« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

3DS

Nintendo 3DSの価格と発売日が発表に。来年の2月に¥25kというのは、やや挑戦的と言えなくもない。完全に、DSの上位機種として展開していくってことだ。
 
そして、Wiiでは全く存在感を出せていない、Nintendoのネットワークによるコンテンツ配信を強化していくっぽい。ただの番組配信でも苦戦しているところへ、3D映像を定期配信できるのかは、結構疑問。
 
 
しかし、Nintendoが子供向けゲームからやや上の層を狙っているのは明らかで、近日発表がうわさされ続けているPSP2が出る前に、完全に先行するつもりなんだろうね。携帯ゲーム機としての立ち位置はDSiで盤石だろうから、単純にそれに上乗せされるようなモデルをってことなんだろう。
 
 
うまくいくかどうかはソフト次第ってのが、DSの時よりも強くなってきているけど、ローンチタイトルの代表格にラブプラスが入るような状況では、あまり期待できない。やはりNintendoからのゲームがどの程度あるかだと思う。
 
 
僕としては、同時期に発表された、マリオ25周年モデルのDSiLLって方が気になります。GAMEBOY microでもマリオ20周年記念モデル買ったけど、あんな感じのファミコンデザインだとかっこいいなぁ。パッケージ写真しか出てこなかったみたいだから、中身がどんなかはよく分からない。
 
でも、DSiLLの形状だったら、マリオよりもドンキーコングの方が合ってると思うんだ。まぁ、マリオとドンキじゃ、記念モデル出したときの売り上げが段違いだろうケドね。
 
 
 
売り上げが鈍り始め、徐々に勢いにかげりの出てきたNintendoが、はたしてどこまでやってくれるのか注目です。
まぁ、間違いなく、SharpのGALAPAGOSよりは成功するだろう。

| | コメント (0)

2010年9月28日 (火)

旧態依然

Sharpが新しい電子書籍の端末を展開していくということで注目しているのだけど、たぶん成功はしないんじゃないかと思ってます。
 
タブレットタイプの端末はなかなか良さそうだし、新しいXMDFはかなり読みやすいタイプのデータを作れると思うけど、いかんせん、音頭を取っているのがSharpというのがね……。SONYが悪目立ちしているので意外とみんな気付いていないけど、独自規格や新ブランドを打ち出して盛大にコケるのは、ある意味Sharpのお家芸でもあります。
 
 
Mebiusが事実上消滅し、NetWalkerが盛大にコケた後でのGALAPAGOSという電子書籍システムが、どういった経路を通るのかは、なかなか興味深いです。
もしNetWalkerを、あのどうしようもないキーボードを改良し、電子書籍システムと電子辞書の充実化を図って出したらいいなと思うんだけど、それだとターゲットが分からなくなるからマーケティング的に出ないんだろうなぁ。
 
挑戦するSharpの姿勢は良いと思うんだけど、失敗すると、「Sharpの失敗」じゃなく「電子書籍の失敗」に見られてしまうので、もうちょっと詰めてから発表してほしいよなーという感じ。
 
これでも僕は、今後の電子書籍にちょっと期待しているのです。漫画や画集&写真集は印刷物の方が絶対いいと思うけど、それ以外の文章メインの本は、絶対に電子書籍の方がいいと思うんだ。
 
 
ただ、最終的に何が良いのかを選ぶのは、メーカーでも出版元でも、コンテンツクリエイターでもなく、一般消費者であるべきなので、余計なところで無駄な論争はしないでほしいなと思います。
じゃないと、音楽業界のように、あさましい利権争議をしながら緩やかに衰退するだけだ。

| | コメント (0)

2010年9月26日 (日)

ハンドルを右へ

「電撃アーケードカードゲーム」の編集記者たちで書くブログで、「悠久の車輪」を担当している人の記事を読んだら、「イベント戦ではレギュレーション規定の中のコストの低い組み合わせ+普通の強カードというデッキとしかあたらなかった」とあって、やっぱりそうだったのねと呆れる。というか、そんなの、ルール見たらすぐにそんな惨状になるのが目に見えるというのに、どうやったらこんな企画でプレイヤーが楽しめるとか思えるんだろう?
稼動初期は通信やカード読み取りでバグがあって大変だったけど、今は開発プロデューサーの存在自体がバグなのでどうしようもない。三国志大戦から「武力大増量計略コンボ」という派手でバランスの悪いところを真似て、車輪の最大の特徴だった「陣取りの駆け引き」を削った結果がこの有様だ。そりゃ、返品を押し付けた先の香港で、プレイヤーランキングが100を切る結果にもなるわ。
 
ま、これよりもっとすさまじいスピードで稼動店舗の消えていった「アクエリアンエイジオルタナティブ」が、どれほどひどかったかって話ですが。そこから何も学ばなかったTAITOの開発力のなさは、ちょっと理解できないレベル。
 
 
 
ここ最近の名古屋は、すこぶる天気が悪いです。自転車では移動できない。
でも、電車は割りと使いやすいところを走っているので、市街地まで出かけるのもそんなに手間ではないです。
 
今日は、今まで電車の場合は地下鉄を使っていた大須まで、JRの駅から歩いてみました。そうしたら、そんなに遠くなくてびっくり。もうちょっと距離のあるイメージだったんだけど、徒歩20分圏でした。
そして、途中にいろいろな庭園やら公園やらを見つけて、天気の悪い中を散策したり。名古屋市は、いたるところに史跡があったりして、ビル街と安土桃山時代の歴史が共存している感じです。江戸時代も初期の、少しだけ古めのが多いのが、名古屋の特徴カモ。

Shimogha


写真は、旧東本願寺別院・新御殿の後庭があったところという「下茶屋公園」です。こういうのがオフィス街に突然あったりします。
ちなみに、この隣は「メ~テレ」本社。
 
今度、ちゃんと調べて、名前のある公園を回ってみようかなーとか思ったりもします。
来月後半あたりは、各地で紅葉も見所だろうし、ちょっくら準備でもしておきますかね。
 
 
 
そんななか、先週は、かなり残念な出来事が自分には起きてしまったので、その対策をこれから仲間内で進めていくところ。今年もあと残すところ3ヶ月少々というところで、本気で来年をどうするかという一大決起集会を開かねばならない状況に。
なかなかゆっくりとは生活させてくれません。もうそろそろ、のんびりさせてほしいんだけどなぁ。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

それは仕様です。

FF14の一連のカタカナ表記問題を知り、愕然とする。
SQほどの規模になれば社内に優秀なプログラマーはいっぱいいるだろうに……ハードウェアだけでなくソフトウェアでも日本のモノづくり力を下げてどうするんだ?と思ったけど、ゲーム制作も、いよいよアニメ的なコスト削減を行う必然性が出てきたということか。
ま、「背景にハングルが仕込まれてる」っていうアニメの問題とは別次元の話ではある。
 
 
 
NEXでαマウントアダプターを使ってAFが効くようになるらしい。が、SAM系のレンズじゃないとだめということで、ウチのレンズ群では対応できない様子。元々、αマウントのレンズを制御するパワーが出せないって話だったから、根本的に解決するには、本体をさらに省電力にしたり、瞬間のパワーを上げたりしなきゃいけないんだろう。
 
ま、そもそも、小型のEレンズの性能とラインナップを上げていき、ゆくゆくはシフトするってシナリオを描いているとは思うけど。ハイエンドカメラは、結局、昔の「カメラ愛好家」ってレベルの市場規模に回帰すると思うから。
デジタル一眼市場がちょっと盛り上がったのは、「もっときれいな画が撮りたい」っていうこと以上に「なんかカッコイイから」ってことの方が大きいと思います。なので、マイクロフォーサーズやNEXみたいに、小さいヤツの方がデカくて黒くてゴツイのよりも数は出ると思う。
 
 
フォトキナで発表されてたNEXのカラーバリエーションとかいいなーと思うので、Eマウント系の今後には期待。かなり見やすいとはいえ、あのモニターを見ながらMFで撮るのは至難の業だけど、αマウントにしっかり対応したら、ノーマルαボディで持って行くようなときに、コンパクトカメラを併用するよりも、NEXくらいの小さいボディも一緒にバッグに入れときゃいいねってことになるかもしれないしね。
 
 
そして、今回のフォトキナでも参考展示にとどまったα中級機は、いつ頃出るんだろう?NEXや他のカメラの時もそうだったから、出るときはいきなり出るのかもしれない。PENTAXもミドルクラスを出してきたから、αもそんなに遠くない先で出ると思うんだけど。
そして、同じように参考出展として並んだ500mm F4の望遠レンズが、とても気になります。まぁ、本体よりも高いレンズだろうからとても買えないけど、モータースポーツを撮ってると、遠距離望遠レンズは、かなり欲しくなるね。今までマクロレンズを充実させてきたので、なおさら。
 
 
Super GTも、最終戦まであと一カ月か。なんだかんだで、今年も早いなぁ。
 
 
 
キャンペーンをやっているようなので、ゲーセンで「BORDER BREAK」を久々にプレイ。ちなみに、ランクはDクラス。全然やっていないという証拠ですね。
全然うまく無いので全く相手を倒せないのだけど、「戦場の絆」と違って、酔わないので何とかプレイできます。ガンダム、僕は3回プレイして3回とも気分悪くなったので諦めました。
しかし、いろいろ事前情報仕入れてて、ちゃんと扱い方を把握したうえでプレイしないと、何が何だか分からないうちに撃破されっぱなしになるので、今度しっかり調べよう。昨日は、何戦かして、同じ人に撃墜されっぱなしだったので。

ちなみに、兵装は重火力一択で、キャラはこんな感じ。

Avatarcreate


出撃時に必ず「ダメだ…それはできない…」としゃべる以外は、特にこれといった特徴もありません。
 
 
 
そう言えば、今年はコンシューマー向けでバーチャロンFORCEが出るんだったか。
あの操作システムでBBを作らなかったのは、やはりコスト削減からだと思うんだけど、それにしても、操縦桿を動かすんじゃなくて、その上にちょこんと乗っているジョイスティックを動かすというBBの操作性は斬新だった。その良し悪しはともかく。
もうちょっとライトユーザーにも配慮してくれたらなーと思うけど、そこはSEGAだから仕方がない。
 
それはともかく、バーチャロンFORCEのXBOX360版の初回版の予約特典が、ジェランとフェイを巨乳にしたり貧乳にしたりできるダウンロードコードというのは、さすがにどうかと思うんだ……。

| | コメント (0)

2010年9月21日 (火)

サイクル

「悠久の車輪」の最新イベント戦の告知を見て、以前、店舗主催大会でお世話になっていたお店で出会った某プレイヤーを思い出す。その人が惚れていたカードがレギュレーションのメインにフィーチャーされていたので。
案の定、イベントランキングに顔を出していてほほえましく思ったのでした。
 
とはいえ、大会のレギュレーション自体は、相変わらず穴だらけで、結局「絶対に使わないといけないカードの組み合わせ」のうち、登録コストの低いものを入れた後は、残りでガチな厨デッキが簡単に組めてしまうという、ホントにルール考えてるのか?といった内容。あいかわらず、企画者の浅はかさがよく分かります。
まぁ、プレイヤースキルとかデッキの構成の妙とかよりも、どれだけ金をつぎ込んだかという、ただの廃人選手権なので、あまり細かく設定しても意味が無いのだろうけれど。
 
 
 
ドイツで開催されるカメラの展示会「フォトキナ」が始まるということで、各社から新機種の情報が出てきています。
 
エントリーの発表の次はフラグシップである「k-5」を出してきたPENTAXや、パナもミドルクラスで動画撮影を強化した「DMC-GH2」とあわせて、先立って3dコンバーションレンズをムービーにつけるという荒業と同じように、交換レンズ事態を2レンズにした物まで出す様子。シグマもハイエンドを出してくるし、RICOHのユニット交換カメラも、今まで参考的に出ていたのが正式発表されたりと、にわかに賑やかに。
 
去年までの不景気で見合わされたハイエンドモデルの投入が、今年に一気に集中したのかなーと思えるくらい、Canon、Nikon、PENTAX、オリンパスの足並みがそろった印象。
そして、パナとSONYは、なんだかんだで家電メーカーなんだなーと思わざるを得ない。
 
 
まだまだこれから随時情報が出てくるだろうし、そろそろクリスマスシーズンあわせで新製品の情報が出てくると思うけど、意外と今年はいろいろ出てきそうな感じ。
TVの3Dとか地デジ終了とか、エコポイント対象商品とかばかり量販店では話題になるけれど、カメラとか、新しいウォークマンとか、意外とホビーなものも、切り替わりのタイミングなのかもしれない。
 
 
まぁ、ひところのデジカメ高画素競争みたいに、ちょっとした向上で半期に一度くらいモデルチェンジされると困るけど、今はその辺落ち着いているので、このあたりでじっくり選んでみるのもいいかもね。

この流れで、ハイエンドαが出てくれれば言うことなかったんだけど……それはまだもうちょっと先かなぁ?
それにハイエンドの一眼レフカメラだと、自分で買えるくらいに値段下がってくるのは、発売からさらに1年くらい先だから、まだまだ当分かな。
それまでα300で腕を磨いておきなさいってコトですかね。

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

プレイヤースキル

休暇終了。今週は23日が休みなこともあって、休暇を入れて大型連休にしている人もいる様子。僕は、23日は仕事です。昼と夜の時間が同じな程度では、お休みをくれないらしい。
 
しかし、いつの間にか陽が暮れるのが早くなってました。暑い暑いと思っていても、ちゃんと月日は先に進んでいたのよね。
近所の小学校には、運動会の準備が行われていました。まだチョイ暑めだから、今の、クーラーになれたお子様どもに、運動会の練習はつらいのではなかろうかと思わないでもない。倒れたら教師のせいにされてしまうだろうし。 
 
 
今回の神奈川-愛知移動で、初めてVAIO P内臓スロットにSIMを入れて使用。さすがdocomoの回線だけあって、Willcomと違い、ぜんぜん途切れない。トンネル内も楽勝でした。
3連休だったせいか、新幹線がかなり混んでいてあまり使えなかったけど、感じとしては、常時接続のつけっぱなしでも、4時間くらいはもつっぽい。ただ、画面の明るさには注意しないと。
 
そして、300kに制限されている通信速度も、Flashバリバリのサイトを閲覧するわけじゃなければ、特にどうということもなく。自分のブログにいろいろ広告仕込んでる人はツライだろうけど。
そして、Pの処理能力でも、映像系をいじる以外は、ほとんど問題にならない。画像加工も、やってやれないことはないしね。普段使っているからといって、AtomマシンでPhotoShopを使おうとして「重すぎ」とか言う人もいるけど、それはただ単に使う人の問題だ。
 
 
WiMAXとか、スマートフォントか、汎用的なファイルのエディット+常時接続な環境が整ってくると、ガジェットの使い方も変わってくるね。
 
以前、Zaurusに常時接続のカードをつないでいるときもそうだったけど、出先でちょっとした調べ物だけじゃなくて、得た情報を自分で加工して保存できるのは、とても有効。
LinuxZaurusでも十分だと思っていたけど、WindowsPCだと、さらに応用範囲が広がる。それは当たり前のことではあるんだけど、ネットブックといわれるくらいのサイズのPCが多く出回るまでは、とても限られた、そしてかなり高価なPCでしかできなかったし、そのバッテリも2時間かそこらしかもたなかったから、それじゃあまり劇的な変化はなかったんだよね。
それが、ここ2年の間に、PCのサイズと値段が劇的に下がって持ち出しやすくなったし、バッテリも5時間くらい動くのが当たり前になってきたしで、そうなると一気にできることが広がったように思います。
 
先週はIntelの開発者向けフォーラムも開催されて、次の世代が見えてきたけど、そこでは、どうやらIntelが本気でコンシューマーレベルでの使い方を想定した開発をしていることが示されたようなので、移動中のPC使用とか、もっと一般的になってくるかもしれない。実際、新幹線でPC使っている人、そこそこいたしね。
あるいはiPadみたいな端末のほうがウケるのかもしれない。自分でモノを作らないなら、表示画面だけってもののほうが使い勝手はいいかもしれないしね。
 
 
そういうものと、最近元気のいいKingGimのPomeraやら名詞リーダーやらは、共存していけると思うんだ。僕自身はPomeraの機能には否定的なんだけど、実際にはちゃんと売れてたしね。音楽プレイヤーだって、「汎用のデータでライブラリを造っているからなんででも再生できる」って言っても、やっぱり専用のプレイヤーで聞くほうが、使い勝手もいいし音もちゃんとしている。
 
そういった使い分けを、ちゃんとユーザーに認知させることができるかどうかが、今後電気機器メーカーが生き残れるかどうかのひとつの指標だと思う。言ってみれば「機械オンチ」をどれだけ減らせるかってことだ。
今の日本の携帯電話に詰め込んだ機能の半分でも使わせる努力を、メーカーはしないといけないと思うんだ。
 
すごく難しいとは思うけど。

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

スペースノイド

そりゃ、わざわざ幕張くんだりまでして来て、ワクワクしながら待ってて出てきた最新情報がアレじゃ、アイマスファンのテンションが一気に急降下するのも分からんでもない。
でも、竜宮メンバーのプロデュースとか、いろんな問題は徐々に解消されていくと思うよ。
 
 
 
DLCの料金を払いさえすれば。
 
 
 
今日の昼はちょっと暑かった感じ。でもこのくらいなら、普通の残暑だ。
 
で、今日はちょいと、相模原市立博物館でプラネタリウムを見てきました。金星と探査機のあかつきについての題目をやっていたのでね。
内容は、わりと全年齢向けでした。もっと子供向けなのも想定してたし、実際子供向けな部分もあったけど、分かりやすくて勉強になりました。
というか、プラネタリウムに来たのなんて何年ぶりだろう?10年じゃきかない気がする。
 
相模原市立博物館は、常設展示で地域の歴史物もおいているし、JAXAの真向かいという立地から宇宙系の展示も多いし、何より入館料は無料なので、気軽に遊びにこれるのが良いです。こういうのが近くにあるなら、市民税も喜んで払うよって話です。
博物館とか図書館とか、公共施設の内容が良いってのは、結構ポイント高いです。学校みたいに、何もしなくても教えてくれるところにいれば別だけど、普通に生活しているだけだと、知識が偏るからね。
 
 
世界的な不景気のせいなのか、日本のマスコミが無視しているだけなのか、最近はあまり宇宙開発の話を聞かなくなりました。スペースシャトルも計画が終了してしまうし、ロシアは旧ソ連時にも増して秘密主義だし、派手な話はないね。
そんな中で、徐々に存在感を上げている日本の宇宙開発が、少しでも日本力の再発見につながればいいなーと思ったりします。

それは、対外的にも、日本人向けにもね。

| | コメント (0)

2010年9月18日 (土)

共感はいらない

借り物とはいえ、やはり我が家は落ち着く。
というか、勝手に決められた部屋をあてがわれて、初めて、自分が住むトコにすごいこだわりを持っていたんだなと知りました。いや、確かに引っ越す前にかなり候補をあげて悩んで決めたけど、まさか、これほどとは。
そして、新たな住居獲得戦が来週より再開。我が創作活動をこれ以上邪魔するというなら、こちらにも考えがあるということを思い知らせてくれる。
 
――あ、名古屋は悪いトコじゃないです。車の運転以外は。
名古屋来て、久々に金ちゃんヌードルのCM見たしね。すごい古臭いのになってて驚いたけど。昔の社長の出てるやつのほうが面白かったのになぁ……と思ってググってみたら、社長、亡くなってたのよね。でも101歳とからしかったので大往生か。
徳島製粉のラーメン好きなんだけど、関東じゃ売ってないんだよね。袋よりもカップのほうが好き。
 
 
 
西のCMといえば、しばらく前に友人と話していて話題に出したのが「文明堂のカステラ」。
文明堂といえば「カステラ1番 電話は2番~」というCMらしいけど、僕はこれを1度しか見たことがありません。僕にとって文明堂といえば「デキシーパンダ」です。YouTubeとかニコ動とかで「文明堂 デキシーパンダ」で検索すると出てくると思います。っつーかさ、文明堂とか西日本産なんだから、関東のCMのほうが違うんだよ。
ちなみにデキシーパンダのCM、メッチャ古臭い映像ですが、僕が子供のときに見たころから、妙に色あせた映像でした。
 
ローカルCMといえば、昔からずっと見て来て、そのCMソングが染み付いているのが「お好み焼きの徳川」。これも動画サイトで検索すれば出てくるかも。
ちなみに、最後に「東洋観光グループ♪」と流れるものは、比較的新しいCMです。東洋観光グループのサウンドロゴができたのって、90年代入ってからじゃないかな?
ちなみに、その「徳川」は広島に本社のあるお好み焼き屋のチェーン店なんですが、観光で広島に行く人には、あまりお勧めできません。メニューが将軍の名前だったり、自分で焼かなきゃいけなかったりすることもあるんですが、何より、わざわざ広島に来て関西風のお好み焼きを食べることもないでしょ……と思うから。
あ、不味いわけじゃなくて、むしろ関東の下手なお店のよりもおいしいですよ。念のため。
 
 
ローカル目の食べ物だと、乾麺で「味のマルタイ」の棒ラーメンは良いね。最近は時々ローソン100でも見かけるので、関東のほうでも知ってる人は多いかも。
福岡の会社なので、九州バリエーションとして「博多」「熊本」「長崎」「宮崎」「鹿児島」の各ラーメンを出していて、どれもなかなかおいしいです。こないだ、すべてを売っているお店があって、無駄に全種買いそうになりました。
ま、このラインナップから言っても、佐賀がいかに特徴が無いかが分かります。大分はいいんだよ。温泉あるから。
 
 
飲料では、やはり忘れてはならないのが「愛のスコール」。これは宮崎の会社の製品で、炭酸入り時代のアンバサというか、カルピスソーダというか、そういった類のホワイトソーダ。
愛のスコールに比べれば、カルピスソーダとか、ぜんぜん弱いから。
最近は、関東でも見かけることがあります。僕の知ってるところだと、JR川崎駅ビルに面した、バンダイナムコのゲーセン&キッズベースのお手洗い入り口付近トコにある自販機に入っています。<細かいな
 
 
そして、夏の暑い時期になると関東に売ってないことが悔やまれるのが、アイスクリームの「ブラックモンブラン」。以前通ってたオフィスの近くにあった7イレブンで見たのが、僕が関東で買った唯一。
これは、バニラアイスにチョココーティングとクランチをかけた棒タイプのアイス。似たようなのはいくつかあるんだけど、やっぱブラックモンブランは特別なんじゃよー。
やっぱり、作ってる会社が佐賀なのが全国に出てこれない理由じゃないかと思うんだ。<ヒドイ
ちなみに、ブラックモンブランの「モンブラン」は、栗ではなく、西ヨーロッパ最高峰のお山の名前です。――まぁ、ケーキのモンブラン自体、山の名前から来てるんだけどさ。
 
 
 
というようなローカルトークは、地元の人がいないところで、時々します。ローカルトークって、「そんなのあるんだー」って思わせるのが楽しいのであって、「そうそう、ソレソレ」みたいな共感を得るためって感じには、僕はあんまり話さないです。
やっぱ、住んでるのと旅行で訪れるのとでは、その土地で見えるモノってぜんぜん違うんだよね。ちゃんと「住む」をしないと、「生活」は見えてこない。

だから、人の「生活」にかかわるものを作るなら、実際にターゲットの環境で「生活」しないとダメだと思うのです。絵や音楽だって同じこと。
上辺だけをなぞるから、その瞬間でしか売れない、うっすい作品ばかりができてくるわけで、そんなことはみんな分かってると思うんだけどさ。

| | コメント (0)

2010年9月16日 (木)

レベルシフト

2台巨頭のひとつであるNikonがいよいよフラグシップを動かしたのと、オリンパスが久々に標準サイズのフォーサーズを発表し、先行して新機能を搭載したエントリーモデルを出したSONYと合わせて、デジタル一眼レフに大きな動きが見られる中、なぜか不思議な動きをしているのが、会社としては消滅したPENTAX。前機種ではじめた強烈なカラーバリエーションは標準レンズの色にまで及び、コンパクトの方では、ブロック玩具を本体につけてしまうという荒業を披露。
 
いやー、αレンズをそろえてなかったら、PENTAXに乗り換えてたね。
 
 
僕は、コンパクトカメラでは、富士かPENTAXという使用歴だったりします。富士は一番最初に買ったデジカメだし、PENTAXは一番長く使ってたデジカメ。といっても、富士は、単純に、立ち寄ったお店で安売りをしてたから試しに買っただけなのと、PENTAXのコンパクトは、今風の薄型じゃなくて、バリアングルの付いたゴツイやつだったけど。
そのバリアングルデジカメであるOptio 750Zは、今でも使える良いカメラだと思います。
買い換えたのは、気軽に持ち歩くにはちょっとポケットに入れづらかったのと、電源スイッチが壊れていたこと、そして、広角の高倍率ズームが欲しかったこと。
なのでFinePix 70EXRを常用してるんですが、撮れる画としては、もう一声ほしいなという感じ。暗所での強さは感じるけど、SONYが裏面照射CMOS機を出して、さらに世代を重ねた今では、飛びぬけて良いというほどではない。薄型ズームとしても、いまだとCASIOが結構がんばっているし。
 
でもまぁ、ほかに乗り換えなきゃなーと思うほど悪いカメラでもない。かっちりハマったときの画質はなかなかだし、なにより、広角10倍ズームの使い勝手はとてもいいので、それを基準にするとほかの選択肢は極端に減るので、まだ劇的に良くなる代替機ってほどのものは出てきてないんですよね。
 
なんだかんだでケイタイのカメラしか使わない人は多いけど、やっぱり専用のカメラの方がいろんな面で良いと思いますよ。まぁ、常に持ち歩くってのが習慣にならないと、なかなか良さは分からないと思うけれど。
 
 
 
今日から東京ゲームショウが開幕。いろいろと最新作の情報が出ている模様。
 
実のところ、TGSには一度も行った事がありません。アーケードのショーには何度か行ったことあるんだけど、コンシューマーゲームのショーには行ったことが無いのです。人、多すぎなので。
なので、たぶん今回も行かないと思います。
 
アイマス2のステージとか、SEGAのステージとか、かなり人が多いんだろうなぁ。
アイマスの新作、だいぶ情報が出てきたけど、正直な話、ゲームとしてのアイマス2には、僕はまったく期待していません。だってさぁ……アーケードからXBOX360版→L4U→PSP→DSと、どんどんレベルダウンしてきたのに、これで次に期待しろっていう方が無理だって。
でもまぁ、今回はちゃんと作っていそうなので、DSのときよりは期待してもいいかなと思うけど。そして、たぶん買うと思うけど。
 
 
それよりも、モンハン3の同梱版PSP本体がカッコよすぎで、結構欲しい。まぁ、ネットで予約が始まったら、速攻で売り切れると思うけど。
 
しかし、PSPってのは、そんなにカスタムモデルを作りやすいんだろうか?あるいは、結構な数を作っても売り切る自信があるということか。
 
そう考えると、いまだに残っていて、お店によっては投売り扱いになってるMGS PEACE WALKERは、どれだけ失敗したかって話です。もう発売から結構経つけど、いまだに小波スタイルの特別限定版とかも普通に買えるからね。
かくいう僕も、PSPバリューパックぐらいの値段になったときに買いました。PSP-1000もMGS同梱版が出たときに買ったから、ウチには迷彩柄のPSPが2種類あります。そして初代迷彩PSPは、ミクさんのドリーミーシアタープレイのため、PS3に常時接続となっているのでした。

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

ふけゆく 秋のヨ

唐突に、朝晩が涼しくなる。記録的な猛暑の続いた2010年の夏も、いよいよ終わるということか。
もうちょっと遷移に時間をかけてほしいなと思うけれど、四季が無くなるよりはいい。
 
そういえば今年は、3月に雪が降ったんだった。ちょうどミクの日ライブだったから覚えているけど、そう考えると、一概に「温暖化」と言うこともできないよね。
一言で表現すると、やっぱり「異常気象」と言うことになるんだろうか。でも、これも数年続けば、それが「正常」になる。
 
 
 
先日、デジタルフォトフレームを買いました。これでGTの写真とか眺められる――とかのためではなく、実のところ、フォトフレームとしての機能はあまり重視していません。
じゃ、なんのために買ったのかと言うと、いろんな機器の外部モニタとして使うためです。
 
僕が購入したのは、最近PCメーカーとして存在感を増しつつあるONKYOの「LPF10M01」という製品。
フォトフレームとしては、やたらと額縁部分が大きく、ちょっとお値段も高めなのだけど、外部入力としてHDMIがついてるんですよ。
パネルの解像度が1024 x 600というどこかで聞いたことのある10.1インチサイズなんでFullHDというわけではないんですが、入力自体はFullHDに対応していて、グラデーションとか、かなり階段状になるものの、ちゃんと表示してくれます。
 
 
それで何がしたかったかと言うと、PS3の簡易モニターをベッドサイドに置きたかったのです。
 
 
ウチでは、PS3はプロジェクタしかつなげてなかったんですが、それだとなかなか扱いにくいので、ちょっと使うためのモニターが欲しかったのです。でも、テレビだと大げさだし、PSPを使ったリモートでも、PS3のモードを設定するためには画面見ないといけないのでね。
 
ただ、そのためだけに買うのは高いかなーと思っていたのだけど、たまたま名古屋のグッドウィルで見かけたときに、結構お安く売っていたので買ってみたのでした。
 
 
で、数週間使ってみたのだけど、これがなかなかちゃんと表示してくれて、結構満足。スピーカーも内蔵していて、HDMI経由で受けた音も再生してくれるのも、ポイント高いですね。視野角がそれほど広くないのが難だけど、期待していたよりはちょっと上を行ってくれました。
 
 
が、問題は、フォトフレームとしての機能。
 
 
フォルダ単位でのスライドショーとか切り替えスピードとかの設定はあるけど、かなり大雑把にしかできないし、表示順のランダムも無し。
カレンダー表示はできる物の、そこに表示される写真はとても小さい上に、フォルダ指定ができない。デザインもダサダサ。そして、設定した時間が、豪快にずれる。
MENUのGUIなんかも、かなり反応が遅くて使いにくい。台湾丸投げっぽいデザインも相まって、とても日本メーカーの製品には見えない作りでした。
 
 
少ない枚数の写真を、ただ表示するだけとかなら、発色もまぁまぁだし、画面も大きいのでいいんだけど、「プリントした物じゃなくてデータを表示させる、デジタルフォトフレームならでは」ということをさせようとすると、とたんにガッカリな感じになってきます。もったいない。
普通にデジタルフォトフレームとしての機能を重視するなら、SONYとか富士フィルムとかの方が、絶対に良いです。
 
せっかくいい技術持ってるんだから、もうちょっと作りこんでから出せばいいのになーと思わすにはいられませんでした。今後、ONKYOのコンポとかと組み合わせるような企画が出て、その時にアップデートとか行われるといいなぁ。
 
 
 
日本のオーディオ機器専業メーカーは、オーディオブームが去ってからはほとんど存在感をなくしてしまったけれど、ONKYOは、PCとの親和性を高めることに活路を見出して、結構頑張っている感じ。
ただ、結局SOTECも工人舎も取り込んでしまったけれど、製品の品質イメージまでSOTECにならなきゃいいなーと、このデジタルフォトフレームを見て、ちょっとだけ心配になったりしたのでした。

| | コメント (0)

2010年9月13日 (月)

継続は有効な力になるのか?

さすがに、テレビの受信感度が作業遅れの直接原因では無いです。そんなので暴れてたらただのクレーマーだけど、でも、それで満足か?と聞かれれば、全然そんなことは無い。
問題の一つ一つは小さいけれど、一つになれば無敵なのデス。
 
全部書くと、すさまじい恨み辛み文になるのでやめとくけど、クリエイティブな作業にクリティカルにヒットする問題点を1つだけ挙げると、「部屋の照明がすべて白熱球の間接照明だけ」というのがあります。なので、全く色の判断ができないのです。でも窓を開けると、人通りの多い道路に壁無しで面しているんだな。
 
 
 
先週は自転車がパンクしていたというのもあってあまり出かけなかったんだけど、修理して走ってみたら、すさまじい勢いで疲れてしまい、運動不足を痛感。さすがにこれはヒドイと思い、買い物がてらの中距離移動は、意識的にやらないとだめだなーと決意したのでした。
 
さすがの地方らしく、近辺の夜は7~8時でどこのお店も閉まってしまうので、仕事上がりで買い物をしようと思うと、どうしたって遠出をする必要が出てきます。コンビニで食材は買えないからね。
 
 
こういう時に心強いのが、自転車で走っているといろんなところで出くわすイオンモール。常々、何でイオンは、あんなにどこにでもあるのだろう?と思っていたのだけど、夜遅くなる人にとってみれば、あれは現実問題として生命線なんだなということが分かりました。
 
いろんなところで、駅前商店街がさびれて郊外の大型店が勝つのは、そりゃー仕方ないよなーと思う。
 
 
「終身雇用」というのが成立しなくなっているのは、自営業でも同じなんだよね。変化に対応できないのを棚に上げて「今までの生活を補償しろ」と言うのでは、あまりに無様だ。
 
日本では、修学からしてそうなんだけど、入ったり始めたりする敷居は高いものの、続けるのは惰性でOKみたいな流れがあるのよね。
入学さえしてしまえば4年間遊んで暮らせると思ってる学生に、就職後の業務は日々勉強であるということを説いても、全く理解できない。

| | コメント (0)

2010年9月12日 (日)

HOTアイランド

バトスピは、どういったマーケティングをしたら続編があんな設定になるのだろうか、理解に苦しむ。――や、面白いとか以前に、アレを見て中学生が「バトスピやろうぜ!」とはならんだろう……。
その点では、トッパの方が、販促番組っぽくはあったね。後半グズグズだったけど。

OOOは、今のところ、普通。でも、ヤミーやファウンデーションを説明不足のまま泳がせたら、ゲスト脚本家に好き放題されると思うんだ。
平成ライダー最悪の作品だったキバと後半グダグダだったディケイドの後を受けたWが、予想外に面白かったので、このままライダーを立て直して欲しいトコロです。
 
ま、今年は、いろんな面で最低のヒーロー戦隊が放映中なので、これ以下の作品にはならないだろう。
ゴセイがあと半年近くも放映が残っているというのは、ちょっとした恐怖だ。
 
 
こちら名古屋では、金山駅~大須商店街のちょうど中間地点に存在するメ~テレ本社に、バトスピの大看板が出ています。
でもなぁ……メインビジュアルから華実がいなくなると、ちょっとなー……と個人的には思うのでした。
 
 
 
名古屋の放送局では、「テレビ愛知」というTV東京系のがあるのだけれど、今住んでるところでは電波の入りが悪く、深夜以外は映りません。
レオパレスに備え付けのテレビはまったく受信せず、Torneだとブロックノイズが入るけど、まぁタイミングによっては受信でき、ワンセグだと問題なく映るという状況だったりします。
これは場所の問題ではなく、建物の設備の非力さから来るもので、僕が現状にムカついている要素のひとつです。
 
SD三国伝が、PSPじゃないと見られないんだよ……そんなの、あんまりだといい続けて、はや半年。
先週末の第2期社内バトル1戦目の結果がどう転ぶかで、年末に向けて僕の作品が出るかどうかが決まってきます。
みんな、どんなに薦められても、マンスリーのレオパレスになんか住んじゃ駄目だぜ?
 
 
 
先日、自転車のタイヤがパンクしたので、チューブから交換。ついでに、破損していたペダルも新しいものに交換しました。もちろん、自分で。
ライダーは、自分でそのくらいできなければならないのです。サイクリング中に、自宅からまだ数十キロも離れたところでパンクするとか、普通にあるからね。
 
でも、変えたチューブがいまひとつで、なんだか微妙に空気が減っていく様子。サイズが合わなかったか?
試しに買った米国式バルブのタイプが、ちょっと変則的なインチ幅だったので、その影響かもしれない。昨日、名古屋のLOFTに行ってみたら、アウトドアショップが充実していて、ちょっと楽しくなっていろいろ買っちゃったんですよね。
最終的に「やっぱりいつものが良かったかな?」ということにはなるのだけど、実際に試して確認してみることも必要だと思うのです。たとえ失敗だったとしても、払った代金分の価値は身につくと思うんで。
 
ついでにグローブとかも新調。さすがに1時間以上乗ってると疲れるし。
 
 
それにしても、今年は暑い。
異常気象って言われて久しいけど、今年は特に暑さが異常。いつまで経っても涼しくならない。
まぁ、ピーク時に比べれば涼しくなってるのは分かるけど、そもそも9月の中旬でこんなに暑かったかなぁ?と考える日が多いです。駅前にある温度表示も、帰宅する9時前後の夜中で、まだ30度超えたままの数字を出しているし。
 
日本の四季のイメージも、ひょっとしたら15年後くらいには、今とは考えられないくらいの変化が起きているかもしれない。
15年前のWindows95リリース前とあとでは、世界はこんなに変わってしまった。そんなことが、自然環境でも起こるようだったら、ちょっとそれは危険なんじゃないかな?と思わないでもないです。

| | コメント (0)

2010年9月11日 (土)

ばーちゃるBOY

ミクの日感謝祭の映像を見ていて、ワールドイズマインを歌いながら、ステージの下からせり上がってくるミクさんを見てると、ちょっと泣きそうになる。未来に生きていて良かった。
僕らの望んだ未来は、決してBOFでは無かったのだと痛感せずにはいられない。
 
ということから考えても、昨今の「ハードウェア軽視」は、ある部分では致し方ないところかとも思う。映像コンテンツや、継続したサービスの方が、口パクするロボットなんかより重要だよね。
 
でもまぁ、より強烈に記憶に残るのは、物理的に存在する物質の方だとは思う。コンテンツは、更新されなくなった時点で、どんどん薄れていく。でも、物理的に存在するモノは、手元にも記憶にも、その形が残るだろう。
とはいえ、BOFが「バンドオブファイターズ」というロボットアトラクションのようなものだったということは、さすがに今となっては知る人も少ないか。僕も、当時は鹿児島にいたから、実物は見たことないし。
 
 
より多くのものに触れる機会のある東京&大阪がどれほどうらやましかったかと思ったりしていたけれど、実際に行った東京は、あまりに多くのものがありすぎていて、逆にモノを選別する能力が身につかないのではないかと思いました。
 
 
そして、今はインターネットによる情報過多のせいで、みんな情報を得る努力をしなくなったと思う。グーグルやヤホーの検索結果以上の深追いなんてしないじゃない?その検索結果だって、せいぜい見るのは2,3ページまでくらいだろうし。
ネットの声は、マスメディアよりも民意に近いように見えて、実際はかなり恣意的だ。あるいは、都市伝説のような話が、さも真実であるかのような伝え方で書かれていたりする。とても危険。
信用に足る情報かどうかは、結局自分で判断するしかない。
 
 
その判断力を養う教育が、てんで行われないのはどういうことなのだろうかと思う。年齢制限フィルターとか、時代遅れな話をいつまで言ってるつもりなんだろう。
 
 
 
ひょっとしたら、ネット上のコミュニケーションに、リアルのモラルを浸透させるのは、意外とバーチャルなキャラクターの存在なんじゃないかと、最近ちょっと思い始めてきました。
一昔前にちょっと盛り上がってすぐに消えていった「バーチャルリアリティ」というやつが、いよいよ現実的な話になってきたのではないかと。
 
ま、ハードウェアエンジニアとしては、ソフトウェアに未来到着の先を越されるのは、ちょっと悔しいなとは思うけど、結果として訪れる世界が楽しければ、それでいい。

| | コメント (0)

2010年9月10日 (金)

おるすばん

いやホント、明日からのために、振ってくる仕事と働かねー人間を片付けながら1週間爆進してきたというのに……今年の夏は、猛暑に加えて台風が上陸してこないという異常っぷりだったのに、最後に来て大災害とか、嫌がらせにもほどがある。
この日のために、Pに常時接続の3G SIMも導入したし、パドックエリアやコースの下調べも万全にしたのに……。
 
でも、以前のF1での惨事もあるし、スピードウェイが中止を決断したのは、当然。
そして、現地の映像とかを見ると惨憺たる状況のようなので、現地の関係各所にはがんばって欲しいトコロです。まだまだ残暑厳しく、大変でしょうが、一日も早い復旧が実現するよう応援しています。そして、エクストラステージでお会いしましょう。
 
第7戦の公式パンフ、初のミクポルシェ表紙登場だったのになぁ……。
 
 
 
というわけで、週末の予定がぽっかり空いてしまったけれど、AMショーには行かずに名古屋で待機。
 
AMショーのニュースを見る限り、なかなか大々的な発表があって盛り上がる要素はあるけれど、正直、驚くような新展開は無い。
「戦国大戦」はプレイしてみたいけど、さすがに一般日でプレイできる気はしない。その「戦国大戦」、三国志大戦以上にサムいコラボレーションはやめて欲しいんだけど……CAPCOMとコラボしてBASARAキャラが出てきたら、末期だと思うものの、あながちありえなくも無い。
ロッテとコラボして「あっぱれ大将軍 大戦」とか、S&B食品とコラボして「対決!戦国時代 大戦」とか出してくれたら、大喜びするのに。もちろん、カードと一緒にギョーザ味のスナックも排出してください。

もしSEGAブースで、下田嬢と3D立体視のレンとのデュエットとかあったら行ってたんだけどなぁ。
 
 
そして、TAITOによる、SEGAとKONMAIとナムコ"以外"の囲い込みがあからさま過ぎる。
 
開発部隊を無くしてしまったTAITOが、ゲーム業界の巨人であるSQEXを背景に、ネットワークやICカードを運営できない3rdパーティーを囲い込み、基板だけでなく、インフラの面でもプラットフォーム化し、ゲーセン運営を主体としたサービス&プロデュース会社への道を着々と進んでいる――ように見える。
もしこれにCAPCOMも引き込めればよかったと思うんだけど、今のところ小規模メーカーの受け皿にしか見えていないかなぁ。
潰れかけて買い取られた会社が、他の潰れそうなメーカーの面倒を見られるのか心配なところではあるけれど。
 
そういえば、SEGAのICカードをNBGのゲームでも使えるように共通化するようだけど、アーケードのNBGゲームでガンダム以外って、今後出るのか?大型筐体は専用のしか使わないだろうし、実質GvsGシリーズしかNBGゲームは無いのではないかと思う。
 
 
業者日のニュースを見て思ったのは、それくらい。ミュージックガンガン2は、正直、プレイできる箇所が少なすぎてツライ。
 
 
 
なので、今週末はおとなしく創作活動にいそしみますか。
といっても、この部屋への不満はもはや有頂天なので、先に会社を倒さねばならないのだけど。言葉の通じない相手とのバトルは、いい加減疲れる。

| | コメント (0)

2010年9月 9日 (木)

Super GT 第7戦

第7戦
富士スピードウェイ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
まさかの中止!
 
 
 
 
 

台風、ブッコロース!!
 
 
 
 
現地のいち早い復旧を、心よりお祈りいたします。

| | コメント (0)

2010年9月 2日 (木)

不味い

しばらく前に出張に行ったとき、途中で乗り換えなければならなかったのだけど、事前に調べていた到着時間近くになっても、車内アナウンスで駅名呼ばれないなーと思ってたんです。
でも、よくよく見たら、「よねはら」だと思っていたその駅は「まいばら」という呼び名の駅で、ふと開いたドアから見えた「米原」という駅名に、慌てて降りたのでした。いや、絶対「よねはら」って読むでしょうよ……。
 
 
 
新作ねんどろいどでHMOバージョンのミクさんが出るということで微妙な気持ちになる。
 
数ヶ月前に、ゲーマーズのカウンターで半額売りされていたHMOのCDを買ってみたのだけど、内容が、何のひねりもない、まんまYMOのカバーだったので驚いたのでした。それこそ、YMOのカバーなんて星の数ほどあるだろうに、今更誰が喜ぶんだよ……と。まぁ、だからこそ半額で売られていたんだろうけど……。
ニコ動に上がっている、そのHMOの胸キュン。映像は可愛いんだけど、言ってみれば、それだけ。
アニメ版「まりあほりっく」のEDも確か胸キュンだったと思うけど、ホント、誰のために作っているのか分からない。
 
「世紀末オカルト学園」の予告で流れてる楽曲でさえ、既に「懐メロ」なんだよね。っていうか、「懐メロ」なんて、もう言わないよね。「懐メロ」と言うほど広くウケる歌も、もう出てこないし。
 
や、YMOも「君に胸キュン」も好きだけどさ。当時からしてギャグだったのに、みんなが神格化しすぎなんだよ。
 
 
 
一方、「日本テクノ御三家」の一角を担ったヒラサワ師は、今年でP-MODEL30周年、ソロ20周年。JASRACと決別している師の活動からは、今も目が離せない。
そして、30年経った今でも、師の言わんとする所は、少ししか分からない。でも、自転車が最高の乗り物だということに気付くのは、ちょっと遅かったのではなかったかと思います。
 
 
 
フィギュアといえば、何処彼処の日記サイトにもアフィリエイトが貼られていた「小早川 凛子」の水着フィギュアに衝撃を受ける。
海の日にゲームを起動したときに、その水着のあまりの下品さに引いたのだけど、一般的にはアレがよい物なのか……。
やはりKONMAIと僕のセンスとは合わないようだ。
 
 
 
ものの価値観は、結構トシをとってくれば変わってくるけれど、それは積み重ねた物が増えたからなだけで、根本的に、物事のファーストインプレッションの受け方は、ほとんど変わらないんじゃないかと思う。一度受け取ったあとの、解釈の仕方が違うくらい。
それ自体の善し悪しなんかはどうでも良くて、それを受けて、自分がどう行動していくかってのが大切なんだと思う。あーでもない、こーでもないと、やる前から可能性を潰していく仕事は、評論家連中に任せておけばいい。
 
だから、自分では面白いと思わないからやらないことも、誰か他の人がやって見せてくれて、それでやっぱり面白くないんだなと確認できるのは、それなりに意味がある。「影響を受けたモノ」なんてのは、本当は特定できるようなものではないと思う。「影響を受けないモノ」の方が、圧倒的に少ないのだから。
 
だから、少しでも自分を向上させたいと思うなら、そのための努力に加えて、理想に近い環境を作ることが重要だと思う。その方が、無理な努力よりも、身に付き方が自然だと思うし。
 
 
ま、それが簡単にできたら苦労はしないんだけどね。何となく「努力してる」って方が、身に付くような気がしてしまうし。
必ずしもテストの点数が高いことが優秀の証明では無いということを納得させるのは、とても難しいなーと思ったりした今日この頃でした。

| | コメント (0)

2010年9月 1日 (水)

ゲームは文化

よもや、このブログを見ていて、ミクの日感謝祭のライブ盤を買っていない人とかいないだろうな?
可能な限り、BD版をオススメ。実写で、しかも暗い場所にキツイライティングが入るというの映像なので、DVDだと、グラデーションがなめらかに出てないんだ。
僕はDVD版とBD版、両方買いました。DVDだとポータブル機器でも気軽に見られるのでね。
 
あらためて見ると、ロミシンの演出はDIVA2の1曲目がそれになるという予告だったんだろーなーとか、右肩の蝶が太極拳じゃなかったりとか、ルカのモーションは既に完成してたとか、結構ゲストPはパフォーマンスしてたんだなーとか、当日気付かなかったトコが色々見えました。
そして何より、「Project DIVA desu.」の公式ソングっぷりが半端無い。ボツ曲なのに。

でも、どんなにライブ盤の内容が良くても、現地の雰囲気にはかなわないと思います。たとえ、あまりステージが見えてなかったとしてもね。
 
とりあえず、唯一買ってないUMD版を、週末に買ってこようと思います。2回目のライブを実現させるためなら、出された商品全部買うくらい、ワケ無い。
ジェネオンが出荷量ミスらなければ、BD音楽盤の出荷数記録を替えられると思うのだが、どうだろう?
 
 
是非、2回目のライブと、そのライブ盤の3D立体視版を実現させて下さい。
 
 
そういえば、DIVAのアーケード版は、ミクさん誕生日記念で、もらえるVPが上がってるのね。バージョンも上がったし、継続してアップデートしていく気はある様子。ただ、まだ楽曲が少ない。
 
 
 
で、今年のAMショーをどうするかが、ちょっと悩み中。まぁ、「休めない」という事態も想定できるから難だけど……。
今回は、戦国大戦くらいしか注目するものがないのだけど、それだけのために行くのも。下田嬢には悪いけど、シャイニングフォースCROSSはRAIDがくっついたからといって、プレイヤーは増えないと思う。
 

というか、富士スピードウェイでのSuperGT予選とかぶってるのよね。それが大きな問題。
 
 
そういえば、春のAOUで大々的に出したメタルギアは、まだ影も形もないなぁ。KONMAIは、レースゲームでも立体映像のを出してくるようだけど、なんかもう、今から失敗臭しかしない。新しい音ゲーも出るけど、KONMAIの音ゲーで、これ以上の新規拡大は難しいんじゃないだろうか?
 
TAITOの新作ダライアスは、もうそっとしといてあげてよ……という気分。
サイバーダイバーとガイアアタックの惨状を、どう始末する気なんだろう?
 
引っぱるだけ引っぱっているSUPER SF4は、ホントに出るんだろうか?CAPCOMは、日本において撤退するのか続けるのか、そろそろハッキリした方が良いんじゃ無いかと思う。
 
 
なので今のところ、あまり見るモノがない。
というか、その1週間後にある東京ゲームショウの方が、圧倒的に人が多いのだろうなーと思う。規模が違いすぎる。
東京ゲームショウの方は行くつもりはないのだけど、なんだかんだで、今年も人が多いんだろう。今年は、まず先にPS3の方が、モーションコントローラーを導入するのかな。XBOXまわりも、新型も出た所で、ボチボチ来るんだろう。
 
 
いよいよ9月に入って、今年度も後半戦です。夏休みも終わって、気持ちを切り替えて進んでいかないとね。
……ちゃんと進んでいかないとなぁ……とにかく今年は、何一つできていない。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »