« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月26日 (金)

製造原価

ビックカメラとソフマップとで、ポイントの相互交換が可能になるとのこと。だったら、いっそのこと統一すれば……とも思うが、そうなるとマップが吸収されるだけなので、あまりいいイメージにはならないんだろう。
そして、相模大野の新生ビックカメラは、本日プレオープン。と言っても、特別なことは何もない。とりあえず、さくらやの時よりは利用頻度が上がるかもしれない。
 
 
torneセットのPS3予約に失敗。一昨日確認したときはヨドのネットにもあったので、torne単品とは違って売り切れは無いのかなーと思っていたんだけど、昨日の夜にはもう予約終了してました。まだ受け付けてるところもあるけど、ポイントがたまっているから、ヨドバシで買いたいんだよね。
まぁ、しばらく待てばすぐに入荷すると思うので、ちょいと我慢。ホントは、4月から始まるSD三国伝を地デジ画質で見たかったのだけど。
 
しかし、どこのネットショップも、転売をかなり警戒している様子。ネットオークションとAmazonのマーケットプレイスの存在は、転売行為をしやすくしてしまったと思うのだけど、こんな量産機にもプレミアが付いてしまうのは、どう考えてもおかしい。
なんかもうオタ向け人気商材は、買い占めと転売が定着してしまったようで悲しい限り。
ただ、生産者側に出荷数を増やせというのは酷な話。安く大量に売るゼーと工場を肥大化させていった先がどうなるか、今の日本の家電メーカーや自動車メーカーを見れば、言うまでもない。ましてや生活必需品で無く、極めて特異な嗜好品のために生産規模を上げるのは自殺行為だ。
 
ネット通販での回線増強にしたって、簡単な話では無い。予約開始時とかにつながりにくくなって買えなかったりとか話題になることがあるけど、それに完全に対応しろというのは、例えば、3台のレジで十分賄えているスーパーに、特売の日だけレジを50台に増やせと言っているようなものだ。そんなことが簡単にできるわけはないし、やってしまうと、通常の人のいない日でもレジを50台も維持しないといけなくなる。そもそも50台で足りるかどうかも分からない。
 
 
情報社会になって、単なるデータだけでなく、物理的なものに対しても時間プレミアがつくようになってしまった。それ自体は悪いことじゃないけど、良識から外れた商行為が横行するほど、そのプレミアにお金を払う人が多いというのは悲しいことだ。それだけの対価を払う価値が商品にあるなら、それはクリエイターに払われるべき。
 
しかし、違法性がある流通行為を先読みして対価を事前徴収するというシステムには疑問を感じる。そんなことをするから、クリエイターに敬意が払われないのだと思う。そして、そんな既得権益もなく、でもあらゆる表現手法を内包する「ビデオゲーム」という存在は、なかなか難しい所にいるよなーと思う。
 
 
その昔、タカラのコーポレートメッセージは「遊びは文化」だったけど、わざわざそう言わなきゃいけないくらい、文化として見られてはいなかった。音楽とか絵画とか、どうにも「高尚なもの」として扱いたがるけど、職業作家が作るものはすべて「商品」だ。良いと思うものを作り、流通させ、それを欲しいと思った人が相応の対価を払う。その商品を、何年か未来の人たちが「文化」と称する。
 
商品に「文化的価値」とかいう無駄なプレミアや、補償金などを上乗せしようとするのは、いつも流通だ。だから話がこじれる。
権利管理団体は、自身が「流通業者」であることを巧妙に隠している。そして「著作権料」という、もっともらしい名称の流通マージンを取る。そこに、著作権者とか文化への敬意とかは存在しない。システマチックな横抜きなだけ。細かく使用状況が確認できるカラオケの使用料ですら、店の面積でドンブリ勘定するヤツらに、文化保護がどうこう言われたくない。
 
物理的に存在するものはどうしても仲介業者が入るけど、コンテンツは、徐々に、クリエイターとユーザーの間に存在するものが無くなってきている。
 
 
そんな中、いろいろな難はあるものの、それまでの知名度を生かして、今年iPadがやってくる。KindleもReaderも、日本語版がやってくるのは時間の問題だ。
 
中間搾取に「プレミア」が載せられなくなる時代は、すぐそこにある。その頃には、転売価格のような「不当なプレミア」も無くなっていると期待したいけど、それを実現するのに必要なのは、結局、ユーザーのモラルなのよね。

いつだって問題なのは、システムではなく、ヒトなんだ。

| | コメント (0)

2010年2月25日 (木)

ロケーション

先日お披露目されたミュージックガンガンの曲増量版、どうやらロケテを行うらしい。結果からシステム調整をするとは思えないので、ロケテっつーか、単なる営業じゃないか?開催店舗も、タイトーじゃなくて川崎のヒーローズベースだし。

そういえば、AOU版ではトリガー入れっぱなしで連射する仕様になっていたんだけど、あれは本稼働時もデフォルトになるんだろうか?あれならチャンスタイムは、ほぼ間違いなくパーフェクトとれると思うんだけど。今だと、トリガーを延々弾き続けるのはツライ。
そして、新曲としてnamco曲を入れてくる様子。そもそもTAITO作品は映像化されているものがほとんどないので、自社コンテンツで音ゲーの曲を賄うのが困難なのだけど。サイキックフォースの曲を追加したところで、どうなるものでもないだろう。

結果として、収録曲が太鼓とほとんど変わらなくなるのは、ゲームの性格上しかたがないと思うけど、あんまり同じ過ぎるのは芸が無い。あと、その追加でアイマス曲を入れるのは、本来のターゲットからは離れると思うし、映像の演出強化が無いなら、プレイヤーはあまり選曲しないと思う。うるさいゲーセンでGMWを千早に歌われても、あまり聞こえないだろうし。

とにかく、プレイできるお店が、関東ですら数えるほどという現状ではどうにもならない。今は「先行稼働」くらいの規模しかない。それにしたって、自社店舗に全然入れてないというのもヒドイ。

ロケテで少しでも話題に上ればいいんだけど、TAITO製品のは、ひっそりと行われて誰もプレイしていない時間も少なくなかったりするのがね。町田であったサイダイのロケテも、全然人がいなかったし。そりゃ、あんなゲームにもなるわ。期待してたのに。
 
 
そして、ロケテをしないバージョンアップでどんどんグダグダになっていく悠久の車輪。次のイベント戦は、特殊称号が100位までもらえる様子。これでしばらく稼げるだろうが、その称号がヒドイ。ギャグのつもりならあまり面白くないし、本気だったら痛すぎる。まぁ、アルカディア主催だから仕方ないけど。

今回もちょろっとやってみるつもりだし、そろそろ順位を復活させておこうかと思っているけど、ホントにこのまま次Ver.まで無調整で行くつもりなんだろうか?ロケテから本稼働への修正はかなり良かったと思うのだけど、その後は、とてもテストプレイをしているようには見えない。
ただ、ここまでのVer.UP直前で公開される開発のデモプレイ動画を見てきた限り、彼らの中では十分調整できていて、お手軽強カードデッキについては、上手い人たちが使っているから強いんだという認識なんだろう。

まぁ、1年先行したAAAが、去年の今頃は、もう稼働店舗が20くらいしか残ってなかったことを考えれば、TAITOの中では、オリジナルでよくぞここまで頑張った!という評価なのかもしれない。
AAA最後のイベント戦の結果を見ると分かるけど、正式稼働から1年半後で、すでにプレイヤーが200人を切ってたんだよね。サブカを除けば100人切るくらいじゃなかろうか。これより下のゲームは、いくらアーケードが厳しいからと言って、そうそう出てくるものではないと思う。

稼働中期以降で、横浜のとあるお店が熱心に店舗イベントをしていたけど、使用禁止カードとか使っちゃいけない組み合わせとか、ルールがすごい細かくてビックリでした。
そうでもしないと、先にハメたモン勝ちというゲームになっていたからね……。
 
 
最近の社長の言動からすれば、アトラスと同じように自社開発から完全撤退して、逆にnamcoの店をいくつか買い取って店舗経営だけをする会社になりかねないのだけど、さてどうなるか。
日本じゃこんな感じだけど、海外のゲーセン事情ってどうなんだろう?海外のゲーセンって、怖くて入ったことないんだよね。
USAならまだしも、アジアの各国で、わざわざコインを入れてゲームをする光景は、ちょっと想像がつかないです。

| | コメント (0)

2010年2月24日 (水)

エンタメ格差

TOHOシネマズ海老名で上映している消失、週末には24:15開始という時間もあって驚く。終了は27:05。あの辺、24h開いてるお店とかほとんどないと思うんだけど、見終わった人たちはそうするんだろう?
他にも遅くまでやっている作品はあるのだけど、1作の上映時間が今の公開作品の中では最長なので、映画館の閉館がこれの終了待ちということに。
上映館が少ないから、遠方から来る人のためとかなんだろうか?交通の便でいえば、高速のICがある海老名は、わりと良い位置にあるのかもしれない。

そう考えると、今僕が住んでいるところは、わりと良い環境かもね。近所と言うには離れているけれど、橋本、南大沢、南町田、海老名に、だいたいの作品で上映館があるので、上映時間もバリエーションが出るし。広島県境や鹿児島に住んでた時は、全くの蚊帳の外だったからなぁ。そりゃ、映画見ないで育つわ。

基本、エンタメごとは東側が強いけど、そんな中で、阪神圏を除くと、西側における福岡の強さは特別だと思う。むしろ最近は、大阪よりも福岡の方に勢いがあるようにすら見えます。
そして、広島の認知度は、地元の人間のイメージに比べ、はるかに低い。

| | コメント (0)

2010年2月23日 (火)

現役稼働の店があったら行ってみたいアーケードゲーム

  • カプコンワールド
  • クイズ 迷探偵ネオ&ジオ
  • スーパーパズルファイターIIX
  • ラストブロンクス 東京番外地
  • バーチャファイターキッズ
  • ポケットファイター
  • ぷよぷよDA!
  • プチカラット
  • パチンコセクシーリアクション
  • どきどきアイドル スターシーカー
  • クイズ ケータイQモード
  • パラパラパラダイス
     
     
    虹色町の奇跡とか、CAVEシューティングとかは、町田か厚木レジャランに行けば概ね揃っているからいいんだ。
    意外と、アカツキとか、最近出て、すぐに消えていったゲームの方が見ないカモ。

  • | | コメント (0)

    2010年2月22日 (月)

    新作

    なんか、目の能力を狙ったり、対抗能力者が次から次に出てくる超人バトルモノになる未来しか見えない。
    あるいは、変態ラブコメを通して打ち切られるか。
     
     
     
    とりあえずBBは、イベント戦とBB.NET経由でカスタマイズが行えるという、次のバージョンまで休戦。しかし、ショーでの人気を考えると、料金値下げは期待できそうにないね。

    DIVAがアケマスの二の舞になるかどうかは、なかなか判断しにくい。ただ、バンダイの協力が得られず、代わりに業界内のファンに頼って繋いでいるアイマスに比べ、アーケード版のDIVAは、SEGAが珍しく慎重に開発しているので、SEGA直営以外の店舗さんも積極的に意見を出して、何とかいい製品に仕上げてほしいなと思います。
    先日のAOU Ver.ではEASYとNORMALは難易度を上げ過ぎていたと思うので、もうちょっと簡単にした方がいいんじゃなかろうか。HARDとExは、あれでいいと思う。
     
     
     
    USAで行われているカメラの展示会「PMA」にて、SONYのミラーレス一眼の発表が。
    パナがマイクロ3/4を使ってミラーレスで先行してしまったから、イマイチ存在感の薄いαを、一気に一般層へ入れこもうということなのだろうか。が、メカメカしい外観にせず、サイバーショットの巨大版っぽくしたデザインは、現状だとかなりカッコ悪い。このあたり、正式発表までにどこまで変えてくるか。

    ただ、HDの動画がとれるなどの機能はあるものの、ただの小さいαでは、何とも芸が無い。オリンパスのPENやパナのGF1とかの評価から考えれば、普通に小型の一眼を作るだけでもそれなりに売れるとは思うけど、「SONYがやるんだったら――」みたいな期待感を市場は持っていると思うので、そこに応えられるネタが入っているかどうかが成功のカギ。

    だいたい、まだコンセプトモデルを発表しただけで、ホントに年内発売されるかどうか疑問だし、その間に他社もミラーレスのAPS-Cコンパクトはやってくると思うので、どれだけ差異化の要素があるかに注目。
    今はまだ知名度は低い三星も、気合入れてプロモーションを張れば、ミラーレス一眼を”LED TV”みたいな”なんちゃって新技術”として、連中の専売特許みたいな売り方をしてくるかもしれない。
     
     
    ま、僕としては、そんなにボディの小型化には興味がないし、バリアングルじゃないなら完全にスルーするけどね。一眼のボディなんて、そうそう買い替えるもんじゃないし。
    それよりも、αのレンズが少しずつ増えてきているのがうれしい。「Distagon T* 24mm」とか、F2で明るいし、雪まつりのときにほしかったくらい。シグマから出る、8mmからはじまる超広角ズームレンズも、α用が出るようなので、ちょいと気になっています。
     
    この分だと、来月に横浜であるCP+は、思ってたより見どころがありそうだ。
     
     
     
    気がつけば、2月もあと1週間ないんですよね。桜が咲くまでもうすぐ。
    去年は引っ越してきてすぐだったからあまりどこへも行かなかったけれど、今年はそれなりに場所も分かってきたので、桜を撮りに出かけたい。武蔵村山へ出かけた時の道も、結構サクラポイント多かったし。
     
    パンクしたMTBのタイヤを交換したら、驚くほど速く走れるようになったので、長距離走行も楽になりました。っていうか、先々月くらいから自転車のスピードが出なくなって、随分体力落ちたなぁと思ってたんだけど、原因がタイヤだったとはね。
     
    道具はきちんとメンテナンスしないと、いざという時に困るから気をつけないとダメだなーと思うのでした。

    | | コメント (0)

    2010年2月21日 (日)

    Black

    リボルテックプライイズのまいいつシリーズは、過去の3作品、結構デキが良くて気に入っています。
     
    Rivokuro

    ただ、クロしか持ってないんですよね……。いつも、トロが取れないうちに、お店から無くなる……。
    次は両方取れるといいな。
     
     
    まいいつと言えば、トロステでも発表されていた「あなたの力でBD化プロジェクト」の2回目。
     
    _0317

    ……この結果には、クロでなくても異議がある。
     
    BDマイスターサイト投票でダントツの票を集めているが、どう考えてもゼガペが1位とかオカシイだろ。正直、ホントにBD化してもTTのような予約数がとれるとは思えない。
    まぁ、他の上位陣はほっといてもBD化しそうだからいいかもしれないけれど。
     
    得票数のバランスがいいとらドラ!がBD化するのは、スピンオフのタイミングぐらいに合わせるだろうし。そうでなくても、年内には発表されるんじゃない?
    ハルヒのマイスターサイト票があまりに低すぎるところは、実に興味深い。
     
    なにより、ウツギさん一押しのメダロットがハヤテとかかみちゅに負けているのは納得いかねぇ。確かにDVD-BOX出たばかりだけれども。まだ買えていないけれども。

    _0318

    ウツギさんはクロを応援しています。

    | | コメント (0)

    2010年2月20日 (土)

    AOU2010アミューズメント・エキスポ

    実況エントリは削除しましたが、投稿時間の詳細が記録される明日以降に、このエントリの一番下にログを残すことにします。
     
     
    以下、例によって長文を読みたい人だけどうぞ。
     
     

    続きを読む "AOU2010アミューズメント・エキスポ"

    | | コメント (0)

    2010年2月19日 (金)

    私的 AOUショー2010 事前調査覚書

    ※Project DIVA Arcadeを除く

  • 新作が大型筺体モノばかりでは店舗も苦労するよなぁ
  • 結局、今、生きているのはSEGAとKONAMIか
  • G vs Gシリーズはポスト対戦格ゲーとしての地位を盤石にしたと思う
  • わざわざPASELIなんて作らずにEdy対応くらいにしておけよ
  • QMA7の新キャラはキタエリなのか……好きだからいいけど各社使いすぎじゃないか?
  • メタルギアをゲーセンで3Dっていう発想には驚くが、オープン筺体でボイスチャットはありえんだろ
  • これでサイバーダイバーの息の根は止まったと思う
  • バージョンアップ以前に、ミュージックガンガンは稼働台数を増やすべき
  • というか、ガンコンゲーム多すぎ
  • 戦国大戦は年内に稼働させないとWCCF&馬を入れてる店舗が持たないんじゃないか?
  • BB ver.1.5は、バランス取ったりするより、カスタマイズするにも大量のGPを持っていかれる仕様を何とかしてほしい
  • SFCrossを入れた店が投資回収するには、SEGAにBBとDIVAのコンバートキットを作らせるしかないと思う
  • プライズリボルテックのまいいつコスプレシリーズ第4弾は、まさかの初音ミク
  • 来年も幕張でショーができるほどの規模を保てるのか、本気で心配
  • というか、秋のアミューズメントマシンショーが、実質、メダル&プライズゲームショーになりはしないか心配
     
    というわけで、明日現地で見てきます。

  • | | コメント (2)

    2010年2月18日 (木)

    しょーしつ

    今年最後の寒波だろうか。なかなかやってくれるぜ、2010年。
     
     
     
    昨日、ふと思い立って、ハルヒの映画を見てきました。もともと行く予定なんかなかったのだけど、海老名の映画館でレイトショーでやっているというので、会社からの帰りに寄ってみることに。
     
    結果から言うと、とても面白かった。冒頭から始まるキョンの装飾過多な長台詞にはうんざりするけど、そもそもそういう作品だから仕方がないとして、箱庭的なこじんまりとした展開しかしないのも、相変わらずだ。
     
    だけど、かなり丁寧。
    キャラの動きとか背景とか、そういう映像的な部分ではなくて、作品として丁寧。なるほど、よく作ってある。
    奇をてらった構成と良く動く動画という以外、特に見るところもなかったTV版とは、少々印象が異なる。というか、救いようの無い駄作ゲームの数々も含めて、これまでの映像作品が、今回の映画版の壮大な前フリであったようにさえ感じる。
     
    惜しむらくは、結局キョンが終始ハルヒのことばかりを見ていたという点か。もうちょっと「普段と違うユキちゃんにキョンくんドッキドキ☆」なモノローグがあった方が、後半の展開にもっとカタルシスを感じられたと思うんだけど。その辺は、無理に原作通りにする必要もなかろうに。
    でも、その「もうちょっと欲しいな」という状態でも、2時間をゆうに超える時間の大作になっているわけで、これ以上長々と引き延ばすのも考えものかとは思う。その辺、パッケージ化するときに、ちょっとカットを増やしてくれたりとかするといいなーと思ったりするけど、やらない方がいいかもしれないとも思う。作品の長さってのは難しいからね。
     
     
    特典のフィギュア単体よりも値段が下がってそうなほどの捨て値で投げ売りされたゲームや、ホントに同じ日々を延々と繰り返したTV放送や、いつまでたっても続きが出ない原作小説など、だいぶ人気も衰えてきたと思われるハルヒだけど、今回の消失の映画版はなかなか面白いので、一回見ておくのもいいのではないかと思いました。
    ただ、長すぎるので、映画館で見るときは、先に用を済ませておくことをおススメします。事前情報とかあまり仕入れてなかったから、映画館で上映時間を確認したとき、1時間まちがえてるのかと思ったよ。
     
     
    それにしても、なんだかんだで、意外と人が入っていて驚きました。最近は2カ月1回くらいで海老名か南大沢のTOHOシネマズに出かけてたりしますが、だいたい公開から2週間くらいした後、平日レイトショーで見るので、ホント10人もいないくらいだったりするんですよね。それが昨日は、4,50人くらいいたんじゃないかなぁ?レイトショーで割引料金だから、レディースデイとか関係ないし。海老名では、平日に4回も上映しているというのにも驚く。映画でもアニメが強いということなんだろうか。
     
    何やらリピーターキャンペーンとかもしているらしいので、来週はちょっと混みそう。
     
     
    来週からはケロロの劇場版が始まるので、そっちもちょっと見たい。ケロロよりも、同時上映のSD三国伝の方が見たいんだけど、きっと15分くらいしかないんだろうなぁ。
     
     
     
    そんな中、ついにウィルコムが逝った。
    まだしばらくは大丈夫だろうけど、今のブロードバンド時代でPHSの通信速度でやらねばいけないというのは、さすがに厳しいだろう。遠くない将来、孫にWillcom COREの帯域を食われておしまいだと思う。
    好きだったんだけどなぁ、ウィルコム。というか、携帯3キャリアが嫌いなんだけど。ウィルコムが無くなったら、僕の電話は固定のだけに戻るだろうね。

    | | コメント (0)

    2010年2月17日 (水)

    平行四辺形

    前々からおかしいと思っていたが、やたらとぐぐるが新着記事を拾っていくのはココログの設定だったのか。とりあえずこれで、ブログサーチがむやみに記事を引っ張っていくことは無くなる――と思いたい。
     
    ココログは、バージョンアップのたびに余計な設定項目が増え、しかもそれをデフォルトでONにしやがるから困る。大手のサービスとして、あまり良いやり方とは言えないと思う。だから富士通は嫌いなんだ。
    それでもニフティを使っているのは、メールアドレスが変わった後に生じる問題の処理が多すぎるから。ニフティの前に使ったプロバイダが潰れた時は、かなり大変だったし、そこで切れた連絡先も数多い。
     
     
     
    2年近く持っていたpixivアカウントを削除。結局、僕には使い道がありませんでした。
     
    pixiv上だけで公開している人の絵は見られなくなるけど、そもそも全く閲覧する気がないので、あまり影響が無い。僕がpixiv上にだけ上げていた絵も消去。
    じゃ、何で登録してたのかといえば、どういうサービスか知りたかったから。登録者数が増えているというけど、何が面白いんだろう?と思って入ってみたものの、単に絵が置かれてるだけか……となったのでした。交流とかコラボとかも行われているけど、「pixivならでは」ってのは感じなかったし、今後の展開も、特に興味がわかない。
    今、ついったーがまさに「何が面白いんだろう?」という状況でやってるところだけど、こっちはRSSの代わりに情報収集手段として実用的に使えるっぽいので、面白さとは別のところでそのまま使い続けそう。
     
     
    僕にとってインターネットは、情報の送受信の場でありコミュニケーションをとる場でもあるけれど、ネット上に構築されたコミュニティは、僕の肌に合わないことが多い。
    それはたぶん、ホストとゲストが明確でないからではないかと思う。リアルでそれは必ずしも必要ないし、明確化しないでも自然発生するものであると思うけれど、ネットでそれは重要である印象。
     
     
    僕は、ネット上において「暗黙の了解」は成り立たないと感じています。そこに「場の空気」は存在しないし、それぞれ個人の常識が、公約数も取らずに、そのまま無秩序にあるだけ。会話が行われているように見えて、しかしその言葉は、発信した自身にしか向かっていない。
     
     
    ネットのSNS内のみの関係を「友達」と表現できる人たちの感覚を、僕はちょっと調べていくべきだなーと思う。その感覚を身につけたいわけではなく、そこで僕が会話をしているという現状を認識しなきゃいけないから。
    しかし、「言葉」を、みんなが同じ意図で使用しているという錯覚は、永遠になくならないだろうなーと思う。会話がテキストベースになることで、誤解は増すばかりだ。

    | | コメント (0)

    2010年2月16日 (火)

    未定

    帰ってきました。
    お疲れ様でした。
     
     
     
    ティア欠席をうけて、保留にしていた、いくつかの同人イベントに参加しようと思ってますが、まだ手続き中のため、告知は来月あたりで。可能であれば、3月に2件、5月に4件を考えています。
     
     
    年が明けてから毎週末に何かしら動きまわってますが、今週末はAOUショーがあったりで、まだしばらく、いろんなところへ出かけそう。
     
     
    今年のAOUショーは、入場者数が予測つかなくて困りもの。撤退したアトラスや、やる気のないSQEXとカプコンが不在なのは当然として、ケイブまでも不参加なので見るものは少ないと思うんだけど、SEGAとKONMAIは大物があるので、それ目当ての人は多そう。SEGAのAOUページを見る限り、今年の新作はSEGAとKONMAIとプライズでほぼ全てっぽいので、昔からのアーケードゲーマーには面白くないと思う。
    っていうか、ここにケイブがいないのは大丈夫なんだろうか?それだけデスマ2が不評だったのかもしれないけど。で、AOUショー当日にあわせて通販を重ねるのもどうかと思う。ぐわんげとデスマ1のサントラは欲しい。
    TAITOは、生きている気がしない。
     
     
    そういったイベントが今後も目白押しということもあって、先日、SONY製カメラbloggieの光学5倍レンズがついてる方を店舗で触ってきました。撮った映像をPCとかで細かく見ていないけど、本体のモニターで見る限り、360度レンズがついてる薄型機のbloggieとは全く別物の印象。こっちの方が、圧倒的にキレイに撮れてるっぽい。
    前に見たレビュー記事でのサンプル映像を見る限り、薄いbloggieは使えないなーと思っていたけど、こっちはなかなかまっとうな感じ。それでいて、価格も¥30kを切るくらいなので、普段使いにはいいんじゃないかなーと思ってしばらく見ていたんだけど、よく見るとコレ、マイクがモノラルなのね。
     
    このサイズで音声にステレオ感がつくかどうかはおいとくとしても、小さな穴が一つ付いてるだけの構造なので、音の収録は全く期待できそうにない。これは、僕にはかなりのマイナスポイントです。
     
    その場の空気感って、画だけじゃなくて音も重要だと思ってて、そこが、今のコンパクトデジカメで撮るムービーの弱点なんだけど、ムービーを撮る機械でコレは無いよなーという感じ。
    まぁ、撮ったものをきちんと見て聞いたわけではないので、それで判断するのも違うかもしれないけど、物理的に無いものはどうしようもないので、やっぱHD解像度とはいえ、現行の安いmpeg4カメラは僕の用途には合わないのかなーと思いました。
     
    となると注目なのが、最近値崩れが著しい、SANYO製XactiのHDモデルであるDMX-HD2000。安いところでは3万円台まで下がってきているので、ちょっと気になっています。
    ただ、この機種も、音声記録はあまり評判がよろしくない様子。手ぶれ補正もあまり効かないようで、あと一歩な感じ。まぁ、今の値段以上の活躍はしてくれそうだけど。
     
     
    理想形の機材に手が届くようになるまではもう少し様子を見るか――と、雪まつりを撮ったOptio MX4の映像を見ながら思うのでした。
    いよいよtorneの発売日も決まったしね。いろいろとモノイリだ。

    | | コメント (0)

    2010年2月13日 (土)

    COMITIA91情報(変更)

    今しがた実家から電話がかかってきまして、祖母が亡くなったので、明日ちょっと実家に帰ってきます。
    申し訳ありませんが、そういうことで、今回ティアには欠席とさせていただきますが、ご了承ください。
     
     
     
    昨日言ってたの、結局原稿が見つからずに、見送り。というか、3~5年位前の原稿が、まったく見あたらない。これは、物理的な掃除以外に、データの掃除もしなければいけないようだ。
     
     
    というわけで、ギリギリながら、明日COMITIA 91の告知。

    日時:2/14 11:00~15:30
    場所:東京ビッグサイト 東4ホール
    サークル名:海鈴亭
    スペース:さ28b
    頒布物:
    「セイギノヒーロー」1~4
    昨年末の冬コミで出した4話目までを持っていきます。
    4話目はコミティア初お目見えですが、サークル初出しとなる新刊はありません。あらかじめご了承ください。
     
     
    年の初めで久々のコミティアの割りに、ちょいとしょっぱい内容ですが、お時間のある方はお立ち寄りいただけると嬉しいです。

    | | コメント (0)

    2010年2月12日 (金)

    探索中

    「ティア合わせの新刊は無い」って言ったけど、前々から思っていたネタを、もう一度引っ張り出してみようかなと検討中。
    古い原稿なのでちょっとデータが見あたらなくて探している最中なんだけど、できたら持って行こうと思います。
    相変わらず直前の連絡になりますが、土曜の夜頃には告知したいと思ってます。
    何もなかったら、ごめんなさい。
     
     
     
    水曜日に見に行ったお芝居は、KOYA-MAPの「チョコレートガールズ」です。
    その話は、また後日。
     
     
     
    車輪の新バージョンが始まって、なんか早速イベント戦をやっているということだったので、久々にプレイ。
    そうしたら、相手、コロッサスに新ボーデで突っ込んでくるだけで勝利とか、相変わらずの内容で言葉もない。さすが現電撃王、その内容で2日間に250戦越えとか、とても真似できねーゼ
    ――と思っていたら、その相手と同じ店で、同じデッキを使っている人と連戦。さすが電撃王、周りも同じデッキとか、とても真似できねー。

    相変わらずのバランスと、ランカーのプレイ内容に、今バージョンも、安心してカード集めにシナリオ集中できるなと思ったのでした。

    とりあえず、新バージョン4枚目で、鮫の国のSRをゲット。まぁまぁの引き。
    しかし、前からその傾向はあったものの、今回はカード裏のテキストが、かなりイタイ。「ドジっ娘演算処理システムを組み込んだ」とか「レウコユちゃんを守る会が発足」とか、「その実力は○○を凌駕する」というテキストインフレもかなりのもの。とりあえず、今日引いた新カードは、みんなそんなのばっかり。
    んー……。

    | | コメント (2)

    2010年2月11日 (木)

    業務連絡

    ゴメン、ちょっとティア合わせの新刊は用意できそうにないっぽい。
    冬コミで作った物を持って行くので、あっちには参加されなかった方は、寄っていただけると幸いです。
     
     
    やー、さすがに突発で札幌へ行ったのはまずかったか。
    昨日は芝居を見に行ってたし、今日は用事で出かけたら、雨で帰れなくなるし。
     
     
    代わりと言っては何ですが、3月と5月は、結構な数、即売会へ参加することを考えているので、詳細決まるまで、少々お待ちください。

    | | コメント (0)

    見え方見せ方捉え方

    北海道から帰ってきてから、どうにも暑くて困る。
    北海道の電車は、雪というか氷をかき分けて進む感じで、乗っていると、小石を蹴飛ばすような音がずっと鳴っていました。まっしろに埋もれた上を走っていく路面電車とかも、なかなかパワフル。

    意外と日本も広い。
     
     
     
    昨日、町田のボークスに寄ってみたら、レンタルショーケースという名の転売スペースに、雪ミクさんが並んでいました。6月発売とはいえ受注生産で買えるものでも高額転売商材になってしまうのは、とても残念。

     
    昨日上げた日記の写真でαの物は、RAW現像したのじゃなくて、一緒に撮ったJPEGの方。枚数が多くて手間だったので。
    JPEGのと見比べると、RAWの現像項目によって、現場での勘違いやミス設定を結構取り戻せる印象。逆に、カメラのことがきちんとわかってれば、JPEGだけでいいのかも。圧縮ノイズはあるけれど。
     
     
    札幌では、JVCの小型ムービーカメラのPICSIOを使っている人を見かけました。

    僕も現地ではいくつかムービーを撮ってるんだけど、スナップ的に撮ったり、固定された画面を撮ったりするなら、光学ズームとか極端な広角レンズとかなくてもいいかもしれないなと、考えを改める結果に。
    ただ、観光時は歩きながら撮ることが多いので、手ぶれ補正は強めにかかるのが良い。中途半端に効いてガクガクするなら、むしろ効かない方がマシ。
     
     
    AV Watchに新型の薄いXactiレビュー記事が出ていたけれど……どうなのかなぁ?
    確かにJVCのPICSIOやSONYのbloggieと比べれば良いように思うけど、用途から考えれば、光学9倍ズームなんかよりも、モードをもっと簡略化して撮影シーンを絞り込んだり、バッテリーが超絶持ったりすることの方が大切に思う。
    「今日の夕飯何がいい?」ときて「なんでもいいよ」というのは、困ることの多い話。ある程度メニューが決まっていれば、選ぶのにちょっと悩むくらいで済むし、選択肢に欲しいのが無ければ諦める。
    「撮りたいモードが無い」ときに「そういうシーンを撮るカメラではありません」というのも、アリだと思うのです。

    デジカメだと、リコーのGRは、そのあたりがすごいね。
     
     
    やっぱり、演出って大事だと思うよ。中身ないものを売ることだってできるしね。
    と言うと語弊があるけど。

    | | コメント (0)

    2010年2月 9日 (火)

    61th Sapporo SNOW FES.

    チョイチョイついったーでメモしてきたけど、写真も交えて、ウツギさんの北海道中記「そうだ――札幌へ行こう」をお届けします。
    以下、例によって、時間と興味のある方だけ、どうぞ。
     
    Ssf61_poster


    続きを読む "61th Sapporo SNOW FES."

    | | コメント (2)

    2010年2月 8日 (月)

    まつりの次

    ワンフェスには、もうかれこれ数年は行ってません。大きくなりすぎたせいか、企業物販が強くなったのと、版権制限をする企業が増えてきたからかなぁ……。もともと、海洋堂があまり好きではないというのもあるけど。
    でも、ディーラー参加をあきらめたわけではないんだ。
     
     
     

    札幌と相模原では、その気温差が20度もあります。
    Sapporo_odo
    横断歩道の白線がちゃんと見えるって大事ね。
     
     
    北海道中記を、ついーと抽出記事に変更。あとから見ると、当時のことを思い出せるから備忘録としてはいいカモ。ただ、コレ見ただけだと、何やってるかよく分からないね。もうちょい写真が必要か。TwitPicの画像って、いつまで残るんだろう?
    旅行時の詳細は、例によってまた後日に、やたらと長い文章を上げるつもり。読みたい人がいるかどうかは別として。っていうか、それを言ったら、そもそもこのブログ自体、読みたい人がどれだけいるかって話ですが。
     
    ちなみに、ついったー更新は、ほとんどW-03esから。使っているクライアントは「Azurea」→「WeatherCock」→「MZ3」。最初にAzureaを入れたんだけど、画像投稿と連携させるためにWeatherCockを追加。しかしこれがうまく起動せずにリセットかけなきゃいけない事態が頻発したので、最終的にMZ3単体使用に落ち着きます。ただ、その変遷は最終日までもつれ込むのでした。W-03esは、もう古くなったWindowsMobile5のマシンなので、最新のアプリだと中途半端に動いたり動かなかったりするのです。
    あとは、タグとか付けた方が良かったんだろうけど、どうやるのが良いかは、今後ちょっと考えないと。今回みたいな使い方をすることは、そうそうあるわけじゃないだろうけど。
     
    まぁ、気付いたらbotがついてたりとかしてたから、検索して少しでも状況を拾おうと思う人たちはいたのかもしれない。
     
     
    現地で撮った写真は、ほとんどがαによるRAWデータなので、現像するのに手間がかかってます。好きでやってるからいいんだけど。
     
    αレンズは、今回2本持っていってたんだけど、望遠ズームのコニカミノルタ製75-300mmは、全く使用しませんでした。使ったのは標準ズームのタムロン28-75mm。でも、雪像会場は思いのほか被写体距離が無く、雪像も大小様々だったので、もっと広角にふったレンズが必要でした。
    フィルムの時は28でよかったんだけど、APS-Cのデジカメでは画格が1.5倍になってしまうからなぁ。今までは建物とか撮るにしてもなんとかなったんだけど……昨年末に安く売ってた18mmクラスのを買っておくべきだった。
     
    F70EXRは、そういう点で大活躍。出がけにうっかりカバンに入れ忘れてたけど、思い出して取りに帰ってよかった。
     
    現地では記念写真の撮影を頼まれたりしたんだけど、中に富士のカメラ使いの方がいて、防水モデルのWPを使っていました。以前レビューでも見たけど、確かに、手袋の上からでも使いやすくて、ああいう場所ではいい感じ。ただ、防水防塵のタフネスモデルでアピールしている「雪上での使用」は、落っことしたりしない限り、普通のデジカメでも十分使える感じでした。それ以上に、白トビで雪像のディティールが無くなる方が心配。
     
    あと、次の機会には、HDクラスのムービーカメラを用意したい。手ぶれ補正が強烈なのは必須条件だ。
     
     
     
    それにしても、今回の旅では「あー、自分、もうかなりのボカロ好きになってんなー」と自覚せざるを得ない<何をいまさら
     
     
    というわけで、今年はボカロ系の作品を作ってみようかなと。この供給過多の時代に今更感が強いですが、作りたいから作る、という当たり前の心意気で。ただ、単に漫画描いたりだけとかいうのいまひとつしっくりこないし、曲用意してCD作るだけってのも違う感じ。やっぱ「Project DIVA」の映像に惚れたのが始まりなので、映像と立体物主体でやっていきたいなーと。なので、始めるにしても今夏以降だと思う。
     
    まぁ、とにかくPCソフトのミクさんを買ってこないことには、話が始まらないワケですが。今の状態では、トロステで曲を発表したクロにも負けている。
     
     
     
    さて、ティアの原稿を進めよう。
    こっちも忘れてないよー。ちゃんと描くよー。

    | | コメント (0)

    2010年2月 6日 (土)

    utsugi3 北海道中記(抽出ログ版)

    以下、北海道旅行の際のついーと過去ログです。
    下から読んでね。

    続きを読む "utsugi3 北海道中記(抽出ログ版)"

    | | コメント (0)

    2010年2月 4日 (木)

    6th

    会社から個人のBlog見るときゃ、画像表示OFFのほうがいいよね。僕自身は、参考になりそうな記事が見つかったとしても、さすがに個人サイトとかは見たりしません。
    知人のサイトとか、論外。

    あと、Web上の口コミによるリサーチは、今でもあまり効果的ではないと思う。
    ネット上の声というのは、今も昔も、恣意的だ。

    Xactiが中途半端に感じるのは、スナップ用途にしては、オートですべてまかなえない割りに設定項目が散逸だと思うから。
    F80EXRが発表されても70で問題ないと思うのは、CCDのサイズが変わってないから。
     
     
     
    悠久の車輪がカード追加でバージョンアップ。相模大野の宝島は、このままOfflineで通すのだろうか?
    とりあえず、今週~来週は忙しいので、たぶんプレイはできないでしょう。そして、その間に壊れデッキが確立するでしょう。

    しかし、ここにきて車輪は、新規ユーザー獲得への小細工を始めているのはなんでだ?いや、営業努力するのはいいんだが、どれも今更感と低予算の付け焼刃感が強いのがなんとも。
    公式サイトに上がったチュートリアルコミック見たけど、あんな現状を反映していない同人漫画、誰が喜ぶんだ?「○さん、公式認定おめでとうございます!」とかで盛り上がってたりするのか?

    とりあえず、丸2年を経て、ようやくシステム周りが「正式稼働開始」になってきた印象。2年前の先行稼働時からこれなら、まだプレイヤーを引きとめていただろうに。3Dモデリングのガッカリ感は別として。

    カード追加によるゲーム性の綻びは、TAITOなら仕方がない。アクエリに比べれば、これでも圧倒的に良いのだから。
    厨デッキ相手でも、相手が下手なら、まだなんとか戦える。
     
     
    そんな中、BB.NETが、まさかのPCサイト開始。
    いっちょ始めてみますかねー。
     
     
    あー、一ヶ月以内で会う人は、北海道土産買ってくるのでメールでもよこしとけー。

    | | コメント (0)

    2010年2月 3日 (水)

    薄利多機種

    昨日言ってたトロステの映像ってのは、こんなの。

    _0294

     
    実際、この時点で結構恥ずかしいんだけど。
    町中でラブプラスやれる人たちには分からないかもしれないが。

    まぁ、最後のくだりで出てきたから、登場時間短いのかなーと思っていたら――
     
     
     
    _0295


     
    これですわ。
    そら、慌てて電源切ろうとするっちゅーねん。
    電車内でねねさんのキス顔映してても平気な人たちには分からないかもしれないが。

    満員電車だったから片手で支えてる状態で電源を切るのは難しく、とっさにスクリーンショットをとってグレイ表示にした状態で待機しました。
     
     
     
    今朝にはすっかり雪解け。まぁ、長いこと残られても、面倒ではあるのだけど、これでは北海道の予行演習にならない。
    と思っていたら、夜中にまさかの降雪。なかなかやるじゃないか、2010年。
     
     
    Bestで出たPSP版アイマス、買おうかなと思っていたんだけど、DLCのあまりの量の多さに躊躇する。
    ま、DLC買わなきゃいいじゃんって話なんですが、ただでさえ3分割されてるのに、アイドラも追加楽曲も入れなかったら、内容スカスカなんじゃないかと思えてしまうのよね。L4Uの中身の無さは驚愕モノだったので。

    しかし、アイマスやテイルズといったNBGI作品のDLCの多さは、ちょっと引くレベル。360版アイマスがうまくいったからといって、なんでもかんでもやりゃーいいてモンじゃないだろうに。
    バンダイだけならさもありなんって感じだけど、ナムコが入ってこれじゃなぁ。コナミじゃあるまいし。

    ま、じきに、不要なサービスは淘汰されていくか。
    実際、バンダイの中身も淘汰され始めたし。
     
     
    CESでの家電メーカーに続き、カメラメーカー各社からデジカメの新機種発表が。
    カメラ買ったばかりなのに、失敗した――と思うような機種は出てきていない。

    驚くべきは、ついにオリンパスもSDカードに変えてきたということ。まぁ、必然ではあるのだろうけど、SONYがSD「も」使える仕様にしたのに対し、オリンパスは、それまでmicroSDHCのアダプターをつけていたのを、完全にSDのみに。
    長らく続いていた「CFの次」のメモリ競争は、ようやくSDで統一されるのかな。メモステはテラバイト規格を作ったから、最後までやるかもしれないけど。
     
    ニコンの薄型広角10倍機は惹かれるけど、ニコンのコンパクトって、なんかパッとしないんだよね。特徴が薄い。
    リコーは画作りが好みではないのでパス。
    富士は、これまでの隙間を埋めるラインナップだし、オリンパスは、コンパクトよりもマイクロフォーサーズの拡充に力が入っている感じ。
     
    F70EXRが気に入ってきたので、とうぶん買い換えるつもりはないけど、ここしばらくのコンパクトデジカメにあった「どれも同じ」感は減ってきたかなーという印象。これからの、さらなる飛躍に期待。
    あとは、もうちょっと音が録れると、ムービーデジカメとして使えるんだけどなぁ。そこだけは、どうにも進化しない。

    ま、「カメラ」と「ビデオカメラ」は、一緒にしない方がいいのかもしれないけどね。
    Xactiの中途半端感がどんどん上がっていくのを見てると、そう思います。

    | | コメント (0)

    2010年2月 2日 (火)

    再編成

    降雪の割に、朝の小田急は平和でした。何もない時は、平気で5分とか遅れるのに。
     
     
    出勤電車の中で、今週分のトロステを見ていたんですが、アルトネリコ3の回で、突然キタエリキャラが脱ぎ出して大慌て。まさか1段階目を軽くすっ飛ばして脱ぐとは……。
    こういう不意打ちは寿命が縮むので勘弁。まぁ、アニゲ紹介番組へと移行した週間トロステのクロパワーを甘く見てはいけないということか。気をつけなければ。
    それにしても、ヒロインがゴマちゃんとキタエリってのは……濃いよなぁ……。

    次週のお題は刀語。さすがアニプレックス。

    西尾維新といえば、めだかボックスは、あんな状態になっても、まだ続くんだろうか。
    ぬらりひょんとか、最近ではリリエンタールもそうなってきたけど、ホント、ジャンプでは超人バトルにしないと続けられないのね。みんな、ドラえもんを描こうとしてドラゴンボールになる。DBを超人バトルの代表にするのは異論があるだろうけど。
    まぁ、ターゲット層がローティーンだから、毎年読者が刷新するので、3年周期で新しいタイトルがあればいいんだろうけど。卒業のタイミングを逃した社会人読者の説教なんて考慮する必要はないし。

    あの決められた方法論の枠内でおもしろいものを書くってのは、かなり大変だろうなーと思います。それができてこその職業作家。
    か?
     
     
     
    相模大野の宝島、結局旧店舗は閉店になってました。
    それはいいのだけど、最後、大量に入ってきたビデオゲームが、まさかひとつも新店舗にまわらずに消えるとはガッカリです。誰もやらないのかなぁ。
    そして、CROSSが3台に減り、BBが4台構成に。将棋まで入荷して、なんだかオールスターな状況になってきました。
    そして、まさかの車輪残留。これを残すのか……。
     
     
    宝島相模大野店の明日はどっちだ?

    | | コメント (0)

    2010年2月 1日 (月)

    如月

    予告通りの雪。というかみぞれ。
    明日の小田急はとんでもないダイヤになっていそうだ。
     
     
    自転車のタイヤがパンクしました。実は先週にもパンクしていて、その修理をお願いしたときに「もうタイヤがすり減っているので、次にパンクしたときはタイヤ交換をした方がいいかもしれません」と言われていたので、今度自転車屋さんに持って行こうと思ってます。
    ただ、タイヤ交換って、かなり高いのよね。これは、自分で買ってきて交換しても、そんなに値段が変わらないので、素直にお店に頼もうと思ってます。
    会社に着いた後ダメになったので、しばらく駐輪場でお留守番。明日は別所にお出かけなので、出すのは水曜。
     
    今の自転車に乗ってから、まだ1年たってないんだけど、距離的には相当なものになっているので、まぁしょうがないかなーと思います。一日の往復が約30kmで、1ヶ月20日就業として600km。休日もたいがい長距離走ってるから、+150kmくらいとして、月にだいたい750km。1ヶ月半で1万メートルを超えるわけだから、そら、タイヤもすり減るわな。

    しかし、今回は、走ってる最中にパンクしなくてよかった。下り坂でパンクとかしたら、命に関わるからね。
    昔、山から下りてる最中、トンネルでうっかり石を踏んづけてしまい、そのままパンクして危うく飛んでいきそうになったことがあります。
    幸い、ちゃんと止まれたのでよかった。さらに、そのすぐ近くにはコンビニがあり、さらにそう遠くないところに駅があったので、自転車担いで帰ることができました。

    人生、ワンミスでリトライきかないから、気をつけないとね。スペランカー先生のように、何度も死ねない。
     
     
    Blogのサイドについったーの表示を入れました。でも、リロードしないと新着読み込まないから、イマイチかなぁ。オートでリロードする物に変えようか。
    ま、基本的には、考えをまとめてしゃべる方がいいと思ってます。やっぱりついったーは、特別なときの実況に使うのがいいんじゃないかな。
    僕にとってはね。

    | | コメント (0)

    « 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »