« 風のコ | トップページ | Tweetログ@北海道 »

2012年1月28日 (土)

ねんがんの

あるふぁ65をてにいれたぞ!

A65


というわけで、去年故障したα300に代わり、タイの洪水で発売延期になっていたα65がウチにやってまいりました。当然ながら、ボディのみです。
ちなみに、発売日の1/27に、会社からその足で、閉店間際のソニーストア名古屋まで行ったのだけど、レジがほとんど埋まっていて、そのすべてのお客さんがNEX-7を買っていました。
……ブルジョアどもめ!
 
 
さて、その念願のα65なのだけど、もう、操作体系やらメニュー構成やら、旧αとはまるで同じところがないので、設定の効果やら何やらを掴むまでには、結構かかりそうな感じです。ちょっとテスト撮影の名古屋の町を撮ってみたのだけど、なかなか思った感じには写りませんでした。
あと、やっぱり旧ミノルタのキットレンズでは、描写が甘い。ただ、これは設定で、ある程度は何とかなりそうな気もします。
とはいえ、広角側でもっとキレのある写りのレンズが欲しいのも事実。ホントはレンズも買うつもりだったのだけど、年末年始で思いのほか使ってしまったので軍資金が足りません。このあと、札幌でも経費がかさむの可能性大だし。
 
まぁ、まだあと1週間はあるので、明日はいくつかレンズを持って出かけてみようと思います。暗い所での写り具合も試してみたいし。
 
 
しかし、αは、SONYのイメージと違って、かなり地味な発色という印象。悪い意味ではないのだけど、「誰が撮ってもうまく見える」見たいな、ハデめの発色をしない。
名古屋に来てから、ソニーストアで毎月開催されているオーディオ試聴会ってのにも参加しているんだけど、SONY製品は、値段が高くなればなるほど、地味になるという印象。
安いヘッドフォンとかは、重低音キツめのチューニングで、そういうイメージがあったんだけど、ミドルクラス以降は、比較的ナチュラルになる。
 
これは、使えば使うほど分かってくることで、長時間使っても疲れないというのが利点。音楽とか、1時間ノンストップでもまったく疲れない。
逆に、一見さんには、その良さが伝わらない。ちょっともったいない気がするけど、高級品ってのは、そういうものかもしれない。
 
 
とはいえ、α65は、決して高級品ではなく、SONYのデジタル一眼レフカメラとしては、α55の生産が終わった今、エントリークラスの機種なんだよね。であるにもかかわらず、他社製品を大きく引き離したセンサー画素数で、手振れ補正の強力さや動画の使いやすさなどは、つい先日まで500万画素CCDというα Sweet Digitalというのを使っていた身からすると、驚愕の一言。
そして、そんなビックリスペックなのに、αSDよりも軽いんだよね。それが65を選んだ理由でもあるんだけど、店頭ではレンズ付の状態でしか触ったことなかったので、箱からボディを取り出して、その軽さに驚きました。
あとは、コレをうまく引き出すコツを見つけないとなぁ。
 
 
2週間後のワンフェスでは、今年のSuperGTでのミクさんチーム体制も発表されるし、その頃には札幌で雪ミクさんに会ってるところだし、早速大活躍の予定がたっているので、今から楽しみです。
そろそろ本格的に、札幌行きの準備をしましょかね。

|

« 風のコ | トップページ | Tweetログ@北海道 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風のコ | トップページ | Tweetログ@北海道 »