« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

ネットワークサービス終了のお知らせ

Play Station Networkのコンテンツ配信とかも、ようやく軌道に乗ったと思っていただけに、今回の不正アクセスに伴うサービス中断は、かなりのしょんぼり具合。
しかも、世界規模で止まってしまったのだというから、その影響たるや、計り知れない。Play Station Suiteとかはじめたばかりだったというのに、これで利用者はかなりはなれることになるだろう。
 
個人的には、実は内部の犯行だったりするんじゃないかと思ったりするんだけど。インフラ整備の委託先のエンジニアとか。
何にせよ、さっさと直して再開してもらわないと。NGPとかSONY Tabletとか言ってる場合じゃない。
 
 
 
そんな世界規模のサービス停止の起こっている中、ついにTAITOのアーケードTCGである「悠久の車輪」が、ネットワークサービスを終了するとのこと。終了日は8/31ということで、もうあと半年もない。
もはやゲームのバランスは崩壊しているし、ユーザーもほとんど離れていった状態ではあるけれど、ロケテから見てきたゲームが終了するのは、ホントに寂しい。これほど、店舗イベント大会に出かけたゲームもなかったしね。
 
しかし、このゲームを通して、もはやTAITOには何も残っていないことを思い知らされる結果になりました。プログラミングもネットワークでバグだらけだったし、グラフィックもいつの時代のポリゴンだよ?ってな感じのモデリングだし、企画力はないし、稼動店舗に対するサービスは悪いし、自社の店舗にすら設置しないし、etc,etc...
 
ホント、SQEXに買われた時点で、緩やかな死を迎えるしかなかったんだなと。そして、もうすでにTAITOというのは存在していないんだなと。
 
 
名古屋で、稼動店1桁時代でもアクエリを稼動させていた「アーバンスクエア 大須店」ですら、すでに最終バージョンのカードを排出していないので、もはやカード全種コンプリートが絶望的なのだけど、最期を迎えるその日まで、地味にプレイしてみようと思います。
 
 
しかし、ラスボスのハズだった、公式タイトル画でも堂々とど真ん中に陣取っている「ロキ」が、まさかカードにならずに終了するとは……。
なんと言うか……どんなに内容ひどくてもものともしない「LoV」とかいうゲーム横目に、このゲームのたどってきた道を振り返ると、ちょっと言葉にならない。

んー……諦めていた悠久の車輪本を、夏合わせで準備してみるかなぁ……。

| | コメント (2)

2011年4月25日 (月)

移転完了

Play Station Networkに、いったい何が起こったのか?
 
 
 
それはともかく、ついに荷物の搬出~搬入が完了。

Roombox

現在、見事なまでに、ダンボールオンリーの部屋が。
さすがに自分でも、ダンボール80個はないよなぁ……と思います。
これ+家具とかが別途存在するんだから、そりゃどの引越し業者さんも「何をする人ですか?」と尋ねたくもなるだろう。
 
ちなみに、今回の引越し費用は、全て会社持ち。じゃないと、もはや自分で自分の居場所を維持できない。ちょっと考えていた、関東でのレンタルルーム契約も、先の震災で実現を諦めたしね。
GWは、環境再構築で過ぎてしまいそう。
 
 
……コミティア、行けるかな……っていうか、サークル参加証、どこの箱に入ってるんだろう……?
 
 
 
そんなこんなで、東奔西走していた4月の行事も大方片付いたので、torneに大量録画されていたアニメの一部をようやく少しだけ見れました。
 
名古屋ではそこそこどの番組も放映してるけど、結構時間がかぶっているので、録ってないのも多いです。大きなところでは、「シュタインズゲート」を録画してないってのがあるかな。「DOG DAYS」とかぶってるんだ。
 
っていうか、DOG DAYSが予想外に面白くて、ちょっと驚く。さすがに3話目は息切れしてたけど、アレだけよく動けばたいしたもんだ。
ただ、話が進むと、ちょっと最初の雰囲気とは変わりそうな気がしないでもない。最後まで、このノリでは作らない気がするけど、でも、都筑原作だと、あまり意外性のある展開はしない気もするし。

まぁ、相変わらず高橋美佳子嬢が、報われない幼馴染を演じているのには安心の一言。「緋弾のアリア」も同様。そして、アリア主人公役は、マジ兄のブログでのアツイ叫びから選ばれたのではないかと思いました。大きいとか小さいとかじゃないからね。
 
 
結局、アニプレが圧倒的過ぎるのは、今期でも変わらない様子。
そういえば、アニメ版アイマスもアニプレだったのね。それでアイマス2準拠になったのかと、納得。
でも、ゼノグラシアの時も思ったけど、それって、アーケードをやってたプロデューサー達が見たかった「公式のストーリー」と言えるのか、かなり疑問。
 
 
 
そして、名古屋では10話からおあずけになっていたカナメさんが、昨日最終回でした。
なんか結局、最後は90年代アニメのノリだなーと思った。というか、最近そう感じる作品が多い。まぁ、あの頃中高生だった連中が今アラサーで業界を回してるんだろうから、当然といえば当然なんだろうけど。
 
思ってたより面白かったのは、ちょっと意外。そして、11話あたりでいったん放送自粛になったことは、内容を見て納得。あるいは、あのあたりの演出も、それなりに変更入ってるのかもしれない。
 
それにしても、世界観的にはどう見ても新房監督作品だと思うんだけど、世間的評価は虚淵脚本になっていることに、ちょっと違和感を感じたりします。まぁ、どっちでもいい話だけどね。
こうなると、漫画版の締め方が気になるかな。
 
 
あー、あと、今期のプリキュアは、絶望的なまでに面白くないね。毎回毎回、誰かをケンカさせないと友情を書けないんだろうか。
ただ、衣装デザインはとてもよいと思います。特にリズム。
まぁ、女児アニメとしてはどうかと思うけど、平成特撮ヒーローがイケメン揃いなのと同じことなのかなーと思ったりします。

| | コメント (0)

2011年4月18日 (月)

無理

明日引越しなのに、荷物の梱包が終わる気がしない……。
って言うか、どんだけあるんだ、ダンボール……。

| | コメント (0)

2011年4月10日 (日)

声優バラエティー

今週は「ギョーカイ時事放談」の生放送に再配信があってよかった。ustream生放送に、300kbpsのネット環境ではチト厳しかったので。
 
とりあえず、仁美先生のお芝居は、ダブルキャスト両方見に行きたいのだけど、その時間が取れるかどうかは、かなり難しい見込み。一番怖いのは、帰りの電車が止まってしまうこと。今の東京は、ホント休日電車のダイヤが読めない。
 
 
 
そんなこんなで、torneに録画しておいた「SAY!YOU!SAY!ME!」を見てみた。
その、あまりのシュールさに大爆笑。個人的には大原さやか嬢のメリ夫くんがツボでした。あと、都道府犬。
仁美先生のデートはなぁ……僕の中で「デート映像」といえば、マジ兄と下屋嬢の映像が強烈過ぎるので、アレを超えるものはちょっとないのではないかと思うけど、まぁ、アレはギャグじゃないしね。

やっぱ、バラエティーの司会は、局アナの方が変な空気が出るので良いと思う。芸人は大袈裟でわざとらしいから。
そして、ゆるキャラの紹介でまんべくん推しだったり、最後の朗読映像が「ぜのん様である!」だったり、全般にわたってプロデューサーの嗜好が強かった印象。まぁ、スタッフ少ないだろうから、その文、スタッフ個人のカラーが強くなるんだろうけど。
どうでもいいけど、プロデュースは本名で構成はUPLIFT名義なのね。そしてアレを、あの、意外と小さいテレビ愛知本社地下で撮っているのか……。それだけでもシュールだ……。
 
 
というわけで、残念ながら、地上波では全国ネットしていない「SAY!YOU!SAY!ME!」。なかなか面白かったので、今後も期待しつつ、みんなもAT-Xに加入して見るといいと思います。
 
 
 
それにしても、川瀬さんが時事放談内で「ジェネオンは巨大組織」と言いつつも、その上を行くところとしてアニプレックスを挙げていたのが興味深い。
外からだと、ジェネオンこそ、アニメコンテンツ制作販売会社として最大手に見えるのだけど、社員的には、その感覚が薄いということか。エモーションは、なんだかんだで結局ガンダム頼みだし、キングは声優キャラソン依存だし、ビクターは外れは少ないものの、そもそも本数少ないし。
 
しかし気がつけば、パイオニアもビクターも東芝も、アニメコンテンツ部門を外してしまったんだよなぁ。パイオニアとビクターは、会社がいつ潰れてもおかしくない状態だから仕方がないけど、東芝までやめてしまったのは残念。
結局、電機メーカーで、まだアニメを諦めてないのがSONYだけってのは、本当に意外。逆に、企画制作のアニプレだけじゃなく、今じゃ製作スタジオまで持っているし。PCLとかも、多くのアニメでクレジット入ってるし。
 
このあたりは、ゲームをやってるって影響もあるのかもしれないけど、一般的なSONYのイメージとは違う感じがします。
 
 
そんな日本のアニメ業界に、ワーナーがどんなものを送り込んでくるのか、興味深いところ。
これで、ワーナーの日本アニメ本格進出一作目が「ぜのん様である!」とかだったら、盛大にズッコケるね。

| | コメント (0)

2011年4月 7日 (木)

すとらとす ふぉー

「インフィニットストラトス」のBD1巻目が週間オリコンで1位という事実に驚愕する。震災の影響で、一般層の購買が少なかったり、発売日が変わった作品があったりしたとはいえ。
もう、カワイイ女の子が複数出てきて、ベタ過ぎる恥ずかしいシチュエーションが入ってれば、あとはどうでも良いんだな……。
 
 
しばらく冷蔵庫がない関係で、珍しく外食をしたのだけど、定食屋で出てきたものを食べてみて激震が走る。
――定食屋の味噌汁が赤味噌とか、何の冗談だ?
 
今更ながらに、名古屋に来ていたことを実感したのでした。
 
 
今月いっぱいは、相模原からの移転作業でほとんど週末は往復に費やすのでゆっくり出来ないけれど、連休明けから本格的に名古屋拠点を立ち上げるつもり。うん、がんばるぞい。
 
――と思ってたけど、5/5がコミティアなんだよなぁ……。今、漫画描く環境なんて、どこにもないぞ……?

| | コメント (0)

2011年4月 5日 (火)

家電生活

今住んでるところは、「高杉さん家のおべんとう」3巻でデートが行われた名古屋市中央市場から徒歩で15分くらいのところ。
 
昨日の朝は前のところから出社したのだけど、帰りに初めて自転車移動しました。そうしたら、いつものごとく道に迷い、2時間くらい走ることに……。
で、今日の行きもまだ道が定まらず、90分くらいかかるも、帰りはほとんど迷わずいけました。
でも、1時間は切れないかもしれないなぁ。通勤でそんなに本気で走りたくないんだよね。
 
 
徒歩5分圏内にコジマがあるのが、何気に便利。まぁ、ほとんどの家電は、後で相模原から持って来ることになるんだけど、部屋の照明は新しく買わないとないので、軽いけど大きいアレを持って帰るのに、そんなに距離必要ないってのはラクでした。
 
 
今、一番不便なのは、洗濯機ががない状態で、近くにコインランドリーがないということ。手洗いでもするか。
あと、ネット回線で、こっちでも光を通す予定なんだけど、土日の予定が詰まっているのと、回線月1ヶ月無料を有効活用するために、来月まで通らないんだよね。
 
今、これは、IDEOSをWiFiアクセスポイントにしてつなげています。いや、やっぱ買っといて良かったよ。PS3でトロステ見るのもワケないしね。
SIMフリーのディザリング可能端末って、とても優秀。バッテリが持たないのは残念だけど。
これでW-ZERO3くらいのサイズでキーボードつきが手ごろな値段で増えてくれば、結構楽しくなりそうなんだけど。
 
もしくは、キーボード端末として出てくれば。
NECと東芝が7インチサイズのマシン出してるけど、アレじゃ大きすぎるんだよなぁ。
どこか、シグマリオン2くらいのサイズでSIMを内蔵できる端末を出してくれないものか。
もしNetwalkerが成功してたらSHARPが作っただろうけど、もはやその可能性はゼロに近い。
 
あるいはネットポメラ。……ありえないか……。
 
 
 
こっちに引っ越して一番良かったのは、テレビ愛知がちゃんと移るということ。伊平崇耶プロデュースyの「SAY!YOU!SAY!ME!」は今週から放映開始です。

| | コメント (0)

2011年4月 4日 (月)

あんぱんの日

銀河美少年、スゴイ力技なまとめ方だったなぁ。
ルルーシュがイマドキの技巧派リアルロボット路線とすれば、こちらは今風アレンジのスーパーロボットを作りたかったということか。
 
 
4/1が金曜日だったこともあり、今日から本格的に新年度という印象。進級進学新入社新部署という方も多いんじゃないでしょうか。
 
とか思ってたら、ジェネオンの川瀬プロデューサーが会社変わってた。ギョーカイ時事放談からジェネオンの看板がなくなってて驚きました。今週の生放送、この話で持ちきりだろう。
っていうか、ワーナーが日本アニメに進出するとか、ちょっと何をやろうとしているのか想像が付かない。まさか、バックスバニーでもやるつもりではないだろうに。
日本ディズニーみたいに、ハイエンドな作品やってくれると、ちょっと面白いんだけど。フリューゲル家の物語は、確か今週からオンエア開始じゃなかったかな?
まぁ、制作陣がジェネオンからの引き抜きだから、当面はその人脈を生かした下地作りだろうけど、まさか日本がこんな大変なことになるとは、ワーナー兄弟も思っていなかっただろう。
 
 
しかし、「ユニバーサルからワーナーへ移籍」と書くと、川瀬さんスゲーおしゃれな感じだなーと思ったりしました。
 
 
転職って結構馬力がいるから、なかなか大変だけど、今のご時勢、終身雇用という概念はあまり考えないほうがいいかなーって思います。特に、クリエイティブな仕事をしているとね。
それに、40年くらいある仕事人生の中では、ずっと同じことをしてるってのも、ちょっとありえないと思ってます。40年前と今とで、どれだけ世界が変わってるかって話です。
  
 
そんな中、名古屋でも上位のIT系製造メーカーだったハギワラシスコムが民事再生法の適用申請をしたとか。メモリーカード黎明期は、信頼性の高いメディアを作るメーカーとして好印象でしたが、今のSDカードとかの価格を見れば、さもありなんという感じです。
 
というか、大学時代に同じ研究室だった同期がハギワラにいるはずなんだけど、彼は大丈夫なんだろうか?連絡先が分からないから知る手立てがない。
んー……ウチも頑張って良いの作っていかないとなぁ……。

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »