« チーム「キャラは元気だけど中身はそうでもない」 | トップページ | 6th »

2011年7月17日 (日)

やや同期

というわけで、福岡遠征の話です。
名古屋から福岡へは、飛行機が便利っぽいので飛ぼうかと思っていたんですが、安いチケットの便がぜんぜん取れなくて新幹線に変更。福岡空港は、国内線の中でもかなり交通の便が良いところにあるので使いたかったんだけど、さすがに移動だけで¥200kオーバーというのはキビシイ。安さを追求すれば深夜バスなんだけど、バスに10時間も揺られて平気でいられる自信がなかったので、それはパス。
 
 
昼過ぎに着ければいいかーと思って9時ごろ駅着で出たら、名古屋駅のみどりの窓口は大混雑でした。チケット取ったときは、この日が3連休にあたる場所だって認識がなかったんだけど、よくよく考えたら、完全に旅行移動日だったんだよね。
案の定新幹線車内も大混雑でしたが、僕は何とか座って移動できました。昔、東京から広島までずっと立ってたことあるけど、やることなくて一人だと、アレはツライ。
そして、やはり山口県には一箇所として止まらないNozomi Super Express。しかし小倉には止まるNozomi Super Express。小倉駅前の垢抜けっぷりには驚いた、
ちなみに、のぞみどころか、ひかりですら山口県内で止まる駅が徳山くらいしかないのだけど、この徳山と広島の間にあるのが、山陽新幹線停車駅年間利用者数ワースト1をぶっちぎる、われらが「新岩国駅」です。とにかく辺鄙なところに駅があるので、岩国に用事がある人は、まず広島で乗り換えてくる。あと、徳山と岩国の間の在来線は「岩徳線」といって、こっちは利用者数多いのだけど、その間くらいにある市が今井麻美女史の出身地で、僕の1年下に当たるので、ちょっと親近感が沸くのです。
 
 
 
そんなこんなで福岡。
ここでは、何度か移動することが見込まれたので、地下鉄一日乗車券を購入。
1日乗り放題で¥500しかしないというのは、ちょっと安すぎなんじゃないだろうか?名古屋の地下鉄にも土日乗車券あるけど、こんなに安くない。

Zepp_fuku

Zepp福岡は福岡ドームの真正面なので、最寄り駅である唐人町まで移動。大濠公園から歩いていくってのもアリかと思ったんだけど、暑かったのでやめました。

前に福岡ドームに来たときはまだ「ダイエー」だったから、ソフトバンク一色になっているドームを見るのは、すこぶる違和感が。タカじゃなくてお父さんばっかりいるし。
Y_dome1


Y_dome2


 
僕が着いた2時前では、Zepp周辺にはほとんど人がいませんでした。そうだよなぁ……あんなに物販に列が出来るのなんて、東京と大阪くらいだよなぁ……。
パンフを買って、最初のページのコメントがディレ1だったことに安堵感を覚えるのでした。この人が見てるなら、ギリギリ何とかアイマスとしての体を保てる。
 
H_town

 
会場の4時前には、ドーム入り口前の会談で列整理が行われました。Zepp東京と違って、入り口前がかなり広々としているので、列整理とかとてもやりやすそう。まぁ、そもそも係員に列整理をするようなライブがしょっちゅうあるかどうかは別として。
一般で購入しているから、僕は最後列のグループ。ただ、Zepp福岡は、わりとステージも高く客席の傾斜も適度だったので、十分ステージを見ることが出来ました。感じとしては、最初のcoastに近い印象。音はZeppだったけど。
 
ライブ自体は、そもそもZeppというライブハウスの構成上、オーソドックスな内容でした。背面の中継スクリーンが思いのほか見やすかったのは良かった。客席の雰囲気も良かったしね。
ただ、やはり徳丸さん演じる前社長がいなくなったのは、とても寂しい。芳忠さんが悪いわけじゃないんだけど、やっぱり、あの貫禄ある声と社長キャラのギャップが良かったからなぁ……。それに小鳥さんもいなくなってるし、あの掛け合いがないと、やっぱり違和感がある。
なお、福岡会場での注意事項は「レコーダーと間違えてマルタイの棒ラーメンを持ってきても、アイドルの気が散るのでNG」「カメラの交換レンズと間違えて鍋焼き餃子を持ってきてもNG」「サイリウムと間違えて明太子を持ってきた場合は、それでしっかり応援してくれ」という流れでした。うん、やはりマルタイの棒ラーメンは欠かせないと思うんだ。
 
 
ライブのセットリストは、PSP以降ゲームをしてない身としては正直知らない曲もあるので、他の人に任せます。福岡会場のリーダーが仁後嬢と平田女史だったので、その曲は多め。「スマイルたいそう」があったのがちょっとうれしい。あと、「エージェント」をこの二人で歌ったのが、とても良かった。
ちなみに、このリーダー二人のユニットに名前をつけようと考えたらしく、決まったのが「ちーむ まったり」(仁後命名)でした。次点候補が「やや同期」「キャラは元気だけど中身はそうでもない」といったものだったらしい。
他、ソロだと各人2曲くらいにいくつかユニットを組んでという形。いつもセンターでよくしゃべる中村嬢がおとなしかったのが印象的。リーダー当番制によるところだと思うけど、リーダー制自体はは高木社長との掛け合いがほとんどなかったこととも関係していると思う。6年という月日は長かったということか。
 
そんなこんなで、長谷川嬢のヘソに釘付けになりながら、約2時間半のライブは終了。正直、チケットは取ったものの、行こうかどうしようか迷ったんだけど、やっぱり行ってみて良かったです。ライブは、昔と同じく、好きだった頃のアイマスでした。
あ、最後の挨拶時に今井女史が「九州新幹線開通おめでとうございます」と最初に言ったものだから、その後全員が最初に九州新幹線について言及するという流れになり、今井さんは頭を抱えていました。
 
9shinkansen
いや、マジで10年前の僕は、九州新幹線が開通するなんて夢にも思ってなかったよ。 
 
そのあとは、いつものようにネカフェに移動。ちなみに、僕が使っているのは「自遊空間」。札幌で利用してからは、会員証があって身分証提示が必要ないので、近くにない限りは利用しています。
今回いった福岡東店は、ナイトパックに12時間があって、しかも東京の店舗の8時間と同じ料金だったのでサイコーでした。さすが、地方は物価が低い。――そういう問題なのかは知らないけれど。
 
 
 
で、今日はUターンで帰る予定だったのだけど、ライブの終了時に博多のゲーセンでイベントするよって話だったので行って来ました。高速バスが入っているビルの7Fで、なぜかゲーマーズが隣接しているナムコ直営店。今のナムコの店舗にしては珍しく、ビデオ系のゲームが大量に稼動しているお店でした。9時から空いているというので、時間までゲームでもしていようかと思っていたら、10時前についた時点で行列ができていたので並ぶことに。
 
11時から行われたのは、コスプレ店員さん(イベントコンパニオン?)が、高木順一朗”前”社長によるリアル765プロに関する告知と、春香のブロマイド、ヴァイスシュバルツのプロモカードを配る配布会でした。手紙を徳丸さんの声で脳内再生したら、またちょっと寂しくなりました。
 
 
 
あとは新幹線で名古屋へ帰還。名古屋 - 東京間を往復していたときは、新幹線の本数の多さに驚いたけど、福岡から移動しようと思ったら、その本数の少なさに驚きました。大阪から東と西で、新幹線の本数って1/3くらいになっている印象。30分に1本しかないのは昔からで、最近新幹線をしょっちゅう利用するようになって、昔と違って数増えたんだなーとか思ってたけど、全然そんなことはありませんでした。
 
 
というわけで、福岡旅行を楽しんできました。参加のプロデューサーの皆さん、お疲れ様でした。
やっぱライブは楽しいので、また、みんなで盛り上がれるといいなーと思いました。
 
 
そして、アイマスの同人イベント案内メールが届く。
うーん……今のアイマスファンと僕の感覚が離れているのは自覚しているけれど、どこかで今までのまとめをしたいという気持ちはあるんだよなぁ。
まぁ、とにかく忙しい今の状況を何とかしないことには、ちょっとどうにもならないけどね。

|

« チーム「キャラは元気だけど中身はそうでもない」 | トップページ | 6th »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チーム「キャラは元気だけど中身はそうでもない」 | トップページ | 6th »