« 美しければ、それでいい | トップページ | シズオカガンダム »

2011年2月26日 (土)

可能性は無限大

3DSを筆頭に、まさに決算期に間に合わせるように行われた2月最終週怒濤のゲームリリースラッシュ。
その中で僕が買ったのは、PSP版「Gジェネ」の最新作と、「ファンタシースターポータブル2インフィニティ」。どちらも限定版の方。
 
  
Gジェネは、まだプレイしていないけれど、特典がなんか凄かった。と言うか、パッケージも含めて、シャア大特集。
「仮面の赤い男」はガンダムの中でもっとも記号化されたキャラクターだと思うけれど、あまりにわかりやすすぎて、これ以外のキャラクターが作れないってのはあるかもしれない。新しいものを作ろうとしても、結果「シャアっぽい」ものになってしまう。
それは「ガンダムっぽい」ものから離れようとして、有機的でメカメカしてない、巨人みたいなキャラクターが多くなってきた、今のロボットアニメにも言えることだと思う。
 
面白いか、面白くないかとか、好き嫌いはおいといても、結局、ガンダム以降の作品にガンダムの影響が皆無なものは極めて少ない。
それは、2次的、3次的、あるいはもっと薄くなっていたとしても、影響を受けた作品に常に接しているから。
 
 
それがいいか悪いかで言えば、たぶん「悪い」んだと、僕は思ったりするけれど。
 
 
あと、予約特典らしい「ジージェネエース」は、ガンダムエースと言うよりも、むしろ「サイバーコミックス」だった。
 
 
 
PSP2∞は、続編というより、無印版も含めた追加パックみたいなもの。前作もまんま収録しているというのには驚くけど、そんなに容量に余裕あるなら、会話時の立ち絵を動かせよ……とも思う。
このゲーム、意外とシナリオが面白いので、モンハンみたいに「一人でやってると挫折する」という感じにならないです。ただ、さすがにセガらしく、難易度は高め。
 
オンラインで遊べるのはいいんだけど、チャットで会話するときに、さすがにPSPでソフトキーボードというのはツライ。戦闘中だと、なおさら。
特に知り合いとじゃなくても遊べるので、前作でも何度か出陣したのだけど、みんな僕の倍以上のレベルとかあってビックリでした。よくそんなに時間あるなぁ。
 
全作のキャラを引き継げるのでそんなにきつくはないけど、こちらもこつこつといった感じで進めていこうと思います。
 
 
ま、まだヴァルキュリア3も全然進んでないから、あんまり先には進まないけどね。また、休み休みで、1年くらいプレイしてそうな気がします。
 
 
 
というわけで、3DSは買っていません。初回ロットは予約でほぼ完売っぽいけれど。
しかし、こんな売れ方をすると、子供が買えないよね。今3DSを買っているのは、新しもの好きの20半ば~30代くらいの男性だと思う。
ここからどう転がっていくかで、去年辺りから続いている「3D立体視」のブームが定着するかどうかが決まってくると思う。そして、任天堂が再び輝くかどうかが決まってくる。
 
実際のところ、Wiiは成功していないとは言わないけど、限りなく失敗に近い。とにかく、任天堂以外のソフトメーカーが全く成功していない。また、売れるには売れたけど、今実際には稼働していないというところも多いと思う。
 
果たして3DSは来年の今頃、どういう評価になっているんだろう?そして、そのころには出ているハズの次世代PSPは、どんなものになっているんだろう?

|

« 美しければ、それでいい | トップページ | シズオカガンダム »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しければ、それでいい | トップページ | シズオカガンダム »