« お詫び | トップページ | 選択肢 »

2011年8月24日 (水)

New α

ついに一眼レフデジカメαの新機種が発表される。というか、ついに来たよ、7の数字のアルファが!
 
http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77VQ/
そして、そのα77のスペックに驚く。というか、α55からぶっ飛びすぎだろ。
待ってて良かった。
 
 
と思ったのもつかの間、同時に発表されたNEX-7が素敵過ぎる。

http://www.sony.jp/ichigan/products/NEX-7/
 
正確には、このNEX-7と、ほぼすべてのαレンズでAFが効くようになるマウントアダプタの組み合わせが素晴らしすぎる。
なんか、マウントアダプタにαレンズをつけたNEX-7の写真を見ると、カメラというよりは「台座に乗ったレンズ」みたいで笑える。
でも、スペックだけ見ると、その組み合わせで、中級機の低価格機であるα65とほぼ同じスペックになるのよね。NEXのサイズで、Eマウントレンズを装着できて、それでいてα中級機の画が撮れるなら、はっきり言って最強だ。手持ちのレンズをそのまま生かせるし。
 
 
α77で決まりだと思っていた手持ちカメラのステップアップが、NEX-7 + マウントアダプタのおかげで、かなり悩む状況に。問題は、NEX-7にボディ内手振れ補正がないので、結構しっかり持たないとαレンズ使用時にちょっと困るという点。連写時のカード書き込み速度も、ちょっと心配だし。
 
ただ、ここしばらく、結構遠出することが続いているのだけど、そのときに旧態然としたカメラだと、結構荷物になるので困っていて、持って行くレンズが制限されたり、結局コンパクトだけしか持って行かなかったりしているので。こないだの札幌ミクさん公演の時も、αを持っていかなくて、ちょっと後悔したし。
それが、NEXのボディサイズだと、このあたりを解消できそうなんですよね。
本格的な観光のときはαレンズにして、他目的で遠出したときにちょっと写真を撮るくらいの場合はEマウントレンズ装備で行けば良いというのは、かなり魅力的。
 
そのEマウントでも、ツァイスレンズが出るということで、これから本気でレンズを作っていくのが見えてきたから、今回のキットレンズにツァイスの短焦点マクロを組み合わせるだけで、普段撮りには十分すぎるシステムが組めるという期待が。
それ以上はαレンズで撮ればいいし。
 
でも、α77の圧倒的、圧倒的よぅ!のスペックも気になるし……。
 
 
これは、来年のさっぽろ雪まつりまで、かなり悩むことになりそうです。でも、買うまで悩むのも、結構楽しいのよね。
札幌から帰ってきて、「いっそのこと、マイクロ3/4を買うか?」と思った時期もあったけど、今日の発表で、その選択肢はきれいさっぱりなくなりました。3/4も、今のレンズのラインナップは凄いけど、この分だとEマウントも十分そろいそうな感じだ。
 
さて、これでキヤノンとニコンの2強が、今後どう出るか……。
ペンタは、ちょっと諦めた方が良いかもしれない……Qは面白そうだけどね。

|

« お詫び | トップページ | 選択肢 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お詫び | トップページ | 選択肢 »