« マージ・ジルマ・マジ・ギンガ | トップページ | サッポロ »

2011年2月 7日 (月)

レッツゴー 飛び出せ

会社の駐車場にとまっているいつもの痛車、よく見たら絵が変わっているのに気付く。しかも、肌色が増えていた。
いや、もう、何かスゲーな……。
 
 
 
先週末、名城公園周辺に行ってきたんですよ。目的は、「札幌に持っていくレンズを決めるための試し撮り」。
去年の反省から、今年は広角に絞ってレンズを選択しようと思ったのだけど、もし手持ちの28-210mmのTokinaレンズがそれなりに使えれば、そっちにしてもいいかなーと思ったので。
このレンズ、銀塩時代は使っていたのだけど、デジタルにしてからまったく使っていなかったので、どういう風に写るのか、よく分からなかったのです。
 
で、名古屋城付近でいろいろ撮ってみようと思ったんですが、少しだけ撮影して、すぐにそのレンズの使用をあきらめました。
当日の名古屋は、あまり天気もよくなくて曇り気味だったのだけど、撮れた画は、すこぶるコントラストが低く、結構色が飛んでいたんですよね。
 
Meijo_gate_a

Meijo_gate_b


名古屋城正門入り口を撮ったもの。上がTokinaの安いレンズで、下がSIGMAの30mm単焦点レンズ。
あまり良い画じゃないし、これはかなり縮小しているからどちらもそれなりだけど、等倍で見ると、かなり情報量が違ったのでした。上のは上のでそれなりに味がある写真が撮れるのだけど、観光記録用としてはちょっとキビシイかなと。
 

Meijo_tokina

28-210mmって、かなり万能なズーム域なので、1本あるだけで便利なんですけどね。遠くの名古屋城も、わりと簡単に撮れたし。Lサイズプリントくらいなら、このくらいの情報でも、逆にうるさくなくて良いのかなとも思ったりしたけど、何か古臭い写真になってる印象なんですよね。
もうちょっと晴れていたら、もう少しは色が乗ってたのかなーとも思う。でも、冬の札幌は、晴れているかどうか怪しいのでね。去年はずっと吹雪いてたし。
 

というわけで、今回持っていくレンズはSIGMAの30mm単焦点レンズと、MINOLTAのキットレンズである18-70mmの2つに決定。何か拡大して撮りたいことがあったら、コンパクトの方で撮ることにしよう。
ちなみに、僕が持っている7本のレンズのうち「FOR SONY」と入っているのは、この30mmレンズだけです。他はすべて「FOR MINOLTA」。
αに付くレンズにMINOLTA製が無くなったのは、ホント寂しい限りです。

|

« マージ・ジルマ・マジ・ギンガ | トップページ | サッポロ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マージ・ジルマ・マジ・ギンガ | トップページ | サッポロ »