« 2010 Super GT 第6戦 観戦記 | トップページ | COMITIA93 告知 »

2010年8月24日 (火)

New α

総容量16GBを超えるHDムービーを眺めていたのだけど、GSRポルシェ、最後のピットインで前輪タイヤ交換をミスってたのね。9位のマッハGoとの差を考えると残念といわざるを得ない。
でも、そうやって強くなっていくのだろーなーと思いました。ガンバレ。
 
 
 
先日の鈴鹿にて、それまであまり気にしてなかったけど、今使ってるα300だと、チルトアングルは直射日光ではほとんど見えないし、連射速度も遅いしで、あまりモータースポーツ撮影向きではないなーと思ってたのです。
 
 
という絶妙なタイミングで絶好球が。

http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201008/10-0824/
 
 

AF追従速度が段違いな上に、待望の、ほぼ完全バリアングル。不満に思っている部分をことごとくカバーする上に、発売日が富士での第7戦直前という、まさに「あなたのために作りました」というようなカメラ。
これは買うしかないっしょ!
 
 
――と思ったりしたけれど、結局今回も、αのフラグシップナンバーである「7」を冠しないモデルなのよね……。まぁ、ミノルタならともかく、SONYにそのへんの思い入れがあるとは思えないので仕方ないだろうケド。
それに、どんなにがんばったフラグシップモデルを出しても、結局CanonとNikonに客がとられるってのがあるんだと思う。いまや、オリンパスやペンタも上級機種には及び腰だし。いまだと、昔ながらの規模で一眼作ってるのって、シグマくらいか。
 
でもまぁ、アルファの新しいレンズも出るし、まだアルファマウントを続けていく意思表示は見えたので、よしとしようかなって感じです。マイクロじゃないフォーサーズよりは、安心。
 
 
先日の鈴鹿では、意外にαを使っている人を見かけました。ミノルタ撤退以降、かなり少数派になってきたからね。でもNEXは見かけなかった。
マイクロフォーサーズは、ちょいちょい見かけましたね。応援席の隣に座ってた人はPENを使ってたし。あと、一眼で動画をとっている人もそれなりにいました。共用できるし、今はメディアも容量が大きいから利便性は高いんだろうなと思います。
 
TG5Vを使っていた自分からすると、しっかりグリップを持って構えるか、三脚必須な横型と違い、縦型は自由度が高いという印象。
一眼握っているときもストラップで手首からぶら下げてるとかしてたので、十分使い分けられました。
宣伝文句で「一眼のムービーできれいなボケ味を出す」とかいわれるけど、映像作品を作るならともかく、記録映像にボケはいらないと思う。それよりも、画面の隅から隅まで、高解像度で映っているほうがいい。

時間にして約2時間近くの映像を撮ってみて出た、現在の結論です。
 
 
というわけで、当面はα300で頑張りながら、まだ見ぬ「α77」を待ってみようかなと思っています。
 
 
 
そして問題になってくるのが、「もうCFを使うことはないのか」ということ。
 
鈴鹿の結果を踏まえて、少しでも撮影速度を稼ごうかと、富士用に速いCFを買ってみるかなーと思ってたんですが、もうCFじゃなくてSD/MSに完全移行しそうなんですよね。もはや容量単価でも転送速度でもSDが勝ってる場合が多いし。
あと、PDAであるZaurusからPCであるtype Pへ、常用ガジェットを変えたというのも大きい。PにはCFスロットはなく、SDとMSは、それぞれ付いているので。

まぁ、いろいろ悩んだりする要素があるってのは楽しいけどね。やっぱり僕は、基本的に電子機器好きなんだなーと、あらためて思います。

|

« 2010 Super GT 第6戦 観戦記 | トップページ | COMITIA93 告知 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2010 Super GT 第6戦 観戦記 | トップページ | COMITIA93 告知 »