« ウチのイオンさん | トップページ | 夏入り »

2012年6月 3日 (日)

気がつけば今年も半分の月

7/1のガストのイベント、スパアリじゃなくてソニックシティだった。規模を考えれば、そりゃそうだ。
とはいえ、ガストの知名度で大宮ソニックシティを満席に出来るのか?という点には疑問が残る。それとも、僕が思っている以上に知名度高いんだろうか?
 
でも、一般的に「ガスト」と言ったら「すかいらーく」だしなぁ……。
 
 
 
名古屋市の商店街である大須にある、結構規模の大きなゲーセン「アーバンスクエア大須店」が、閉店してました。お客さん多くてにぎわってたと思うんだけど、どうやら運営会社の方針転換らしい。
もともと、アーバンスクエアは九州の会社で、九州以外のお店って3店舗しかなかったんだけど、その会社自体が社名変更したりでイロイロ変わるらしく、それを機に九州以外のお店をすべてたたんだらしい。んー、もったいない。
でも、別の会社がゲーセンとしての運営を引き継ぐらしく、今月中に別のお店になってリニューアルオープンするとのこと。このアーケード冬の時代に、ただ潰れるだけじゃないってのは、ちょっと珍しい。
 
大須は、ここが無いとなんかしっくり来ないので、早く復活して欲しいです。
でも、再開した店舗に、去年終了してオフラインのまま稼動していた「悠久の車輪」は無くなっているんだろうなぁ……。
そして対照的に、オフライン版のアケマスは残っていると思う。
 
 
とは言いつつ、ここしばらくは、あまりゲーセンに行ってなかったんだよね。「戦国大戦」も、「島津と毛利が出てきたら本気出す」とか思ってたわりに、この2家が出てきたのを最近まで知らなかったし。
ちなみに、ここで島津と毛利なのは、毛利が出身地、島津が大学のあったところだから。
 
出身地、正確には吉川家なんだけど、大名区分では毛利の土地なんだよなぁ。でも、今週のトロステでもあったように、戦国時代終盤では、毛利家よりも吉川家のほうが力あったみたいだけど。あ、吉川は「よしかわ」ではなく「きっかわ」ね。
鹿児島の島津家は、戦国時代も、幕末も、結構影響力があったけど、いかんせん本土最南端という土地柄、最後は歴史の表舞台から遠ざかる運命なのよね。鹿児島市の歴史資料館は島津家の武家屋敷なんだけど、当時の時代の最先端をいってたんじゃないかなーってモノがいっぱいありました。
僕のイメージでは、毛利は精太頑駄無、島津が駄舞留精太頑駄無。
 
 
 
手持ちガジェット再構築計画の一環で、ちょっと調べたら、Advanced W-ZERO3[es]が普通にGoogleカレンダーと同期できることが分かって驚く。しかも、かなり簡単だった。なんてこった。
まぁ、あんまりクラウドにデータを乗っけるのは好きではないんだけど、こないだの入院で色々と思うところもあったので、これからはそこそこ活用していきたい。
 
しかし、5年以上前のケイタイOSでもちゃんと対応しているのはスゴイ。Microsoft自身がまったく活用できていないのとは対照的。MSNとか、しょっちゅう仕様が変わるし、WindowsLiveに落ち着くのかと思ったら、また名前変えるみたいだし。
ネットを使ったサービスにおいて、Googleがいかにユーザーのツボを押さえているかというのがよく分かります。たとえニッチな路線でも、必要なことはやっている。
 
そのあたりが、今の日本の電機会社大手との違いなんだよなぁ。下手に売上高が兆円の規模になっちゃうと、数億単位以下の規模の市場が飛ばされてしまう。赤字額が数千億もあれば、そりゃそんな数字を拾ってきても誤差なんだろうけど、そこをきっちりフォローするか否かで、市場の信頼度とかブランド認知度って、地味に変わってくると思うんだ。
まぁ、もうそんな長期的な考えが出来る余裕がないんだろうけど、目先の赤を消すことだけをやってたら、すぐにジリ貧になっておしまいなんだよね。
 
素人が言うまでも無いことだけどさ。
 
 
 
んー……今年の行く先は、まだ見えないなぁ……。

|

« ウチのイオンさん | トップページ | 夏入り »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウチのイオンさん | トップページ | 夏入り »