« 平成二十四年 謹賀新年 | トップページ | 圧倒的少数 »

2012年1月 9日 (月)

迎春第2弾

東京駅で買える駅弁に、半熟卵つきの牛めしというのがあって、これがワールドグルメフェスティバルのハイカラ弁当部門とかいうのでグランプリを取った品らしいんですね。その妙な名前のコンテストはともかく、お弁当自体はとてもおいしかったんです。
 
問題は「半熟卵」の方。
 
ゆで卵のように殻を剥くことは出来ないし、かといって卵を割ろうにも、容器は発泡スチロールみたいなので出来ているし、新幹線車内も内装はほとんどプラスチックであまり硬くないので、これを割る手段があまりないんですよ。卵を割るのにおでこを使うとか、さすがにしないし。
ちょうど手持ちの硬いもので割って、でも思いっきりいかないと割れないし、そのぶつけたものにちょっと飛び散っちゃってお手拭でキレイにしなきゃいけなかったりとかして、これを作った人は実際に車内で駅弁として食べたことはないんだろうなーとか思いました。
 
 
 
そんなこんなで迎春第2陣。
 
Kanda2012_1
 
神田明神に行って来ました。
 
神田神社は、正月に直接よりも、その最初の週末とかに行くことが多いです。結構立派な神社だから、人多いしね。


Kanda2012_2
しかしここは映える色の神社だよなーと思う。そして、秋葉原の商地区まで徒歩数分圏内にあるというのも不思議な感じ。
 
萌文化初期の頃の秋葉原一部店舗と神田商工会とはちょいちょい揉め事っぽいのも聞こえていたけど、メイドとかすっかり浸透してしまった今はどうなんだろう。
街頭へも過剰にアピールしていたR18ゲームの店頭ディスプレイは、ひところに比べれば減ったけれど、今は少女ばっかり出てくるアニメのディスプレイばかりになったので、オタク以外の視点で見ればあまり変わってない気がします。肌色の面積がちょっと減ったかな?ってくらいじゃないかと。
 
 
ロボットアニメだって、ゴムまりみたいな胸の女の子ばっかり出てくる作品ばかりで、普通に宣伝しただけでディスプレイが美少女だらけになってしまう昨今、じゃんぱらがタイアップでCMをヘビーローテーションしていた「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」が素敵過ぎます。今から公開が楽しみ。
しかし、「親子2世代狙い」があまりにも露骨になってきたなーと思わざるを得ない。まぁ、それでも、面白ければいいんだけど。
最近、名古屋でも単独TV放送されている「ウルトラゾーン」みたいに、視聴者層をどこにおいているのか良く分からないけど、まぁまぁソレっぽくて楽しい番組もあるので、ウルトラやライダーといった、シリーズモノの特撮ネタは、今後も地味に出てくるんだろうなと思います。
まさか、宇宙刑事の新作とかでないだろうけど。今のライダーって、日曜朝に移った旧メタルヒーローの流れも汲んでいるので、その原点である宇宙刑事シリーズと両立は出来ないと思うんだよね。
まぁ、今の「フォーゼ」は、だいぶメタルヒーローから遠ざかったけど。
 
特撮といえば、「GARO」は、ツッコミ待ち作品ということでいいんだろうか。
アレを大真面目で書いてるとすると「雨宮どうした?」と心配せざるを得ない。もしくは、マンネリのお約束しかい時代劇へのオマージュととらえるべきか。
 
 
 
Ashida_mus

そして、今日はUDXでやっていた「芦田豊雄 回顧展」を見に行ってきました。これは、去年の7月に亡くなった芦田さんの原画展示と氏にゆかりのある声優さんたちのメッセージ放映、スタジオライブと芦田作品にゆかりのある方々のトークショーで構成されていて、去年の年末あたりから2週間くらいにわたって行われたものです。タイミング悪くて見れてなかったんだけど、今日は最終日ということで、何とか見てきました。
今日のトークショーはコウジナ監督だったので見たかったんだけど、そちらは時間が合わずに見られず。ただ、開場直後に着いたので、公開の原画他を収録した図録は買えました。僕の後ろあと10人くらいで完売していたので、何とかギリギリ。
 
 
芦田作品といえば、僕にとっては「銀河漂流バイファム」と「魔神英雄伝ワタル」が記憶に残っています。特にワタルは、2もいい作品だった。
ただ、それ以上に、芦田さんのイメージって「ファンロード」の印象が強かったりします。よく分からないけれど。
 
しかし、「グレネーダー」のネットラジオで、新年会+還暦祝いの小芝居をした話を聞いたのがついこの前だったと思っていたのに、すでに故人とは……。去年は出崎監督も亡くなっているし、時代とはいえ寂しいものがあるね。
 
 
僕の中では、小林七郎さんの名前が新作アニメにクレジットされなくなったら、いよいよ手塚治虫と昭和の時代からはじまる日本娯楽アニメは、終了といっていいんじゃないかなと思っています。
 
 
 
さて、新年気分も終了して、今週からは仕事も通常稼動で行きますかね。

|

« 平成二十四年 謹賀新年 | トップページ | 圧倒的少数 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成二十四年 謹賀新年 | トップページ | 圧倒的少数 »