« 去る | トップページ | 雛 »

2010年3月 2日 (火)

見えてる先のこと

今週はあまり天気が良くない様子。春は、まだもうちょっとおあずけらしい。
 
 
昨日からPS3で問題が発生したというニュースを読んで、3/1ってことからうるう年の認識間違いなんだろうなーと思っていたら、ホントにその通りでビックリ。何やってんだか……と思うけど、意外とこの手のバグは、よく出るのよね。
ほとんどは、OSとかを作ってる部分じゃなくて、デバイスメーカーから提供されたコードが問題だったりするので、SCEがうっかりヘタなモノつかまされたって感じなんだろう。新型が影響を受けてないことからも、そうなんじゃないかと思う。
ただ、PS3は台数がケタ違いだし、全世界同時多発になるうえ、使っているのが技術的に素人な層だから、問題の規模がデカ過ぎる。懐かしの2000年問題みたいなものが現実に起きたら、こんな感じだったんだろうか。
 
SCEがどうやっているかは知らないけど、開発環境と実機が必ずしも一致しないのが、機器がコンピュータ化してからの一番の問題だと思う。
 
 
 
ナプスタージャパンの楽曲DLサービスが、この春で終了するんだそうな。定額聴き放題とかいろいろ挑戦していたけれど、結局日本ではダメだったということか。
本国のサービス提供方針の転換に合わせて日本の権利処理を変更すると採算がとれないから撤退するということなんだそうだけど、早い話が、日本で音楽を売るにはカネがかかり過ぎるってことだ。CDアルバム1枚の値段が、USAやUKのそれより2倍くらい高くなっているのが現実だから、さもありなんという感じだけど。
 
結局日本で生き残っているのは、携帯電話向けサービスを除けば、全世界規模の展開をバックに強引にサービスをねじ込んだiTunesと、そのiTunesに対抗しないといけないという使命を持つmoraくらいか。他にも、小さいところや、インディーズ中心のほぼ無料配信サイトとかもあるけれど、地方の小さなレコードショップ程度の規模しかない。それはそれでいいところもあるけれど、「市場」という見方をすれば、無視できる規模だ。
 
「音楽が売れなくなっている」と言うけれど、はたから見れば、売る気が無いとしか思えない。相対的に、絶対数の固定客がいるジャニ系やアニメゲーム系の楽曲が売れたように見えるのは当然だ。そりゃ、ジャニーズのユニットがディスク大賞で10部門も賞をとるのも頷ける。
 
簡単に予測できて、結果もその通り出てるのに、その対策が「著作権料のとれる範囲を増やす」ってんだから、利権者の頭の悪さは筋金入りだ。
 
 
 
ミクの日ライブまであと1週間。物販のリストが上がってきたのを見たけど、結構イロイロ買っちゃいそうで危険。しかし、会場のイベントでは、アーケード版や追加コンテンツの試遊台も出るようなんだけど、ZEPPの会場だけでそれをまかなえるのか、はなはだ疑問。
ジョイポリスがもうちょいSEGAゲーセンの形態を維持していれば、そこでいろいろできたと思うんだけど、そっちでは、ライブ中継をやる様子。観覧料はかかるようだけど、グッズを買う予定がある人は、こっちのパブリックスペースで見た方が盛り上がれると思う。ニコ生で回線を心配しながら見るよりはいいんじゃないかと。
 
去年COASTでやったライブと違い、ミュージシャンではなくキャラクターがメインのライブというのが、いったいどういった結果になるか興味深いところです。
 
もしSNKが生きていれば、あるいはBOFは、これ以上の所まで来れたんだろうか?逆に、人形に歌わせるのが続いていたとしたら、映像でキャラクターに歌わせるのは、難しかったかもしれない。人が演っても偶像になるし、実態が無いものがステージに現われても、それは現実だ。
 
 
全ては、見る人がどうとらえるか次第。細かく書き込まれた絵や、よくできたキャラクターフィギュアを「リアル」と表現する日本人に、2次元だの3次元だのは、それほど意味のある分類ではないし、それは現実と虚構の区別が付いていないということではない。
 
たかだか100年くらい前の明治の文章ですら、今の日本人には読むのが困難であるほど、人の表現と認識は変わっているというのに、近年、これだけ大掛かりに表現技術が変わっているのに、その認識の仕方が旧態然のままだというなら、その旧式な文化人が食えなくなるのは、当たりまえのことでしょ。

|

« 去る | トップページ | 雛 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 去る | トップページ | 雛 »