« 引っ越し準備 | トップページ | 切り分け作業 »

2010年3月13日 (土)

シーピー ぷらす

自分の好きな作品が、AAブログ連中のトップに来てたりすると、やるせない気分になるよね。
毎度のことだけどさ。
 
 
 
そんなわけで、行ってきました、カメラの展示会。

Cpplus

今年から開催で、しかもパシフィコとと言うことでどうかなと思ってたんだけど、春商戦時期と言うこともあってか、結構にぎわっていました。
 
 
今回は、そんなに長いレビューとかはしません。正直、そんなにカメラに詳しい訳じゃないからね。
それに、どうしても自分の持ってるレンズシステムしか見なくなってしまうので、それほど全体を詳しく見ないのです。
あと、撮ってきたコンパニオンさんの写真は上げないよ。他の展示会の感想記事上げたときとかいつもそうなんだけど、ぐぐる経由で「イベント名+コンパニオン」で検索する人、多過ぎ。
 
 
さて、昼前に会場に着いて、真っ先に行ったのはSONYブース。で、α&サイバーショットの貸し出しをやっていたので借りようと思ったのだけど、写真入り身分証明書がないとダメと言われる。日本人がみんな免許所持ってると思ったら大間違いだっつーの。
しょんぼりしつつ、今度は、現行のαレンズを貸してくれるところがあったので、そこでいろいろ試しました。
 
で、20mmの単焦点レンズを試す。ゆき祭りの時にあったらいいなーと思ってたヤツね。
さすがに広いところを撮るには使いやすい。APS-Cだから、それでも35mmになるので、今時のコンパクトよりも若干使いにくいんだけど、1眼だとこのくらいでも良い感じ。単焦点だからか、フォーカスが合うのも早いし。
マクロではないヤツを試したけど、意外と近くのモノもきれいに取れて、背景のボケも自然でした。ただ、思ったほどの解像感はなかった。ま、これは会場が暗かったってのもあるけど。
他、超望遠とか、ネイチャーやモータースポーツでは使えそうだなーという感じ。愛知に行ったら、鈴鹿にはちょっと行ってみたいんだ。
 
参考までに、ウチにあるシステムはこんな感じ。
 
Ut_alpha

ボディ:α300
望遠レンズ 28 - 210mm F3.5 - 5.6 (Tokina)
単焦点マクロレンズ 50mm F3.5 (MINOLTA)
標準ズームレンズ 18 - 70mm F3.5 - 5.6 (KONICA MINOLTA)
望遠ズームレンズ 75 - 300mm F4.5 - 5.6 (KONICA MINOLTA)
単焦点マクロレンズ 90mm F2.8 (Tamron)
マクロズームレンズ 28 - 75mm F2.8 (Tamron)

レンズは買った時期順です。
マクロが多いのは、山とかで花を撮ることが多いから。広角側が少ないのは、自然は立ち位置を引ける場合が多いから。
最近は展示会とかで撮ることも多いので、今回試した20mmとか、10mm台の単焦点が、今一番欲しいところ。
 
今日は28-75mmのタムロンレンズだけを付けて持って行ったけど、単焦点の方が撮りやすいね。撮れる画が固定されるけど。
 
 
事前の発表のあったαの小型ボディも見てきたけど、やっぱり今のままじゃかっこ悪いなぁ。グリップの黒が合ってない。
シリコンモックを持った感じはすごく良かったけど、液晶ビューが稼働しないなら、いらない。でも、今後には期待しておこう。
 
 
その他いろいろ見てきたけど、全部略。書こうと思うと長くなるし、今、結構忙しいんだ。
 
 
とりあえず、今後もこのイベントは普通に続いていきそう。
カメラのメーカーとしては、パナが徐々に出てきた印象。まだ世界規模では弱小だろうけど。
あと、企業的な立ち位置が揺らぐPENTAXは、モノや展示会を見る限りでは、いつも元気なんだよなぁ。僕もαのレンズをここまで持っていなかったら、k-xは、UTさんイメージカラーであるオレンジを注文していたと思う。
 
 
ホント、カメラも一般的になってきたよね。誰でも気楽に使える道具になりました。まだ1眼レフカメラにはオタクなイメージもあるけれど、マイクロフォーサーズや、ミラーレスが増えてくると、そのイメージも消えていきそう。
 
カメラバッグもそうだけど、三脚にすらオシャレなモノが増えてきていたから、今後カメラは、もっとカジュアルな趣味になるんだろうなーと思いました。

|

« 引っ越し準備 | トップページ | 切り分け作業 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引っ越し準備 | トップページ | 切り分け作業 »