« ロケテ、行きたかったな… | トップページ | とある愛知のゲーセン事情(2) »

2010年4月23日 (金)

とある愛知のゲーセン事情(1)

これが4月下旬の気温なのか?
 
 
 
今日は仕事上がりで、夜中にひとっ走りして近場のゲーセン事情を確認。
 
以前友人から教えてもらったお店は、名古屋方面なので次回名古屋に行くときに確認するとして、今日は反対方向である刈谷市の大戦稼働店2店舗に行ってきました。
 
 
 
まず最初、「アミューズメントプラザ マルシン」は、同じ名前のパチスロとバッティングセンタと並んだ、分かりやすいゲームセンター。バッティングセンターが異様に混んでいて驚いたけど、もっと驚いたのは、この名前に反してSEGAの系列店だったこと。この「外からSEGAに見えない」作りは、厚木のパームトップスをはるかに超える。
 
置いているゲームは、最近のSEGAでは一般的で、大戦も普通の料金体系。バッティングセンターやパチスロ経由の学生やヤンキーが多かったので、客層はあまり良くない。
 
もう少しビデオゲームが多かったら良かったんだけど……。自転車で20分くらいと、駐屯地から一番近いSEGA直営なのだけど、それほど特徴もないので、わざわざここまで来る理由はないかなぁ。DIVAも入らないだろうし、同じSEGAなら金山の方に行った方がよさそう。
 
 
 
次に行ったのは「M’S PARK刈谷店」。こちらは、格ゲーがちょっとあった意外は、ほぼ全てオンラインゲームのお店。狭い店内に、所狭しと台が置いてあります。
 
大戦は1時間¥500の時間貸しがあったけど、平日のみで、4台中2台しか対応していないということで、こちらも今ひとつ。そもそも、カードの揃ってない僕には、排出無しのサービスは、あまり嬉しくない。
 
それ以上に酷かったのは、客の民度の低さ。そこかしこで台バン&奇声&大声。相当ヒドイ。
と言っても、ここまでちょろっと寄っただけの中で判断するのは早計としても、どうも愛知は全体的にゲーセン客のマナーが悪い。騒ぎすぎ。
交通マナーもどうかと思うしなぁ……今のところ、名古屋の人の印象はよろしくありません。
 
というわけで、ここも、あえてくるほどのトコロじゃないなーという結論に。
結果、あえて刈谷まで来るよりも、素直にレジャラン他、名古屋方面へ行くべき、と言うことに。
 
 
 
他、帰りに「アミューズメントメビウス」というお店にも寄ってみたけど、なんだか空きスペースが多くて、「昔は賑わっていたけど…」みたいな寂しいお店でした。
 
 
無駄足にはなったけど、休日に勢い勇んで出かけてしょんぼり帰ってくるより、よっぽどいい。愛知はやっぱり名古屋メインで考えた方が良さそうだ。
さらに足を伸ばして安城まで行くというのもあるけど、駅周辺の、ゲーセン以外のお店事情を考えると、そこまでのメリットはないか。この辺、僕にとっては、Project DIVAがどこまで入荷されるかにかかってます。安城にもSEGA直営店があるんだけど、あまり大きいわけではなさそう。
そしてそれ以上に、常連客の民度が気になるトコロ。今時ゲーセンが「不良のたまり場」なんて無いだろ……と思っていたけど、地方ではまだまだ、そのイメージも健在なのかもしれない。
 
 
 
そんなこんなで、ミクフィギュアを取ろうとして散在しただけで終わったのでした。結局取れなかったし。
あの「宮川武版 ミク」は、非常にデキがよいとは思うけど、僕のミクのイメージとは、結構違う。まぁ、ミク自体、絵描きさんの数だけ実体があると言っても過言ではないくらい、千差万別だけど。
僕のミクのイメージは「Project DIVA」なので、あの、可愛くて、だけどやや無機質な感じじゃないと、普通にカワイイだけだとなんか違うのよね。その点、過去のSEGAプライズ2作品は、かなりイメージに近い。
 
ついにPS3版のドリーミーシアターのHPもできたし、SEGAも、まさか初音ミクにここまで関わることになるとは思っていなかっただろう。SEGAの2010年度AC部門の稼ぎ頭がVocaloidになる日は目前だ。

|

« ロケテ、行きたかったな… | トップページ | とある愛知のゲーセン事情(2) »

ゲーセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロケテ、行きたかったな… | トップページ | とある愛知のゲーセン事情(2) »