを知る。えー、マニュアルに書いておいてよー……と思ったら、書いてあった。

っていうか、今回、ユーザーマニュアルの冊子がないのよね。
あとでスタッフに聞いてみたんだけど、マニュアルとか、最終的にどういうルールになるのかとか、一切情報は流れてきていないらしい。それが「伝えられない」のか「ホントに未定」なのかは不明。
 
 
なんだか2回目もできそうな勢いだったので、アンケートを書き終わったあと、整理券をもらう。一気に60を超える。が、それなら夕方頃にはできそう。
 
 
そこで、しばらくイオンモール店内をまわってみる。
連休中だからか、周辺が何もないからか、とにかく人が多い。広大な敷地内に、ファッション、雑貨、家電に楽器、多種なレストランに映画館と、とりあえず必要な物は全部揃えたという感じの大型ショッピングモールで、しかもその敷地のほとんどを埋め尽くす人人人。3連休なんだから、もっと違うところに行けば……と思ったりもしたけれど、正月明けだし、不況下でもあるんで、近場で全部すませちゃうってことなのかもね。
迷子のアナウンスを聞いてても、周辺市の人達も来ているようなので、ファミリーの需要は、立川ではなく、こちらなのかも。
 
 
その中で、「SEGAワールド ドリームファクトリー」は、前にも書いたとおり、キッズゲームとプライズばかりの、完全ファミリー向けで、ゲーセンというより、アミューズメント施設。
それがDIVAのロケテに選んだ理由の一つらしく、SEGAは、このゲームのユーザー層として、オタじゃない一般層を視野に入れている様子。ショッピングモール内に入れることも想定しているという話でした。
ただ、「それが、何で武蔵村山?」と言うところは分からなかったけれど。まぁ、見ている分には、驚くほど人があふれていたので、都内のSEGA店の中では、一番モデルにしやすかったのかもしれない。

実際、一般の方も、興味を持って店員さんに聞いたりしていました。ただ――

「整理券下さい」
「ハイ」
「どのくらい待ちますか?」
「だいたい……4時間くらいになってしまうんですが……」
「……じゃ、いいです」

というやりとりが何度も行われていたのが、何とも。

これは、正式稼働時にも心配される点。すなわち「ミクオタが多数張り付いてライトな客層が寄りつけなくなる」となると、ちょっとゲームの評判が悪くなることになりかねない。
おそらく、SEGAが狙っているのは、ビーマニシリーズの立ち位置ではなく、太鼓の方。老若男女、広く遊んでもらえるゲームにしたいハズ。ほっといても勝手に来てくれる人ではなく、普段来ない人を少しでも呼びたいと思っている。
さらに、クリプトンにしてみれば、想定以上の販売数とはいえ、結局オタのアイテム止まりなVocaloidを、もっと一般層へ浸透させたいと思っているから、これは一つの試金石。
まぁ、それについて、「うまくいけばもうけモノ」程度の予算しかかけられてはいないだろうけど、うまくいきさえすれば、今後の展開はいろんなトコロにあるかもしれないね。
 
 
さて、そうこうしているうちに4時頃になったので、再び設置場所へ。しばらく待ってプレイ。
選んだのは「The Secret Garden」と「金の聖夜霜雪に朽ちて」。Gardenの方では、今回ミクはマイクを持っています。低難易度で曲の時間が長いので、ムービーを楽しむにはオススメの曲。
ホントは「スクール」のモジュールでいきたかったんだけど、ポイントが無くて選択できず。現在のVPがドコに表示されているかよく分からなくて困る。
というか、全体的に、表示されている情報が細かい。難易度も小さく書かれているし、ゲーム中のボタン判定結果も右隅に小さく書かれる。この辺、PSP版と同じにしているところが、ちょっとした問題だと思う。
聖夜はさすがに難しく、何とかなったけど、ミクを見ている余裕が全くない。慣れないと厳しいなぁ。

そして、さらに整理券をもらう。80番台。ま、最後までいるし、何とかまわってきそう。
この頃になると、遅くまでいる一般客の方も参加していました。中高生くらいのコが慣れない感じでやってるのを見てると、こっちも手に汗握って応援してしまうね。

 
 
次の順番は7時頃に回ってきました。
選択したのは「LastNight, GoodNight」と「初音ミクの消失」。LNGNは、ちょっと前にやった人が、最後の長押しで延々とゲーム終了まで押していたらスゴイ勢いで得点が入っていたので、一体どこまで行くのか自分でも確かめたかったので。
結果、かなりの高得点に。っていうか、ココまで天井知らずな仕様は、ちょっと考え直した方が良いんじゃ無かろうか?
消失は、完走はしたけど、クリアならず。これやる前にPSP版で練習してから挑んだんだけど、なんか全然ダメでした。筐体のボタン配置とか、プレイしてると結構飛ぶね。 
 
さらにこのあともらった整理券番号は98。「まわってこないかもしれません」と念を押されたけど、どのみち閉店までいるつもりだったから残ってみることに。
 
 
ところが、途中で帰ってしまった人が多かったのか、予想外に早くまわってきました。ちょっと外してモールの外にあるなか卯で夕食とって帰ってきたら、次の次という順番で慌てて並ぶ。
選んだのは「Packaged」と「みっくみくにしてあげる」。再びパケなのは、この曲とにゃんこモジュールという組み合わせが大好きだから。

僕のPSPの背景画像は、ずっと長いこと、このスクリーンショットです。
パッケージは腰部分のアップが出るシーンがあるので、サスペンダーの隙間が堪能できてよいよい。我が軍は、これで3年は戦える。
しかし、みっくみくで、まさかのクリア失敗。まさかこの曲で失敗するとは……恐るべし、アーケード。

さすがに9時前になったのでもうプレイできないかなーと思ったのと、十分やれたかなーと思ったので、今日の分は終了し、以降ずっと観戦してました。その後、今来たっていう人達が整理券を貰っていき、その二人組が最後ギリギリでプレイできていたので、控えていてよかったかなという感じ。
 
 
閉店前に店員さんと話したんですが、正式稼働日や、現在の開発状況等は、一切情報が来ていないらしい。「ロケテが盛況だったので、出るとは思うんですが」とか、そのくらいのレベルで話してました。「ほとんどできているように見えるんですけど」と聞いてみたけど、「何ができていて、あと何を追加するのかしないのか、そういうことも分からない」とのこと。
公式ブログ以上の情報は無い様子。
 
 
そんな感じで、夜の9:50で、ロケテ3日目が終了。この後、無事に迷わずに帰宅し、その帰路で「明日も行くか」と決意したのでした。
 
 
 
そして今日。起きたのはこの3連休で一番早い時間。ただ、土~日曜と、人の流れは変わらなかったので、今日も、ちょっと早く出るくらいでいいかなと7時の出発。
さすがに3回目だけあって、道もすっかり覚えました。ただ、橋本から北野へ抜ける八王子バイパスは、アップダウンが激しい上に長いので、何回来てもスピードと体力を削られます。っていうか、さすがに3日目ともなると足がキツイ。

そして9時過ぎにたどり着くと、なんか結構な人の列が。

Diva_last

「即売会かよ」という感じの札を預かったり。まさか武蔵村山にまで集結してこないだろうと思っていたスタッフも、さすがに対策を講じた様子。
しかし、昨日までは、話に聞くアキバやブクロの混雑具合とは無縁だったのが、明らかに人が増えている。プレイできなかった人達が、いよいよ最終日ということで流れてきたのかなーという感じ。
今日は2回目はムリかも。
 
9:30から整理券が配布され、あとは昨日と同じように、各自の判断で筐体前に集まるということに。今日の僕の番号は34。これは2時過ぎだなぁ。
 
 
今日は、近くのROUND1で時間を過ごす。ロケテに通い詰めていたせいで、大戦の天下統一戦に参加してなかったので。久しぶりに、定価で三国志大戦プレイしたなぁ。
デッキは、破滅陥陣営飛将軍という、最近また使い始めたいつものデッキに蜀の1コス槍を追加したもの。人属性4枚になると、ウチのLv16董卓でも、何とか残20カウントで超絶再起が出せる。
戦績は、2勝1敗。演習戦ばかりやっているから、3連戦とか久しぶりだ。
とりあえず満足して、他のゲームをやったり。

しかし、イオンモールのセガが家族連れであふれかえってたから、「武蔵村山、ゲーセン大人気だな」と思ったりしたけど、ROUND1には、お客さんほとんどいませんでした。自転車で5分程度の距離しかないのに。駐車場も駐輪場も十分あるのに。
やはり、モール内のゲームセンターは、「ゲーセン」として認識されていないのだろう。「買い物中に子供を遊ばせておく場所」または「親が子供と遊ぶ場所」であって、モール外に同じような物があっても意味がないということか。

なるほど、SEGAがここでロケテをしようと思ったわけだ。

今日の順番が回ってきたのは、予想通り2時を過ぎた頃。ただ、僕のちょっと前にプレイした人が、カードを登録しないでプレイしたいとスタッフに頼み込んだり、簡単な楽曲のNORMALをあっさり落としたりしていたので、ちょっとイラッとする。転売野郎は来んな。ムカツクわ。
 
 
今日選択したのは、またも「Packaged」と「ハト」。整理券の番号的に、今日はもうプレイできそうにないので、別のモジュールの映像を見たかったので、すでにプレイしたことある曲ならいいかなということで。あと、この2曲、意外とみんな選ばないんだよね。パケとか、イントロ最後で長押しのタイミングがあるから、僕の後ろの人が初めてっぽかったのでそれの説明にもなるかなと。
で、「ダンサー」のモジュールを選択。他にも選びたい物があったんだけど、どれもよさげで、なかなか選びきれない。

そして、危うく1曲目でクリアし損ねそうになって焦る。どうもボタンのタイミングが、早めにしなきゃいけない様子。僕はリズムが後ろのめり気味なので、ちょっと難しかった。でも、PSP版よりは、判定甘くなってると思うんだけどね。
おかげであまりムービーに集中できなかったけど、ハトは間奏とか長いので、十分見られました。ま、この曲、ミクが出てくる部分が少ないんだけどね。でも、タップを小刻みで踏んだり、ラストに結構アップになるのでよいよい。
 
 
最後のアンケートを書いて、しばらく観戦したあと、3時前に武蔵村山をあとにしたのでした。参加したのは3日間でしたが、武蔵村山、ありがとう。
ムリをしてでも、初日にも行けばよかったよ。
 
 
 
というわけで、僕のDIVA1次ロケテ参加は、これにて終了。今週末からは2回目ロケテが行われるけど、場所柄を考えると参加は難しいだろうなぁ。今回無かった、ユーザーマニュアルとか配布されたら行くけど。
しかし、正式稼働日が、いつ頃かも聞けなかったのは予想外。
SEGAのロケテだと、概ね終了から3~6週間で稼働しそうな物だけど、これに関しては予測が付かない。普通に考えれば3/9に出したいだろうけど、その日はミクのライブもあるし、そっちの映像でも関わってるだろうから、ちょっとキビシイ気がする。

あと、これが一番だと思うけど、まだこれを販売したときに入れてくれるお店が未知数なんだろうと思う。今回のロケテの結果で「いけるかもしれない」という流れは出てきたと思うけど、ミクオタが群れるだけでは成功できない。今回の武蔵村山や、次回のバレットタウン店での客の付き方を注目したいところだろうけど、今日の村山を見る限り、2回目は、一般客がロケテに参加することはほとんどないと思われます。この結果で、全くの新規である筐体とSEGAゲームを入れるのは、地方ゲーセンにとっては、かなりの大博打。なかなか難しい。

稼働しても、他に使い回しがきくでもない新規の筐体では、1店舗に複数台入れるのは無理な話だし、そうなると、かなりのDIVA難民が出そう。しかも初期に群がるのがミクオタばかりだとすると、ゲームの評判自体が落ちかねない。
できれば、地方の大きなショッピングモール内アミューズメントコーナーに入れて、その時には、もっと一般的なJ-POPやら子供向けアニソンやらを追加した状態ならいいんだけど、SEGAではその辺の権利問題をクリアできるか、なかなか難しいところだと思う。セガバンダイなら確実にやっていただろうけど。

この辺の課題は十分SEGAも認識しているだろうと思うので、何とかクリアして欲しいところ。何より、今回のロケテをやって、ゲーム自体は面白いと感じたし、早く普通にプレイしたい。
並んでまでロケテに参加するなんて、悠久の車輪のロケテ以来だし。あのときは、ゲーム内容以上にカードが欲しかったからだし。今までいくつかのゲームのロケテに参加してきたけど、今回が一番期待が高いね。

それだけに不安要素も多いけど。

何はともあれ、もう動き出したんだから、あとはAM2研の底力に期待しながら、正式稼働日を待つことにしたいと思います。あー、早く順番まわってこないかなぁ。

Diva_dream


|

« 3日目 | トップページ | まちびと »

ゲーセン」カテゴリの記事

コメント

ロケテ参加お疲れ様です~。
なんか天海って人が凄く行きたがってましたよ。
PSP版を購入しそうな勢いデス。


実際発売されたら大きい所は入れるんじゃないでしょうか?
ウチみたいな店舗だと
「アイドルマスターの二の舞だろ」
となって入荷しない可能性が大っぽいと思います。

筐体見てるとBBやSFCに流用出来そうにも見えますね。
実際見てないので細かい部分は判りませんけど・・・。

投稿: いおら | 2010年1月12日 (火) 05時38分

>いおらさん

コメント、ドモです。
天海さん、興味があるなら来ればよかったのに。言うほど遠くないよ?<アンタの距離感で言うな

PSP版、持ってないならオススメ。そんなに高いゲームじゃないし、とりあえずやってみるかーくらいの感覚でも十分楽しめると思う。リズムゲーが嫌いじゃなければ、普通に面白いです。

アーケード版は、筺体流用できても、基本4台のBBとかを削って使うかは微妙なトコロ。まぁ、Shining Force CROSSとかコケてるっぽいから、その救済にはなるカモね。
コントローラーと外装変えれば、コンバートはできるはずですが、そのキットをSEGAが用意するかは不明。スピーカーとか外付けで追加になります。

SEGA内部でも、アイマスと同じになるという意見はあるんだと思う。地方店舗だと、なおさらその声が大きいハズ。
ただ、アイマスは、アドベンチャーパートの内容とオーディション合格時の映像はともかく、高い料金設定とその1プレイの短さ、やりこまないと即行で引退になる仕様、ミニゲームの単調さで、軽く遊んでみようかという人をばっさり削ってしまったのが敗因だから、ライト層にも遊んでもらえるリズムゲーならいけるのではと説得している最中なんじゃないかな。

その判断材料が今回のロケテだったと思うんだけど、この盛り上がりが、単にオタの祭りなだけにも見えてしまうので、なかなか分かりにくい結果になったかなーと思いました。
過去にSEGAは、マラカスとタンバリンが短命で終わっているので、その辺もマイナス要因かも。音ゲー自体は下火だけど、それはビーマニシリーズの話で、方向性が太鼓なら悪くない。

リズムゲーとして面白くできていると思うので、何とか普通にプレイできる環境を作って稼働してくれたらなーと思います。場所によっては、男入場禁止のプリクラコーナーに置くぐらいのことをしてもいいかもしれない。ゲームをミクオタが占拠ってのもいただけないけど、カジュアルプレイヤーの様子をオタがガン見ってのもよろしくない。
ずっと眺めていた僕が言うのもなんだけど。

僕は、特にニコ動も見ないし、DIVA収録楽曲以外のミク曲もほとんど知らないんだけど、DIVAの曲と映像はすごくいいと思っているのでね。ゲームファンとしては、何とか成功してほしいなーと思ってます。このゲーム単体で利益を出すのは難しいし、お店での滞在時間を増やすための台になればって考えてると思う。

いろんな意味で、今年のアーケード業界の最注目作ではないかと思います。入れてくれたら遊びに行くヨ!

投稿: Mr.UT | 2010年1月12日 (火) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3日目 | トップページ | まちびと »