« プレイヤースキル | トップページ | それは仕様です。 »

2010年9月21日 (火)

サイクル

「悠久の車輪」の最新イベント戦の告知を見て、以前、店舗主催大会でお世話になっていたお店で出会った某プレイヤーを思い出す。その人が惚れていたカードがレギュレーションのメインにフィーチャーされていたので。
案の定、イベントランキングに顔を出していてほほえましく思ったのでした。
 
とはいえ、大会のレギュレーション自体は、相変わらず穴だらけで、結局「絶対に使わないといけないカードの組み合わせ」のうち、登録コストの低いものを入れた後は、残りでガチな厨デッキが簡単に組めてしまうという、ホントにルール考えてるのか?といった内容。あいかわらず、企画者の浅はかさがよく分かります。
まぁ、プレイヤースキルとかデッキの構成の妙とかよりも、どれだけ金をつぎ込んだかという、ただの廃人選手権なので、あまり細かく設定しても意味が無いのだろうけれど。
 
 
 
ドイツで開催されるカメラの展示会「フォトキナ」が始まるということで、各社から新機種の情報が出てきています。
 
エントリーの発表の次はフラグシップである「k-5」を出してきたPENTAXや、パナもミドルクラスで動画撮影を強化した「DMC-GH2」とあわせて、先立って3dコンバーションレンズをムービーにつけるという荒業と同じように、交換レンズ事態を2レンズにした物まで出す様子。シグマもハイエンドを出してくるし、RICOHのユニット交換カメラも、今まで参考的に出ていたのが正式発表されたりと、にわかに賑やかに。
 
去年までの不景気で見合わされたハイエンドモデルの投入が、今年に一気に集中したのかなーと思えるくらい、Canon、Nikon、PENTAX、オリンパスの足並みがそろった印象。
そして、パナとSONYは、なんだかんだで家電メーカーなんだなーと思わざるを得ない。
 
 
まだまだこれから随時情報が出てくるだろうし、そろそろクリスマスシーズンあわせで新製品の情報が出てくると思うけど、意外と今年はいろいろ出てきそうな感じ。
TVの3Dとか地デジ終了とか、エコポイント対象商品とかばかり量販店では話題になるけれど、カメラとか、新しいウォークマンとか、意外とホビーなものも、切り替わりのタイミングなのかもしれない。
 
 
まぁ、ひところのデジカメ高画素競争みたいに、ちょっとした向上で半期に一度くらいモデルチェンジされると困るけど、今はその辺落ち着いているので、このあたりでじっくり選んでみるのもいいかもね。

この流れで、ハイエンドαが出てくれれば言うことなかったんだけど……それはまだもうちょっと先かなぁ?
それにハイエンドの一眼レフカメラだと、自分で買えるくらいに値段下がってくるのは、発売からさらに1年くらい先だから、まだまだ当分かな。
それまでα300で腕を磨いておきなさいってコトですかね。

|

« プレイヤースキル | トップページ | それは仕様です。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プレイヤースキル | トップページ | それは仕様です。 »