« 15号 | トップページ | EXLIM-QB »

2011年9月25日 (日)

3連休2連続

……連休なんてなかったけどね。
 
今日は名古屋コミティアでしたが、いろいろと予定があって、一般参加もできませんでした。ウチから徒歩5分のところでやっているというのに……。
しかも年一回だから、たぶん次の機会はないのよね。来年、今のところに住んでる可能性は、わりと低いです
 
 
 
来週のトロステ予告で、特集するゲームが「フォトカノ」って出て驚く。で、発売日決まったのかなと思って調べたら、未定のままだった。
――クロ、何やってんの?
 
 
で、先週のゲームショウの話。
まぁ、いまさらな話なんで、ゲームの情報は期待しないで。というか、あまりしないです。
 
 
 
その週の後半は、前にも言った通り関東で仕事していたのだけど、世間的には週末3連休ということで、土曜からの宿泊費用はでなかったので、いったん新小岩井まで行ってから、例によってネットカフェに入る。ちなみに、自遊空間の新小岩井店は、これを書いている時点で既に閉店しており、変わって、駅前に新しくオープンすることになってます。
 
で、土曜日は始発で海浜幕張まで移動。ネットの乗り換え案内で検索すると、東京から乗り換えるパターンが、乗り継ぎが少なくてトップ案内されるんだけど、東京駅から京葉線に乗り換えるとか、ただの苦行なので、かなり待たされるものの、船橋の西南経由で移動する。
 
 
Tgs2011_0

着いたのは朝の6時半ごろだったのだけど、入り口の狭い荷物検査の門を抜けた先に待っていたのは、既にメッセを半周以上している大行列でした。
 

Tgs2011_1


――いや、Play Station Vitaのお披露目って事もあって多いだろうなとは思っていたけれど、よもやここまでとは。2千人は越えてたと思う。
今回、僕がわざわざ始発で出掛けたのは、結局一回も生で見たことがなかった、TGSでのアイマスステージを見ようと思っていたためです。
……この時点では、整理券がもらえるかはちょっと不安でした。
 
開場の10痔までは、かなり時間があるなーとか思ってたんですが、ゲームとかしてたら、わりとあっという間でした。
いや、ホント、今のゲーム機って、すごく良いよね。そんなにかさばらないし、電池もつし。音楽も大量に入れられるしで、どんな隙間時間も退屈しない。
これがあれば、学生時代の帰省に、あんなに退屈することもなかったのに……。
 
そんな感じで順調に時間は過ぎて行ったんだけど、9時半頃に、なんとかもっていた空が限界を迎え、雨が降り出す。しかも、結構勢いよく。
確かに天気予報では雨っぽい話も出ていたんだけど、まさか大丈夫だろうと思っていたら、甘かった。
その後、列が進み初めて、屋根のあるところまで移動したのだけど、その時までには、すっかりずぶ濡れに。まだ暑かったこともあって、不快指数はうなぎ登り。
 
まぁ、その甲斐あってか、無事アイマスステージの整理券をもらって入場できたのでした。その時点で、10時は、とうに過ぎていたけれど。
 
 
最初に行ったのはSEGAブース。一番近かったので。
まだ開場してすぐと言うこともあり、試遊台がすいていたので、3DSで出る「リズム怪盗」をプレイしてみることに。で、これが思っていたより面白かった。
内容的には、SEGAのリズムゲーで言うところのスペースチャンネル5に近い。アレを、もっとアクションゲームよりにした感じ。音楽もHIP HOP系で、なかなか。MJが生きていたら、喜んで出演しそうな感じ。
3DSだし、さほど期待はしていなかったんだけど、これは多分買うと思います。
 
その試遊が終わったすぐ後に、SEGAのステージで「ぷよぷよ」のイベントが始まったので眺めることに。
ぷよも20周年ということらしいんだけど、それをリリースしているのがSEGAってところに諸行無常を感じます。僕は山口と広島の県境に住んでいて、元祖ぷよまん本店のあった宮島は、とても近場だったのでね。まぁ、コンパイル自体は、調子に乗ってる会社だなーと、あまり良い印象はなかったけど。
フィーバーが最初に出た時は「何だ、この絵?」とか思ってたけど、今ではすっかり見慣れてきました。まぁ、ドラコとかは、今の絵だとあんまり好きじゃないけど。
 
今井女史は、この日ずっとSEGAブースで、バンナムには行ってないんだよね。カオヘとシュタゲに続く新作が、なぜかSEGA経由で出るので、シュタゲすらもSEGAがPRしてたし。
 

Tgs2011_2

このステージが終わる前に、今回のTGSで唯一、絶対に試遊しなければならないと決めていた「Project mirai(仮)」をプレイ。ステージを最後まで見て試遊に行くと、アイマスステージの集合に間に合わなかったのでね。
整理券配布方式だったんだけど、TGS的にはさほど注目作でないのか、列は長くなくて、すぐにプレイできました。
 
で、プレイしたんだけど――
コレ、めちゃくちゃカワイすぎる。3DSのグラフィック能力と、ねんどろいどベースのポリゴンがベストマッチしている感じ。ゲームもなかなか面白いし、3Dを使って、アニメーションとゲームのタイミングボタンを立体的に分けているのが、なかなか有効に感じました。
ただ、背景アニメーションがかわいすぎてプレイに支障を来すという、これまでのDIVAと同じ現象が発生します。あと、「収録曲数、20曲以上」というアナウンスが不安材料。「以上」と言いつつ「20曲」という数字を出しているということは、30曲も入らない可能性が高い。それは少ない。
ただ、1曲自体はかなり長く入っていたので、ひょっとしたら定期的にリリースするのか、あるいは配信で追加して行くのか。現時点では分からない。
 
そして、この試遊ブース前で、着ぐるみねんどろミクさんが現れたのでした。


Tgs2011_3


うん、ちょっとこわい。
 
 
あ、この時、カメラはα sweet digitalを持っていっていたんですが、このミクさんを撮ったのを確認して、ちょっと愕然としました。
メチャメチャ暗かったんですよ。あと、ぶれまくり。
どうも当日の幕張メッセは、節電の一環で。室内照明をほとんど切っていたんですね。で、6年くらいのモデルになるαsdは、まだデジカメが暗所に弱かった時の物なんで、暗い屋内撮影に、とても耐えられなかったのでした。
まぁ、それでも、明るい単焦点レンズも持って行っていたので、45mmで入る景色には、おおむね使えましたが、それでもかなりブレが入る結果に。
いままでα300に頼り過ぎていたのだなぁと反省。僕の腕も、まだまだ。
このへんは、富士のF70EXRがあって良かった。CCDカメラの中では、暗所に強い部類に入るのでね。
まぁ、何も考えずに撮っていると、勝手にISO感度を跳ね上げるので、なかなか気が抜けないんですが。
 
 
Tgs2011_5
しかし、今年のSEGAは弾が多いなぁ。延期してるのもあるけれど。
 
 
で、気がつけば11時も過ぎていたので、急いでイベントスペースへ。その途中で、今回キッズコーナーに企業出展している程度なのに、かなり目立っていた「アルケミスト」のショップを発見。
 
 
 
Tgs2011_4
 
……オマエら、ビョーキだろ……。
 
店先にブルマやら吊り下げて、スク水着た女の子がパンを売っているという、とてもイタイ空間を作っていました。
ここがイベントの名の通り「東京」だったら、条例でしょっ引かれてるぞ……と思わないでもありません。
 
 
アイマスのステージは、250人くらい入れてたのかな?100人くらいが座りで、他は立ち見。立ち見列の前の方にいれたので、ステージはよく見えました。
みんながみんな同じ系統の衣装だったんだけど、特にあっきーのは、仮面ライダーにしか見えませんでした。
内容は、今度のゲーム+BDについてくる「G4U」のお披露目。まぁ、スクリーンショットをとるだけのゲームではあるんだけど、思いのほか凝ったつくりになっていて、特に被写体深度が可変できるのには驚いた。このあたりは、無駄にナムコだなーと思う。いつまでたってもポリゴンレベルの上がらない573は、見習って欲しい。
 
そういえば、そこで撮った貴音様の画像は、もうアップされたんだろうか。アイマスの公式サイトは、ホント分かりづらい。
 
あとはライブだったんだけど、アニメ2クール目のOPである「Change!」のTVサイズを含む全6曲もやってくれたので満足。仁後ちゃんとあっきーの「キラメ☆キラリ」がサイコーでした。
関東では来週から曲が変わるんだっけ。名古屋では、今週の木曜が美希離反の回。 
 

そのステージが終わった時点で午後1時を過ぎているんだけど、3時過ぎには名古屋に戻る必要があったので、駆け足で全体を回る。そして、その程度の時間では、アミューズメントマシンショーまでは回れなかったのでした。
 
Vitaについては、結局触れず。というか、試遊列に並べなかったんだよね。
どうも今回のTGSでは、各出展者に対し、待機列の制限が指示されていたらしい。
先にも書いた通り、幕張メッセの節電の影響で空調が止まっていたので、長時間列に拘束することによる熱中症を警戒していたんじゃないだろうかと思う。おかげで、各社の試遊スケジュールが立てられなくて、ほとんど外から眺めるだけでした。
 
 
今回、かなり大掛かりなスペースをとっていたGREEは、結局大した新作もないし、そもそもカジュアルゲーマーはTGSには来ないしで、ちょっとユーザー層を見誤った印象。でも、元気はよかった。
その向かいにソニエリのXperiaでPSゲームを出来る試遊コーナーが、これまたデカデカとあったんだけど、こちらも、さほど注目度は高くなかった。これをやるために、Xperia Playに機種変する人なんて、少ないだろうしね。
 
 
今のゲーマーの評価とTGSでの人気が大きく違ったのは、SQEXのブースだと思う。TGSだと、SQEXの人気は、まだまだかなり高い水準だった。
特に、10~20代前半の女性層の人気が高いというのが大きい。
とはいえ、FF XIII-2は、あまり評判がよさそうな感じはしなかった。

それ以前に、PS3版のFF XIVはいつになったらちゃんと動くんだって話だよね。
 
 
 
僕が見たTGSはそのくらいかな。各社新作の詳しいところは、すでに詳細が公式ページとかで出ているだろうしね。
Vitaに関しては、PS3のときとは違い、12/17の発売時点で、かなり性能を使い切ったタイトルが出てくるっぽい感じです。
同時に、3DSも、年末にかけて各社がゲームを用意しているので、なかなか混戦の様相を呈してきました。
ケイタイ向けのゲームは、浸透はしてきているけれど、言うほど目立ってはいない印象。絶対数が多いので、塵ツモなんだろうなと思う。
 
ただ、そろそろ大企業以外が息切れしてきているのと、大きい会社は動きが遅くなってきているところがあるので、それをVitaと3DSがどういうシナリオを描いていけるかといったところ。Wiiは、もう巻き返せないと思う。
 
そして、TGSではほとんど存在感のないXBOXも、それなりに日本でも成功しているので、その方向性も気になるところ。
今の日本のタイトルだと、洋ゲーか、ギャルゲの移植モノがメインになっているので、オリジナルのヒット作がもう少し増えてこないと、とは思う。
 
 
ゲーム業界の年末は、Vitaと3DSの勝負がどこまでお店をにぎわせるか?ってトコじゃないかなと思いました。
んー……そろそろ3DSを買ってもいいかなーと思ってるんだけど、いまひとつ欲しい色が出ないんだよねぇ……。

|

« 15号 | トップページ | EXLIM-QB »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 15号 | トップページ | EXLIM-QB »