« エンタメ格差 | トップページ | 製造原価 »

2010年2月25日 (木)

ロケーション

先日お披露目されたミュージックガンガンの曲増量版、どうやらロケテを行うらしい。結果からシステム調整をするとは思えないので、ロケテっつーか、単なる営業じゃないか?開催店舗も、タイトーじゃなくて川崎のヒーローズベースだし。

そういえば、AOU版ではトリガー入れっぱなしで連射する仕様になっていたんだけど、あれは本稼働時もデフォルトになるんだろうか?あれならチャンスタイムは、ほぼ間違いなくパーフェクトとれると思うんだけど。今だと、トリガーを延々弾き続けるのはツライ。
そして、新曲としてnamco曲を入れてくる様子。そもそもTAITO作品は映像化されているものがほとんどないので、自社コンテンツで音ゲーの曲を賄うのが困難なのだけど。サイキックフォースの曲を追加したところで、どうなるものでもないだろう。

結果として、収録曲が太鼓とほとんど変わらなくなるのは、ゲームの性格上しかたがないと思うけど、あんまり同じ過ぎるのは芸が無い。あと、その追加でアイマス曲を入れるのは、本来のターゲットからは離れると思うし、映像の演出強化が無いなら、プレイヤーはあまり選曲しないと思う。うるさいゲーセンでGMWを千早に歌われても、あまり聞こえないだろうし。

とにかく、プレイできるお店が、関東ですら数えるほどという現状ではどうにもならない。今は「先行稼働」くらいの規模しかない。それにしたって、自社店舗に全然入れてないというのもヒドイ。

ロケテで少しでも話題に上ればいいんだけど、TAITO製品のは、ひっそりと行われて誰もプレイしていない時間も少なくなかったりするのがね。町田であったサイダイのロケテも、全然人がいなかったし。そりゃ、あんなゲームにもなるわ。期待してたのに。
 
 
そして、ロケテをしないバージョンアップでどんどんグダグダになっていく悠久の車輪。次のイベント戦は、特殊称号が100位までもらえる様子。これでしばらく稼げるだろうが、その称号がヒドイ。ギャグのつもりならあまり面白くないし、本気だったら痛すぎる。まぁ、アルカディア主催だから仕方ないけど。

今回もちょろっとやってみるつもりだし、そろそろ順位を復活させておこうかと思っているけど、ホントにこのまま次Ver.まで無調整で行くつもりなんだろうか?ロケテから本稼働への修正はかなり良かったと思うのだけど、その後は、とてもテストプレイをしているようには見えない。
ただ、ここまでのVer.UP直前で公開される開発のデモプレイ動画を見てきた限り、彼らの中では十分調整できていて、お手軽強カードデッキについては、上手い人たちが使っているから強いんだという認識なんだろう。

まぁ、1年先行したAAAが、去年の今頃は、もう稼働店舗が20くらいしか残ってなかったことを考えれば、TAITOの中では、オリジナルでよくぞここまで頑張った!という評価なのかもしれない。
AAA最後のイベント戦の結果を見ると分かるけど、正式稼働から1年半後で、すでにプレイヤーが200人を切ってたんだよね。サブカを除けば100人切るくらいじゃなかろうか。これより下のゲームは、いくらアーケードが厳しいからと言って、そうそう出てくるものではないと思う。

稼働中期以降で、横浜のとあるお店が熱心に店舗イベントをしていたけど、使用禁止カードとか使っちゃいけない組み合わせとか、ルールがすごい細かくてビックリでした。
そうでもしないと、先にハメたモン勝ちというゲームになっていたからね……。
 
 
最近の社長の言動からすれば、アトラスと同じように自社開発から完全撤退して、逆にnamcoの店をいくつか買い取って店舗経営だけをする会社になりかねないのだけど、さてどうなるか。
日本じゃこんな感じだけど、海外のゲーセン事情ってどうなんだろう?海外のゲーセンって、怖くて入ったことないんだよね。
USAならまだしも、アジアの各国で、わざわざコインを入れてゲームをする光景は、ちょっと想像がつかないです。

|

« エンタメ格差 | トップページ | 製造原価 »

ゲーセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンタメ格差 | トップページ | 製造原価 »