« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月30日 (月)

えんため

だいぶ体がつながってきました。
だけどビックリ からだは たぶん ねじれてる。
なんだかデッカイ 故障の 予感。
 
 
 
今年は早々に入梅してしまい、ちょっと荒れそうな感じ。ここ数年、いつの間にか梅雨に入ってて、でも長雨はほとんど無く、気付くと7月ころに明けてるって感じでしたが、今年は日本らしい梅雨になるんだろうか。
おかげで、5月に入って上昇気味だった気温が下がっているのはありがたいんですが、自転車を取り上げられた格好なので、行動範囲が狭まるのが難。
まぁ、おとなしくしとけってことなのかもね。
 
 
 
ようやく、PSNの一部がサービス再開。これでやっとトロステが見られる。
 
ITバブル、ドットコムバブルときて、これから蔵独活バブルが着そうなタイミングでこのハッキング騒動が起きたのは、ある意味警鐘かもしれない。そして、データセンターを別会社にしているにもかかわらず、その運用管理が貧弱だったということには、失望せざるを得ない。以前からSONYはソフトが弱いといわれてきていたけど、まだまだその辺の認識が足りないんだろう。
 
何より、SONYには敵が多いということを、もっと自覚すべき。そして、犯人探しも結構だが、そもそものセキュリティが弱かったということを認識しないと、また同じことがおきかねない。
 
まぁ、これを機に、会社のネットワークシステムを総点検している会社は多いんじゃないかな。逆に「他はどうだろう?」と各社にアタックをかけてるハッカーもいるんだろう。
 
 
 
先週は「涼宮ハルヒ」の、久々の新刊が出たとかで、アニメ系の書店では結構な山積み入荷になってました。アキバみたいに深夜販売をやってた店が名古屋にあったかどうかまでは知らないけど。
しかし、これだけプレッシャーかけられる作者も大変だなぁ……と思う。決して万人受けするタイプの作品じゃないし。
 
ただ、西尾維新作品とかもそうだと思ってるんだけど、結局この辺の作品の読者層って決まってて、その中で客の取り合いが行われる中で、何かのきっかけで目立ったものにみんなが集まっている感じがするのです。表現が悪いけど。
 
ただ、ラノベの中でも、かなりの変化球であるはずのこのタイトルが、今や角川スニーカーの看板タイトルになっていることを考えると、ちょっと角川の層の薄さを感じざるを得ない。ザ・スニーカーも休刊してるし。
もともと、映像作品のノベライズが多かったから、ノベルからの映像化が主流になってきた今のラノベ周りとちょっと違っているのかもしれない。
 
まぁ、グループ内にはアスキー・メディアワークスもいるから、角川全体でいえば、やっぱり巨大帝国なんだろうとは思うけど。
ただ、角川は、人気作品のクソゲー量産を、そろそろやめたほうがいいと思うんだ。ハルヒしかり、らきすたしかり。
 
 
 
さて、今週後半は、いよいよな生天目選手プロデュースの舞台が始まります。僕は土曜日と日曜日の13:30からの公演を見に行くつもり。
舞台に立つ仁美先生を見るのは久しぶりなので、楽しみです。

| | コメント (0)

2011年5月22日 (日)

故障中

GODD SMILE RACINGのSUPER GT第1戦結果は、4位とのこと。チームの体制公開したときから分かっていたことではあるが、今年は本気で上位を狙うチームだなぁ。
とはいえ、ここまでしても、まだ表彰台に上るまでにいたらないというところが、スポーツの難しさというべきか。
次の第3戦は、初のマレーシアコース。みんなの期待を背負って、結果を出してきて欲しい。
 
しかし、実績のある紫電を選んだエヴァはともかく、イカ娘の結果には驚くものがある。予想外というよりも、ちょっと周りがふがいなさ過ぎじゃね?という気がしないでもない。
 
そして、出るだけ出といて、結果がさっぱりなハルヒポルシェは、ある意味、原作通りといえなくもない。
 
 
 
それはともかく、2週間以上経ってこの痛みというのは、さすがに骨がいってるのを覚悟しないといけない。今からだと、ちょっと直すのも大変か。先週一週間自転車で走ったら、右ひざもまずいことになってきたし。
ま、まだ50年くらいは生きていく予定なので、ひとつずつ対処していきましょう。
 
だけど、さすがにそこそこ長く生きてくると、なかなか故障箇所が増えてくるね。
そして、子供の頃にヒーローだった人の訃報を聞くことが増えてきました。アタック25とか、このまま続けるのかな……。
好きなミュージシャンの新譜出てないかなと思って調べてみたら、今年の初めに癌で亡くなってたことを知ったりね……ついに、一度もライブを見にいけなかったな……。
 
そう思うと、とにかく、今出来ることはきちんと今やっていかないとなーって考えたりします。ここしばらくまともに作品作れてないけど、それじゃ終われない。
とはいえ、なかなか出来ることとできないことはあるので、やっぱり一つ一つを確実にこなしていくしかないんだよなーと思います。僕は、パッと出来ないと、飽きて次にいっちゃうところがあるからね。
 
 
夏のティアでは、きちんとした形をお見せできればと思います。
まずは、体調整えて、部屋を片付けるところからですが……。

| | コメント (0)

2011年5月16日 (月)

10日

ようやっと、自転車で出社できるまでに回復。
でも、結構しんどい。本調子になるまでには、あと1週間はかかりそう。

結局、通院はせず。金曜日までは土曜日に病院に行く気だったのだけど、朝になったら、そこまでではないかという感じだったので。
しかし、怪我を治そうと体力を使っているのか、すこぶる眠いです。

で、こういうときに限って仕事が集中するので、そろそろダウン気味。まぁ、まだもうちょいと大丈夫だと思うけれど。
 
 
 
そんなこんなで疲れる毎日だけど、まだPSNが復帰してなくて、「週間トロステーション」が見られないのがつらい。
ニコニコでやってるの、台詞送りが早すぎて、イマイチなんだよね。画質悪いし。

まぁ、今回の件でのSONYの損失は、かなりのものになるだろう。
だいたい、GWというイベント時期にPSNを閉鎖してたってのは、コンテンツメーカーからすれば大打撃だ。ネットワークでイベント計画してたところもあるだろうし。トロステだって、この時期にトロのお誕生日ネタをやってたんだし。
任天堂は、ネットワーク対応が遅れているのが、逆にプラスに働くのかも知れないけれど、スマートフォントの競争で考えれば、ネットに弱いというのはあまりいいイメージではない。
あと、SONYは、自分たちが思っている以上に敵が多いことを認識すべき。ここで言う「敵」は、「企業間競争相手」ではなく、単純に「SONYを良く思っていないコンシューマー」。――というか、SONYは信者とアンチにはっきり別れるきらいがあるのだけど、アンチの動きにもっと気を配るべき。

巨額の授業料を払うんだから、今度はきちんと学習してほしいんだが、どうなるか。
 
 
 
さて、今週末は、Super GTの1戦目。すでに2千メガ終わっているのに次が1戦目というのは奇妙な話だけれど、悪天候の前回と違い今週末の岡山は天気が良さそうなので、爽快なレース展開を期待したいところ。
岡山国際サーキット、もう少し公共交通機関の利便性がよければ行ったんだけど、さすがに駅からあの距離は、タクシーとかでもいやなので、おとなしく結果を待ってようと思います。

| | コメント (0)

2011年5月 8日 (日)

被害者

貧血気味のような感じで調子が悪いのが、事故のせいなのか、ただの寝不足なのか判断付かなくて困る。
そして、少々大きめに動くと左胸部がズキズキするのが、打撲によるものなのか、中身でやばいことが起きているのか判断付かなくて困る。
 
 
 
先日、ようやくうちに光回線が引かれました。
で、3週間ばかりご無沙汰だったWEBラジオ巡回をして、AnimateTV版のアイマス新ラジオの社長が「高木順次郎(?)」になっていたことを今更ながらに知る。と同時に、徳丸さんが亡くなったことを実感する。
アイマスの商業作品って、コロムビアの音楽CD以外、なぜかどれもバッタモンくさいものばかりなのだけど、大塚芳忠さん演じる社長によって、この長年続いてきたWEBラジオも偽者クサイ番組になった気がしました。
――いや、芳忠さんは悪くないのだけど。
 
まさかとは思うけど、キャラ変更して、アニメでも芳忠さん版の社長を出す気なんだろうか?
その直前でライブがあるはずだから、そこで社長交代をする気なのかもなーと思ったりするのだけど、もうアイマスが何をしたいのかサッパリなので、遠くから眺めていようと思います。
 
 
 
さて、GWも終了です。大連休を取った方も多いと思いますが、連休が明けても、自動車工場では、部品がないから仕事がないという人も多いらしい。会社の売店のおばちゃんの話だと、娘さんの旦那さんが、週休二日ならぬ週勤二日になっているとのこと。もう、あの大震災から2ヶ月近く経つというのに。
 
 
なんか、ちょっと前に静岡原発の停止を首相が提言したらしいんだけど、なんか、これだけ報道されてもよく分かってない気がする。
福島の原発は、未曾有の巨大津波で吹っ飛ばされても、ちゃんと臨界起こさずに停止してんだよ。問題なのは、使用済み核燃料の管理と処理方法。
今、原子炉止めることに、あまり意味はない。各地の原子炉で、整備点検で停止している炉をそのまま止めていたりするのは、多くは「今動かすと叩かれそう」と自粛しているため。
 
だから、止める気なんだったら、ちゃんと核燃料廃棄への段取りまで決めた上でじゃないと意味がない。そして、それは電力会社単独で決められることじゃない。
簡単なことじゃないけど、これからどうしていくかってのは、ちゃんとした方針の元に、確固たる意思を持ってじゃないと、とてもじゃないけど進められない。
 
 
そして「強力なリーダーシップ」というのは、昨今の日本には大きく欠けているものだよなーという印象。
だからこそ、良し悪しはともかく、一応行動力はあるから、80近い爺さんでも日本の首都で知事を続けられるんだろうなーと思いました。
 
 
 
あと、ソニーはとっととPlayStationNetworkを立て直せ。
たとえ原因がハッカーによるものだったとしても、被害者ヅラしている場合ではない。

| | コメント (0)

2011年5月 7日 (土)

重量級

昨日は、あまりの体調の悪さに会社を休もうと思ったのだけど、まぁ、何かやっていたほうがいいだろうと思い通常営業してました。

会社に行くときに自転車で行ったのだけど、あまりに振動がつらくて、途中で電車に乗りました。が、乗った電車で酔ってしまい、症状悪化。何が理由で体調が悪かったのか、よく分かりません。
 
 
今日は、昨日最悪だったひざの調子は戻ったものの、左胸打撲後の違和感がちょいと不安。当初は外傷なかったんですが、今日には青痣になってて、それがちょっとマズイんじゃね?ってトコにあったので、あまり痛みが続くようだったら、素直に病院へ行こうと思います。
難しいんだ、病院へ行くタイミング。
 
  
結果として、重いものが持てないので、引越し荷物の整理も暗礁に乗り上げています。

って言うか、どこかに紛れ込んでしまったPSPとCOWONのメディアプレイヤーが、ぜんぜん出てこない。かなり寂しい。
 
 
ここ数日で、かなり暑くなってきたので、虫とか出てくる前にある程度整理したいのだけど……。
 
 
 
そんな状況の中、今日は、エプソンプリンタ展示会の名古屋会場版が行われるということで、名古屋国際会議場へ行ってきました。元は10年前のデザイン博の会場として立てられた名古屋国際会議場、ウチから歩いて10分もかからないところにあるのです。
横浜で言えば、みなとみらいに住んでる感じ?(それは言い過ぎ)
 
最新機種のA3プリンタ「PX-5V」を中心に、「写真愛好家のプリントサポート」といった感じで、プリンタの設定や用紙の選び方など、アマチュア以上セミプロ未満な製品デモをしていました。
 
驚いたのは、参加しているお客さんの大半が、かなりの高齢の方ばかりであるということ。PC系の展示会といえば、20~30台がほとんどといった感じなのだけど、いかに「写真」が年長者の趣味であるかということが伺えます。
 
で、この展示会で一番試したかったのが、「持ち込みデータのPX-5Vプリント」で、持ち込んだデータをA3出力してくれるというので、今のエプソンの実力がどんなものかを見たかったのでした。
ウチのプリンタ、A3のインクジェットとしてPM-3300Cがあるのだけど、ローラーも弱くなっているし、縞も入るしで、ほぼ使い物にならなくなってきているので、新しいものに関心があるのです。
おととし、レーザープリンタは導入したけど、レーザーだと「光沢紙に鮮やかな画を出す」ということが出来ないのでね。
 
もって行ったのは、夕焼けの静岡ガンダム。今のブログタイトル部のとは、別の構図のもの。
結果は、かなり満足いくできでした。
あえて暗い画を持って行ったのだけど、潰れることなく細部まで出ているし、光っている部分も飛んでなかったし。顔料インクも、今じゃかなり粒状感なくなってますね。当たり前だけど。

ただ、印刷速度は、それほどでもなかった。まぁ、一番言い設定で出してるんだろうから、その分時間がかかるものになってたんだろうけど。
 
あと、PX-5Vは、本体にカラーのモニターが付いていて、それでインクの状態とか設定確認が出来るので、かなり便利そうでした。
で、これを見ていて気づいたんだけど、会場のプリンタに入っているインクのうち、マゼンタだけ全く減っていなかったんですよね。といっても、PX-5Vには2種類のマゼンタがあり、薄いほうのはそこそこ減っていたんだけど、濃い方のは全く減っていませんでした。
出力しながら商品解説とかしているエプソンの人にその話をしたら、やっぱり風景の写真を持ってくる人が多いということで、そういう結果になっているんだそうな。ここで、人物写真を持ってくる人が多かったら、結果は違っていたんだろう。
 
 
そのほか、アドビによるPhotoShopの使いこなし講座とか、プリントして作るフォトブックの勧めなどのセミナーを聞いてきました。うん、やはり写真は、データ上で眺めているだけでなく、出力して楽しむのも大切だなと、改めて感じた次第。
 
とはいえ、震災の影響で、今年は紙とインクが、結構不足氏が地らしいので、その影響がPCプリンタにも来ないか心配もあります。まぁ、日本人なら、何とかしてくれそうだけど。
 
 
 
電子データには電子データのいいところはあるけれど、紙という媒体に出して観賞するという行為は、絶対に無くならないだろうなーと思いました。当たり前に聞こえるかもしれないけど、電子化が過渡期にある現在では、紙か電子ペーパーかと、とかく2極論になりがちなので、それぞれの良さを理解して使いこなすことを、もっと広く理解して欲しいなと思うのです。
 
 
まぁ、自宅資料の電子化は、今回の引越しを通じて、僕の中では必須時効になりましたけどね。
紙は、重い。

| | コメント (0)

2011年5月 5日 (木)

さいしょからやりなおす

今日は、会場に行けず、本当に申し訳ございません。
んー……そろそろ本気で店をたたむことを考えないといけないのかもね……。
 
 
そんな考え事をしていたせいか、帰りに自転車で事故る。
 
 
今乗ってるのがタイヤの細いシティサイクルなのと、名古屋の道はかなり広いので、大体車道の端を走っているんですが、炉中の車をよけようとしたら、その車のドアが開いて、そこに直撃してしまったのでした。


こないだ痛めた足もまだ痛いってのに、今度はひざとか胸辺りを打ってしまった様子。骨とか内臓とか入ってないと思うけど、ちょっと気をつけねば。
車の運転手さんと、お互いに謝って、その場は終了でした。

正直、車のドアが開くってパターンは、止まろうにも止まれないし、あまり大きくよけると、隣車線の車に後ろからはねられるので、自転車側からすると、事前に雰囲気を察するしか対抗手段がないんですよね。
なので、いつもは、乗ってる人がいるかどうか確認して、いたらスピードを落とすとか、歩道側に入るとかするんだけど、今日はまともにぶつかっていってしまいました。
 
ただ、これで後続に車が来ていたら、たぶん僕は生きていないので、不幸中の幸いといったところ。
これを機に、いったん、いろいろなものをリセットしないとダメだなーと思いました。 
 
 
あと、そのぶつかったときに、助手席の人から「兄ちゃん、ケッタは大丈夫か?」といわれて、あぁ。ここは名古屋なんだなと思いました。
(「ケッタ」は名古屋の方言で「自転車」のこと)

| | コメント (0)

2011年5月 4日 (水)

予定変更

今日から仕事になっていた。

| | コメント (0)

2011年5月 3日 (火)

ティア告知

最初に言っておきます。
5/5のコミティアでは、ウチのスペースにはペーパーしかありません。なので、GWの中、ウチによる必要性は、そんなにないと思われます。
……うん、まだメインPCが起動できる状態にないんだ……コレ書いてるのもPだし。
 
 
そんな残念なウチのコミティア96情報は、以下。
 
 
サークル:海鈴亭
スペース:お20a(東館1ホール)
頒布物:
新刊既刊共にナシ(フリーペーパーのみ)

ぜんぜん体制できてなくてゴメンナサイ。ペーパーは4P書くつもりだけど、その環境を発掘するのがこれからなので、ちょっと分かりません。名古屋からの移動になるので、時間ギリギリまで作業するってことは、もう出来ないしね。
いずれにせよ、会場には行くと思いますので、お時間ある方は、ウチの紙でも持っていってくださいな。
 
5/6は仕事なので、そのあとはトンボガエリです。

| | コメント (0)

2011年5月 1日 (日)

はれるや

機材配置中に巨大な鉄の塊が足の上に落っこちてきて大ダメージ。ただいま、足の甲が大きく腫れております。
折れてはいないと思うけど、それなりに痛い。
 
 
 
地震の影響で延期されていたSuper GTの第2戦が、いよいよ開幕。昨日予選、今日決勝が、富士スピードウェイで行われました。
今回は観戦に行かず。なんと言っても、雨だったし。決勝も、残り6週で赤旗終了になったとか。

そんな波乱の開幕戦、GODD SMILE RACINGは、決勝5位でゴールしたらしい。いきなり開幕5位か。シングル取れるかどうかといったギリギリのラインにいた去年とは大違い。
 
ただ、正直今年は、優勝争いに絡まないとオカシイだろという感じの布陣なので、これで終わってしまうとガッカリ。表彰台に上らないとおかしいくらいのチーム体制なので、まだまだガンガン攻めていって欲しい。
 
次回は2週間後だったかな。岡山での第1戦。
……ちょっと時空が歪んでいるけど、公式に2戦が1戦より先なので仕方がない。
 
僕が次に見に行けるのは、鈴鹿かな。こっからだと日帰り余裕なので、とてもラク。
 
 
 
そろそろ布団が干したいんだけど、明日は晴れるかな?

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »