« 第62回さっぽろ雪まつり 風雲編 | トップページ | ターゲット »

2011年2月15日 (火)

第62回さっぽろ雪まつり 白い変人たち

そんなこんなで3回目、12日のお話。 
 
 
 
 

さて、最終日である12日は、7時ごろから大通公園の雪像をゆっくり見て回りました。人が増えてくるのは9時前からなので、写真を撮るには8時前がベストなのです。陽のあたる方向の問題はあるけれど。

というわけで、雪像の写真をいくつか。


Snowfes2011_18

劇団四季の劇場ができて、これを上演するということで、今年のディズニーは「ライオンキング」。四季のミュージカルとディズニーのアニメでは、イメージが違うと思うけどね。


Snowfes2011_19

去年はちびまるこちゃんだったけど、今年はサザエさん一家。この普遍さは驚異的。
 

Snowfes2011_21

国宝の本願寺から。大きいながらも、非常に細かい仕事をしてるなーという印象。

 
Snowfes2011_20

北京の建物も。大雪像は、どれも迫力があります。


Snowfes2011_22

動物園は、今年はシマフクロウとキタキツネで、ちょっと強そうな感じ。特に、目がガラス?氷?で、アクセントになってました。


Snowfes2011_23
Snowfes2011_24
Snowfes2011_25
Snowfes2011_26
Snowfes2011_27
Snowfes2011_28
Snowfes2011_29
Snowfes2011_30
Snowfes2011_31
Snowfes2011_32
Snowfes2011_33

他、小さい系もいっぱい。干支にちなんだウサギが多い中、なんかワンピースのチョッパーが大人気でした。
 
 

大通公園はとにかく広いので、ぐるっと一回りするだけで、1時間とか余裕で過ぎます。


 

というわけで、今年の雪ミクさん。

Snowfes2011_34
Snowfes2011_35
Snowfes2011_36
Snowfes2011_37
Snowfes2011_38
Snowfes2011_39

去年のよりも作りやすさを重視しているような印象。去年は360度立体だったけど、今年は背面は無し。ただ、可愛さでは今年のほうが上かな。雪ミク独自のデザインだったら、なお良かったけど、一度に多くは望まない。
 
 
http://www.hokkaido-np.co.jp/cont/video/?c=event&v=782560848001

道新で公開されている動画を見ても、公開当初よりも、見に行った後半版の方がカワイくなってるしね。
 
 
撮影していたら、ねんどろミクさんを置いて撮影してる人も見かけました。去年も数人見かけたけど、みんな早いなぁ。
で、その人の使っていたデジカメ、黒じゃなかったのでペンタのk-rだと思うんですが、写りこんでた写真をあとで見返してみると――

Snowfes2011_40

絶対「ミク色」としてこのターコイズにしたに違いない。さすが気合の入った人は違う。
で、この人がかばんに、昨日から売られていた「ぬいぐるみストラップ」を下げていて、これが思いのほか可愛かったので自分も買うことに。「イヤ、ぬいぐるみはいらないだろ」と思っていたのだけど、実物を見ると、負ける。
 
 
 
Snowfes2011_41
Snowfes2011_42
Snowfes2011_43
Snowfes2011_44
Snowfes2011_45
Snowfes2011_46

9時になって人も増えてきたので氷像のスペースに移動したんだけど、ホコ天ではなく、普通に車が走っていました。なので、あまり近づいての写真は撮れず。残念。
 
 
その後、カフェで休憩したあと、10時ごろに会場のノルベサに行ってみると、すでに列が。どうやら、会場前に外で並ばせるらしい。
というわけで、本日も列待機。11時になって中には入れたから寒くは無かったけれど。

ただ、今回の物販方式は、慎重すぎな感じで、お客さんをかなり待たせていたので、あまり良いとは言えなかったと思う。整理番号ふってあるんだから販売開始すればいいのに、その後12時近くまで待たされることに。
 
  
会場で、昨日の高校生と、さらに近くに並んでいた地元民の方と話しながら待ってました。その彼は、去年も雪ミクさん最終日に並んだそうな。あの激戦を戦い抜いたのね。
去年の最終日は、深夜2時の時点で200人を越えていたとのこと。ねんどろ、500個だったのに。
その点で言えば、今回は吹雪の中待たなかった分だけ平和。だけど、あまりに待たせすぎ。その点は改善してほしい。
 
とはいえ、実際に物販の列が動いて、物が手に入ると「ま、買えたからいっか」となるので、幸せな性格だとは思う。高校生の彼も「北海道人でよかった」と大喜びしていたので、なんだか微笑ましかったです。
こういう人たちにちゃんといきわたるのがベストなんだよなぁ。難しいけど。
 
 
その後、物販会場はボカロ展示会にもなっていたので、また二人で見て回る。
そして、その展示量に驚く。

Snowfes2011_47Snowfes2011_48
Snowfes2011_49
Snowfes2011_52
Snowfes2011_51

その他、物販でも出ていたペーパークラフトの来場者作成物とか、その巨大ダンボール版とか。
これは来場者が自由に色づけできるので、11日に見たものとはずいぶん違ってました。

他にも、ryoのゴールドディスクとか、経済産業省がボーかロイドに対して送った賞とかも展示されてました。


Snowfes2011_50

去年、僕が感動した3Dミクさんは、今年は雪ミクバージョンで踊ってました。撮影も可だったし。持ってて良かったハンディカム。
 
 
小一時間ほど場内を回ってみたけど、札幌、本気出しすぎ。
去年は、グッズ販売もDIVAのロケテも札幌交通局が実施していて、実質そことクリプトンの協力だけだったのだけど、今年はこの物販&ボカロギャラリーのほか、隣接の円山動物園がコラボしていたり、路面電車は昨日から3月中は雪ミク電車が走るしで、着実に規模を拡大している感じ。
こりゃ、巨大雪像&ステージライブも、現実にありえるかもね。
 
 
そんな感じで、雪まつりと雪ミクさんを堪能したあと、昼過ぎに高校生と別れる。いや、君のおかげで2日間、楽しかったよ。
しかし、ダメ大人全開な見本を見せたのは、自分でもどうかと思った。まぁ、僕の撮影機材やらにしきりに感心して興味を示していたので、ガジェット好きの素質はある様子。あと、「こんなダメ大人になるんじゃないよ」と言ったら「何言ってるんですか、最高じゃないですか」と返されたので、親御さんは大変だろうなと思った。
というか、この2日間の話を彼がしたときに親御さんが心配しないように、名刺でも渡せればよかったんだけど。仕事中以外は持ち歩いていないことが多いので、渡せなかったのよね。好き嫌いはともかく、うちの会社、大人ウケは良いらしいので。
 
 
その後、お土産を買ってから3時ごろに空港へ。この時間には来なければならなかったから、物販は一般販売までは待てなかったのよね。
今年はそれほど早期売り切れ品は少なかったみたい。ま、SEGAの売り物は特にそうだったけど、1つ1つが高いからね。東京の感覚でやられてもとは思うけど、まぁSEGAだし。
 
  
 
そんなこんなで、楽しい思い出とともに羽田経由で帰ってきたら、神奈川も雪が積もってました。っていうか、氷だから、あまり情緒も無いよなぁ。
 
 
 
今年も楽しかったので、来年はミクさん関係なく、もう飛行機のチケットとか取っておこうかと思います。
良いね、北海道。滑ってコケたけど。
しかし、やっぱり後から見ると、RAWで撮っといた方がよい感じ。写真の整理も現像も時間がかかって大変だけど。
ブログで載せた分は、途中から面倒になって、JPEGのをそのまま使ってます。
あと、ビデオカメラは買っておいてよかった。写真では残らない世界がそこにある。
 
 
さて、次大きいイベントは、Super GTの開幕戦かなぁ?
今年1年も、またこんな感じでいろんなところに出かけるんだろうなと思います。

|

« 第62回さっぽろ雪まつり 風雲編 | トップページ | ターゲット »

ぼかろ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第62回さっぽろ雪まつり 風雲編 | トップページ | ターゲット »