« 箇条雑記 | トップページ | 共有主義 »

2010年3月28日 (日)

続くこと 続けること 終われないこと

いや、まさか自演乙が優勝するとはね。
いろいろ風当たりは強そうにも思うけど、全力で生きている人はいいなと思う。
 
 
 
「レスキューファイアー」が終了。「リュウケンドー」はいまひとつこなかったけど、レスキュー2作品は、まぁまぁ。ただ、今の東映2作品と比べると、着ぐるみのショボさが際立っていた。
これでまた特撮作品が減るのか。まぁ、需要ないしなぁ。
 
 
しかし、最近の日曜のテレ朝タイムは、さすがにちょっとバンダイ余裕なさすぎじゃないか?と心配に。セガバンダイが発表されたあとのメガレンジャー1話目もあからさま過ぎじゃないか?と思ったんだけど、ゴセイジャーのそのまんま加減は、そんなの比じゃない。
それは、今期の戦隊モノを、うっかり「ダイスオー」と言ってしまうくらい。
バトスピも、今回はいけるかなーと思ってたんだけど、徐々に迷走している感じだし。前作からそうだったんだけど、劇中のカードバトルが、なんかいまひとつすっきりしない結果になって、勝った方が強く見えないんだよね。
 
あと、最近のバンダイは、流行に最後発で乗ってくる印象。
昔、会社の企画担当者が「CMで使われたら、その音楽ジャンルの流行の最後」と言っていたことを思い出します。CMってのは、広く流行が浸透して安全が確認できてから使われるそうなので、CMで使われるころには流行が終わりを迎えるころなんだそうな。
もちろん、そのままロングランで行くものもあるし、流行り廃りとは別の時限のものもあるから一概には言えないけど、「おもちゃの宣伝番組」という使命を持ったバンダイ提供番組が、どうも流行から一段も二段も遅れたツールを採用するのは、石橋を叩き過ぎなのかもね。
 
 
 
しかし、売れると分かったとたん、大量の関連グッズに加え、早くも次回作である「ラブプラス+」を用意するKONAMIの商魂は、なかなかたくましい。もはや数少ない、単独で生きている昭和の日本ゲーム会社だけど、その大きさに割りに軽いフットワークには驚く。ここが、カプセルコンピュータと大きく違うところだと思う。
ただ、残念なことに、僕の琴線には触れない。
 
 
 
日にちの決まったアイマスの5th Aniv.ライブ、今度は2 Daysという日程よりも、会場に驚く。幕張メッセは、確かに人多く詰め込めるけど、利便性が悪いので勘弁してほしい。
でもまぁ、今回も抽選には外れる気がします。
そういえば、バンダイは、音楽イベントの子会社も作ってたけど、たぶんアイマスにはタッチしないんだろうなぁ。コロムビアもどこぞの会社に買われたし、ファンの期待に反して、ジリ貧なのではないかと思わないでもない。
 
 
 
今日、本屋に寄ったときに、「ガイバー」の最新刊を見かけ、その帯に「25th」と書かれていて驚く。それだけ続いていて、まだ27巻って、あんまりじゃないか。確かに、掲載誌が終了したってのはあるけど。
キャプテンも、休刊してから10年以上経つけど、末期は「アルプス伝説」とか、「オタクの用心棒」とか好きだったなぁ。
「トライガン」は、キャプテンに載ってた頃の、ギャグアクションの方が好き。というか、マキシマムは、明確に、嫌い。何でSF愛好家に好きなようにやらせると、みんなモラトリアムな作品になっちゃうのかね?
 
 
 
「ひだまりスケッチ」の5巻を買う。今の芳文社4コマ大量生産は、アレだけ作品があるのに「女の子いっぱい」「ネット&オタク時事ネタ」をごった煮しただけで、あまり漫画として成立している作品が少ない。
そんな中、ひだまりは、数少ないきらら系の面白い漫画。アニメは好きになれなかったけど。
毎週諸葛瑾を楽しみにしていた頃が懐かしいね。そういえば、ねこも去年復活したんだっけか。
 
しかし、そろそろ芳文社も、絵だけじゃなくて作品を書ける人を引っ張ってこなきゃまずいだろと思うんだけど。
まぁキレイな絵面だけ置いときゃ何とかなるだろってのは、コレに限った話じゃないから変わらないか。ラノベって言う、もっと酷い荒野が、いまだに生き延びているくらいだし。
 
 
 
そんなこんなで、ここしばらくの昼休みの成果は、こんな感じ。
ニコ動に投稿って初めてやったので、、いまひとつ勝手が分かりませんでした。
 

|

« 箇条雑記 | トップページ | 共有主義 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 箇条雑記 | トップページ | 共有主義 »