« あじあんびゅーてー | トップページ | セカイが どんどん ねじれてく »

2011年1月27日 (木)

WonderSwanHD

比較的新しいレーベルからの原作が多いからか、今期のラノベ原作アニメは、ベタ過ぎて寒い作品が目に付く印象。現代劇とかならまだしも、SFやファンタジーモノだと、創作固有名詞が出てくるたびに、自分の周りの気温が1℃下がる感じ。
っていうか、ドラクラとか、釘に「リュウジ、ダイスキ!」って言わせたいだけじゃねーか。
 
それにしても、ラノベの本来のターゲット層である「中高生」と、アニメのパッケージ購買層である「20~30代」ってのは、全くかみ合ってないと思う。
まぁ、イマサラな話か。
 
 
 
次世代のPSPが発表になったニュースを見て、まぁ、おおむねこれまで予想されてきたのと同じ内容だなーと。手堅い分、面白味はないものの、もはやPlayStationというプラットフォームに、突拍子もないビジョンは必要ないのだなと思う。
今の世代のPS3でロゴを変えたときもそう思ったけど、久夛良木健の作った構想を、ここで完全にリセットするつもりなんだろう。
 
ただ、さまざまな機器をネットワークでつなぐことは変わらず、そのためのハードだったりネットワークだったりを全て自前で用意するのではない、ということにすりかえるってこと。何でもかんでも自社開発品でそろえていた一昔のSONYからは、ずいぶんと変わったものだ。
 
ま、結果として、それが自分に合うかあわないかって事が重要なので、どこが作ってるのかってことにはあまり意味がない。むしろ、プラットフォームベンダーが出しゃばらないほうが、その上に乗っかるソフトウェアベンダーが戦いやすい。
 
 
で、その新型PSP、今年の年末って話だからまだまだ先の話。スペックとかははっきりしているけれど、そこで走るサービスの詳細は、まだまだ隠し玉が残っていると思う。
ハードウェア単体で見ても、結構かっこよさげなのだけど、正直、画面が5インチというのはデカ過ぎないか?と思う。DSiLLを買ったけど、アレ、両手で持ってボタンを押すゲーム機としては、極めてアンバランスだったし。
 
 
ま、実物持ってみないと分からないか。
 
 
 
でもなんか、気がつけば「勝者:Google」みたいな状況になってきていて、ちょっとヤダなーと思うのでした。

|

« あじあんびゅーてー | トップページ | セカイが どんどん ねじれてく »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あじあんびゅーてー | トップページ | セカイが どんどん ねじれてく »