« ハンドルを右へ | トップページ | 3DS »

2010年9月28日 (火)

旧態依然

Sharpが新しい電子書籍の端末を展開していくということで注目しているのだけど、たぶん成功はしないんじゃないかと思ってます。
 
タブレットタイプの端末はなかなか良さそうだし、新しいXMDFはかなり読みやすいタイプのデータを作れると思うけど、いかんせん、音頭を取っているのがSharpというのがね……。SONYが悪目立ちしているので意外とみんな気付いていないけど、独自規格や新ブランドを打ち出して盛大にコケるのは、ある意味Sharpのお家芸でもあります。
 
 
Mebiusが事実上消滅し、NetWalkerが盛大にコケた後でのGALAPAGOSという電子書籍システムが、どういった経路を通るのかは、なかなか興味深いです。
もしNetWalkerを、あのどうしようもないキーボードを改良し、電子書籍システムと電子辞書の充実化を図って出したらいいなと思うんだけど、それだとターゲットが分からなくなるからマーケティング的に出ないんだろうなぁ。
 
挑戦するSharpの姿勢は良いと思うんだけど、失敗すると、「Sharpの失敗」じゃなく「電子書籍の失敗」に見られてしまうので、もうちょっと詰めてから発表してほしいよなーという感じ。
 
これでも僕は、今後の電子書籍にちょっと期待しているのです。漫画や画集&写真集は印刷物の方が絶対いいと思うけど、それ以外の文章メインの本は、絶対に電子書籍の方がいいと思うんだ。
 
 
ただ、最終的に何が良いのかを選ぶのは、メーカーでも出版元でも、コンテンツクリエイターでもなく、一般消費者であるべきなので、余計なところで無駄な論争はしないでほしいなと思います。
じゃないと、音楽業界のように、あさましい利権争議をしながら緩やかに衰退するだけだ。

|

« ハンドルを右へ | トップページ | 3DS »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンドルを右へ | トップページ | 3DS »