« 文学フリマ スペース告知 | トップページ | 赤から白へ »

2010年11月20日 (土)

同音異字

業務で使う荷物を待っていたのに、午前中指定のものが日没後に届く。
佐川は一回潰れるといいよ。
 
 
 
こっちに来て、初めて自転車で出勤してみる。
以前、遅くなったときに近所の駅まで歩いていた(近くと言っても30分以上かかる)のと、その駅自体はイオンモールが隣接するために自転車で来たことがあったので、まったく迷わずにたどり着けました。そうしたら、思ったよりも近くて、これなら毎日自転車でもいいんじゃね?って感じ。
ただ、平日の朝は車が多いはずなので、実際には今日みたいな静かな走行はできないんだろうな。
 
で、自転車で来たおかげで、帰りにいろいろと寄ることができ、念願の「ローソン100」へのルートを発見。僕にとって「ローソン100」と「業務スーパー」は2大食材庫なんだけど、業務スーパーは何とか近くに(と言っても一駅先だけど)あったものの、ローソン100は、どこも、住んでるところから6km以上離れたところにしかなかったので、帰ってからわざわざ行くのも……って感じだったんですよね。これが帰りに寄れるようになるのは大きい。
って言っても、まっすぐ帰るのから比べると自転車で15分くらい回り道をすることになるので、あまり近いとも言えないのだけど。ま、無いよりはいいか。

と言うか、名古屋の市街地以外は、コンビニ以外どこも8時くらいには店を閉めるので、お店の選択肢が無いんですよね。愛知ですらこうなんだから、首都圏とそれ以外の差ってのは、本当に大きい。
あと、その通勤路で家電量販店なんかもあるのだけど、エイデンなのがちょっと残念。これがヤマダとかだったら、一日1ポイント貯めますかーって感じなんだけど。一昨年だったかに石丸がエディオンに買われたときに、ポイントカードを換えておけばよかった。

あ、エイデンのお店の歌って、ホントに石丸電気の替え歌なんですね。初めて聞きました。
 
 
そんなこんなで、思わぬ発見でちょっと満足。やはり、自転車はいいものだ。
ただ、「慣れてきたらいろいろ走りに行こう」と思いつつ、日に日に余裕がなくなりつつあるのが残念なところ。もうちょっと何とかしないとなぁ。
 
 
 
自転車と言えば、今週の「ギョーカイ時事放談」のスタパさんゲスト回で、最近は待っていると言う自転車の話しをしていたけど、ホント、自転車はピンキリなので、ハマっちゃうと大変。車は、最低金額でもかなり上で、あと天井知らずだけど、自転車は、安いのは数千円で買えたりするけど、上はまた天井知らずなんですよね。

僕が昔乗っていた、先輩の友人からもらった自転車は、イタリアの「ビアンキ」と言うメーカーので、これはコンポーネントで数十万するものでした。安いのだと、ロードレースタイプので3万くらいからあったりするけれど、ある程度頻繁に乗るものだったら、やっぱりメカモノは耐久性とか気になるので、そこそこの金額のものを買っておいたほうがいいと思います。
僕は、そこまで自転車にお金かけてきてはいないけど、それでも、たとえば今のイオン激安MTBは、ペダル変えたりとかしてます。あとサドルも換えたいけど、いいお店を見つけてないから保留中。こっちいる期間がいつまでかってのがハッキリしないとね。

コンポーネントは、ある程度の金額出さないといいものとそこそこのものとの差が出ないので、はじめから予算が限られているなら、イオン激安MTBでもいいと思ってます。ま、すごく重いので、どうしたってスピードは出ないのだけど、タイヤとかサドルとかペダルを変えると、タイヤは高いけど、それ以外は数千円くらいで、わりと劇的に乗り心地が変わったりします。あと、チェーンのオイルとかね。

あと僕の場合、初めての道を選んでそのまま迷うので、GPS搭載の何かは結構重要だったりします。昔は速度計ったりのサイクルコンピュータをつけてたけど、今はそれよりも、自分が今いる場所を確認する手段のほうが大切。なので、あとから確認できるGPSレシーバーとか、PSPのGPSレシーバーとか、VAIO PにGPS搭載版を選んだりとかしてます。ホントは、自転車用の、サイクルコンピュータも入ったGPSナビとかがいいんだろうけど、ああいうの、ビックリするほど高いんですよ。

そこは、今後はきっとSmart Phoneが使われていくことになるんだろう。ただ、自転車みたいな体力使うときに、iPhoneとかAndroid端末とかを操作するのは、一発操作でやりたいことができないからイライラすると思うんだよね。なので専用端末のほうがいいと思います。
 
 
今朝方やってたNHKの「美の壺」で自転車を特集してたけど、志賀直哉が何度も東京-横浜間を往復したって話しも頷けるくらい、自転車は魅力あるメカだと思います。ま、免許制じゃないから、危ない運転の人も少なくないのが残念なトコロかな。
 
 
 
そして、今週のギョーカイ時事放談を聞いていて、リョービがすでに釣具を作っていないという話を聞いてビックリでした。10年前の話なのに、ぜんぜん知りませんでした。いや、「ミノルタがカメラ作るのをやめた」と同じくらいの衝撃ですよ。

今の世の中、動きが早いから、ちょっと目を離すと、なんか別世界になっていそうです。
きっと自分が気づいていないところで、今も劇的な変化が起こっているんだろうなーと思うのでした。ホント、自分の中の情報は、日々更新しないと怖いね。

|

« 文学フリマ スペース告知 | トップページ | 赤から白へ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 文学フリマ スペース告知 | トップページ | 赤から白へ »