« 気がつけば今年も半分の月 | トップページ | ナツイロナナツイロ »

2012年6月 6日 (水)

夏入り

昨日は、名古屋市熱田のお祭りでした。9時の終了前のタイミングで帰ってこれたので、すごい勢いで打ちあがる花火を眺められました。
 
A2ta_fc
 
しかけ花火って感じのは無く、オーソドックスな打ち上げ花火だけだったけど、なんか日本の夏って感じでした。
そして、あらためて、観光地に住んでいるということを実感。大量の人と車で、なかなか帰るのが大変でした。でも、ウチから間近で見られる花火は、とてもキレイでした。
 
 
 
修理見積もりを出したVAIO type P、買ったときにSONYオーナーメードを使ったのもあって、3年保証に加入していたため、M/Bの交換が無料で行ってもらえることに。
 
しかし、交換後の確認でOSの一部がクラッシュしてしまっていることが分かり、リカバリの必要があるとのこと。つまり、7に上げたPがVistaに戻ってしまうということ。ソフトの再インストールは面倒なものの、データ自体はほぼ全てSD/MSの外部メディアに入れていたので、まぁ外付けBDドライブもあることだし、まっさらな状態に戻すのも悪くないかなと思い、リカバリを実施してもらうことに。
ここまでは無料だったのだけど、どうも、キーボードのツメが折れていたり、LCDのベゼルが欠けていたり、ヒンジ部に隙間ができていたりと、機構的な故障もあるということで、こっちが有償になるとのこと。それは直さなくても動くことは動くんだけど、それが遠因で今回のM/B故障になったと思われるので、それらひっくるめて全てを直してもらうように依頼。
 
結果、総額¥16kくらいらしい。これが¥20k超えたら諦めようかと思っていたんだけど、切るなら修理してもらった方がいいなということで。
っていうか、よくよく考えたら、PはほとんどがM/B仁実装されているので、外装交換もしたら、実質モニターLCDとSSD以外、ほぼすべて新部品になっちゃうのよね。僕のP、「一番出荷数が少ないらしい緑+キーボードがストア限定のダークブラウン」という公正なので、結構特殊なのだけど、保守部品はきちんと残っているようでなにより。
 
あまり意識して無かったけど、長期保証に入っていて助かりました。ただ、その保証も、今年の9月には切れるはずだったから、壊れるタイミングとしては、まぁよかったのかもしれない。
入院の保険は入ってなかったので、そっちは大打撃なんだけどさ……。
 
 
ちょっと、ホイホイとカバンの隙間にねじ込み過ぎたのを反省。まぁ、薄くて小さい機動性は生かしていきたいけど、もうちょっと丁寧に扱っていこうと思います。その特異な画面解像度とAtomの非力な処理能力のせいで、初登場時の大々的なアピールのわりに、その後は低い評価をされがちなVAIO Pだけど、旅行のお供にはとても良いマシンなので、これからも長く付き合っていきたいです。
とはいえ、Windows 8世代では、もっとアクティブに持ち運べるPCが出てきそうではあるけどね。タッチパネルでヒンジが180度開くPとか出たら完璧なんだけど。
 
 
 
そんな中、E3のニュースを見る限り、どうやらMicrosoftは、XBOXを巻き込んだいろんなサービスを考えている様子。
ニュースとかの記事で見る限り、今の、OSとOfficeソフトの収益だけで生きている状況を変えるほどのインパクトがある結果につながる可能性を感じる。
とはいえ、それらは基本的に「コンテンツを見る/聞く/遊ぶ」ためのサービスで、「作る」ではない。ま、WinRTとか、クリエイター側へのツールも用意されているけど、それは「アプリの制作」であって、データ作成とは関係ない。
 
どうも、「コンテンツ」と呼ぶほどではない「データ」は、全てクラウドに上がった物のことを指す言葉になって行きそう。それは、「日記」が、ローカルに書きためたテキストデータとして存在するのではなく、blogで直接ブラウザから書くような感覚。そこには、僕は大きな違いを感じるのだけど、PCじゃなくてケイタイから入っている世代には、なにも違和感ないのかもしれないね。
 
僕は、この記事をPCのローカルでテキストエディタで書いています。今後も、ブラウザで直接書こうとは思わないだろうけど、それができなくなる日ってのは、そう遠くないうちに来るのかもしれないなーと思ったりもするのでした。

|

« 気がつけば今年も半分の月 | トップページ | ナツイロナナツイロ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気がつけば今年も半分の月 | トップページ | ナツイロナナツイロ »