« 進行具合 | トップページ | 駐屯地 »

2011年1月12日 (水)

クリエイト

会社に痛車が増えていた。というか、ちょくちょく見かけていたリトバスカー、ウチの社員だったのか。
まぁ、ある意味、ウチらしいのかもしれない。
 
 
冬の名古屋は、朝が寒いです。ここんとこしばらく、毎日氷点下。
でも、帰りはそんなでもない。夜のほうが暖かい印象。……印象なだけで、寒くないわけではないのですが。
 
 
便利に使い始めたIDEOS、電池の持ちが、すこぶる悪い。
ネットワーク接続をOFFにすれば問題ないのだけれど、通常の待ち受け状態にしておくと、朝満充電で、夜には空。ネットワークに対してリクエストかけているソフトが多すぎて、どの設定をいじればいいのかよく分からないのよね。

このへん、素のAndroidのままで、省電力機構とかまるで入ってない中華モデルの出自からすれば仕方がないのかもしれないけれど、もうちょっとどうにかならなかったのかと思う。
でも、Androidを試しに使ってみる分には、それなりに悪くないと思う。QVGAの画面は狭いけれど、解像度が高かったら高かったで、「3インチ無いのに細かすぎ」とか言い出すだろうし。ようは使い手が、自分に合うかどうか判断できるかどうかの問題。

しかし、こんなお手軽モデルですら、PPC時代のWindowsCE機に比べて、はるかに高機能で洗練されているのだから、モバイル機器もずいぶんと進化したなーと思う。当時最強だったGenioの液晶と比べてみると、さすがに8年も経ってバックライトが劣化した結果とはいえ、それ以上に表示品質の差がくっきりとしている。
 
しかし、そんなモバイル機器が進化するなか、なぜSharpはZaurusからNetwalkerなんぞへ退化の改新を行ったのか?GARAPAGOSも、どこへ向かおうとしているのか、よく見えない。
 
 
進化する今の電子機器たちに言えるのは、そのほとんどが、創作のためのツールではないということ。Twitter程度で情報発信した気になられてもなーと思う。
カメラやビデオだって、ただの記録としてしか使われていない。如何に、特定多数とシェアするかって話だ。
もちろん、映画で一丸デジカメが使われてきているという現状はあるけど、それは、もともとのクリエイターが新しいツールを使ってみたというだけで、クリエイターを育てるツールができたわけではない。
 
なかなか、遊びをクリエイトする機械は見えてこないなーという感じ。
あるいは、今あるものから遊び方を創るるべきなんだろうか。

|

« 進行具合 | トップページ | 駐屯地 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 進行具合 | トップページ | 駐屯地 »