« 時代の風 | トップページ | 度々旅 »

2010年10月11日 (月)

明察

ヤベェ、原作の美咲ちゃん、アニメほど空廻ってネェ。そら、碓氷さんも惚れるわ。
 
 
僕は、原作を読んでないアニメが始まった場合、それを見続けている間は、そのまま原作を読まない場合が多いです。で、最終回を見終わった時点で、面白かったり気になったりしたら、一気に原作を読み始める。
 
僕は、最終回が面白くなかった作品は、途中どんなに面白くても評価が最低ランクに落ちます。ここ数年だと、最終回で「何で最後でソレ?」と思った作品は、「ブラスレイター」とか「マクロスF」。特にブラスレイターは、ラスト数分前までなかなか良かったのに、最後の最後で超駄作になってしまった。あんなラストにしてしまった意味が分からない。
マクロスFといえば、最近出た劇場版+ゲームのCMで、中島愛が普通にアニメしゃべりの声になっているのを聞いて、ちょっと笑ってしまいました。イヤ、もう別人だろ。
 
 
今日は、なんだかやけに暖かい日でした。ここしばらく雨続きだったというのもあるけれど。
「10/10が統計的に晴れの多い日」というのも、なんだか遠い過去の話になるのかもという気がしますが、「体育の日は晴れる」というジンクスならば、続くのかもなーって気はします。今日は、いたるところでハイキングをする集団を見かけました。
 
「コミケは晴れる」というジンクスは、すでに消滅してしまっているけれど、いろいろ日本の天候も変わっている気はしています。ただ、なんとなくそうなっている気がするだけで、実際どのくらい変わっているのか、または思ったほど変わっていないのかは、詳しくないので分かりません。
 
正直、ここ数年の電気製品の進歩が早すぎて、天気だったりとかの変化速度に気付けないって感じかもしれない。まぁ、IT製品のスピードで気象が変わったら大変なことになるけれども、たとえばここ100年ほどの日本社会の変化に比べれば、異常気象と言われている変化なんて誤差程度じゃない?って気にもなります。
 
 
結局、最後まで見てみないと判断できないんですよね。で、どの時点を「最後」とするかによって、物事の判断基準が変わってくるのではないかと思います。
人と話していても、「最後」として見ているところが、結構違うんですよね。まぁ、それは経験則の違いだったり、評価基準の違いだったりするわけですが、それが「違う」ってのを知ってないと、議論が常に平行線のままだったりすることがあるよなってのは思います。

なかなか分かってもらえないことが多いけどね。

|

« 時代の風 | トップページ | 度々旅 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 時代の風 | トップページ | 度々旅 »