« 今日のもてぎ | トップページ | 茂木の風景 »

2010年10月25日 (月)

昨日のもてぎ

昨日のミクポルペナルティは、スタートラウンドのコースアウトで順位を保てなかったことによるものとのこと。確かに1周回って戻ってきたときに2番手にいなくて「何事?」と思っていたけど、そういうことだったのか。
場内実況でも、ミクロポルシェがペナルティ取られたときに「何で?」と言ってたくらいだから、あまり詳しくない僕にとっては、ナントモ釈然としなかったです。その後、レース中にぶつけられるしさ。
 
でも、それがスポーツよね。
 
 
 
というわけで、昨日の決勝開始後のお話。
写真はまだ。といっても、そんなにきれいに撮れてる写真は多くないのと、RQの写真は上げないので、あんまり期待はしないで。
 
 
決勝スタート時に、ポールポジションの斜め後ろ、GT300の最前列にいるミクポルシェを見たときは、何かすげーなーって感じでした。ただ、そこまで感慨深かったわけではないです。なんだかんだで、今年からだしね。
「最新型ポルシェなんだから、マシンの性能を考えたら当たり前」なんて意見も聞くけど、マシンの性能差が絶対の指標なら、そもそもモータースポーツなんて成り立たない。
 
 
最終戦らしい緊張感の中、レーススタート。で、さっき言ったように、なぜかミクポルが遅れてやってくる。
でも、その後は、かなりいい感じで先頭についていく姿に、たぶんみんな「今回こそ……!」と思っていたと思います。
 
そんな直後にやってきた「ドライブスルーペナルティ」。「え?何で?」という実況アナウンスは、ファンのみんなの声だったと思います。
このへん、上位陣に挑んだ!――と思ったらスピンした、第3戦の富士スピードウェイを彷彿とさせます。でも今回は、応援席にガッカリムードは少なかったように感じました。気のせいかもしれないけど。
 
 
何か、昨日の予選から、もてぎに来ているポルシェはよくスピンしたりコースアウトしたりしていたのでちょっと心配だったんですよね。でもまぁ、仕方ないか。
 
 
そこからの追い上げは、かなりすごかったです、「もてぎは急コーナーが多いので抜きにくい」と聞いていたけれど、なかなかどうして、ぐいぐい順位を上げていきます。
Twitterとか、前日に行われたニコニコ生放送での監督の発言で、「今回タイヤ交換なし」という作戦は見えていたのだけど、ホントに実行するかどうかは未知数でした。ただ、「これ以上順位を下げられない」って言う決意みたいなのはあったんだろうね。
 
レース自体は、ポールポジションのトミカZが圧倒的で一人涼やかに走っていましたが、他は500と300で混戦したり、トラブルも少なくなかったりで、なかなかの波乱な感じでした。外国から参戦したチームなんか、予選でのエンジントラブルで、走行すらできなかったしね。
もてぎのコース、最終戦でウェイト無いからいいようなものの、前線の鈴鹿とか富士くらいのウェイトが乗ってたら、とても普通には走れないんじゃないかと思いました。それとも、みんな難なく走るのかな。
 
半分以上を番場選手が走った後、ドライバー交代のみでピットアウト。しかし、代わってすぐは、最終のビクトリーコーナーですべりまくってて、危なっかしくて見てられませんでした。
でも、次第に落ち着いてきて、後はどこまで戻せるか?って感じでした。


3時前に、いったん遅い昼食をとりに席を外したら、実況でマシンの接触のアナウンスが響いて、最終戦でも大変だなーと思っていたら、「マシンナンバー 9」と聞いて大いに焦る。「ここまで来てリタイア!?」とか一瞬思ったけど、走行が中断しなかったので一安心。でも、そのタイミングで少し落ちてしまった様子。
 
レースは厳しいね。
 
 
 
でも、最後の最後、土壇場で、何とか9位に滑り込み、チームナンバーと同じ、そして初のシングル順位で今年のSuperGTを締めくくったのでした。
いろいろと思うところはあるけれど、やっぱりここでは「よくがんばった!」って言いたいです。
 
 
その後、ドライバーは全体イベントのため外していましたが、監督、社長以下の面々が個人スポンサー向けの挨拶。
前日の「2位」ってのが思いのほか強かったのか、監督とディレクターは、なんとも「皆さんごめんなさい」という感じのコメントでした。特に、去年の監督で、今年はスポーティんぐディレクターという立場にいた鈴木さんは、普段がお祭り要員なだけに、とても申し訳なさそうでした。COXの方は感謝のコメントを寄せていたけれど、この結果は納得してないだろうなぁ……。
そして、最終戦ということで、広報の方やRGの皆さんの「最後のご挨拶」的なものがあったあと、社長が「勝つまでやりたい」という意欲を見せてくれたので、やっぱこれでは終われないよね!って雰囲気になりました。
 
ただ、本国ポルシェもCOX側も、普通に考えれば来シーズンは提供しないだろうなぁ。何せ、結果がいまひとつ。全戦完走は立派だけど、それだけではどうにもならないんじゃなかろうか。
ドライバーを含めたスタッフについても、そのまま続投できるかはなんとも言えない。
とはいえ、個人をスポンサーとして巻き込んだ、ファン参加型のチーム作りをしている以上、そんなにコロコロ体制を替えられはしないとも思うし、レース以上に判断が難しいところもあると思う。ただ、ファンと一緒に盛り上がれるチーム作りだけは忘れないでいてほしいな。
 
僕は広島圏人だから、ファンも会社もみんな共倒れになった「コンパイル」を見てきているので、簡単にはいかないというのを感じるのです。
 
 
 
ともあれ、今年1年、なかなか楽しい思いをさせてくれて、本当にありがとーという感じです。来シーズンも応援したいチームになっているかは分からないけれど、またサーキット場で応援できればいいな。
そして、みんなと、表彰台にあがったレーシングミクドライバーを見られればいいなと思うのでした。

|

« 今日のもてぎ | トップページ | 茂木の風景 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のもてぎ | トップページ | 茂木の風景 »