« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月30日 (金)

ひとつき

実はワンフェスに申し込んでみていたのだけど、版権申請書をウチに置いたままだったので出せず、書類不備のまま出すことに……まぁ、どうなるものでもなかったけれど……。
一応、明日追加で連絡を入れよう。ワンフェスはその辺厳しいので、もうどうにもならないだろうけど。
 
 
というわけで、愛知に行って一ヶ月。
今日再び神奈川に戻ってきました。
 
それは良いのだけど、いろいろなことが重なって、後一ヶ月を¥10kで過ごさねばならないことに。
最近、ピンチしかない。
 
 
目前まで迫ったティアは、未だノープランです。データの入ったHDDを愛知に置いてきてしまい、ストックも何もあったもんじゃありません。
いや、もう……ホントごめんなさい。

| | コメント (0)

2010年4月27日 (火)

仕分ける価値基準

そもそも、戦後50年を過ぎた今でも、治外法権の土地があちこちにあるのが問題なのだ。こんなに他国からの軍事介入に寛容な国は、他にはちょっと見あたらない。
その中で沖縄は、一番、基地を利益に換えてきた街だったはずだが、いつの間にか被害者になっている。「沖縄だけに基地負担を負わせるな!」という県民集会の叫びを聞くたびに、テメェらだけ被害者ヅラしてんじゃねーよと、基地の街で育った自分なんかは思うのです。TVの音量を最大に上げても聞こえなくなるほどの騒音を受けてるのは、オマエらだけじゃない。
 


ProjectDIVA同梱の、ミク版PSPが出るそうな。ヤバイ、欲しい。っていうか、SEGAはPSP同梱版って初じゃない?
――ま、そんなに本体持っててもしょうがないのでアレだけど、同時に出る、アクセサリーセットは買ってしまうかも。前回の時は、あっという間になくなってたなぁ。DIVA自体も、しばらく品薄だったし。予約してなかったから、危うく買えないところだったけど、なんとか当日お店に間に合ったので、特典のDVDも貰えて良かったのよね。というか、そのDVDが、結構今でも何回も見返すくらい、気に入ってたりします。
2ndもソフではDVDが付くようなので、ちょいと楽しみ。名古屋のソフマップ、かなり広いので驚きました。
 
オリジナルデザインPSPだと、もうすぐMGSの新作が出るね。前作は面白かったけど、世界が熱中するほどか?と、ちょっと疑問。
KONAMIもブランドイメージを重視する会社だけど、そのわりに自社名を間違えたりするから侮れない。
ちなみに、ウチにある初代PSPは、MGS Portable OPS同梱の迷彩柄のヤツです。
 
 
僕は自分ではそんなにゲーマーだとは思っていないのだけど、この歳でゲームをしている時点で、立派なゲーマーなのよね。まぁ、ビデオゲームも娯楽としては一般的なモノになっては来たけど。
ただ、「ゲーム」という言葉からイメージするものは、人によって結構違います。アクションだったりパズルだったりというジャンルの違いもあるし、キャラものか無機質なものかといったグラフィック面での違いもあるし、携帯ゲーム機なのか据え置きなのか、はたまたPCなのかアーケードなのかといったプラットフォームによっても大きく違います。
複数で対戦するのか、一人でじっくりやるものなのかによっても、イメージは大きく変わるしね。
 
ただ、未だに悪者にされることが多いのは寂しい限り。アニメもゲームも、表現力は非常に高いのに、小説や音楽よりも下の文化に見られがち。
 
それは結局、自称文化人達の反商業主義から来るものだろうと思う。「芸術」なんてものを格上として認識すること自体ナンセンスなのだといい加減気付けと思うけど、「文化」というのが、ひどく特別なものであると思う人たちにとっては、そこは譲れないことなのだろう。
 
僕は、作品とか、その積み上げである文化ってのは、常に使い捨てでいいと思ってます。その時々で流行り廃りはあるし、廃れたモンを無理矢理守る必要なんかはないと思う。良い物が、いつまでも良い物であり続けるわけではない。
価値観は、常に変化する。だから、大昔の娯楽作である浮世絵やら歌舞伎やらが、いつの間にか伝統芸術扱いになる。
 
 
価値観を決めるのは自分自身のハズなのに、結局、作品の評価を下すのは、一部の評論家と多くの消費者だ。特に今は、ただ一つの勝ち馬に乗るために、皆必死に一方方向を向きたがる。
極端に言えば、「芸術」なんてのは存在しない。「アーティスト」なんてのは、実に消費者を馬鹿にした名称だと思う。上から目線もいいトコだ。

インターネットの台頭で、広告収入をベースにした、いろんな無料サービスが増えてきて、ものの価値観がだいぶ変わってきた。
けど結局、全てのモノは「自分に必要か否か」で価値が決まる。それは、今も昔も、そしてこれからも代わらないと思う。変わるのは「今の自分に必要なモノ」だ。それさえしっかり見えていれば、あとは何が起きても、きちんと判断できるハズなんだ。

| | コメント (0)

2010年4月26日 (月)

必死

司馬懿サザビーが、普通にしゃべっている…だと…!?
まぁ、取説漫画版のサザビーが頭悪すぎるだけではあるのだけど、僕の中ではアレが基本なので、まだアニメ版の三国伝には違和感が。あと、やっぱり、群衆の描写が少なすぎる。宮中にも、曹操の陣中にも、人が全然いない。
でも、呂布と貂蝉がイイ感じだったのでよしとしよう。というか、あの世界にも”字”あるのね。
 
三国伝は、BB戦士準拠のムックが出たり、シリーズ開始から3年を経て、ようやく軌道に乗ってきた感じ。今までも結構露出多かったと思うんだけど、意外に長かったなぁ。のわりには、満を持して出したアニメが、今ひとつ低予算なのが気になるけど。
今回のBB戦士はかなりデキが良いので、僕もそこそこ買っているのだけど、作る時間が全くありません。細かいバリエーションが多いのが何とも言えないけど、単価は安いので、許容できるレベル。まぁ、まさかまたパッケージ違いで三兄弟を復刻させるとは思わなかったけど。
 
最近のバンダイの必死さは、何だか痛々しい。
 
 
 
Apple製品の、量販店におけるネット通販が終了というニュースを聞いて唖然とする。先日の、AdobeによるiPhoneへのFlash開発打ち切りもどうかと思ったけど、今回のは、さすがに法に訴えてもいいレベルだと思う。とても自由経済の競争原理が機能しているとは思えない。
 
そこまでして市場におけるブランド製を高めることにどれだけの意味があるのか疑問。そうまでしないと優位性を保てない程度のモノしか作ってないとも言えるけど、まぁ、今は市場がAppleに味方しているので、不満は大きくならないだろう。「Appleストアで買えよ」と言われるだけだ。
 
逆に、そこまで強引にできる力が、いつまで続くのか興味のあるところ。さすがに、Appleの後を追う企業は現れないと思うけど。ブランド志向の強いSONYですら、そこまではしていないし。というか、日本企業は直販に消極的だったしね。
 
 
 
ようやく東北のほうでも桜の開花宣言が出たようだけど、なかなか気温は落ち着かない感じ。今年は初っぱなから変な天候だ。
明日からこっちは雨らしいんだけど、微妙に関東とは天気がズレているので、なんだかんだで結構遠いところにいるんだなーと、あらためて思うのでした。

| | コメント (0)

2010年4月25日 (日)

とある愛知のゲーセン事情(2)

ゴセイジャーのバンダイ臭がハンパ無い。おもちゃを売るための作品が悪いわけではないけど、アレはやり過ぎだ。特に、何の努力も無しに次から次へと支給される武器&ロボット群。子供向け作品で、努力をしないでモノで解決するのを見せていくのはイカンだろー。
合体ロボット、多すぎて頭が翼に付いてるだけとか、ホント、あからさますぎて引くレベル。
 
Wは、Xになって、こちらも武器依存に。まぁ、作品自体は面白いから良いけど。
でも「ダブル」で「エックス」だと、打ち切りの危険が……。
 
 
 
そんな週末、買い物ついでに名古屋近郊のゲーセンをちょこっと巡ってきました。
――いや、確かに、そんな余裕はないんだけどさ……。
昔の人は言いました。
 
「それはそれ、これはこれ」
 
 
……ティア以外で締め切りの迫った案件があるんだけど、そもそも名古屋移動でできる状況ではないので、ちょっと締め切りに融通きかないか相談してみるつもり。
 
 
 
そんな中、とりあえず向かったのは、栄にある「キングジョイ」というお店。
パチスロ屋の2F,3Fにあって、結構広い場所に、結構な数のゲームが置いてあります。「ミュージックガンガン」、久々に見たよ。しかも、人がプレイしてるのを見たのは、アミューズメントエキスポ以来だ。
ここは毎月何かしらのゲーム大会をやっていて、人も多く、賑わっていました。大戦も¥100で2クレジット。多すぎてできなかったけど。車輪も、久々に人で埋まっている光景を見ました。
ただ、ビデオゲームは格ゲーが多く、その他は少なめ。明後日から29日まで、KOFの次のヤツのロケテをするらしい。前作があまりに酷かったけど、今年も出すのか、KOF。前のは、一回ポリゴンで作ったモノを、レンダリングで2Dに変換するということをやっていたけど、次はどうなるんだろう?「マキシマムインパクト」のシリーズも、一部では「キレイで速い」とかいうことを言ってる人もいたけど、あんなの、一度レンダリングしたモノをテクスチャ化して貼ってるだけの、ただのローポリゲームだしなぁ……。ホント、旧SNKグラッフィックの技術力の低さには呆れる。
それはともかく、キングジョイの難点は、プライズ系が少ないところ。でも、全体的に小綺麗でまとまっている良い店舗でした。
 
 
次に行ったのは、「アーバンスクエア大須店」。前に一度来たのだけど、「ビデオゲームもあるはず」という話を聞いて、再度確認。この店舗、ビルのテナントとして入っているのだけど、そのビル自体が、2棟に分断されていて、前回来たときとは反対の方にビデオゲームが大量にあったのでした。抜かった、見過ごした。
しかも、そのビデオゲームコーナーが、結構充実。相模大野のSEGAから撤去されて悲しかった「ぐわんげ」が置いてあるし、大好きなエスブレイドもある。そして、「トラブル☆ウィッチーズAC」が稼働しているところ、初めて見たよ。
アイマスも6台とかあって無駄に充実しているし、かなりレベルの高いお店でした。こっちは、キッズ系のカードゲームもプライズも、かなり充実している。ただ、クレジット系のサービスが全くないのが難点。
あと、馬券売り場が隣にあって、客層が雑なのも、若干マイナスポイント。
とはいえ、周辺のお店も含めると使いやすいので、大須では一番のお店だと思いました。
 
 
大きな所では、ショッピングモール内の3F,4Fを使った「VAMOS」というお店にも行ってみました。ここは大戦のクレジットサービスもあったけど、店員を呼ぶ必要があるのと、あまり安くもないのとで、それほど良くもない。
シューティングがちょっとあったり、まぁ悪くはないけど、あえて来ることもないかなというお店。なんか空きスペースも見受けられるし、昔はもうちょっとビデオゲームがあったのかなーという印象。
あ、店員さんの対応は良かったです。
 
 
今回行ったところで、大須~栄付近だと、大きな所はこのくらい。他、小さいところも少し回ってみたけど、前にも行った通り、あまり客層がよろしくない。
あと「コスタデルソル」というお店にも行ってみたいと思っていたのだけど、すっかり忘れていました。ちょっと迷ったしね。
また、この付近だとSEGA直営が、金山と伏見の2店舗あるのだけど、まだ行ってません。SEGAのお店って、どこもたいがい似たり寄ったりなのでね。店員の趣味で、置いてるレトロゲーが何を重視してるかの違いがあるけど。
 
 
あと、帰りに、「名古屋レジャーランド内田橋店」にも寄ってみる。行ってみて驚いたのだけど、なんか”駅前スーパー”という感じの、やや寂れた食料品売り場の2Fに、何の脈絡もなくゲーセンがあるんですよ。普通だったら2Fは衣類や雑貨類の売り場だろ?と思うような店舗なのに、2Fが”ゲームコーナー”という雰囲気ではない、かなりバリバリの”ゲーセン”があるんです。エスカレーターから見える野菜売り場が、かなりシュールでした。
で、このお店、とても広いのは良いんだけど、オンラインゲームが全て店員受付が必要な「登録制」なのと、その登録でやってる連中が、例えば大戦では台の上にお菓子広げて集団でダベリながらやっていたりと、マナーがかなり悪い。そもそも、受付カウンターではカップラーメンなども売っていて、飲食推奨な状態になっているのが何とも。
広くてプレイしやすそうな感じだっただけに、プレイヤーの民度の低さにガッカリした店舗でした。
 
 
他「ジョイプラザ熱田店」とか行ってみたけど、特筆すべき点は無し。普通のお店でした。
 
 
一通り気になっていたお店を行ってみて思ったのは、「意外とレジャラン大高店、名古屋の中じゃいいお店何じゃない?」ということ。最初に行ったときに「ホームにはしないかな」と思ったんだけど、オンラインゲームは充実しているし、プライズもそこそこのモノが入るので、そんなに悪くはなかったなと。特に、大戦はここが一番いい。
客の民度で言えば、キングジョイとアーバンスクエア以外の小さめなところは、ちょっと不愉快になるレベルの人たちが目立つ。みんながみんなそうではないのだけど、なんかね……良くないね。
ああいうのとか、朝から子供つれてメダルゲーコーナーに居座ってる親とか見ると、青少年保護条例とか風営店法をゲーセンに適用したりとかも必要なのかなと思う。ま、本当に必要なのは、規制ではなく教育なのだけど、ダメなヤツに法のバック無しに何言っても聞かないしなぁ。
 
東京も、郊外のパチスロ併設店とか、池袋とか、客層が悪いなーと思うところは何カ所か見てきたけど、平日夜とかの名古屋の客層は、ちょっと次元が違う雰囲気。なんか、10年以上前に戻った感じ。何だかなぁ。
前に「ちょっと足を伸ばしてみますか」と行っていた安城市周辺も、友人から「カードのレア抜きとかもあるらしいですよ」と話を聞き、それが僕が前に聞いた話と同じだったので、あんまりイロイロ走り回っても収穫無いのかもなーと思えてきたり。
 
んー……名古屋自体は、悪いところではないと思うんだけどね。あ、でも、交通マナーを見る限りは、悪いか。
そんななかでも、こっちでゲーセン仲間ができたりと、少しずつこっちの人と話す機会もできて来てます。まぁ、どこへ行っても、類は友を呼ぶのかなーと思ったり。というか、僕はどこへ行っても僕だなーと、最近ちょっと思うのでした。
 
 
まだいくつか行ってみたいゲーセンはあるけど、次は連休明けだね。というか、もうGW目前だ。
……ガンバリまっす……。

| | コメント (0)

2010年4月23日 (金)

とある愛知のゲーセン事情(1)

これが4月下旬の気温なのか?
 
 
 
今日は仕事上がりで、夜中にひとっ走りして近場のゲーセン事情を確認。
 
以前友人から教えてもらったお店は、名古屋方面なので次回名古屋に行くときに確認するとして、今日は反対方向である刈谷市の大戦稼働店2店舗に行ってきました。
 
 
 
まず最初、「アミューズメントプラザ マルシン」は、同じ名前のパチスロとバッティングセンタと並んだ、分かりやすいゲームセンター。バッティングセンターが異様に混んでいて驚いたけど、もっと驚いたのは、この名前に反してSEGAの系列店だったこと。この「外からSEGAに見えない」作りは、厚木のパームトップスをはるかに超える。
 
置いているゲームは、最近のSEGAでは一般的で、大戦も普通の料金体系。バッティングセンターやパチスロ経由の学生やヤンキーが多かったので、客層はあまり良くない。
 
もう少しビデオゲームが多かったら良かったんだけど……。自転車で20分くらいと、駐屯地から一番近いSEGA直営なのだけど、それほど特徴もないので、わざわざここまで来る理由はないかなぁ。DIVAも入らないだろうし、同じSEGAなら金山の方に行った方がよさそう。
 
 
 
次に行ったのは「M’S PARK刈谷店」。こちらは、格ゲーがちょっとあった意外は、ほぼ全てオンラインゲームのお店。狭い店内に、所狭しと台が置いてあります。
 
大戦は1時間¥500の時間貸しがあったけど、平日のみで、4台中2台しか対応していないということで、こちらも今ひとつ。そもそも、カードの揃ってない僕には、排出無しのサービスは、あまり嬉しくない。
 
それ以上に酷かったのは、客の民度の低さ。そこかしこで台バン&奇声&大声。相当ヒドイ。
と言っても、ここまでちょろっと寄っただけの中で判断するのは早計としても、どうも愛知は全体的にゲーセン客のマナーが悪い。騒ぎすぎ。
交通マナーもどうかと思うしなぁ……今のところ、名古屋の人の印象はよろしくありません。
 
というわけで、ここも、あえてくるほどのトコロじゃないなーという結論に。
結果、あえて刈谷まで来るよりも、素直にレジャラン他、名古屋方面へ行くべき、と言うことに。
 
 
 
他、帰りに「アミューズメントメビウス」というお店にも寄ってみたけど、なんだか空きスペースが多くて、「昔は賑わっていたけど…」みたいな寂しいお店でした。
 
 
無駄足にはなったけど、休日に勢い勇んで出かけてしょんぼり帰ってくるより、よっぽどいい。愛知はやっぱり名古屋メインで考えた方が良さそうだ。
さらに足を伸ばして安城まで行くというのもあるけど、駅周辺の、ゲーセン以外のお店事情を考えると、そこまでのメリットはないか。この辺、僕にとっては、Project DIVAがどこまで入荷されるかにかかってます。安城にもSEGA直営店があるんだけど、あまり大きいわけではなさそう。
そしてそれ以上に、常連客の民度が気になるトコロ。今時ゲーセンが「不良のたまり場」なんて無いだろ……と思っていたけど、地方ではまだまだ、そのイメージも健在なのかもしれない。
 
 
 
そんなこんなで、ミクフィギュアを取ろうとして散在しただけで終わったのでした。結局取れなかったし。
あの「宮川武版 ミク」は、非常にデキがよいとは思うけど、僕のミクのイメージとは、結構違う。まぁ、ミク自体、絵描きさんの数だけ実体があると言っても過言ではないくらい、千差万別だけど。
僕のミクのイメージは「Project DIVA」なので、あの、可愛くて、だけどやや無機質な感じじゃないと、普通にカワイイだけだとなんか違うのよね。その点、過去のSEGAプライズ2作品は、かなりイメージに近い。
 
ついにPS3版のドリーミーシアターのHPもできたし、SEGAも、まさか初音ミクにここまで関わることになるとは思っていなかっただろう。SEGAの2010年度AC部門の稼ぎ頭がVocaloidになる日は目前だ。

| | コメント (0)

2010年4月21日 (水)

ロケテ、行きたかったな…

というわけで、名古屋に戻って参りました。
そのため、今回はProjectDIVAのロケテに参加できない……。黒猫が時間通りに荷物の集配に来ていれば、あるいは今日行けたかもしれなかったのに……。
 
何故、北海道でDIVAをプレイできて、東京のロケテに参加できないのか?
っていうか、ロケテ、東名阪でやろうぜ?大戦だって東京、台湾、香港の3カ所でやるんだし<関係ありません
 
まぁ、今回はICカードもゲームの内容も、ほぼ正式稼働時と同じ先行稼働だから、もうちょっと待って本稼働後にプレイした方が良さそうだけど。
名古屋だと、SEGA直営とラウンドワンの系列だけかなぁ?だとすると、かなり混むな。
 
 
 
今回の移動は、そこそこ荷物を送ったし、手持ちでもイロイロ持ってきたので、少しずつ部屋の中身が充実中。ただ、次回のティアまでには環境は揃わない。5月末で一式揃う予定なんだけど。
というか、結構物入りで、わりと予算に余裕がありません。5月を乗り切れば、あとはどうということもないんだけど。
 
  
今週末は、初めてこっちで週末を過ごす予定。もうかなりスケジュールがピンチなので、どこまで巻き返せるか。
まぁ、機材がないのでできる範囲は限られているのだけど、なんとか、いつも通りのレベルに持っていければなぁ。
 
 
ま、なるようにしかなりませんけどね。

| | コメント (0)

2010年4月20日 (火)

改装

久々に厚木へ。
どうやら、LAOXの跡地は、買い手がついた様子。内装工事を始めていました。何になるのかは不明。
そして、厚木のSEGA直営であるパームトップス、SF CROSSは、半額のままで、シナリオは1クレジットにはしてありませんでした。っつーか、ホントにあのゲーム、プレイヤーいないなぁ。アクティブ稼働率で言えば、まだ車輪の方が上なんじゃないか?
 
 
Sharpの新しいNetwalkerにガッカリする。あの使いにくいキーボード、改良せずに取っ払ったか。
なんかもう、Zaurusで作ってきたモノを、再度別プラットフォームでやり直している感じで、しかしあまり洗練されていない。Sharpのコンピューティングは、だんだん悪くなっているようにしか見えない。モニター付きパッドを備えたMebiusも失敗だったし、Netwalkerも、むしろPomeraの方が売れているという現実を直視しないといけない。
 
液晶TVのおかげでブランドイメージは上がったけど、他はなかなかヒット作が出てこないところだなーと思う。
 
 
なんか天気が落ち着かない感じ。まぁ、41年ぶりとかいう春の雪が降った東京では仕方ないカモね。
どうも地球は、温暖化と言うよりは、変な気候になってきた様子。とは言っても、ここ数年の話で地球レベルを判断するのは間違いだろうけど。
エコだなんだと言うほど、地球は疲れちゃいない。終末思想的な危機感のあおり方だなーと思う。
 
ま、勘違いと言うほど現実から離れた話ではないんだろうけど。
 
 
と言うわけで、明日はまた長距離移動。今回は結構大物の荷物を運ぶのでちょっと疲れる。
混んでないといいな。

| | コメント (0)

2010年4月19日 (月)

ログ

Echa_39


昨日は予定より早く閉めたけど、そのうち隔週くらいで定期的にやれればいいなーと思ってます。
 
 
そして、トロステの内容が、やじうまAV Watchで記事にされていて驚く。
今月の電撃Webラジオもゆゆこ女史だったし、夏頃に向けてBD化は進んでんじゃない?
ただ、キングはあんまり技術力がない印象。ま、アニプレみたいに、技術のバックがあっても作らないところもあるから、一概には言えないけど。

| | コメント (2)

2010年4月17日 (土)

今日の大戦大会

朝の三国伝は、いきなりゼフィランサスとサイサリスが出てきていて驚く。アニメ版は孫堅と孫策、普通に出すのか。こりゃ、ちょっと楽しみだ。
しかし、「軍勢」というほど一般兵がいないのは、どうかと思うんだ。そして、朱シュンの扱いの悪さに刻の涙を見る。
 
 
 
というわけで、今日は蒲田のPioまで、三国志大戦全国大会の決勝トーナメント戦を見に行ってきました。

着いたのは10時チョイ前だったけど、人の入りは、少ないわけじゃないけど、多いってほどでもない。忠義大会のあのときよりは多かったように思うけど、お台場でやったときよりは少ないように見えたかな。
それにしても、モニターの仕様とか、ほんとに豪華だ。今のSEGAのAC部門に、そんなに予算があるとは思えないので、それだけ大戦のウェイトが重いということか。
ちなみに、蒲田を会場にするのは、地方から来やすいためらしいです。確かに空港まで電車一本だし、新幹線の止まる品川からも近いしね。
 
そして、入り口付近ではゲッテンカのフリープレー台がありました。カードも普通に排出されたので、ちょっとやってましたが、プレイするために並んでいる間で、大会が開幕。
オープニングがかなんぷーなのは誰の趣味だ?


興味のある方々は、すでにセガチャンで見ているだろうから、対戦の詳細は省きます。長いしね。

僕の感想は、以下。

・典韋多いな。
・陳泰多いな。
・オフィス、グダグダ過ぎじゃね?
・あんまり気にしてなかったけどザビが使ってるなら勇者孫コーは強いんだろう。
・ダメ計は徐庶くらいしかいないなーと思ったら鐘会がやってくれた。負けたけど。
・コスプレ王異はレベル高かったのにフィギュア王異のねんど細工っぷりときたら。
・幕間も全部DVDに収録してほしいよね。
 
 
他いろいろあるけど、このくらいにまとめときます。
 
 
最後は、次期Ver.の情報が少しだけ。
話の内容と、最後に流れた次Ver.のオープニング画面を見る限り

・サブタイトルは「WAR BIGINS」
・香港と台湾との通信対戦が実現(しそう)
・Ver.1の排出停止カードが復活(忍者周瑜っぽいのとかいた)
・オープニング最後の軍師枠が女性武将になってた(新規ではない)

海の向こうと対戦するなら、ランキングが合ってないはずだから、そのへん何か変更があるかもね。
 
 
しかし、今日一日観戦してたわけだけど、なんだかんだでまだ三国志大戦は面白いなぁと再認識。
カードゲームって、特にオフラインものは、デッキの相性によって、わりと負けたときに理不尽に感じることが多いと思うんだけど、大戦は、まだハンドスキルによる攻防がアツイように見えます。バトスピとかポケモンカードバトルのアニメ見てて、アレで勝っても、カケラほども強く見えないのよね。
今のバージョンも、上手い人たち同士の戦いを見る限りは、なかなか悪くはないカンジ。流行や強デッキはあるけど、理不尽じゃない。
 
また、全国始めるかなーと思ったりしたけど、まだGWを乗り切るまではキビシイな。さすがに1年以上ほぼ同じ位置のままってのはあんまりなので、次のVer.が始まる前には何とかしよう。
 
 
そんなこんなで、またちょっと大戦に対してテンションが上がってきた今日の観戦でした。明日のアキバイベントも面白そうだけど、さすがに忙しくて行けないや。

| | コメント (0)

桜の季節はいずこへ

今週の恋姫ラジオを聞いて、何で名古屋にいるのに公録へ行けなかったのかと悔やむ。まぁ、当日は相模原へ帰らざるを得ない状況だったのでしょうがないのだけど。
黒川さんのチョイと不思議なトークを生で見たかったな……。
 
ちなみに、ウチは岐阜Chは入らない……。
 
 
そして現在、また帰宅中。今回は、会社の行事参加のため。
自分で行ったり来たりして分かったけど、平日の新幹線も、人が多いのね。そら、のぞみも本数増えるってもんです。
うっかりすると、自由席では座れないこともありそうで危険。GWは気をつけないとキビシイかも。
 
 
そんなこんなで、明日は大戦のイベントを見に、朝から蒲田まで行って来ます。
 
 
ここ数年、時間が早くなってきたなーと感じていたけれど、今度は、距離が短くなってきました。「新幹線で2時間」とか、全然たいした距離じゃない。
というか、「電車で3時間」よりも「徒歩で30分」の方が、全然遠い感覚です。具体的に言うと、新横浜から名古屋へのぞみで行くよりも、吹上からAAまで歩く方が遠い。埼玉県民は、一度歩いてみると良いと思う。僕が初めて行ったときの心細さが分かると思うから。
 
 
そして、帰って来た相模原は、まさかのみぞれ。今いつだよ?って話です。
うっかり傘を持ってこなかったものだから、自宅に着いたときには、髪が凍ってました。

| | コメント (0)

2010年4月15日 (木)

ちょーアニキ

ソフマップの名古屋店がWEB上の店舗案内で西日本に分類されていることに違和感を持っていたんだけど、こっちのスーパーに金ちゃんラーメンが売られているのを見て納得。
あぁ、ここは西日本だ。
 
 
 
近年、結構流行ってきているグッズで、僕には今ひとつ使い道の分からなかったものの中に「タンブラー」があります。意外と高い売り物から、ゲーセンのプライズに入っているものまで様々なのを見かけるんですが、今ひとつ使い方が分からないんですよね。
だけど最近、オフィスの給湯室で、「ちょっとフタのついている、そこそこ量の入るコップ」として見れば、なかなか使い勝手のいいものなんじゃないかと思えてきました。
今までは出社時に1Lパックのお茶を買って持って行ってたんだけど、今は会社の近所にコンビニがないから、そういうわけにも行かないので、どうしたものかと思ってたんです。そうしたら、オフィスの正面に給湯器があって使いやすいので、ここを使いますかーという結論に。
 
まだ買ってませんが、よさそうなのを探して使ってみることにします。ゲーセンでプライズ品を取ってみようかと思ったけど、あんまり痛いデザインのは、オフィスで使えない。
 
 
 
オフィスで新規にPCを使い始めて、どノーマルなMS-IMEの使えなさを、改めて実感。
自宅ではATOKの17を使い続けていて、思いのほか誤変換が多いので、新しいのじゃないとATOKも使えないなーと思ってたんですが、MS-IMEに比べたら、天と地ほどの開きが。
Google日本語変換や百度IMEとか出てきたのでそれを利用するってのもあるけど、結構重いみたいだからPには入れたくないと思って使ってないし、何より、僕の日本語入力は文章変換なので、単語変換であるこれらのIMEとは相性が悪いんですよね。
今はATOKも月課金のバージョンがあるからそれにするってのもあるけど、いずれにしても、オフィスのノートには勝手にソフトを追加できないのがつらいトコロ。
 
MS-IMEの場合、辞書を追加したところで、変換候補にはそれほど影響がないから、仕方なく使い続けるしかないかなぁ。技術文書って、同音異字の言葉が意外と多いから面倒なんですよね。
 
 
このへん、ワープロがPCに駆逐された悪影響のひとつなんじゃないかなーと思ったりもします。日本語変換は、東芝とか富士通とかも結構がんばって研究してたけど、どっちも今は続いてないし。ケイタイの入力関連でいろいろやってはいるようだけど、あれは文章入力支援であって、入力変換とは違う。
 
結局Windows上で動く日本語変換のサードパーティー性はATOKの独壇場になったのだけど、そのATOKも、PCの普及台数に比べると、明らかに使われていない。それに、今PCを新規に購入する層は、普段の文章はケイタイで入力していることが多いだろうから、むしろ百度のIMEの方が合っているだろうし。
「文字を入力する」という行為は、ケイタイの普及によって、それまでの「清書」から「口語をそのまま」という内容に変わってきた。一般的には、PCよりも携帯電話で文章を書いてるほうが長いだろうからね。
ただ、実際にペンで文字を書く時間よりもケイタイ打ってる時間のほうが長くなっているだろうってのは、ちょっと問題だよなーと思う。
 
 
PCは汎用品という性格上、用途によって使う機能を選択できるけど、もっと便利で能率の上がるやり方があるのに「必要最低限」のツールしか使わないで過ごす機会が増えていると思う。店頭などで売られているPCは「基本仕様」であって、そこから自分の用途に合わせて変えていくべきなんだけど、そのためのに必要な情報が、あまり分かりやすく出てこない。一般向けには商品カタログのような情報誌しかないし、そこからステップアップしようとしても、「使いこなし術」とは名ばかりの、マニアックな細かい裏技本ばかりになってしまう。
 
というか、特定メーカーPCの解説本とかソフトの解説書とかはあっても、用途に向けた複数ツールをおりまぜる解説書は少ない。特定メーカーPCの解説本とかソフトの解説書とかはあっても、用途に向けた複数ツールの解説書は少ない。「CGの書き方」とかあっても、だいたいPhotoShopかSAIの、それも特定の機能の説明しかしない。だから、そのソフトに無い機能は技法として紹介されないし、別段使い道の無いエフェクトも、ソフトに機能が入っていれば詳細にと解説される。
もっといろんなツールを横断したほうがいろいろできるし、今のPCの性能なら、ひとつのソフトにこだわる必要はない。ま、PhotoShopでレイヤーを3桁とか作ってる人は難しいだろうけど。
 
 
結局は、「何をしたいか」が明確かそうでないかって話なんだけど、「モノありき」な状況は、どんどん強くなってくると思う。
 
 
やらせたいことを「できること」として前面に押し出し、それ以外をきっぱり切り捨てる近年のAppleのやり方は、そういうところが上手い。で、ユーザーが慣れてきたころに「次は、今までできなかった○○ができるようになります!スバラシイでしょう?」と、大々的に発表する。そんな技術昔からあるよ、と詳しい人たちは思うけど、使われていないなら、無いのと同じ。だから常にAppleは、古い技術を革新的に見せる。
 
それは、「頼れる隣のお兄さん/お姉さん」みたいな感じで、その人の絶対技量や自分の成長とは関係なく、「やっぱりあの人はすごいな」と、常に敬意を払われる対象みたいなものなんだと思うのです。
今まで知らなかったり、何となくでしか見てなかったモノを、分かりやすく実践してくれる――とかね。

| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

行きつ戻りつ

アイマスのWEBラジオ公録には行けなかったけど、今の状況では仕方ないか。
 
 
いろいろ作業して、夕方頃に愛知へ。
そうしたら、小田急が豪快に遅れて、接続を失敗する。東海道線を延々と各駅停車で移動したから、一歩間違うと、今日中に着けなかったので、結構焦りました。終電コースよりも一つ早いので行っててよかった。
だから小田急は嫌いなんだ。まぁ、人身事故だったから不可抗力だろうけど。
 
 
しかし、5時間以上かかるとはいえ、PSPとかDSとか余裕で電池もつので、道中は退屈はしないね。休日の在来線なんて人も少ないし、普通に座ってこれるから良いです。
時間は取られるけど、それ前提で車内でできることを用意しとけば、あまり無駄にもならない。この文も電車内で書いてるし。
 
 
来週末に帰って、その後GWでイベントを消化したら落ち着くはずなので、それまで頑張ろう。締め切りと突発イベントさえなければ、そんなに問題は無いんじゃなかろうか。
そして夏のボーナスが出る頃には、かなりの余裕ができているだろうし、新しいPCも導入できるだろうし、あきらめていたオフセット本の資金も貯まっているだろう。
 
……だったらいいな。
 
 
 
僕はいろいろ変化が無いと飽きてしまうので、この環境は意外と良い感じ。ただ、フォローしてくれる人がいないので、そこだけが面倒。全て自分でやるってのはいいんだけど、自分が気づいて無いところで、何か突発的に始まったりすることがあるのが心配。「平日、自宅にいろ」とかね。
これが名古屋じゃ無くて九州とか日本海側とかだったらおもしろさも減ると思うんだけど、まぁまぁの時間で往復できて、周辺に大きな街があるのはありがたい。地方の事情とか知りたかったし。
 
ただ、どうしてもウチの機材が動かせないのがね。それさえどうにかなればなぁ。
新PCさえ導入できれば、もう少し改善できるか。
できないと、長期は厳しい。できれば、なかなか楽しい。

| | コメント (0)

2010年4月10日 (土)

たちあい

オフィスに新しいPCが来ることになり喜んでいたら、中古で性能が微妙だという。しかし、それは、今注文してる新品が来るまでの代替機なんだそうな。
新年度始まって、支給されたPCが、もう3台目なんですけど……。
ツールのインストールに膨大な時間がかかるので、今のままのを使い続けることにしました。
 
早く来てくれ、NewPC……。
 
 
で、自宅に戻ってきてるわけですが、郵便受けにマンションの管理会社から封書が。なにやら、警報機を取り付けるとかで、部屋の立ち入り工事に立ち会って欲しいという。
 
5/1までの平日に。
 
 
……いや、もう、なんか最近、試練が多い気がするね……。
 
 
ホントは今日一日、部屋の整理と荷物のまとめをしなきゃまずかったんだけど、そんな現実からちょっと逃避してみたり。
 
と言うわけで、ケロロの映画を見に行ってきました。近くでやってる上映館が、明日で最終だったので。いろいろあって見に行けてなかったんだけど、朝にケロロ&三国伝見てたら行きたくなったので。

で、お昼の1回のみだったので、自転車とばして橋本まで。休みのわりにあんまり人はいませんでしたが、来てるのは概ね家族連れだけですね。わりと健全な客層。

最初が三国伝だったのには驚いた。短いわりにまとまっていたけど、やっぱり物足りないなぁ。TV版も、結構無理矢理に15分枠でおさめているし、ちょっと中途半端な気がする。
でもまぁ、これからな番組なので、もうちょっと見ていこう。というか、呂布が出てきてからが本番。
あと、音はすごく動いてました。後ろから声がする作品って、意外と少ないんですよね。

三国伝、今となっては轟の国が孫権から始まるというのも、ちょっと残念だったかも。孫堅、孫策が早世してからの引き継ぎってのが子供向けでは分かりにくいかもしれないけど、後半で曹操vs曹丕の図式をやったりとかするので、だったら孫呉の代替わりもやって欲しかったなーと。
そして、陳宮がやられるのもね。陳宮がいてくれれば、呂府の復活もあったかなーと思うだけに。というか、呂布,陳宮,高順,貂蝉は、董卓軍じゃなくて実質呂布軍扱いなのが、呂布好きには嬉しい。是非とも陳宮はキット化して欲しいところ。張遼はいるけど、完全に機駕国扱いだからなぁ。
董卓軍の李儒→リグ=シャッコー→李儒シャッコーは、上手いなーと今でも思う。というか、細かいところで武将の機種選択が面白い。
 
と、その後のケロロ劇場版。ケロロの劇場版は1作目と2作目しか見てないのだけど、結構面白かった印象。ただ、今回は、終始バトル展開だったので、内容的には薄かった。冬樹がメインだったのだけど、とも蔵じゃない冬樹ってのも、やっぱ違和感あるなぁ。
でも、面白くないわけじゃない。子供向けだからそんなに長くできないしね。

ただ、どうにも5作続いてきたわりに、予算が少なそうな雰囲気がちらほら。
というか、角川とサンライズという、近年ではちょっとアレな組み合わせなので、なんか現場スタッフ以外が足をひっぱってんじゃないかなーと思わざるを得ない。ガンダムをそのまんま出すとか、もうやめた方が良いと思う。
来月公開の「いばらの王」も原作好きだから見に行こうかと思うんだけど、こっちも角川+サンライズなので心配。

もう来場者プレゼントはなかったので残念だったけど、値段分は楽しめたからよしとします。
 
 
そして、ついでにゲーセンのコンフォートスペース・オーロに寄ってみたけど、いつの間にかカードゲームが撤去されていて、ビリヤードとダーツのお店になってました。なんてこった。
 
なので、結局町田まで戻ってから遊んで帰ってきたのでした。気がつけば普段通りの休日だ。
 
 
明日は、帰る前にごっそり荷物整理です。いろいろ持ってかないと。

| | コメント (0)

2010年4月 8日 (木)

まがりかど

オフィスに新しいLCDモニタが届く。
個人でノートを使っている分には特に思わないのだけど、仕事でノートを使うと、その画面の狭さに愕然とするので、外部モニタがあるのとないのとでは大違いです。

しかし、いまどきの液晶は、みんなFULL HDの解像度だったりするのに、仮に使っている古いノートはその解像度を出せないという罠が。
そうしたら、上の人が、颯爽と引き出しからUSB-DVI出力アダプターを取り出したのでした。手際がいいのか悪いのか。

そして、2つしかないノートPCのUSBポートは、モニタとマウスで埋まってしまうのでした……。
早く来てくれ、正式な使用PC。
 
 
今月は、週末に行ったり来たりになる感じなので、いろいろと問題が山積。締め切り、キツイなぁ。
イロイロ出かけるつもりでいたけれど、なかなかままならない。友人からゲーセン情報をもらったので出かける予定だったのだけど、ちょいと道が怪しかったので保留に。
交通事故ワーストトップ圏内常連の名古屋ですが、見ていると、大阪や広島のように直進でのスピードや割り込みが多いとかではないんだけど、カーブで迷わず突っ込んでくるんですよね。交差点での自転車巻き込み事故が多いのは、たぶんそのため。
なので、夜は結構注意しないと危ないです。
 
 
でもまぁ、楽しみながら行ければいいなーと思ってます。自分が楽しくないのに、人を楽しませるとか、ムリです。
4/17の、大戦全国大会決勝も見に行けそう。そろそろ終焉にも見える大戦は、今後どこへ向かうのだろう?それとも、このまま戦国大戦へすっぱりと移行してしまうんだろうか?
世間の流行が、戦国モノから三国志へ移行しはじめているのと逆を行っている辺り、何ともSEGAっぽいです。

| | コメント (2)

2010年4月 5日 (月)

困窮

コンロを入れると、必ずブレーカーが落ちます。
っていうか、「ガスの使い方」をキッチンに置いておきながら、実際のコンロは電磁調理器ってのはどういう嫌がらせだ?そもそも、このコンロの使い方、どこにも説明がない。
そして、備え付けのレンジが動かなくなる。
 
仕事しろよ、オマエら……。
せめて冷蔵庫だけはまともでいて下さい……。
 
 
 
そんな中、ウチから一番近い、大戦&車輪稼働店である「名古屋レジャーランド 大高店」へ行ってみました。
 
Rerun_nagoh

ゲームは地下にあって、ほぼ全て大型筐体モノ。ビデオゲームは、最近の格ゲーしかありませんでした。お店の雰囲気は、レジャランらしい、雑然とした感じ。
大戦は半額だったんですが、¥100で2クレジットという内容。全国で3連勝しないと、ストレートな半額にはならない。他カードゲームはだいたい安くなってたけど、車輪は新料金で普通でした。レジャランは、アキバの1号店も厚木も、稼働初期の料金体系のまま変わっていないので、新料金なだけマシかもしれない。

ここをホームにしようかと思ってたんですが、平日はそんなに時間ないし、休日は帰るか名古屋まで出るかするしで、あんまり利用はしないかも。大戦のキャンペーン時期とかには平日ちょこっとプレイしたりはするかもしれないけど、自転車で15分くらいかかるから、そんなに近いってワケでもないのよね。
もう少しゲームの種類が多ければ来たんだけどなぁ。
 
 
でも、平日に買い物をしようとすると、夜10時以降まで開いているイオン&ジャスコはなかなか利用しやすいので、その隣にあるレジャランは、ついでに寄るにはいいかもしれない。
なんかこの辺のスーパーは、どこも8時で閉まっちゃうんですよね。なので、帰ってきてから買い物ができない。
 
なかなか難しい。

| | コメント (0)

2010年4月 4日 (日)

ゆーたーん

結局、今回の帰宅では、身の回りの物をハンドキャリーでもって来るにとどまる。
送ろうと思ったんだけど、荷物を選別し切れませんでした。会社負担にさせるので一度に送りたいんですが、僕の資料ってほとんど紙だから、なかなか重くてかさばって、大変なんですよね。そろそろ本気で、電子化に取り組まないとダメだなぁ。
 
音楽とかの娯楽メディアは、MP3でデータだけ持ってくればいいから、かなり楽ですね。昔は帰省時とかに、どのCDを持って行くかで悩んだりしてましたが、今はHDDを持ってくればほぼ全部入りだったりします。
僕は普段はCDで聞いているので、MP3で、しかもスピーカーから音を出せない環境は残念だったりしますが、それでも何もないよりはるかにマシ。
映像も持ち運びやすくなったし、「作る」のは難しいですが「見る」「聞く」は、どこへ行っても楽に環境を再現できるようになりました。
 
しかし、その肝心の「作る」は、かなり厳しい状況。
環境構築をしていたんですが、要であるComicStudioが、ノートPCの容量不足でインストールできないという事態に。CeleronMの初期型という古いPCのわりに、そこそこ現役稼働しているウチのPriusですが、当時のノート最大の難点である「HDDの容量の少なさ」だけはいかんともしがたく。
ATA100とか、今じゃ割高だし、そもそもHDD換装すると再インストールがかなり困難だし。外付けHDDに基幹ソフトをインストールとか、さすがにありえないし。
 
というわけで、次回のティアの新刊は、ちょっとイロイロ考えないといけなくなってきました。
まぁ、想定の範囲内ですが。
 
 
 
さて、今日は昼頃に名古屋入りしたので、当初の予定通り、数駅先のイオンモールに行って、自転車を買ってきました。
今年初めに武蔵村山に行ったときにも思ったけど、ジャスコの自転車の安さは驚異的。ウチでも使っているATBとほぼ同じ型で色違いの自転車を買いました。ライトと鍵込みで、¥13kくらい。
 
 
で、そのまま、大須の方へ行ってみることに。
 
 
Pで道を確認しながらのんびり走って、イオンから40分くらいで、金山駅付近に到着。急げば30分くらいか?
ここには、ウチから一番近くにあることになるオタ系ショップの「アニメイト 金山店」があるので、その確認。わりと普通のアニメイトで、ちゃんと画材も置いてあったので、なかなか便利に使えそう。
 
そのまま栄方面へ移動し、「ボークス 名古屋ショールーム」と「ゲーマーズ 名古屋店」の位置を確認。
 
ボークスは、町田のショールームの倍くらいかな。立川のよりちょっと広くて、密度が1.5倍くらい。結構掘り出し物とか置いてあったので、出張分の給料が出たら、じっくり見に行きたいところ。今は、出張旅費とかも立て替えている状態なので、あまり大きい買い物ができない。
 
ゲマは、ビルの中に入っていて分かりにくかったけど、行ってみたら凄く品揃えが豊富で驚く。それ以上に、入り口が東方で驚いたけど。あと、デュエルスペースが、かなりしっかりできている。町田店の申し訳程度にあるような感じではなく、アキバの最上階の2.5倍くらい。人も多かったので、結構人気があるのかもね。
実際、名古屋は、アーケードのTCGの稼働数も、不思議と多いしね。今日は久々に、稼働しているアクエリオルタを見たよ。
 
あと、とらと名古屋中央のアニメイトを見てこようと思ってたんだけど、思いのほか時間がかかったので、今日はいったんここまで。道を確認するのが主目的なので、それが果たせたからいいかな。
大須の街は、何となく大阪日本橋に似ていました。ジョーシンとかあるしね。まぁ、日本橋よりは栄えていると思う。
しかし、two-topとかツクモとかK-BOOKSとか、見慣れた店とかもあって不思議な感じ。これは札幌に行ったときも思ったけど、地元ショップよりも全国チェーン店が強くなっているのは、関東圏の人間が地方移動したときに利用しやすいからなんじゃないかなーと。
ただ、アールジュネスはいらないと思いました。あんなカラーコピー屋の何が良いんだ?
 
 
あと、ホント痛車多過ぎじゃない?
そら、会社の駐車場にも普通に駐まるわな。
 
 
しかし、名古屋は道が広いね。と言っても、メインとなる国道1号とかが広いだけなんだけど。
あと、なぜか車道には付いてるのに歩道には信号機がないという交差点が、やたらと多い。アレはいったい何なんだろう?車道の信号も、歩道側からだと見づらい位置にあったりとかして、結構危ない。
そして、行き先の標識が、走っても走っても「↑四日市」だったので、ホントにこの道を走っていて良いのか?と何度も思いました。もっと目標になる地名を書いて下さい。みんな、そんな遠いところを目指してなんかいないだろうに。
 
 
 
そんなこんなで、足ができて行動範囲が広がったので、ボチボチと生活できる環境が整ってきました。
ただ、狭いマンスリーなので、キッチンが狭くて自炊はなかなか難しい。弁当ばかりだとコストパフォーマンスが悪いので、できるだけ作りたいのよね。
 
でも、狭すぎてコンロと流しが近すぎるのが難。そら、漏電検出が作動して、部屋の電気がみんな落ちたりするっつー話です。
夜中に全ての電気が消えて大慌てでした。

| | コメント (0)

2010年4月 2日 (金)

片道2.5~6時間

出社2日目でチーム全員が不在になるのは、もう僕の伝統芸な気がします。
出社した日に「明日社員旅行でみんないないから」と言われた数年前が思い出されますが、今日は、出社したら「いないけどよろしくね」だったのでした。
 
 
なので、早々に仕事を切り上げて、いったん帰宅することに。まだこれ書いてる段階では新幹線の中ですが。
お金さえ払えば、そんなに言うほど遠くないのよね。ま、細かいところでケチって、イロイロ細工しますが。
 
 
それなりに、何とかやっていけそうな気がしてきました。まだまだ先は長いけれど。

| | コメント (0)

2010年4月 1日 (木)

あいたたた

朝、出社してみたら、駐車場に痛車が停めてあって驚く。
しかも、我が脳内ライブラリーを持ってしても、それが、どこの会社から出てる何の作品で誰が描いた何のキャラなのか、全く分かりませんでした。
 
――まったく、新年度早々、難易度高いぜ……。
 
 
 
札幌で一泊するのに使ったネットカフェが、隣の駅近くにあるらしい。
相模大野駅近くにできて頻繁に使うようになった業務スーパーが、隣の駅前にあるようだ。
こりゃ、先月できたばかりで、それができたために駅まで作ったイオンモールに行って、自転車を買ってこないとね。
 
 
こっち来てすぐで、出かけようとしたら、電車逆方向のに乗ってしまったんですよ。
そうしたら、その路線の名前が――

Taketoyo

いや、「どんだけ速いんだよ?」と思いました。

でも、このタケトヨ線、ほとんどが無人駅らしく、車掌さんがいちいち降りて、定期を確認したり切符を受け取っていました。その駅で、ICカードを使って降りる場合は、

Toica


自分でカード当てて出て行ってねという感じで、機械が置いてありました。入場と退場が並んでおいてあるのは、この駅が単線だから。
無視して乗り降りできますが、まぁそんなことするのはガキくらいだろう。
 
 
 
さて、明日は最終で帰れるか?と思ったけど、ちょっとムリっぽいので、土曜の始発で戻ることにします。
しばらく落ち着かないけど、今月中に仕上げなきゃいけないことがいくつかあるから、少し本気を出さないとなぁ。

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »