« さいしょからやりなおす | トップページ | 被害者 »

2011年5月 7日 (土)

重量級

昨日は、あまりの体調の悪さに会社を休もうと思ったのだけど、まぁ、何かやっていたほうがいいだろうと思い通常営業してました。

会社に行くときに自転車で行ったのだけど、あまりに振動がつらくて、途中で電車に乗りました。が、乗った電車で酔ってしまい、症状悪化。何が理由で体調が悪かったのか、よく分かりません。
 
 
今日は、昨日最悪だったひざの調子は戻ったものの、左胸打撲後の違和感がちょいと不安。当初は外傷なかったんですが、今日には青痣になってて、それがちょっとマズイんじゃね?ってトコにあったので、あまり痛みが続くようだったら、素直に病院へ行こうと思います。
難しいんだ、病院へ行くタイミング。
 
  
結果として、重いものが持てないので、引越し荷物の整理も暗礁に乗り上げています。

って言うか、どこかに紛れ込んでしまったPSPとCOWONのメディアプレイヤーが、ぜんぜん出てこない。かなり寂しい。
 
 
ここ数日で、かなり暑くなってきたので、虫とか出てくる前にある程度整理したいのだけど……。
 
 
 
そんな状況の中、今日は、エプソンプリンタ展示会の名古屋会場版が行われるということで、名古屋国際会議場へ行ってきました。元は10年前のデザイン博の会場として立てられた名古屋国際会議場、ウチから歩いて10分もかからないところにあるのです。
横浜で言えば、みなとみらいに住んでる感じ?(それは言い過ぎ)
 
最新機種のA3プリンタ「PX-5V」を中心に、「写真愛好家のプリントサポート」といった感じで、プリンタの設定や用紙の選び方など、アマチュア以上セミプロ未満な製品デモをしていました。
 
驚いたのは、参加しているお客さんの大半が、かなりの高齢の方ばかりであるということ。PC系の展示会といえば、20~30台がほとんどといった感じなのだけど、いかに「写真」が年長者の趣味であるかということが伺えます。
 
で、この展示会で一番試したかったのが、「持ち込みデータのPX-5Vプリント」で、持ち込んだデータをA3出力してくれるというので、今のエプソンの実力がどんなものかを見たかったのでした。
ウチのプリンタ、A3のインクジェットとしてPM-3300Cがあるのだけど、ローラーも弱くなっているし、縞も入るしで、ほぼ使い物にならなくなってきているので、新しいものに関心があるのです。
おととし、レーザープリンタは導入したけど、レーザーだと「光沢紙に鮮やかな画を出す」ということが出来ないのでね。
 
もって行ったのは、夕焼けの静岡ガンダム。今のブログタイトル部のとは、別の構図のもの。
結果は、かなり満足いくできでした。
あえて暗い画を持って行ったのだけど、潰れることなく細部まで出ているし、光っている部分も飛んでなかったし。顔料インクも、今じゃかなり粒状感なくなってますね。当たり前だけど。

ただ、印刷速度は、それほどでもなかった。まぁ、一番言い設定で出してるんだろうから、その分時間がかかるものになってたんだろうけど。
 
あと、PX-5Vは、本体にカラーのモニターが付いていて、それでインクの状態とか設定確認が出来るので、かなり便利そうでした。
で、これを見ていて気づいたんだけど、会場のプリンタに入っているインクのうち、マゼンタだけ全く減っていなかったんですよね。といっても、PX-5Vには2種類のマゼンタがあり、薄いほうのはそこそこ減っていたんだけど、濃い方のは全く減っていませんでした。
出力しながら商品解説とかしているエプソンの人にその話をしたら、やっぱり風景の写真を持ってくる人が多いということで、そういう結果になっているんだそうな。ここで、人物写真を持ってくる人が多かったら、結果は違っていたんだろう。
 
 
そのほか、アドビによるPhotoShopの使いこなし講座とか、プリントして作るフォトブックの勧めなどのセミナーを聞いてきました。うん、やはり写真は、データ上で眺めているだけでなく、出力して楽しむのも大切だなと、改めて感じた次第。
 
とはいえ、震災の影響で、今年は紙とインクが、結構不足氏が地らしいので、その影響がPCプリンタにも来ないか心配もあります。まぁ、日本人なら、何とかしてくれそうだけど。
 
 
 
電子データには電子データのいいところはあるけれど、紙という媒体に出して観賞するという行為は、絶対に無くならないだろうなーと思いました。当たり前に聞こえるかもしれないけど、電子化が過渡期にある現在では、紙か電子ペーパーかと、とかく2極論になりがちなので、それぞれの良さを理解して使いこなすことを、もっと広く理解して欲しいなと思うのです。
 
 
まぁ、自宅資料の電子化は、今回の引越しを通じて、僕の中では必須時効になりましたけどね。
紙は、重い。

|

« さいしょからやりなおす | トップページ | 被害者 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さいしょからやりなおす | トップページ | 被害者 »