« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

とりあえず信号は守ってくれ 死んじゃうから。

_0577_2


イヤ、ホント、ちょっと欲しくなってるから、あまりCMとかしないで欲しいな。
まぁ、PCとしての数値は全く変わってないし、ウチのは2GHzモデルなので、今売ってる店頭モデルよりも性能は良いんだけどね。実際のトコロ、外で使うことも少なくないから、あんまり目立つ色というのも困ったりします。ただでさえ、日本では外でPC使うのってビジネスマンくらいだから、結構目立つのに。

新しいVAIO Pが良いなーと思う反面、去年Pを買ったことは、後悔してません。今年初めの北海道行きとか、バッテリで動くPC無かったらかなり大変だったし、今の相模原-名古屋往復でも重宝してるしね。図書館に行くときも、全然かさばらなくてよろしい。
Atomが今後性能アップしていかないのは残念だけど、そのうち、もっとハイエンドで消費電力の小さい小型PCとか出てきて、もっと出先でイロイロできればいいなーと思います。
 
 
 
先週帰ったときに、また荷物を送ったんだけど、それをこの週末、ようやく受け取れました。
こっち来て初めて知ったんだけど、クロネコの不在票に、フリーダイヤルの24時間再配達受付記載してるのって、関東圏くらいなのね。届いてても、再配達の連絡が夜8時までで終わっててビックリでした。
でも、一般の荷物ってあんまり無いらしく、呼んだらすぐ来るというのは、まぁ便利と言えば便利。人口の差ってすごいね。
 
それを考えると、群馬とか栃木とか、田舎とか言われるけれど、やっぱり関東なのよね。イヤー、群馬って、実は街だったのね。知らなかったわー <ヒドイ
 
 
っていうかね、やっぱ名古屋は民度低いと思うのさ。交通マナーは、さすが交通死亡事故ワーストワンの県だと思う。名古屋って、実は公道が全てレース場なんじゃないかと思うことも。
あとね、ベタなヤンキーとか、もうギャグか漫画でしかないと思ってたんだけど、地方じゃ生きてるのよ、そういうの。イヤ、もう、ホント、高校生っぽいので笑える連中とかいるのさ。
 
 
まぁ、その辺、中途半端に街っぽいのが原因な気がします。大阪じゃ、そういう雰囲気ないし。ってか、大阪は、「大阪人である」ということをネタにして生きてる人ばっかりに見える。
 
 
 
ところで、僕が今の会社に来る前に、そこを含めて3社ほど候補があったんだけど、その一つに、川崎にある半導体の会社がありました。で、そこをパスした理由が、「募集は川崎だけど、入ったら、四日市市の工場勤務になる可能性が高かった」から。
 
……人生、何が起こるかわかんないよねー……ということを、ここ数年、毎年何回か思ったりしてます。

| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

いっつ まいふぁーすと でーぃ

最後の最後で、アイマスライブの席を確保。
とは言え、ほぼステージの見えないサイド席があの値段というのは、正直微妙な所。しかも、土曜日分しか当選しなかったし。
でもまぁ、久々にアイマスライブを見られるわけだから、とりあえずはよしとしますかね。未だにPSP版持ってないし、DS版もやる気にならないのでアレですが。
 
 
そんな中、ついにアーケード版アイマスのオフライン化が決定。8月いっぱいでオンライン対戦は終了だそうな。
もはやプレイヤー数もほとんどいない状態ではあるけど、やっぱりそういうのが正式にアナウンスされると寂しいものがあります。稼働当初の、アキバで数十人待ちだった頃が懐かしいね。あの高額ゲームに、ずいぶんとみんながんばったモンだ。
そういえば、新宿でやってるときに、向かい側に今井嬢が座ってて驚いたこともあったっけか。センモニに映ったP名がアサミンゴスPで驚愕したのも、よい思い出。

なんだかんだとあったけれど、結局の所、NAMCOのReWriteゲームでは、アイマスが一番人気があったと思う。ドラゴンクロニクルは、1プレイの時間が短く、地道に育てなきゃいけないわりに、戦闘に戦略性が極めて乏しいというがっかりさだったし、脳トレは、アイマスがウケなかった地方救済のようでその実とどめを刺しただけに終わったし。
ちょうどバンダイに吸収される前後で、NAMCOのアーケードはもうダメだと印象づけたシリーズでした。
 
幸い、名古屋にはまだ稼働している台があるので、これから終了まで、ちょっと遊んでみようかなと思ってます。そういえば、2年くらい前からプロデュースして、まだ終わってないアミマミユニットがあるんだったけか。
 
 
そして、TAITOのアクエリアンエイジオルタナティブは、稼働から丸3年で、全国で動いているのが残り6台。実動プレイヤーは10人もいない。
それを考えると、ばっきばきにシステム崩壊して俺Tueeeee!したい一部の方々に大人気で、プレイヤー数が下げ止まっている車輪は、よく頑張っていると言える。
逆に、前例が悪すぎるから、開発がまともに作らないとも言えるか。さらにレベルアップしたサブカ奨励キャンペーンを、得意げに宣伝するプロデューサー様が痛いことこの上ないデス。
イベント戦とか、どんなにレギュレーションを考えても、必ず穴があって馬鹿みたいに強いデッキが存在できるのだから、今の車輪のひどさにはGCBもビックリだ。
 
まぁ、そもそもカードゲームとして成立しないシステムを作ったLoVを、全国大会を短期スパンで開催し、一見人気ゲームに見せかけることのできる力を持っているSQEX様なんだから、どんな駄作ができても恐れることはないだろう。
 
 
 
でもなぁ……みんな最初は、とても面白い時期があったんだ。
それを誰が壊したのか、今となっては分からないし、そもそも、壊れたと思っているのは、古い人間達だけかもしれないのよね。

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

レッド

どうも来週は厳しそうだったので、今日は早くに仕事を切り上げて、仮面ライダートリロジーの1作目を見に行ってきました。
行った映画館は、もう自分にとってはおなじみになってきたイオンモール大高店内にあるワーナーマイカル。
どうも、ライダーを上映している館が、店内で一番大きなスクリーンだった様子。マイカルのCMの解像度が半端なくキレイでビックリしました。
 
 
で、肝心の作品は、可もなく不可もなくといった感じ。

決してつまらないワケじゃないけれど、やや消化不良気味。結局、あの騒動はなんだったのかと。まぁ、この辺は3部作であるせいかもしれない。

今回、侑斗とアイリーンが主役なんだけど、そのわりに、お互い想いが一方通行で今ひとつ。もうちょっとデーブが出しゃばってきたりとか、せめて良太郎が大人だったら……とか思う。
というか、「今更そこ?」という感じがしないでもない。

コレ、たぶん、お子さん達にはつまらないだろうなーと思ったりしました。敵の契約者がヘタレすぎるし。
良太郎も、ずいぶんとおっさんな感じになってきたなーとか。ハナちゃんも、大きくなったね。3年も経てば、そりゃそうか。
でも愛理さんは、変わらずお美しゅうございました。
 
 
とりあえず、今回は3作全部見てみようかなと思ってます。

| | コメント (0)

2010年5月25日 (火)

俺メモ

【『初音ミク -Project DIVA- 2nd』先行店頭体験会実施店舗】

6月13日(日) 13:00 ~ 17:00 ゲーマーズ名古屋店(愛知)

| | コメント (0)

2010年5月24日 (月)

めぐる まわる

まさかダイスオーのために6:30の枠まで使うとはね。バンダイの必死ぶりは、もはや末期症状と言ってもいいと思うよ。
しかも、その「VSシリーズ再放送」の最初が、最強の駄作「オーレンジャー」とは。まぁ、ゴセイジャーのひどさはオーレンジャーを越えてくれる気がしているけど、こうやってオーレとゴセイを続けて見ると、他力本願の大根戦隊が見当違いの努力をした結果、相手が勝手に自滅していく横から、唐突に現れるサポートメカのおかげでなし崩し的に勝利を奪っていくという残念作品具合がよく分かります。
その中でも、オーレンジャー唯一の良心、宮内洋参謀長は、やっぱり一人でキャラ立ちすぎだよなーと思うのでした。
 
 
先週帰って思ったけど、町田も、相模原も、結構この2ヶ月くらいで変わってきた感じ。

ウチの近所、家の建て替えがすごい数始まってたし、マンションもそこそこ建つみたい。相模大野駅前の再開発は、まだまだ時間がかかるだろうけど、意外と周辺の改革は早いかも。
町田も、ソフマップが移転していて驚く。まぁ、フロアが上に上がっただけなんだけど、構成が全然違っていたのでビックリでした。っていうか、最初行っていつものフロアになかったときは、ソフマップ潰れたのかと思ったよ。

街なんて、ちょっといない間にすぐ変わってしまう。そして、以前はどうだったかなんて、いつまでも覚えてはいない。
「今、良い物」であり続けることが大切だよなーと思う。そして、「今」はどんどん変わり続けているんだから、ずっと同じ物であり続けることは、必ずしも良策ではない。
 
 
 
そんな中、ついにProjectDIVAのドリーミーシアターの発売が、ちょうど一ヶ月後に決定。
移転で延び延びになっていたPS3購入を、ついに決断するときが来たようだ。

| | コメント (0)

2010年5月23日 (日)

文学フリマ10

というわけで、今日は文学フリマに初参加です。

が、前述の通り、落としてしまったので、特に何もなく。ホントは前日に調整してもらって、別件で用意していた作品から切り出し、今後の連載作として用意したのだけど、あとページレイアウトを調整して印刷/製本すれば何とかなるかな?となったところで油断して寝てしまった結果、うっかり寝過ぎてしまい終了となったのでした。面目ない。
 
さて、文学フリマは、一般としても来たことがなかったので、今回は、会場を回った後は見本紙をずっと読んでいました。
 
このイベント、まず初動がすごく小さい。そして、総入場者が少ない反面、来た人がいつまでも会場にいる印象。まぁ、扱っている本の多くが「活字」本なので、選ぶのにも時間がかかるというのはあると思う。
そして、サークル/一般ともに、参加者の年齢層が広い。結構年配の方から学生の部活まで、なかなかバラエティに富んでる感じ。

ただ、一般参加者とサークルさんの関係が、やや馴れ合いっぽい印象。
サークル参加案内にお客さんが隣接のサークルさんを塞いでしまう件についての注意書きがわざわざ書いてあっていて驚いたけど、まさか隣接サークルさんがそういう所だとは思わなんだ。っていうか、サークル関係者が何度も何度も現れてダベっていくってのは、わりとよく見る光景ではあるけど、テメェのスペースでやってくれと思う。
ま、今日のウチは出し物ないので大きな問題にはならないけど、それでも、イベント終了後に、各サークルさんで片付けまでやるような状況になっているのに、ウチの机に物を置いてたのにはイラッ☆と来たけどね。テメェんトコは隣だろうが、と。
まだまだ僕もニンゲンが小さい。
 
 
それはともかく、イベント自体は、なかなか悪くない雰囲気だったと思いました。大昔に、まだビッグサイトじゃなかったころのコミティアにちょっと雰囲気が近かったかもね。
というか、ティアも随分大きくなって、いまひとつ一般さんもサークルさんも雰囲気が変わって来た感じがするので、思う所がない訳でもないのよね。ま、結局は自分次第なんだけど。
 
今回は残念だったけど、既にある程度はできているので、次回はキチンと作品を仕上げて参加したいと思いました。
 
 
今回ので今年上半期の参加イベントが終了なんだけど、やっぱ、自宅で仕上げるのは無理っぽい。なごやんで完成させないと本は作れない。
再来週は夏コミの当落が出ると思うので、その結果次第で、またスケジュールを立てないとね。

| | コメント (0)

2010年5月21日 (金)

近日中のイベント参加情報

イベント名:文学フリマ
日時:5/23(日) 11:00~16:00
場所:大田区産業プラザPio(蒲田)
参加サークル名:海鈴亭
スペース番号:G-18
 
頒布物について:
ゴメン、落ちた。

会場では、しょんぼりと座っていると思います…。
いや、もう、ホント、すみません……。

| | コメント (0)

2010年5月18日 (火)

かかくは にひゃくえん

「ぽっぴっぽー」ミクさんが可愛すぎて仕事が進まない。

| | コメント (0)

2010年5月15日 (土)

ミューズポリスはキケンがあぶない!

序盤の陳宮と司馬懿の計略合戦に唖然とする。そんなんじゃコントにもならねぇ。
というか、実質10分程度の枠しかないのに、アニメ版三国伝はテンポが悪すぎる。先週は、群雄ぞろいの連合軍に華雄が単騎で挑んで散るとか、内容もガッカリ感が強い。やる気あんのか?

まぁ、呂布がカッコイイからいいけど。
 
 
 
何か良かった探しをしようと思って、今日も車輪を廻してみる。過去にもイロイロ問題はあったけど、最初は楽しかったわけだから、きっと何かしら良い点が残っているはずだ。
 
……数戦後、くの字に折られたICガードがダストボックスに入れられたのでした。
お休み、ハリー。ツライ戦いばかりでゴメンな……。
 
面白さの最大要因だった「陣取りゲーム」が機能していないわけだから、そりゃどうしようもないわな。勝っても面白くないし、負けても理不尽なだけ。
……今にして思えば、ティコヒルガなんて、かわいいモンだったんだなぁ……。
 
 
そして、ミュージックガンガンに癒される日々。ようやく「超増加版」をプレイできたんだけど、収録曲のデキは、なかなかよいと思う。「Level 5-judgelight-」も入れてほしかったけど。
曲のクリアにかかわらず、3曲までプレイできるのは、とてもいい。¥100台になってるし。チャンスタイムの連射も、ロケテのときと同じで正式採用になった様子。かなり遊びやすくなったね。
ただ、相変わらず難易度が曲によってばらばらなのが難点。プレイしたい曲に、「ふつう」の難易度設定がなくて選べないというのが多すぎる。
僕は2丁拳銃派なので、「むずかしい」はまだちょっとたどりつけてません。

それにしたって、追加されたTAITOゲームミュージックが、ことごとく超絶難易度ばかりなのは、プレイさせる気がないとしか思えない。つくづく、「No考」というジャンルコンセプトと、ビジュアルイメージとが、内容とまったくかみ合ってないゲームだと思う。こんなの、一見のお子さんができるわけないだろ。
 
でも、ゲーム自体は面白いのよね。キングジョイは他の音ゲーと別位置にあるので、音が聞き取りやすくてとてもいいカンジ。
しかも、今日は人のプレイを見ることができました。町田でも厚木でも、僕以外がプレイしてるところ、見たことなかったので。一人は、かなりやりこんでてうまかったし。
ただ、2丁拳銃プレイヤーは他にいないようで、ほとんど自分の内容がハイスコア扱いになってました。終わって振り返ったら、ギャラリーがたくさんいてビックリしたけど。
 
もうちょっと近くにあればなーと思うけど、全国的にも稼動台数が少ないのでしょうがないか。TAITOにそんな生産能力はない。
というか、その少ない筐体を台湾に持っていく経営方針が、さすが和田と言わざるを得ない。車輪も、出戻り中古を香港に売ってるし。
さすがゲーム業界最大手のスクエニさんはやることが違うわー。

どうでもいい話だけど、メインキャラクターの「猫野たま」を女の子に設定したのは、あまりに浅はか過ぎると思う。
 
 
僕は、自分のことをゲーマーだとは思っていないのだけど、この歳でゲームをやってるって時点で、十分ゲーマーなのだろうなーという自覚はあります。楽しいことをするのに年齢気にしてもなーと思うんだけど、周りがおっさんばかりになると、どうも浮く感じはするよね。
――と、思うことが、たまにあります。なかなか遠くへ来たモンだ。

| | コメント (0)

2010年5月13日 (木)

にちよーひん

さすがに2週間で伝記を書き上げるのはムリであると悟ったらしい。
「文学フリマ」での詳細については週明けに。
 
 
 
先日の新P用バッテリ、5mmほどデカくなっているということで、旧型では使えないそうな。ガッカリ。
ということは、旧型Pのバッテリは、店頭から無くなっていくのか。来月くらいには買っておこう。
 
 
 
諸事情でお金がおろせないので、食料品や雑貨はカードで買っているんですが、さすがに、人が並ぶレジで、ちょっとした物をカードで買うのはどうかと思ってたんですよね。
そうしたら、近くのジャスコが、セルフサービスのレジを導入していたのでここを使っています。

買い物かごを無人のレジに乗せ、自分でバーコードを読み取らせて精算するんですが、カードだと、普通にそのレジにカードを挿入するだけで承認されるので、とても便利。盗難にあって使われたら大変だろうけど。
このレジ、ちゃんとモノを読み取ってかごから出してるかどうかは、重量で確認している様子。まぁ、イオンモールはお客さんも多いし、よっぽど面の皮の厚いヤツでもなければ、万引きしようというのはいないだろう。
 
ちなみに、僕のカードはイオンカードなので、ポイントもたまって、結構いいカンジ。僕は現金一括主義なので普段カードは使わないのだけど、こういう利便性があるなら、今後もここでカードを使った買い物するのもいいかなと思いました。
 
 
さて、そろそろイベントに向けて追い込みかけましょうかね。
持ってきたPC、本体の性能はともかく、液晶の狭さがどうにもツライです。こだわらなければ安く買えるけど、それで変な色の絵を描いてもしょうがないからなぁ……ちょっと悩みどころです。
まぁ、よほどの物でなければ、さほど酷い色は出ないし、そのモニターの傾向さえ押さえておけば、出力時の調整でどうにでもなるのだけど、モニターが大きければ大きいほど、輝度ムラと視野角による色差が気になるのよね。
んー……やっぱり、自宅のモニターと入れ替えるかなぁ?

| | コメント (0)

2010年5月11日 (火)

買う物計画

新しいVAIO Pが発表されて、ちょっと気になっています。

既にtype Pを持っていて、これを買い換えるもりはないのだけど、PS3のリモートプレイや、液晶横に付いたポインティングデバイス、そして何より、ウツギさんパーソナルカラーのオレンジがあるのがポイント高い。あまりにコンセプトが尖っているからPの後継はあまり期待していなかったけど、意外と本気だ。特に、キーボードのサイズを変えなかったというのは英断とも言える。

ただ、縦に持ってビューアーとしての使い方も提案しながら、相変わらず180°開かないのが残念。液晶の角度の自由度が今一歩なのは、Pの弱点の一つだと思う。

とは言え、もう一つの弱点だったバッテリーのもちが改善されているのはポイント高い。サイズを変えていないようなので従来機種でも使えそうだし、それで容量アップしているので嬉しい。
Pを買ったときはそこまで想定していなかったものの、出張先と自宅の往復や、こないだ富士SWでレース見ながら情報確認したり、名古屋までの自転車移動で周辺事情をチェックしたりといった使い方が定着してきているので、Lバッテリを買うことが決定していたんだけど、この新型のバッテリーが出るまでちょっと待ってみることにします。容量値から考えると、僕の使い方だと6時間くらいはゆうに持つ計算なのよね。

名古屋のSONY Storeでは今日から展示しているらしいので、ホント今週末は実物を見に行ってこようと思ってます。
 
 
そして、今年のCP+でモックアップが出ていた、SONYの小型αが発表に。
あのときのモックアップはダサいなーと思っていたけど、グリップと本体色が一緒になり、さらに新規のレンズが結構サイバーチックになっていて、意外とかっこよくなってる。そして、僕的に最もポイント高いのが、液晶ビューがチルト式だということ。固定だとばかり思っていたから、これは大きな誤算。残念ながら、バリアングルというほど動かなかったけど。
 
ただ、さすがにαマウントではなく、新規のEマウントということなのは残念。マウントアダプタは出るようなんだけど、まだAFには対応しないそうなので、使い勝手は悪い。さらに、SONYがこのまま1眼のマウントを2ラインでいくとは思えないので、いずれαマウントは終息してしまうのではないかという可能性が出てきました。
小型にすると光学性能を上げるのが難しくなると思うけど、それもいずれは解決されてしまうんだろうし。

まぁ、ミノルタが消えてからのαは存在感がどんどん希薄になっていたので、SONYが独自で行く気になるのも分かるけどね。変にミノルタの資産を引きずると悪くなるのは目に見えているし。
デジタル1眼のアルファは、SONYになってから格段に使いやすくなったから。αsweet Digitalとα300を比べると、その差は歴然だし、α500は、さらに使いやすかった。
……細かいところで「1眼なのにこれが設定できないの?」と思うところはあるけれど……。
 
さらにそのEマウントは、ムービーにも応用されるようで、ちょっと大規模なカンジ。
1眼のズームレンズはズーム時やフォーカスあわせでの駆動音が大きいので、あまりパーソナルユースのムービーには向かないと思うんだけど、昨今の動画サイトの盛り上がりを見ていると、映像素材としてや、アマチュア映画撮影や、単純な記録用としてでも、ニーズはあるのかもしれない。
値崩れした去年のハンディカムを夏あたりで買おうかと思っていたんだけど、ちょっと選択肢が増えてきたカンジだ。
 
 
 
日本のボーナス商戦を前に、イロイロ面白そうなものが出てきそうで、今年は意外とAV機器は楽しそうかもしれない。去年、一昨年と、不況の影響で手堅いものが多かった気がするので、そろそろ反動が大きく出てくるのかもしれないね。
今年の僕は、資金がそこそこあるから、面白そうなのが出たら変える状況なので楽しみです。
 
やー、去年結構質素な感じだったから、今年は思い切って、何か大きいものを買うよー。
そして、イロイロ出かけるよー。

| | コメント (0)

2010年5月10日 (月)

今日のラクガキ

Rough_mizuho

なんか久々にギャルゲーをやってみたり。PSP版の「おボクさま」プレイ中。
ひところの百合ブームが落ち着いたと思ったら、いつの間にか男の娘ブームが来ているようで、ちょっとそれはどうなんだ?と思わないでもない。
関係ないけど、僕はよく隙間ラクガキですがわらくにゆき風キャラを描くんですが、いつだったかのコミティアで、席を外すときにその書き置きですがわら風絵にフキダシつけてスペースに置いといたんだけど、2つ隣の島にすがわら氏本人がいて慌ててしまいに戻ったことがあります。
 
 
Rough_btoom

XBOX版デスマⅡ、ベタ移植じゃなくて、ちゃんと面白く作り直されていると良いなと思う。まぁ、買う予定無いけど。
 
 
Rough_torokuro

新しいVAIO Pは、PS3のリモートプレイでトロステができるらしい。有償でいいから、ウチのPでもできるようにならないかなぁ?
せっかく名古屋に直販店ができたので、今度新Pを見に行った見るかな。先日名古屋に行ったときにSONY Shopの前を通りがかったんだけど、特に用がなかったので寄らなかったのでした。

| | コメント (0)

2010年5月 9日 (日)

せーるす

ヤバイ。
ゴセイジャーが僕の中でオーレンジャーを超えようとしている。

つまり、過去のヒーロー戦隊モノで、もっともヒドイ作品ということ。
 
いや、もう、バンダイをスポンサーから引きずりおろしたいと思える作品は久々。そうしたら番組枠自体が消えてしまうんだけど、こんなヒドイのを流すくらいなら、特撮番組が一つ消えてもかまわないと思う。
 
 
 
アイマス公式の、とあるスタッフコラム、「ライブについて、スタッフも特別枠とかで参加できるわけではなく、皆と同じようにチケット取ってるんですよー」と、ユーザーと同じように楽しんでるということが言いたかったのかと思うのだけど、普通に見て、ファンの席をナムコの人間が取ったというようにしか見えない。特に、今のアイマスライブは、販売後数秒で完売する勢いなのだから、その枠をスタッフが取るのは、さすがに遠慮すべきという意見が殺到してもおかしくない。
まぁ、今のナムコに期待することなど無いのだけど。
 
 
 
ちょっと資金調達ができたので、ゲーセンで車輪を廻してみる。そうしたら、すさまじい勢いで連戦連敗。
いやー、雑誌とかで厨デッキ対策とかやってるみたいだけど、そんなん真面目に解説するのがバカらしくなるほどのヒドイバランスじゃないかと思うんだが。
 
どうもTAITOのアーケードTCGは、非電源モノと同じように、特殊効果や能力のコンボを重視している傾向があるのだけど、それがどんどん積み重なって、以前はイロイロ考えないとできなかった無敵技が簡単にできるようになってしまっている印象。つまるところ、設計が甘過ぎ。
 
初期を除くこれまでのバージョンでコワレと呼ばれるようなカードは、おおむねエンチャントの重複による効果が酷すぎるモノが多かったように思うんだが、未だにそれを繰り返しているのは、さすがに頭が悪い。コストの低いカードに強力な妨害持ちがいるのも、アクエリからずっと変わってない。
TCGで、ここまで色を揃えることに意味がない作品もないと思うし。んー……どうしてこうなってしまったのか。
 
それでも、最期まで見届けようとは思うけどね。
今日は、いのまたさんのカードが手に入っただけ、よしとしましょう。
 
 
TCGと言えば、最近のアニメの展開から、バトスピは子供に浸透させるのを諦めてしまったのかと思ってたけど、エンディングを替えたと言うことは、そうでもないということか。しかし、最近のアニメの内容は、ゲームの遊び方を説明しているだけのように見える。
再放送の始まった恐竜キングの面白さを再認識するね。
 
反して、これまで、その人気に対して中身がからっきしだったプリキュアがまっとうな作品になっているのがどうにも。ただ、「プリキュア」という冠が必要な作品のか?という疑問はあるけど。
まぁ、バンダイ単体で2時間も枠を取るのは、そろそろムリがあるんだろう。
 
 
さて、5月の大型連休も、本格的に終了。寒い春と言われていた状況も変わりつつあり、そろそろ日本らしい蒸し暑さが巡ってきそう。
そうなると気になるのが、無人の自宅。もうちょっと頻繁に、掃除とかしに帰ったりしたいところだけど、移動の拘束時間がやっぱり難点よね。

| | コメント (2)

2010年5月 8日 (土)

ライブ ラリー

「文学フリマ」のサークルリストを見ていて、うっかりウチのサークルアピールでタイプミスをしてしまっていたことに気付く。「伝奇」を「伝記」と書いてしまったがために、そういった場所へ配置されておりましたとさ。
やっちゃったなーと思っていたら、「じゃ、伝記を書くか」ということになりました。――あと2週間で?
 
そんなこんなで、18世紀のアメリカ――すなわち、独立戦争前後のアメリカ論についての本が出ることになりました。とは言っても、ちょっと変わった内容になるとは思います。
問題は、これにどんな絵を付けるのか?と言うこと。資料自体は、そこそこ集めてはいたのだけど、全部自宅にあって愛知には持ってきてないのよね。当たり前だけど。
さて、どうするか。
 
 
ということがあったので、今日はちょっと図書館に行ってみたりしました。
 
 
まず行ったのは、今絶賛在住中の大府市にある中央図書館。歩いても、なんとか行ける距離にあります。自転車だと5分くらい。
「中央図書館」とはいえ、名古屋の隣の小さな市だから、建物も蔵書も、こぢんまりとしたものでした。でも、庭園は立派。
普通の図書館で、悪くはないけど、本を見ながらスケッチするわけにはいかない感じ。まぁ、それができる所って、あまり多くはないのだけど。
 
もう一つ行ってみたのは、名古屋市の緑区にある図書館。自転車だと30分くらいかなぁ。
小さいわりには、結構本も多く、システムも新しかったのだけど、児童書と一般文学および資料系が同じフロアにあるので、あまり使い勝手は良くない。あと、ここも、本を使って勉強するのには向かない感じ。
ただ、2階にはそれ用の部屋があるのと、3階はどうやらイベント会場になっているようなので、図書館として以外の利用が考えられているところなのかもしれない。
 
明日は、名古屋の中央図書館である「鶴舞」に行ってみようかなと思ってます。ちょっと遠いけど、さすがに中央図書館まで行かないと、使える資料は見つかりそうにないので。
 
 
やっぱり町田の中央図書館は、かなり良いところだったんだなと再認識。
蔵書量もそうだけど、普通にPCを使って作業できる席がそこそこな数あり、しかも予約制以外でもそういう場所があるので、非常に使い勝手が良かったんですよね。ウチから自転車で10分もかからなかったし。
 
こういうときに思うのが、「書籍の電子化」。商売だから難しいとは思うけど、ある程度年月が経って、「再販しても売れないけど資料性は高い」って本が、Webで公開されたりとかしたらいいなーと思う。でもまぁ、難しいのかな。
あとは、公共図書館に限定した、電子書籍のネットワークを作って、どこの図書館に行っても同じ本を閲覧できるっていう環境ができれば良いんだけど、これもムリか。
この辺は、USAだと電子ブックを使ったシステムができているようだけど、実際に見たことがないので、どうなっているのか詳しくは知りません。向こうでのKindleの成功とかが日本にも流れてきたら、あるいはできたりするのかもしれないけど、日本のコンテンツ産業は利権の固まりだから、まぁムリだよね。
 
 
あとは名古屋周辺で専門書が揃ってるお店を探してみるかな。
ここのところの週末に名古屋へ行ってみて思うのだけど、どうも街が広すぎる。関東圏の「街」は、おおむね駅前周辺がショップ街で、そこからオフィス街へと展開するんだけど、名古屋は、街の核となる駅の間隔が狭すぎて、どこまで行ってもショップ街だったりするので、なんかお店を回りきった気がしません。
まぁ、それぞれの場所で何が強いかってのはあるっぽいので、その辺が分かってくれば良さそうだけど。
 
まだ来て一ヶ月だし、この辺は時間かけていかないとダメかなーと思います。
……それだけ長くいそうだってことでもあるんだけどね……。

| | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

お絵描きチャットログ 5/5分

Echalog_100505_01

セガハード、実は買ったことがありません。


Echalog_100505_02

古いHDDをあさったら色々出てきました。
 
 
次は、またどこかの週末あたりで。

| | コメント (0)

2010年5月 5日 (水)

ひみつきち

というわけで、設置完了。

Myroom_a1

デスクトップPC&液晶モニターと、この写真だと見づらいけどペンタブレットとスキャナーを持ってきました。これで、おおよその創作作業ができます。
ただし、持ってきたのはメインPCではなく、その前に使っていたマシン。メイン送って壊れたら最悪なのでね。

数値的には、初期型Pentium4の1.7GHzにRAMが1GBという貧弱な内容ながら、Intel純正のM/Bに、今や歴史の影に消えたRDRAMという構成のため、8年以上経った今でも普通に動いてくれる頑丈なマシンとなっています。
ただ、液晶モニタの関係で、表示解像度が1280x1024なのが難。僕はこの解像度をメイン環境にしたことがないのです。過去にこのPCを組んだときに、モニターを1600x1200の19インチCRTに替えたので、それより低い解像度でCGを描いてこなかったのよね。なので、最大サイズのペンタブレットとの相性が今ひとつ。

それなのに、なんでこんなモニターを持ってるかと言えば、PCじゃない、別の機材につなげていたから。

あと、色味も、比較的キツめに出るので、色々考えて描かないと。このへんは、メインPCも液晶にした時点で慣れてきましたが。
あとで気付いたけど、レーザーは無理にしても、サブに使っていたA4サイズのプリンタも送っておけば良かったか。まぁそっちは、いざとなれば、ハンドキャリーもできなくはないけれど。
 
あと、ロフトの上に環境を作ったのだけど、ここが暑いのよね。昔ロフトのある部屋を借りてる人から、「夏は暑くて大変」という話を聞いていたけど、まさかこれほどとは。まぁ、マンスリーマンションでは、光熱費は会社持ちなので、ガンガンにエアコン効かせればいい話ですが。
 
ノートPCに比べれば雲泥の差なので、しばらくこの環境でやっていこうと思います。
 
 
そんなわけで、突発イベント。
本日5/5、PM10:00~11:30で「環境構築記念&早くこの環境に慣れよう」お絵描きチャットを開いてます。お時間ある方はどうぞ。
別に絵を描かなくてもいいですし、適当な名前で入っていただいても結構です。また、予定よりも早く終了する場合もありますので、あらかじめご了承下さい。
 
時間が来たらブログエントリをたてます。

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

イベント、お疲れ様でした。

本日のコミティアに参加された皆さん、お疲れ様でした。そして、ウチに寄って頂いた方々、どうもありがとうございました。
今回は新刊を準備できませんでしたが、次回こそは。移動後の一発目ということで、できることとできないことが確認できた感じ。
 
それでも、もうちょっと何とかなるかなーと思ってたんだけど、思いのほか2拠点作業は難しいということを痛感した次第です。まだまだ甘い
なので、そんな状況に勝てる準備を、昨日はずっとしてました。明日には荷物が届いて、機材が揃うハズ。
 
 
今月はあと一回、文学フリマに参加します。ここでは、漫画ではなく、小説での参加になります。文はウツギの仕事ではないので、できるだけ手にとってもらえるようなビジュアルを作りたいと思ってます。
ちなみに、ジャンルとしては、伝奇モノになるのかなぁ。19世紀頃のアメリカを舞台にしたファンタジー作品です。文体はどうかと思うけど、ネタ的にはラノベだと思うよ。
 
 
 
というわけで、現在、愛知です。明日一日休みがあるけど、ちょっと環境構築しないとなぁ。
というか、前も書いたけど、ワケあって、あと3週間近くお金が下ろせないので、かなりピンチ。まぁ、カード使えば買い物はできるんだけど、ゲーセンは行けないなぁ。しばらくは生産活動にいそしみましょう。
 
 
 
とはいっても、2日には、富士スピードウェイまでSuper GT観戦とかしてたわけですが。一ヶ月以上前からチケット取ってたしね。
モータースポーツは、予想以上に写真を撮るのが難しかった……。今回はチームの応援席にいたから、フェンス越しとかになってしまったというのもあるけど。でも、写真を撮るよりも、みんなで応援してた方が面白いから、今後も応援シートがあればそこに行くかな。
 
ちなみに、応援してたのはこのチーム。
 
39por
 
まぁ、分かりやすいよね。

うっかりねんどろ目当てに去年から見てたんだけど、今回初めて現地観戦。
そもそも僕は車が好きではないのだけど、最近はいろいろな面で「観戦」とか「観覧」とかするようになってきてるので、たぶんその延長で今回も見に行きたくなったんだと思う。
実際に見たGTは、思ったよりも楽しめました。ぜんぜん初心者だったけど、なかなか見ごたえあったしね。
特に、序盤でミクポルシェが5位に上がったときは、応援シートのみんなが大歓声でした。その直後にスピンしてしまって「あぁ~!」ってなってしまったけど。でも、その後も果敢に攻めるミクポルシェに、みんなフラッグを振って応援してて、なんか一体感がありました。
後で記録表をみたけど、BestLapでは、ミクポルシェの番場さんが2位の記録をとってたし、スピンさえなければ表彰台も見える感じだったので、また次も頑張って欲しいなと思うのでした。
 
イタ車GTといえば、その先日の第3戦からカローラにエヴァ初号機が参入したのだけど、デザイン画はともかく、ステッカーが大量に貼られた今だと、普通に紫色の車でした。

Evacar

やっぱイタ車って、カラーリングじゃなくて、絵だよなーと思ったのでした。
ただ、そのエヴァカーに、我らがミクポルシェに負けたのが悔しい。
 
 
 
そんなこんなで連休も残すところ明日1日。
ま、木金と有休取ってる社会人はお休みだろうけどね。

| | コメント (2)

2010年5月 2日 (日)

COMITIA92 告知

イベント名:COMITIA92
開催日時:2010/5/4(火)
場所:東京ビッグサイト東1・2ホール
 
サークル名:海鈴亭
サークルスペース:は02b
 

新刊は無いです。
が、去年末の冬コミに参加されなかった方にとっては、ティア初出の本があります。


 
新刊は、作るのをやめました。面白い話にならなかったから。
データが愛知にあるので、既刊も手元にある数冊だけしか持って行けません。
とりあえずペーパー漫画くらいは書かなきゃなと準備中。なんだけど、木野ちゃんのデータも愛知にあるから、キャラが分かんなくて書けないのよね……。既刊、残ってないし……。
 
 
なお、
今回ウツギさんはサークル証を紛失してしまったので、開場してもしばらくはスペースにいません。スペースには12時頃からいると思います。
っていうか、参加証が見あたらないことに、今しがた気付きました。登録用紙無くてもサークル参加できるのだろうか?

| | コメント (0)

不足

アイマスライブ、あんなんチケット取れるわけないだろ……。
先行予約で確実に買えた1st Aniv.が懐かしいね……。
 
そしてPSP本体付きのProject DIVA 2nd。こちらも、早々に予約文が終了した様子。こちらは無理して買うこともないかなと思うので、特に思うところはないかな。
 
いずれにしても、テンバイヤーじゃなくて、ホントに欲しい人に行き渡ればいいなと思う。
 
 
 
袁家は、どんな三国志モノでも、バカ殿扱いだよなー。しかし、バウが秋元さんだとは、さすがに思わなかった。
それはともかく、さすがに華雄が単機で攻めてくるのには無理があるだろ……。ホント、軍勢を描く予算がないんだなぁ……。
というか、アニメ版の三国伝、展開が速すぎで、どういう作品になるのか分からない。子供にとっても楽しいんだろうか?


先日、初めて「KOF SKY STAGE」が稼動しているところを見かけました。で、やってみたのだけど、あまりに、まんま「式神の城」だったのことに驚愕。敵の雑魚キャラとか、どっかからか持ってきたモデリングとか、1色のシルエット人形とかで、手抜き過ぎ。
なんかNEO GEOは今年20周年らしいんだけど、過去の遺産を掘り返すのはもういいんじゃないかと思うのでした。まぁ、それは僕がSNKを好きじゃないから言えるんだと思うけど。

ワンフェスへの参加を、正式にキャンセル。ちょっとビクビクだったけど、ペナルティもないそうなのでほっとする。
ただ、あのイベントへの参加は、今後も難しいかなぁ。僕の創作活動と、ワンフェスの理念は、ちょっと違う感じ。――いや、理念というよりも、ワンフェスの実際が違うというべきか。
というとイベント批判に聞こえるけど、そういうわけではないんだよね。まぁ、ここ数年で造形も、限定モノとえろーすが増えすぎて、なんだかなーというお話。
 
 
 
目前のティア、ようやくプロットが定まったのだけど、いかんせん時間がない。間に合うといいな。
ネタが枯渇しているのではなく、作品とあわないネタしか出てこないのが問題。まぁ、長く続けようと思っていなかったものを続けることにしたから、ある程度は仕方ないのだけど。精進しないとね。
 
という状況でありながら、明日は所用で出かけてきます。まるっきり遊びな用事なので心苦しいところではあるのだけど、一ヶ月以上前から楽しみにしていたのでご容赦を。
それを言い訳にしないためにも、ちゃんと新刊仕上げないとなぁ。
 
 
ティア終了後は、その足で愛知まで行くつもりなので、GWも強行軍です。
今年はホントに移動量が多くて、なかなか楽しいです。――いや、問題の方が多いんだけどね。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »