« 未定 | トップページ | しょーしつ »

2010年2月17日 (水)

平行四辺形

前々からおかしいと思っていたが、やたらとぐぐるが新着記事を拾っていくのはココログの設定だったのか。とりあえずこれで、ブログサーチがむやみに記事を引っ張っていくことは無くなる――と思いたい。
 
ココログは、バージョンアップのたびに余計な設定項目が増え、しかもそれをデフォルトでONにしやがるから困る。大手のサービスとして、あまり良いやり方とは言えないと思う。だから富士通は嫌いなんだ。
それでもニフティを使っているのは、メールアドレスが変わった後に生じる問題の処理が多すぎるから。ニフティの前に使ったプロバイダが潰れた時は、かなり大変だったし、そこで切れた連絡先も数多い。
 
 
 
2年近く持っていたpixivアカウントを削除。結局、僕には使い道がありませんでした。
 
pixiv上だけで公開している人の絵は見られなくなるけど、そもそも全く閲覧する気がないので、あまり影響が無い。僕がpixiv上にだけ上げていた絵も消去。
じゃ、何で登録してたのかといえば、どういうサービスか知りたかったから。登録者数が増えているというけど、何が面白いんだろう?と思って入ってみたものの、単に絵が置かれてるだけか……となったのでした。交流とかコラボとかも行われているけど、「pixivならでは」ってのは感じなかったし、今後の展開も、特に興味がわかない。
今、ついったーがまさに「何が面白いんだろう?」という状況でやってるところだけど、こっちはRSSの代わりに情報収集手段として実用的に使えるっぽいので、面白さとは別のところでそのまま使い続けそう。
 
 
僕にとってインターネットは、情報の送受信の場でありコミュニケーションをとる場でもあるけれど、ネット上に構築されたコミュニティは、僕の肌に合わないことが多い。
それはたぶん、ホストとゲストが明確でないからではないかと思う。リアルでそれは必ずしも必要ないし、明確化しないでも自然発生するものであると思うけれど、ネットでそれは重要である印象。
 
 
僕は、ネット上において「暗黙の了解」は成り立たないと感じています。そこに「場の空気」は存在しないし、それぞれ個人の常識が、公約数も取らずに、そのまま無秩序にあるだけ。会話が行われているように見えて、しかしその言葉は、発信した自身にしか向かっていない。
 
 
ネットのSNS内のみの関係を「友達」と表現できる人たちの感覚を、僕はちょっと調べていくべきだなーと思う。その感覚を身につけたいわけではなく、そこで僕が会話をしているという現状を認識しなきゃいけないから。
しかし、「言葉」を、みんなが同じ意図で使用しているという錯覚は、永遠になくならないだろうなーと思う。会話がテキストベースになることで、誤解は増すばかりだ。

|

« 未定 | トップページ | しょーしつ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 未定 | トップページ | しょーしつ »