« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

どこからどこまで

今日はミクさんの誕生日らしい。
まだ発売されてから3年しか経っていないというのは、ちょっと意外。そして、一過性のブームで終わらず、逆に、まだまだこれからと思える状況になっているのには驚く。

確かに、今の日本オタク産業のようなネタの食い散らかしが行われる中にあって、ずいぶんと商品展開が増えた後でも、それぞれのクリエイターに表現が許されたままというのは、ちょっとした奇跡だ。

まぁ、いろいろで過ぎていてうんざりすることもあるけれど、自分の好きなものだけチョイスすることが許されている。ウケてるからと狙って入ってきた人は、すぐに消えていなくなる。

願わくば、この幸せな状況が、少しでも続きますように。
 
 
そして、いよいよ今日でアケマスのオンラインが終了。東京にいれば中野まで行っていたんだけど、今はそうもいかない。プラボ中野は何度か行ったことあるけど、なかなか遊びやすいお店でした。
大須は、仕事上がりだと遠くていけなかったけど、刈谷にある「ADXマミー刈谷店」で、最後のオンラインゲームをプレイしてきました。新規プロデュースから始めたし、待ちの人もいたので公式のオンラインイベントには参加できなかったけど、まぁ満足でした。
お店は、「マミー」という名前からか、双海姉妹プッシュなPOPで飾られていました。あと、お店のカウンター脇にあるプライズ品の入ったショウケース内に、メガハウスから出ている一連のアイマスフィギュア全部並べて飾ってありました。公式の誕生日企画で作ったあずささんフィギュアもあったのには驚き。愛されてるなあ。
 
これが、「もう5年」なのか「まだ5年」なのか、どちらともいえるかなーという不思議なカンジ。というか、ナムコがバンダイに買われてから、まだ5年も経っていないのか。
アーケードゲームとして成功したかと言われると判断は難しいけれど、このゲームがクリエイター側に与えた影響はとても大きいと思う。
 
次のアイマス2では、CDの大量生産のためのプラットフォームではなく、純粋にゲームとして楽しめるものを作って欲しいと思う。アケマスの、あのギラギラした感じがもう一度欲しいなーと思うのです。
  
 
 
そして今日は、祖父の命日。忙しい人だったし、あまり接点はなかったけれど、僕の絵描き人生の最初のきっかけの一人だったりします。
今年は祖母もそちらへ行かれましたが、仲良くやっていますでしょうか?
最近、存命せず戸籍だけ残された100歳越えの高齢者の話題がニュースになったりしているけれど、きちんと家族に見送られた祖父と祖母は、幸せだったのかなぁと思ったりします。

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

大幅後退と少しの前進

詳しくは解決したらの話だけど、とりあえず、今の僕が言えるのは、

マンスリーのレオパレスには絶対住むな

ということくらいです。
 
 
 
こんなトコ、クリエイターが生活する場所じゃねぇ。

| | コメント (0)

2010年8月29日 (日)

ゴメン、寝落ちしてた!
 
 
原稿も微妙な状態でとまってるし、これから身一つで向かっても現地にいられるのは1時間ほど(まだ愛知)なので、申し訳ないけど、今回は欠席となってしまいます。

本当にごめんなさい。申し開きもございませぬ。

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

COMITIA93 告知

うーむ……我が手から漫画が出てこない……。
理由は分かってて、そのために係争中なのだけど、決着が付くのにまだ時間がかかりそうな上に、問題ばかりが上積みされているのがナントモ。テメーらがいつまで経っても動かないから、どんどん話がややこしくなっているんだということに、そろそろ気づけ。
 
 
そんな中で、今頃ですが、明日の告知です。


「COMITIA93」
日時:8月22日 11:00~15:30
場所:東京ビッグサイト 西2ホール
配置スペース:そ02b

頒布予定:不明


……いや、ホント、ゴメン。
何かはあると思うのだけど。

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

New α

総容量16GBを超えるHDムービーを眺めていたのだけど、GSRポルシェ、最後のピットインで前輪タイヤ交換をミスってたのね。9位のマッハGoとの差を考えると残念といわざるを得ない。
でも、そうやって強くなっていくのだろーなーと思いました。ガンバレ。
 
 
 
先日の鈴鹿にて、それまであまり気にしてなかったけど、今使ってるα300だと、チルトアングルは直射日光ではほとんど見えないし、連射速度も遅いしで、あまりモータースポーツ撮影向きではないなーと思ってたのです。
 
 
という絶妙なタイミングで絶好球が。

http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201008/10-0824/
 
 

AF追従速度が段違いな上に、待望の、ほぼ完全バリアングル。不満に思っている部分をことごとくカバーする上に、発売日が富士での第7戦直前という、まさに「あなたのために作りました」というようなカメラ。
これは買うしかないっしょ!
 
 
――と思ったりしたけれど、結局今回も、αのフラグシップナンバーである「7」を冠しないモデルなのよね……。まぁ、ミノルタならともかく、SONYにそのへんの思い入れがあるとは思えないので仕方ないだろうケド。
それに、どんなにがんばったフラグシップモデルを出しても、結局CanonとNikonに客がとられるってのがあるんだと思う。いまや、オリンパスやペンタも上級機種には及び腰だし。いまだと、昔ながらの規模で一眼作ってるのって、シグマくらいか。
 
でもまぁ、アルファの新しいレンズも出るし、まだアルファマウントを続けていく意思表示は見えたので、よしとしようかなって感じです。マイクロじゃないフォーサーズよりは、安心。
 
 
先日の鈴鹿では、意外にαを使っている人を見かけました。ミノルタ撤退以降、かなり少数派になってきたからね。でもNEXは見かけなかった。
マイクロフォーサーズは、ちょいちょい見かけましたね。応援席の隣に座ってた人はPENを使ってたし。あと、一眼で動画をとっている人もそれなりにいました。共用できるし、今はメディアも容量が大きいから利便性は高いんだろうなと思います。
 
TG5Vを使っていた自分からすると、しっかりグリップを持って構えるか、三脚必須な横型と違い、縦型は自由度が高いという印象。
一眼握っているときもストラップで手首からぶら下げてるとかしてたので、十分使い分けられました。
宣伝文句で「一眼のムービーできれいなボケ味を出す」とかいわれるけど、映像作品を作るならともかく、記録映像にボケはいらないと思う。それよりも、画面の隅から隅まで、高解像度で映っているほうがいい。

時間にして約2時間近くの映像を撮ってみて出た、現在の結論です。
 
 
というわけで、当面はα300で頑張りながら、まだ見ぬ「α77」を待ってみようかなと思っています。
 
 
 
そして問題になってくるのが、「もうCFを使うことはないのか」ということ。
 
鈴鹿の結果を踏まえて、少しでも撮影速度を稼ごうかと、富士用に速いCFを買ってみるかなーと思ってたんですが、もうCFじゃなくてSD/MSに完全移行しそうなんですよね。もはや容量単価でも転送速度でもSDが勝ってる場合が多いし。
あと、PDAであるZaurusからPCであるtype Pへ、常用ガジェットを変えたというのも大きい。PにはCFスロットはなく、SDとMSは、それぞれ付いているので。

まぁ、いろいろ悩んだりする要素があるってのは楽しいけどね。やっぱり僕は、基本的に電子機器好きなんだなーと、あらためて思います。

| | コメント (0)

2010年8月23日 (月)

2010 Super GT 第6戦 観戦記

2010_sgt_6th_01

というわけで、先週末の土日はずっと鈴鹿サーキットでした。
 
 
鈴鹿サーキットは、改修工事前でも行ったことがなくて、今回が初めて。SuperGTの観戦は、3戦目の富士スピードウェイ以来、今回が2回目。
で、今回は、初の予選から観戦。「予選を見に行く」というよりは、「決勝のために鈴鹿を下見に行く」という意識の方が強かったけどね。
 
 
その予選である1日目は、名古屋からJRを経由して伊勢鉄道で向かったんですが、まさか「鈴鹿」という名前の駅が、あんなにちっちゃな(ほぼ)無人駅だとは……。4,5年前に使った浜名湖線以上でした。
さらに、「乗り継ぐ予定の各駅停車が来るまで時間あるなぁ」と思って、鈴鹿駅から歩いてサーキットまで行ってみたんですが、結局、そこから2時間近く歩くことに。PCに入った地図のおかげで行方不明にはならずにすんだけれど、さすがに厳しかった。
僕的にも、1日目は「予選」でした。
 
 
そんなこんなで、1日目は、11:00前くらいからサーキットを歩き回ってました。はじめは第1コーナーの自由席で見てたんですが、あまりの陽射しに「これは無理」と思い、ちょっと悩んだ末に、当日券のパドックパスを購入することに。それで屋根付きのエリアで見てたんですが、そのパスだと、パドックエリア側から入ってのコーナーとか見られるみたいだったので、暑そうだなーと思いつつ行ってみたり。
そうしたら、すごく写真が撮りやすい場所だったので、そのあとしばらくずっと撮影会。予選とはいえ、ぜんぜん真面目に走っているので、富士のときとは違い、きちんとした写真が撮れました。予選だから人が少なかったというのもあるだろうけど、こりゃ確かに、あんな高いパドックパスをみんな買うわけだ。
 
GSRポルシェは、予選はとても安定していた印象。S2のアタックが10位ギリギリでハラハラしたけど、最終予選で4位を記録したときはビックリでした。
でも場内アナウンスで、予選最終ではいたタイヤが明日の最初に使わなきゃいけないルールだと聞いて、他のチームにもいろいろ思惑があるのかなーって感じでした。
 
予選を見ていて感じたけど、GSRポルシェの走行音は、とてもキレイ。他のGTみたいに、パリパリした音を出さない。それが排気の機構のためなのか、エンジンのためなのか、はたまた調整によるものなのかは、詳しくないので知らないけれど。
僕は、タイヤの擦れる音とか風を切る音は好きだけど、マフラーバリバリいわせるのは嫌いなので、高感度アップでした。
 
 
しかし、夏の鈴鹿の暑さは、ちょっとナメてたかもねーって感じで、結構アチアチな感じで1日目は終了でした。でも、予選にも行っていて良かった。いろいろ準備しなきゃいけないことが分かったからね。
 
 
 
で、昨日の決勝です。
 
2010_sgt_6th_02

朝の練習走行から眺めていたけど、結構スムーズに走っていたので、結構イイんじゃない?って感じで見てました。が、練習開始20分くらいで、ポールポジションだったCINE CITTAタイサンポルシェが、まさかの一人クラッシュ。そしてパーツ破損。

んー……何が起こるか分からないね。
 
 
 
お昼過ぎには、初めてピットウォークに参加してきました。
――ウン、こりゃ、ピットウォークパスが開催日1ヶ月前に売り切れるのも納得だわ。
次の機会は、各チームの位置とか調べて、計画的に行こう。
 
カメラさんを一番集めたのは、たぶんエヴァカローラ。あの3人、この時は、まったく見えませんでした。
 
 
 
そして、今回も決勝はAscii.jpの用意した応援席にいたんですが、ピットウォークから帰ってきたら、座席の熱さが半端なく。座ったとたん飛び跳ねましたよ。いやー、昨日来たというのに、まだ甘く見てたわ。
持ってきた機材の温度上昇も半端なかったしね。VAIOが壊れやしないかとヒヤヒヤものでした。
 
そうそう、お隣に座ってた方はiPadを持ってきてたんですが、なかなかに輝度が高くて、そこは感心。バッテリもよく持ってたし。
そのあたりはさすがだと思いました。
それでも、出先でもいろいろ作りたい僕には、ちょっと使い道がないけれど。ただ、炎天下で最大輝度までしないといけなくて、そのせいでみるみる減っていくバッテリを見てると、やはりWindowsPCでは不利かと思わざるをえません。初めて、Lバッテリを満タンからほぼ0まで使い切ったよ。次は標準バッテリも予備で持っていかないと。
 
 
今回も富士のときと同じく、Twitterやらを見ながら観戦。公式で実況しているのと、監督が時々レースデータを上げてくれるので、リアルタイムにいろいろ分かって楽しいのです。Twitterだけならケイタイでも見られるだろうケド、走行データはビューアがないと難しいから、このあたりは応用の利くPCが有利だね。データも大きいし。
それを見ていて、今日の走りが昨日よりも遅くてちょっと心配したり。他のチームと比べても遅めだったし。
ただ、第1ドライバーが、助っ人参戦の木下選手だったので、ちょっと安心してみてました。
 
 
実際に決勝レースが始まるまでは。
 
 
15:00を過ぎて決勝レースが始まって、しばらく眺めていると、明らかにミクポルシェが遅いんですよね。で、Twitter見てたら、ブレーキに難があって前に出られないという。そりゃないぜーという感じで、せっかくの4番スタートが、見る見るうちに後方へ下がっていくのが残念でした。
中盤からの追い上げは結構すごかったけど。あと、中盤では、他の車両に邪魔されず、平和に走っていたのが良かった気もする。
前の方では結構接触が起こっていたりして、700kmの長丁場だというのに、序盤から波乱な感じでした。走行妨害のペナルティを取られるチームも出たしね。
 
この辺、やはりカーレースも「スポーツ」なんだよなーと思いました。
 
 
そんな中、数あるファンシートの中でも、GSRポルシェは、ちょっと他と感じが違うよねーっていう印象。ただ、当初思っていたよりも、ちゃんとレースに興味が合ってきている人は多いなって思いました。失礼な話かもしれないけれど。
ひとつの大きな応援団旗じゃなくて、個人レベルでほぼ全員が応援フラッグを振っているのは、ここだけじゃない?その辺は、ちょっと自画自賛してもいいかなって思います。
 
あと、夜間走行に入ったところで、現場で配ったサイリウムをみんなで振り始めたんだけど、実況アナウンスで「あの光ってるのいいなー」ってうらやましがられて、一同大爆笑。
でも確かに、音楽ライブにいってる人には「サイリウムを振る」ってのもメジャーになってきたけど、スポーツ観戦でその応援方法はないよなって思うと、すごく新鮮な反応だよなーって感じで面白かったです。
あとでレース終了後の挨拶で、アキ社長が「サイリウム応援、流行らしましょう」と言っていたけど、確かにこれは、今後とも続けたい応援方法だね。
 
 
そんなこんなで、さまざまなドラマとともに、SuperGT第6戦、第39回というミックミクなレースは、結果10位でポイントゲットというところで終了。確かに、ちゃんと完走して、ドライバーポイントもゲットしたにもかかわらず、「まだいけたんじゃね?」みたいな感じが強かったレースでした。
欲張りかもしれないけど、ホントにいける気がしたからね。それは、チームの人たちも、サポーターも、そう思ってたと思う。
レース終了後の挨拶でも、監督から選手から、ディレクターも同じく、そういった感想が聞かれました。予選が4位だったのもあって、特にね。あっこさんだけ満足げでしたが。
 
 
 
2010_sgt_6th_03

最後の打ち上げ花火まで眺めて、すっかり涼しくなってから、サーキットを後にしました。いやー、堪能した。
 
 
 
おかげで今日は、歩き疲れで足痛いし、肌は真っ赤でヒリヒリするしで、大変です。
でも、次の富士まで、1ヶ月もないのよね。次も見に行くよー。
 
 
 
原稿も描くよー。

| | コメント (2)

2010年8月22日 (日)

SuperGT 第6戦 決勝

んー……10位か……。
あとひとつが足りない感じだなぁ……。序盤の「ブレーキが効かない」というのが、最後まで響いた感じ。しかし、結構荒れたので、無事にゴールしただけでもよしとするべきか。 
 
というか、完走するかどうかも怪しかった去年に比べればという感じだけど、今は、もっと上が狙えるチームだと思うんだ。みんなもそう考えてると思うしね。
 
 
今日はもう疲れたので、あとは明日あたりに。ついったーで実況してみようかと思ったけど、そんな暇はなかったね。
そして、TG5Vが大活躍。いいね、動画。16GB普通に使いきった上に足りなくて急遽、PCに挿してたMSを使ってしのいだけど。それでも足りなくなったけど。
 
 
RQのおねーさま方の写真も撮ったけど、ここでは公開しないよ?

| | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

SuperGT 第6戦 予選

20100821_gt39_39por

予選、4位!
 
 
各チームいろいろ作戦はあると思うけど、GSR with COXが結果を出せるチームだということは証明できた。
あとは、決勝で結果を出せるかどうかだけだ!

| | コメント (2)

2010年8月19日 (木)

係争中

突貫工事の結果、週末の鈴鹿行きは確保できた感じ。ただし、翌月曜の休みは無理っぽい。スケジュールを調整しないと。
今回のSuperGTは土曜の予選から見に行く予定。Ascii.jpが撮影講座とか開くみたいなので。5月の富士スピードウェイではじめて撮ったけど、かなり難しかったからね。

ま、今回は強力な味方である、ハンディカムがあるので、映像記録は前回よりもうまく行く気がするけど。
ちなみに、鈴鹿へは、まだ行ったことがありません。
 
 
 
「夢喰いメリー」までアニメ化するのか……。自分の好きな作品でアニメ化の発表があると、とても残念な気持ちになります。

「アニメ化」って、「消費」という観点でみると、とても粗っぽく見えるんだよね。
メディア展開していないマイナー雑誌の連載漫画って、稲作みたいな育成と消費って感じがするんですが、アニメ化の消費は、まさにイナゴの大群。それまで作家とファンで育ててきた物を、パブリッシャーとキャラ萌消費者が一気に食い尽くして、別のタイトルへ移っていく感じ。そして、売れ残ってたたき売りされるDVDと、作品とは何の関係も無く絵だけ借りた18禁同人誌が出るころには、もはや何も残っていなくなる。

とりあえず僕の中では、ジョンの声はジョージさん以外あり得ないのだが、どうか?
 
 
今放映しているテレビアニメで、面白いなーと思っているのは「会長はメイド様」かな。テンポが良くていいね。
面白いとかつまらないとかとは全く別の次元で、作品の意図が分からないのが「世紀末オカルト学園」。オープニングはギャグにしか見えないし、作品もピンボケで、どこを狙っているのかサッパリ。

というか、今期はアニプレが元気すぎて怖い。ジェネオンとバンダイが、また徐々にOVAにシフトしているように見えなくもないので、テレビで放映されるアニメは、さらに減りそうな気がします。
 
 
来年の今頃には、どうなっていることやら。

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

冬への準備

オレに頼るな!

「次はがんばる」といっておきながら、早くも雲行きが怪しくなっているウツギです。
週末は鈴鹿のSuperGTのチケット取ってるんだけど、行けるんだろうか?その補填として、月曜に休みを入れてるんだけど、休めるんだろうか?
 
 
 
夏コミで買ってきてもらったSEGAのグッズ。紙袋の絵がとてもSEGAには見えない代物なのだけど、よく見たら888さんの絵だったので、冊子の方も買ってきてもらえばよかったなーと、ちょっと後悔。結構、好きな絵を描く漫画家さんなので。
「あそびにいくよ」のアニメ版は、原作準拠だったので、まったく面白くなかった……888さんの漫画版準拠だったら面白かったのに……。
 
去年は僕の中でラノベ強化年だったのだけど、今年はまったく読んでません。どれも基本同じ筋書きなのと、作者のウンチクがウザイ作品ばかりだったから。
いや、ホント、ストーリーと関係ないところで、延々と重火器の説明とか戦闘機の歴史とか語られても、何の感動も起きない。
 
 
コミケで紙袋は、もうかなり一般的になってきたけど、ウチでも、いつか作れたらなーと思うことはあります。自分がキャラモノ紙袋を持つのはイヤだけど、広告媒体&グッズとしては、価値が高いなと思っているので。

でもまぁ、どんなに勧められても、漫画絵の紙袋を抱えて帰ろうとは思わないけどね。
人には勧めるけど。
 
 
さて、冬の申し込みを忘れないようにしないと。あと、文学フリマの案内も来たから、コレもやっとかないとね。
どちらも12月だけど、この分だと、あっという間だろうなぁ。

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

編集後記

さて、コミ家参加に関するいろいろ話を少々。
 
 
今回新刊が出なかったのは、ネームが予想以上に長くなってしまい、書き上げるために短くしたら面白くなくなってしまったから。コミスタ4の使い勝手が3と結構違ったというのも影響してはいますが。
コミスタは、バージョンが上がるたびにテキストの扱いが大きく変わるのが難。
 
あと、やはりDELLモニターでは、色が定まらない。ただ、意外にも、EPSONカラーレーザーの色とは、そこそこ近い感じがしたけど。
 
なお、今回描いていたネタが「お盆休み」をテーマにしたものだったので、ティアでコレを持ってくることはありません。もし出すなら、来年。
 
 
当日は、徹夜だったわりに、最後までもちました。話し相手が隣にいるのは心強い。
あと、初めて、ピクトチャットでスケブ依頼がありました。さすが、最近の人は怖いものなしだ。もちろん、依頼があれば何でも描きますけどね。
僕は、ピクトチャットでは基本「アッガイがしゃべっている」というスタイルで描いています。これは僕が、アッガイのSDフィギュアがぶら下がっているストラップを使っているから。
お絵かきチャットでもそうだけど、僕は「キャラが実況している」というスタイルで絵を描きます。僕にとって、絵は会話だからね。
 
 
何もない我がスペースへ足を運ばれた皆様、どうもすみません&ありがとうございました。
ここ数年、どうにも落ち着いていないのでアレですが、長い目で見ていただけると助かります。
コミケじゃないと会えない人もいるしね。「コミケ」は、「コミュニケーション」の略でもあると思うよ。
 
 
しかし、今年の配置は、ずいぶんと極端な感じだったんじゃないかなぁ?あれでは東西の移動は難しかろう。実際、僕も諦めたし。
まぁ、西が拷問サウナにならずに済んだというのはあるけど。

やっぱりコミケは、いろいろ見て回る場ではなくなってるのかなーと思う。それが良いか悪いかは別として。
何でコミケだけ、あんなにデカイイベントになってしまったのだろう?と思うけれど、でもまぁ、他のイベントとかとあわせて、バランスは取れてるのかもね。
 
 
そんなこんなで、次は2週間後のティアです。次は頑張る。や、頑張るだけじゃなくて、結果出す。
その前に、冬の申し込みを済まさなくては。オンライン受付になってから、昔ほど切羽詰らないので良いけどね。っていうか、今の職場だと郵便局に行く時間がないから大変なことになっていたけれど。
 
んー……社会人の夏休みも、もう少し長くても良いと思うんだ。

| | コメント (0)

2010年8月15日 (日)

C78終了

ついに夏も終了。皆様お疲れ様でした。
そして、本日は本が用意できなくてどうもスミマセン。2週間後のコミティアでは、もっとがんばりたいと思います。
 
 
そして名古屋で仕事です。
落ち着かないねー。

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

コミックマーケット78 参加情報

サークル名:海鈴亭
配置場所:日曜日 西地区 ”せ”13a

頒布予定作品:調整中
→TIME OUT
 売り物はありません。

(既刊ももって行きません)
 
 
状況は深刻だ…。

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

72

千早さん、単独72cm維持、おめでとうございます。
 
 
 
それにしても、あずみんの雪歩声、似すぎな上に電波が無い。すげー。

| | コメント (0)

2010年8月 3日 (火)

戦闘中

「クローバー・クラブ」のイントロの最後でリズムが詰まるのが気になってしょうがない。
 
 
昨日出社したら、部屋の机が半分以上なくなってました。夏休みまでに再構築しないといけないんだろうなぁ。
そして、別の事業所に、漢字違いの同姓同名の人がやってきてて驚く。新しく来た課長が、間違えてそっちの人にメールを送ってたので気づきました。そんなにありふれた名前ってわけじゃないんだけれど。
漢字も同じの同姓同名って人なら、福岡に一人いるってのは知ってるんですけどね。親族かどうかは、知らない。
 
 
三国志大戦の大会が始まるのだけど、8月の週末なんて忙しすぎて参加できないだろ……と思ったけど、次の土曜日に、そこそこ近いところであるようなので、愛知で参戦してくるつもり。
府中のアルカスとかセガ府中とか覗いてみたかったけど、夏コミ当日とかやめてほしいよ……。
 
 
「悠久の車輪」もいよいよ終焉かなーと、先のイベント戦の参加者ポイントを見て思ったけど、まだ500位まで人がいるってことは、アクエリより上なんだよなぁ。
気がつけば、「アクエリアンエイジ オルタナティブ」も、稼動店が残り4店舗。ついに大須のアーバンスクエアからも姿を消していました。結局、こっちでは1回もプレイしなかったなぁ。カード排出なかったから、仕方ないけど。

ストーリーも、なんかもう見てらんないってくらいひどい内容になってきたので、なんだかやる気がおきずにいるのだけど、今も続けている人的にはどうなんだろう?
ゲームの大枠のルールではLoVの方が酷いと思うけど、バランス崩壊による対戦時の理不尽さでは、ほかの追随を許さないゲームに仕上がったと思う。
タイトーは、もう潰れてもいいと思う。
 
 
そして、人気の高さに反した「ラブプラス+」のゲームとしての酷さは、ちょっと頭を抱えるレベル。確かに、キャラクターのしゃべりやしぐさはかわいいなと思ったけどね。
でも、改良版の「+」で、あのシステム周りの酷さは、素人が作ったとしか思えない。メッセージウィンドウで2行以上が出たら、スクロールするためのアイコンが出なくなるとか、ホントに老舗のゲームメーカーの製品か?メッセージ送りもオートしかないし。
それでも人気だけは高いから、アーケードの企画なんかが通るんだろうなぁ。
KONMAIはもう、覚えげーしか作れないんだろうなーと思わざるを得ない。
 
 
DIVA Arcadeをする時間がない。DIVA2は会社の行きと帰りのバスで、ぼちぼち進行中。
酔うのでツライけど。

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日)

ここ半月のウツギさん

・7月も中頃に突如社内民族大移動が発生。移動日が7月末ということで大混乱。
・自分は見送る側。
・ボーマスに行けなくなる。
・ワンフェスの一般参加もパスすることに。



・名古屋レジャーランド大高店にProjectDIVAが入荷。外部モニターまで設置される。ただし、設置後しばらくは画面が合ってなくてはみ出ていた。
・一方、名古屋市内のCLUB SEGA金山店は脅威のDIVA 4台設置。それでもなお待機列ができる人気っぷり。そしてコスプレ店員さんまでいる気合の入り具合。
・そんな状況でもいまだに入荷しないCLUB SEGA相模原店はホントにSEGA直営店なんだろうか?
・DIVA2を購入したが、まだ全曲開放した程度の進行度。
・「クローバー・クラブ」が可愛すぎて他の曲が進まない。
・PV曲リストは、「クローバー・クラブ」と「ぽっぴっぽー」の無限ループ。
・「ぽっぴっぽー」の2コーラス目、「Vegetable Juice」のところが「メタボるジュース」と聞こえてしょうがない。


・何とか大移動組を見送りJAXA相模原のオープンキャンパスへは有給休暇を取って見に行く。
・自宅から自転車で10分程度なのに、ずいぶんと遠い道のりだった。
・金曜日は朝イチで帰還したカプセルを見たけど、炎天下の中1時間半待ちだった。土曜日も行ったのだけど、8時に行った時点ですでに初日の10時代よりも列が長い。9時半の会場時には、脅威の5時間待ちというアナウンスが。
・今年のJAXA相模原のオープンキャンパスでは、「はやぶさ」人気をまざまざと見せ付けられたが、職員さんのデモも去年より気合が入ってる気がした。


・夏コミ用の新刊はオフセット本では無いです。アウェー過ぎるから。
・新刊はコミケとティアの両方で出せるよう準備中。
・今一番の問題は「画面に映っているカラー原稿の色が信用できない」

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »