« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

AAA

今日、誰にも気付かれないようにひっそりと、1つのオンラインのアーケードゲームが幕を閉じました。
 
 
そのタイトルの名は「アクエリアンエイジオルタナティブ」
稼動早々、あまりのプレイヤーの少なさに、公式に全国規模で「フリープレイ台」のキャンペーンを行うにいたった、オンライン対戦型アーケードTCGの歴史の中で燦然と黒く輝く、負のゲームでした。
 
 
僕もやってたけど、ゲームシステム自体は悪くなかったと思うんだ。だけど、ルールの穴をついた「性能ぶっ壊れカード」が常に存在したのが決定的でした。
とにかく「ハメ技」がここまでハッキリと存在して、なおかつ修正されなかったアーケードTCGは、他にないと思う。
それら10枚くらいのカードさえ除けば、それなりに対戦も盛り上がるのだけど、オンライン対戦で出てくるのは、ほぼハメ技狙いのデッキで決まっていたから、プレイヤー人口はすさまじい勢いで下がってました。
 
それでも、日本最大のオリジナルTCGのアーケード版ってことで、最初はそれなりに力を入れていたように見えたのだけど、協力先だったゲーマーズが経営危機になり、TAITO自身もSQEXに買われるという事態になり、うやむやのうちに放置状態に。
 
 
結局、稼動開始のアキバでのセレモニー時が一番盛り上がったという、ATCGの黒歴史とも言うべき作品になったのでした。そのひどさたるや、「BATTLE CLIMAXX!」を超えているかもしれないというレベル。
だって、あっちは「プロレス頂上決戦」みたいな、一応の続編もあったけど、アクエリオルタは、回を追うごとに数枚しか追加されなくなった割に、バランスは目に見えて酷くなるという、とんでもないバージョンアップしかしなかったから。
 
 
 
それでも、カードのデザインはわりと好きだったから、もうちょっと集めたかったなーとは思ったりしました。ま、プレイできるお店がないんだからしょうがないけど。
 
そして、新たにTAITOオリジナルとして作られたATCGである「悠久の車輪」は、アクエリオルタの失敗から何も学んでないと云わんがばかりのぶっ壊れバランスを突き進み、ついに都道府県別ランキングで100人以上のプレイヤーがいる地域が東京,神奈川,愛知の1都2県のみになるという状況に。
もはや、来年の今頃――というか、年内にオンライン稼動が終了しても不思議ではないけれど、あのゲームシステムで、どうしてここまでヒドイ作品にできたのか不思議でなりません。そりゃ、会社も潰れるわ。
 
 
手元に残っているアクエリオルタのカードを眺めながら、ちょっと昔を懐かしんだりしました。

| | コメント (0)

2011年2月27日 (日)

シズオカガンダム

長らく行きそびれていた静岡ガンダムを見に、名古屋移動の途中下車で東静岡に寄ってきました。
「オリンピックの東京誘致」みたいなアホな理由とかではなく、純粋にガンプラの故郷である静岡の町興しというのが良いよなーと思います。
 
 
Sizuokag_01

しかし、さすが1/1ガンダム。お台場で見たときは、前の会社の後輩と会うというミラクルを起こしたけれど、今回は、会社の売店のおばちゃんとバッタリ。
最初声をかけられたとき「……ダレ?」と思ったけど、それもそのはずで、売店は時々使っているから顔見知りとはいえ、お互いに名前知らないんだよね。そもそも、こんなところで会うとは思わない。
話を聞くと、おばちゃんたちは、社員旅行の途中らしい。あの売店、愛知県ローカルのわりに親会社が大きいから、結構そういう点はしっかりしているのかな。このあと温泉宿に行く様子。
「また会社で~!」といって別れたけど、いや、ホント驚きました。日本は狭い。
 
 
そんなこんなで、1年半ぶりのガンダムと再会。

Sizuokag_02
 
Sizuokag_03

Sizuokag_04

さすがに、もう半年くらい立っているから見に来る人も減ってきてた感じ。お台場に行ったときは、最終日1日手前だったから、すごい人出だったのよね。それでも、通算で150万人以上の来場者みたいだけれど。
もうイルミネーションとか動きの演出とかは、1月で終わってしまっているというのが残念。ただ、ホントは物販も1月で終わるはずだったのが、在庫整理好評につき期間延長してるってくらいの、いわゆるロスタイムみたいな期間だってのもあるかな。


Sizuokag_05

あと、週間天気予報では「天気が崩れる」と言われていたのだけど、しっかり晴れていて良かったです。お台場のときは、小雨もぱらつくような天気だったからね。ま、ソレはそれで良かったのだけど。
おかげで、ガッツリ写真が撮れました。
 

Sizuokag_06

Sizuokag_07

Sizuokag_08

Sizuokag_10

Sizuokag_11

  
RAWの現像はまだなので同時撮影のJPEGだけど、素材が良いと良い画に見える気がします。
 
 
そして、静岡ホビーフェアも見てきました。こっちは有料なのだけど、「プラモデル」というものに興味がある人にはとても面白い展示会だと思います。

Sizuokahobby_01

Sizuokahobby_02

Sizuokahobby_03

Sizuokahobby_04

僕は、バンダイのプラモデルだけじゃなくて、今井とか青島のプラモもそれなりに作っていたから、「懐かしい」と思えるものもいっぱい展示されていて楽しかったです。でも、あのあたりの会社がいったん潰れたからこそ、今のバンダイのプラモデルがあるんだと思うと、ちょっと複雑。バンダイだけで、あの金型作成の技術が出来たとは、ちょっと思えない。
 
 
Sizuokahobby_05

知らなかったんだけど、館内には実物大のコアファイターがあって、なんだか不思議な感じでした。実物大コアファイターは別のところで見たことがあったと思うんだけど、そのときはちゃんとしたきれいな状態で、今回はジオラマ風になっていたのが、かなりカッコ良かったです。
これが「リアル」なのかどうかは、現物を目にしても、よく分からない。
 
 
展示場は、密度は濃いものの広くは無いので、隅から隅までじっくり見るにはちょうど良い感じだと思います。開催当初は混んでたと思うけど、今ならそこまで人多くないしね。
東京でこの広さだったら、今でも大混雑でとても見れたものではなかっただろうケド。
そういう意味で、意外と今が、観光には最適かもしれません。
 
 
しかし、うっかり物販で買い込んでしまって、帰りがちょっと大変でした。時間が中途半端だったので新幹線は使わず東海道本線をひたすらと電車で走ったのだけど、そこそこ乗り継ぐのでね。
しかし、名古屋まで来ても「東海道本線」というのは、やっぱり不思議な感じ。まぁそれ以上に、静岡市付近まで来ても「湘南新宿ライン」というのが驚くけれど。
 
 
あと1回くらい、途中下車で寄れる機会があるので、可能であれば、また行ってみようかと思っています。やっぱり、アレはかっこいい。
そして、これが実際に動くのを見るまでは、生きていないといけないなと、あらためて思いました。鈴置さんも井上遥さんも、この実物大を見ていないのよね。
そう考えると、30年という月日はすごい長さだと思うし、そこから生み出されるものの力は強烈だなと思いました。
 
  
まぁ、うまく作品を育てるのは難しいけどね。
その点は、ヤマトとは対照的だと思いました。

| | コメント (0)

2011年2月26日 (土)

可能性は無限大

3DSを筆頭に、まさに決算期に間に合わせるように行われた2月最終週怒濤のゲームリリースラッシュ。
その中で僕が買ったのは、PSP版「Gジェネ」の最新作と、「ファンタシースターポータブル2インフィニティ」。どちらも限定版の方。
 
  
Gジェネは、まだプレイしていないけれど、特典がなんか凄かった。と言うか、パッケージも含めて、シャア大特集。
「仮面の赤い男」はガンダムの中でもっとも記号化されたキャラクターだと思うけれど、あまりにわかりやすすぎて、これ以外のキャラクターが作れないってのはあるかもしれない。新しいものを作ろうとしても、結果「シャアっぽい」ものになってしまう。
それは「ガンダムっぽい」ものから離れようとして、有機的でメカメカしてない、巨人みたいなキャラクターが多くなってきた、今のロボットアニメにも言えることだと思う。
 
面白いか、面白くないかとか、好き嫌いはおいといても、結局、ガンダム以降の作品にガンダムの影響が皆無なものは極めて少ない。
それは、2次的、3次的、あるいはもっと薄くなっていたとしても、影響を受けた作品に常に接しているから。
 
 
それがいいか悪いかで言えば、たぶん「悪い」んだと、僕は思ったりするけれど。
 
 
あと、予約特典らしい「ジージェネエース」は、ガンダムエースと言うよりも、むしろ「サイバーコミックス」だった。
 
 
 
PSP2∞は、続編というより、無印版も含めた追加パックみたいなもの。前作もまんま収録しているというのには驚くけど、そんなに容量に余裕あるなら、会話時の立ち絵を動かせよ……とも思う。
このゲーム、意外とシナリオが面白いので、モンハンみたいに「一人でやってると挫折する」という感じにならないです。ただ、さすがにセガらしく、難易度は高め。
 
オンラインで遊べるのはいいんだけど、チャットで会話するときに、さすがにPSPでソフトキーボードというのはツライ。戦闘中だと、なおさら。
特に知り合いとじゃなくても遊べるので、前作でも何度か出陣したのだけど、みんな僕の倍以上のレベルとかあってビックリでした。よくそんなに時間あるなぁ。
 
全作のキャラを引き継げるのでそんなにきつくはないけど、こちらもこつこつといった感じで進めていこうと思います。
 
 
ま、まだヴァルキュリア3も全然進んでないから、あんまり先には進まないけどね。また、休み休みで、1年くらいプレイしてそうな気がします。
 
 
 
というわけで、3DSは買っていません。初回ロットは予約でほぼ完売っぽいけれど。
しかし、こんな売れ方をすると、子供が買えないよね。今3DSを買っているのは、新しもの好きの20半ば~30代くらいの男性だと思う。
ここからどう転がっていくかで、去年辺りから続いている「3D立体視」のブームが定着するかどうかが決まってくると思う。そして、任天堂が再び輝くかどうかが決まってくる。
 
実際のところ、Wiiは成功していないとは言わないけど、限りなく失敗に近い。とにかく、任天堂以外のソフトメーカーが全く成功していない。また、売れるには売れたけど、今実際には稼働していないというところも多いと思う。
 
果たして3DSは来年の今頃、どういう評価になっているんだろう?そして、そのころには出ているハズの次世代PSPは、どんなものになっているんだろう?

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

美しければ、それでいい

Super GTにイカ娘が参戦とか。監督が水島努とか。
イヤ、さすがにワケがワカラン。
 
雨宮がキン肉マンで走れば、エヴァ以上に人気が出ただろうに……今年は、雨宮出ないんだよね。
残念。
 
 
 
本格的に名古屋の住居を選定中。
相模原に来たときも広い部屋を考えていたけど、ほぼ同じ金額で4LDKが借りられることを確認。どんだけ広いんだよ。
でも、もはやその部屋数でも、ウチの本は収まらない気がしてきました。
 
本気で、関東に倉庫を借りようかという気分になってきました。
あるいは、郊外に安いワンルームとかあればね。そのためにマンションを買うというのもアリかなという気がしてきました。
 
そんなお金、どこにあるんだって話ですが。
 
 
 
ひとまず、復活した「電波DEリ・マージョン」をヘビーローテーションで聞きながら、不動産屋に話をするために相模原に帰っているところです。
いつ聞いても、理恵子さんはスゲーや。

| | コメント (0)

2011年2月24日 (木)

きらめくステージ

アイマス2本日発売!
もちろん買ってない!
 
……今のアイマスを、どう応援しろと……?
 
 
ま、それよりも、今日から随時稼動のアーケード版ラブプラスのほうがヒドイけれど。
イヤ、さすがにこの時代で、DSとほとんど変わらないレベルの、あのへっぽこポリゴンはないだろ……どんだけ開発費ケチってんだよ……。
今更、クルクルラボの産業廃棄物を再利用してもしょうがないだろうに。
 
 
ナムコも小波も、遠いところにいってしまったなーと思わずにはいられません。
というか、ゲーム業界自体に「遊び」がないんだと思う。
 
 
そう考えると、カプコンはよくやっているほうなんだなーと。
度重なる経営危機も、しょっちゅう起きる人材流出もなんのその。知恵と技術で大ヒット作を生み出し、その利益を無駄に浪費して疲弊するというサイクルは、ある意味、凡作を作らないために必要なのかもしれない。
 
今のスクエアに足りないのは、ハングリー精神だと思うのです。ま、あそこまでデカくなったら、しょうがないだろうケドね。
 
 
 
結局、今も昔も、遊びと技術とビジネスのバランスが取れているのは、任天堂だけなのかもしれない。
先日、名古屋のソフマップで3DSを手にして、そんなことを思いました。

| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

電波DE

リニューアルしてから全く聞かなくなっていた「音泉」のWebラジオポータルにて、「Simoun~電波 DE リ・マージョン~」が復活していて衝撃を受ける。あの、W高橋の不思議空間がまた聞けるとは。
「ぱよぱよ」でゴロゴロ日記とかはあったけど、がっつり番組を復活させたスタッフの英断に感謝。

徹頭徹尾、作品内容の記憶があやふやな月の女王様の言動に、「あー、コレコレ!」と思いながら聞いていました。冒頭の理恵子さんの初音ミクとか、どんだけ俺得だよ。
 
 
――うん、今度はDVDを買おう。

| | コメント (0)

2011年2月20日 (日)

気力転身

何で無敵の魔法少女が首喰われて死んでんだ?ジェム食われた描写なんてあったか?
ワケが分からないよ。
 
 
あと、コメットさんは、特撮だろうがアニメだろうが、中高生おいてけぼりなくらい古いことには変わりがないと思いました。
でもビッキーリッキーの赤ガエルよりは新しいのか……?
 
 
よくよく考えると、昭和80年代くらいまではあった「子供向けドラマ」というジャンルは、今ではまったくなくなりましたね。「あばれはっちゃく」とか、ゴールデンでもいろいろあったよなぁ。
ま、それもそのはずで、視聴率至上主義からパッケージ販売の売り上げ志向へ移る中で、そのどちらも取れない児童向け番組がTVから消えるのは必然。ガチャピンとムックが小学生の物だった時代は、はるか昔です。

だから、今のアニメ番組の多くが、子供のための作品でないのは、むしろ当然。「アニメだから子供向け」と勝手に解釈して、やれ規制しろだの何だのと言っているのは、単に、今の世の中を知らないだけ。
時代に取り残された人たちが、今の時代を作っている気でいるのだから、そりゃマスメディアが衰退するのも仕方がないかなって思います。せいぜい、広告代理店の仕掛ける戦略に乗っかる程度。
 
7月でアナログ放送は停波しますが、それ自体には苦情が殺到するだろうけど、今のTV番組が見られなくなったところで、害はないと思う。
むしろ、日本国民にとっては、有益。
 
 
 
最近いろいろとやる気が出なくてなんだかなーと思っていたのだけど「花粉症のせいじゃね?」とのコメントに納得。
とはいえ、それだけの責任にするのもあれなので、いろいろと気を奮い立たせるべく右往左往中。でもまぁ、駄目なときは駄目ですね。
いい加減ガタが来ているので、そろそろできてた事もできなくなってきてるかなーという気はします。
可能な範囲で動けって話ですが。
 
ひとまず、来年度へ向けての予算とスケジュールを立てているところですが、ネックは本格的な名古屋移転。なかなかうまい事決まらないです。
でも、身動き取れなかった去年のことを考えると、今年はしっかりと動かないと、また何もできなくなってしまうので、キッチリ固めないとなーと思います。

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

ターゲット

「ドラゴンクライシス」の、あまりのイタイ内容に本気で驚く。
主題歌PVとあわせて、寒い笑いを取りに行っているとしか思えないんだけど、こんなが面白いの?「IS」も大概だと思うけど、今期のアニメの中では、他を大きく引き離して、ダントツに酷い内容だと思う。
「夢喰いメリー」も、記号的な部分は沿っているとはいえ、ホントにアニメオリジナルな展開をするとは……。
 
 
漫画とアニメは、そもそも見せ方が違うからどうやっても同じものにはならないけれど、何年もかけて作ってきたものを1クール3ヶ月で壊していくのはどうなんだ?と思う。
そして、短期でそこそこ稼いだら、あとは、連載終了へ向けて直滑降な原作が残るだけで、はたしてそれはファンにとって幸せなことなのか疑問。
ストーリーものに比べるとギャグ物は、アニメが終わっても原作連載は続いたりするけれど、そもそもギャグもののアニメはパッケージの販売部数が低いから、ちょっと事情が違う気がします。
 
 
「アニメ化したら終わり」という点では、来期の「アイマス」も同じ気がするけど、はたしてどうなるのか?
というか、ゲームは来週発売のハズだけど、すでにそのゲーム自体がなんだかなーという物になってきているので、マイナスなスタートをどこまでプラスにできるかって感じだと思う。バンダイとナムコに、それができるとは思えないけれど。
 
 
さて、明日からAOUショーですね。今のところ、今年は行かない予定。特に注目してるものもないし。
しかし、去年のAOUで1番人気だった「メタルギアソリッドAC」が、まさかこんなことになるなんてね……がんばって入荷したゲーセンが、それのせいで潰れないか、本当に心配。

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

第62回さっぽろ雪まつり 白い変人たち

そんなこんなで3回目、12日のお話。 
 
 
 
 

続きを読む "第62回さっぽろ雪まつり 白い変人たち"

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

第62回さっぽろ雪まつり 風雲編

2回目が破になると思ったら大間違いだ。

 
例によって、そこそこ長いので、お時間と興味のある方だけ、どうぞ。

続きを読む "第62回さっぽろ雪まつり 風雲編"

| | コメント (0)

2011年2月13日 (日)

第62回さっぽろ雪まつり 序

5月のティアは、ちゃんと参加できるように頑張ります。
 
 
 
というわけで、以下、北海道中膝栗毛。
今回は2,3回に分けます。単純に、写真が整理できていないので。
 
 
 
今回の移動日は木曜夜。金曜日が建国記念日ということでお休みなので3連休。
しかし、そのせいもあってか、飛行機のチケットが取れずに危なかったです。雪ミクさんの詳細が出た時点で、10日夜フライトの便は、ANAが売り切れ、JALで残り4席でした。これが羽田からならもうちょっと違ったんだろうケド、名古屋にある中部国際空港、通称「セントレア」は、乗り入れてる便がそれほど多くは無いのでね。
ちなみに、13日は名古屋戻り、東京戻りともに埋まっていたので、12日を帰りとする計画にしています。

しかし今週は、直前でいきなり業務トラブル発生で、いつの間にか担当にされていた物が「話が違う」と担当者間で少し揉め始めたので、できる範囲で複数ケースの解決案を提示し、あとは任せたと飛ぶことに。さすがにできないことには付き合えない。
 
で、初めて中部国際空港まで行ったのだけど、定時上がりから19:30のフライトは、かなりのギリギリコースでした。なので、こっちに来て初めて私鉄で特急料金の必要な電車に乗りました。
さすが有料だけあって、すこぶる快適な電車だったけど、料金7割り増しというのは、時間がないとき以外は使わないなぁ。
 
で、JALを使って、一路北海道へ。実はJALを使うのも初めて。普段はANAなので。一回だけ、社員旅行でJASを使ったことがあるけど。
機体の狭さには驚いたけど、これは経営破綻とは関係ないんだろう。
それにしても、飛行機は早い。相模原-名古屋間よりも、名古屋-新千歳の方が早い。値段は3倍近いけど。
 
  
着いてすぐの電車は満席だったので、1便遅らせてJR札幌駅へ。去年も来て思ったけど、この新千歳空港-札幌間を走る電車の暖房はハンパ無く暑い。道外から来る人が多いし、氷点下がデフォルトの気温だから仕方が無いけど。
 
札幌駅について、まず思ったのは「地下道、出来てねぇ……」でした。
去年吹雪の中を歩きながら「来年来るまでには出来ていてくれよ」と思っていたのに……。後で工事中の看板見てみたら、完成は来月中旬みたい。2ヶ月遅いよ。
 
 
そのまま大通り駅まで移動。札幌市内は、地名がすべて方角+数字で、たとえば「西6南3」とか言うのが「地名」なんですが、地下街の出口に書いてあるのもそんな感じなので、知らないで行くとどこがどこだかわかんなくて困るんですよね。
でも、意外と去年の記憶だけで歩けました。僕は固有名詞は覚えないけど、足で覚えたものはそんなに忘れないんだよね。
 
 
Snowfes2011_01

写真は、去年の印象にも残っている、駅員室前の掲示板。日付が毎日更新されているけれど、その下の立体ポスターも毎月変わっているのかも。去年見た雪だるまと、微妙に違うしね。
 
 
Snowfes2011_02
 
ここは、去年DIVAのロケテがあったところ。今年は12日以降で、写真が貼られている「円山動物園」の、ミクさん図柄の年間パスポートが売られていたと思います。
 
 
そして、深夜11時過ぎに、去年と同じネカフェに着いて、ひとまず情報収集。
明日の場所の位置関係確認とかしてたのだけど、クリプトンの公式サイト見たら、物販の販売が「前日整理券配布」という方式に変わっていて焦る。
つまり、明日朝並ぶのは、12日に買うための分の整理券をもらうということだそうな。11日購入分の整理券はすでに配布終了とか。いや、気付いてよかった。

で、このときいっしょに、その木曜日に行われた整理券配布について検索かけたのだけど、どうやら早朝行列とかはかなり少なかったらしい。配布を始めた夕方4時ごろに行っても普通に整理券もらえたとか。なるほど、今年は去年ほどの惨状にはならないらしい。というか、吹雪く北海道であんな行列ができるとか尋常じゃなかったので、それが本来普通だとは思うのだけど。

ちょっと安堵しつつ、あまりに遅いと帰りの飛行機に乗れなくなるので、朝5時ごろに目覚ましをセットして、1日目(この時点ですでに2時だったけど)は終了。明日に備えたのでした。
 
 
 
――つづく

| | コメント (0)

2011年2月12日 (土)

明日のコミティア

業務連絡。

先にも言った通り、明日のコミティアは不参加になります。

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

サッポロ

Snowfes62


というわけで、やってまいりました札幌。
札幌大通まで来てみて、意外と道を覚えてるもんだなーと思いました。
 
 
明日と明後日こっちにいて、12日の夜に関東へ戻る予定。
今年はツイッターの実況はしないと思います。あんまり読む人もいないかなーと思うし。

でも、去年の記事を見て、今年の参考にはなったね。備忘録にはちょうどいいと思ったけれど、IDEOSのフリック入力で文章を書くのはつらいし、そもそも手袋してるから、タッチしても反応しないんだよね。
実はこっち来る前にBluetoothのキーボードが使えないか試したんだけど、HIDのプロファイルに対応していないのと、Bluetoothキーボード用のソフトを入れてもIDEOSでは強制終了してしまって使えなかったのでした。
 
 
というわけで、北海道満喫してきまーす。
 
 
 
あ――

去年の記事で撮った写真と同じところの掲示板


明日はミクさん争奪戦です。

| | コメント (0)

2011年2月 7日 (月)

レッツゴー 飛び出せ

会社の駐車場にとまっているいつもの痛車、よく見たら絵が変わっているのに気付く。しかも、肌色が増えていた。
いや、もう、何かスゲーな……。
 
 
 
先週末、名城公園周辺に行ってきたんですよ。目的は、「札幌に持っていくレンズを決めるための試し撮り」。
去年の反省から、今年は広角に絞ってレンズを選択しようと思ったのだけど、もし手持ちの28-210mmのTokinaレンズがそれなりに使えれば、そっちにしてもいいかなーと思ったので。
このレンズ、銀塩時代は使っていたのだけど、デジタルにしてからまったく使っていなかったので、どういう風に写るのか、よく分からなかったのです。
 
で、名古屋城付近でいろいろ撮ってみようと思ったんですが、少しだけ撮影して、すぐにそのレンズの使用をあきらめました。
当日の名古屋は、あまり天気もよくなくて曇り気味だったのだけど、撮れた画は、すこぶるコントラストが低く、結構色が飛んでいたんですよね。
 
Meijo_gate_a

Meijo_gate_b


名古屋城正門入り口を撮ったもの。上がTokinaの安いレンズで、下がSIGMAの30mm単焦点レンズ。
あまり良い画じゃないし、これはかなり縮小しているからどちらもそれなりだけど、等倍で見ると、かなり情報量が違ったのでした。上のは上のでそれなりに味がある写真が撮れるのだけど、観光記録用としてはちょっとキビシイかなと。
 

Meijo_tokina

28-210mmって、かなり万能なズーム域なので、1本あるだけで便利なんですけどね。遠くの名古屋城も、わりと簡単に撮れたし。Lサイズプリントくらいなら、このくらいの情報でも、逆にうるさくなくて良いのかなとも思ったりしたけど、何か古臭い写真になってる印象なんですよね。
もうちょっと晴れていたら、もう少しは色が乗ってたのかなーとも思う。でも、冬の札幌は、晴れているかどうか怪しいのでね。去年はずっと吹雪いてたし。
 

というわけで、今回持っていくレンズはSIGMAの30mm単焦点レンズと、MINOLTAのキットレンズである18-70mmの2つに決定。何か拡大して撮りたいことがあったら、コンパクトの方で撮ることにしよう。
ちなみに、僕が持っている7本のレンズのうち「FOR SONY」と入っているのは、この30mmレンズだけです。他はすべて「FOR MINOLTA」。
αに付くレンズにMINOLTA製が無くなったのは、ホント寂しい限りです。

| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

マージ・ジルマ・マジ・ギンガ

銀河美少年が圧倒的過ぎる。
これで、後半伏線回収を急ぎすぎなければ、ルルーシュみたいになることもないだろうケド、さてどうまとめるつもりなんだろう?
 
 
 
今日はワンフェス開催日。名古屋でも、ゲーマーズとかとらではカタログ売ってるんだけど、はたして関東圏以外からの参加者ってどんなモンなんだろう?
コミケのイメージで考えてる人もいるみたいだけど、実際のところ、コミケ以外の同人イベントって、そんなに参加者多くないのよね。サンクリとか、今はなきレヴォとか、早朝列はひどい有様だったけど、昼頃には収束するし。地方主催のイベントだと、サークル参加者も一般参加者も、関東圏に比べて1桁も2桁も3桁も下がるしね。
 
ま、ワンフェスが「同人イベント」なのかは、議論の余地が多分にあると思うけれど。
 
 
で、そのワンフェスにて、今年もSuperGTに参加するGood Smile Racingの体制発表が行われてました。
 
――いや、まさかディレクターに片山右京が来るとか、普通思わないっての。「TEAM UKYO」とか、とんだけカミカゼ吹いてんだよ。
車種は原点回帰ってのが不安なんだけど、その他は「どうやって集めたんだ?」ってくらいのチームになっていて、正直そこまでされるとちょっと引くぐらいの勢い。グッスマ、そんなに儲かってんの?

今年の初戦は4月の第一週で岡山なので、他のチームも含めて予測が付かない。
あー……エヴァが紫電になったのはシャレかと思ったのだけど、カローラ以上にエヴァっぽくなくなったので、ホントどうすんだ?と思う。でも、RQはアスカを交代させたのは評価できます(暴言)
 
まぁ、今年もちょいちょい見に行こうかと思ってます。第1戦の岡山に行けるかは、かなり微妙だけど。あと、さすがにマレーシアには行かない。パスポートは、まだ期限内だけどね。
 
 
 
そして、3/9のミクさんライブが、劇場中継されるという知らせが届く。これは朗報。
ただ、劇場の設備が気になる。地方もだいぶHD環境になってきたけど、いまひとつのところも多いのよね。
去年、ミクの日ライブのBD/DVDが出た時に、発売日前日イベントとして、1日限りのライブ映像劇場公開があって、実はそれに行ってきたんだけど、流れた映像がDVDソースだったのでガッカリしたんですよね。開始時に三角の再生マークが出たときは、会場内失笑でした。
 
せめてBDクラスの解像度と残像の少ない投影機&スクリーン、サラウンド音響が完備されてないと、劇場に行く価値がないと思います。だって、ウチにはFullではないけど720pのDLPプロジェクターあるし、サウンドもそれなりにしてるので。リラックスして見られる分、劇場よりも快適。
プレイヤーにしているPS3も、この価格で信じられないほどの絵を出すんですよね。DVDのアップコンバートもすごいから、文字とかの細かい画が出ないと、ソースがDVDだということを忘れてしまうときがあります。
 
たぶん今回もニコ生で流すんだろうと思うけど、劇場版の映像がどこまでキレイに流れるかは、期待半分、不安半分といったところ。でも、まったく見られないよりはぜんぜん良いな。
というわけで、ZeppTokyoのチケットは取れなかったけど、当日は名古屋の劇場から見たいなと思ってます。
 
まさか、こっちのチケットまで即完とかしないよな……?

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

マージ・マジ・マギカ

インフルエンザが、周辺でも増加の兆し。気をつけないとね。来週、北海道に飛べなくなる。
 
 
 
「まどかマギカ」がすごいらしいという話を聞いてtorneに録画した分を見てみたけど、特に意外性を感じませんでした。あるいは、これで驚かれるくらいに、視聴者層が一巡してしまったということかなーと思う。
ちなみに、名古屋では先日4話が終わったばかり。
 
  
日本のTVアニメの歴史って、そんなに歴史は長くは無いけれど、視聴者層の幅が狭い上に定期的に更新されるから、作品のパターン化は問題視されないのよね。むしろ、パターン化される方が好まれる。
これは、雑誌連載の漫画では、特に顕著。コロコロコミックに載っている漫画とか、20年前と今とで、そう変わらない。
 
だけどというか、だからというか、他の作品との差異は、ぱっと見で判断つきにくいほど細分化していく。無駄に、作品固有のジャンル名称をつけてしまうほどに。
 
 
「バクマン」で、よく王道か邪道かの話が出てくるけれど、王道を「お約束の展開」とした場合に、邪道を「王道的なことをしない」としてしまったら、その「邪道」は「お約束をしないというお約束」が出来上がってしまい、繰り返すことで王道になってしまうんだよね。だから、ユーザー層が長く作品を見続ければ、その世界は王道しかなくなってしまう。
 
  
ユーザー層が、学年更新といった年齢から来るタイミングで定期的に更新されるアニメ、漫画の世界において、定期的に「邪道」は更新されていく。
だけど、そのユーザー更新の波に乗れないロートルユーザーは、どんどん作品が「同じ」に見えてきてしまう。なので、随時更新ユーザーと長期ユーザーの両方に喜んでもらえるために必要なのは、絵や声や世界観などすべてを含んだ上での「キャラクター造形」と「パロディ」の負圧に集約されると思います。
 
 
ゲームの世界は、これれを「映像技術の進化」で見えにくくしてきていたけれど、それも限界に来ていてる。
その結果、今の漫画、アニメと同じ方向に行くかというと、それはちょっと分からない。今のゲーム業界は、日本だけじゃなくて世界に向けて売っているものが少なくないから、そこで同じような展開になるかは、ちょっと判断つかない。
でも、ある意味「ハリウッドムービー」が似たりよったりの展開だということを考えると、当たらずとも遠からずという気はします。
 
 
 
あ、別にまどかがつまらなかったという話ではありません。面白いか?といわれると、そうでもないけど。
ただ、銀河美少年とかもそうだけど、何か最近のアニプレは、いろいろ考えた球投げてくるなーと思いました。

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

リセットできない キビシイ勝負

先週末、ゲームを買いにSofmapへ行ったときに、予約時にもらえる券の交換アイテムで、次は超電磁砲のタペストリーというポスターを見て、ちょっと券集めよっか、と思う。僕は基本、予約とかしないで、店頭に無かったら買わなかったりするのだけど、オリジナルな特典とかあると、俄然やる気が出てきます。
こういうトコ、オタクだよなーと自覚する次第。
 
 
ところで、名古屋のオタ系の店舗は、新作が出る週の土日は、お昼前後ですさまじいほど混みます。こないだSofmapに行ったときは、ゲーム買うまでに1時間近くレジに並びました。ま、それは人が多かったのに加えて、名古屋マップの客層&店員のレジさばきがいまひとつってのもあるんだけど。どう「いまひとつ」なのかは、ちょっと説明が難しい。
同様に、名古屋のゲーマーズでは、お昼近くにレジ並びの列が店内一周してるとかよくあるしね。レジ、6つくらいあるのに。
でも、そういった店舗から離れているせいか、とらのあなは比較的空いています。それでも、こないだ昼に行ったら10人以上並んでいたけど。
 
なぜかいつも同じ時間帯に集中するのだけど、名古屋圏民はそういう特徴でもあるんだろうか?時間過ぎると、ぱったり人がいなくなるんだよね。
あと、開店前とか直後には、そんなに人いない。このあたりが、関東とは違う印象。
 
 
そんなこんなで買ってきたのは、「戦場のヴァルキュリア3」。会社の昼休みに、ちまちま進めているので、まだ2話目だけど。
しかしまぁ、1をPS3で出した後は、続けてPSPで出しているということは、やっぱりPS3では販売も開発も苦戦するということなんだろうか。1番の要因は、CGでやるよりもアニメのほうが安上がりってトコロなんじゃないかと思うけど。
最近は、新作もDL販売同時開始が増えてきているけれど、NGPの発表後だと、そっちでプレイすることを考えてDL版だけを買うって手もあるのかなーと思わないでもないです。まぁ、PSPゲームならPSP-3000で十分な気はするけれど。
 
とか思ってたら、今PSPって、結構品薄なのね。名古屋のSofmapでは、余裕で全色品切れでした。っていうか、アレだけカラーバリエーションあって、1台も無いってどうなんだ?
NGGPが今年の年末からって話からすると、次機種のために渋ってるわけじゃないだろうし、PSPgoのために抑えてるわけでもないだろうし。
初代はともかく、今のPSPは薄くて軽くて、でも画面がキレイで、なかなか良いキカイだと思うので、それがあの値段で売られてりゃ品薄なのもしょうがないなーとは思います。メモリースティックもだいぶ安くなってきたし、音楽&動画プレイヤーとしては、かなり優秀。
 
各社が挑んで、結局、任天堂とSONYだけになったポータブルゲーム機だけど、それが今後どうなっていくのかは、まず近々出るNintendo3DSの行方が気になるね。まだ買わないけど。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »