« ナツイロナナツイロ | トップページ | はやーい つよーい かっこイイ (ボクミターイ) »

2012年6月10日 (日)

マシンテリブル

VAIO type Pが帰ってきました。
――が、Windows 7 UpdateKitが見つからず。っていうか、未開梱荷物の中なんだろうけど、Pの箱は見つかって、アップグレードキットかどっかいったままとは、なんたることか。
 
まぁ、サービスパック導入後のVistaは、以前に比べれば相当マシなので、ひとまずVistaの方でセットアップ中。
んー……今回はこのまま行くかなぁ?まぁ、ディスクさえ見つかれば、すぐに再インストールするけど。
 
 
 
で、そのためにソニーストア名古屋に行ってきたんだけど、ちょうど、今度出るハイスペックデジカメの「DSC-RX100」のイベントやってたから見てきました。
 
このデジカメ、新しい大きめCMOS撮影素子と高級レンズの高級コンパクトで、スペックを見たときは、「いくらハイエンドでも、今更27mmからの3.6倍ズーム域じゃなぁ……」とか思ってたんですね。
 
いやー、カメラマンの作例見てたら、あまりのすごさに驚いた。標準レンズ付けてるだけだったら、NEX-5Nよりもこっち買った方が遙かに良い。その差は圧倒的。
 
最近だと、キヤノンのS100とか、オリンパスのXZ-1とか、リコーのGR Digitalとか、スナップ用のハイエンドコンパクト機とか、一定の需要はあるけれど、それはカメラメーカーとしてのブランド力でもってるだけで、家電メーカーが出してもダメなんじゃないかって思ってました。
が、そこさえ抜ければ、コレはそれらカメラメーカーのハイエンド機を一蹴するくらいの写りでした。
まぁ、機械としての使い勝手で好みの部分ってあるとは思うけど、RX100は、Cybershotじゃなくてαと同じMENU構成で、なおかつコンパクト向けの設定しやすさを考えている感じだったので、今までのSONY製コンパクトがダメって人でも、いけるかもしれない。
 
とにかく描写が凄すぎて、「ホントにコレがSONYのカメラ?」って感じでした。まぁ、今日話しに来ていたレンズ開発者は、元ミノルタの人ばかりだったけどね。
いや、ミノルタの晩年は、ホントひどいコンパクトカメラしかなくて「そりゃつぶれるわ」って感じだったけど、今回のRX100は、まさに「今ミノルタが生きていたら出てくるカメラ」だと思いました。
 
 
惜しむらくは、キヤノンのG1Xみたいに、液晶がバリアングルでないってことですね。僕は、ファインダーはいらないけど、バリアングルは欲しいので。
 
さすがに、この域をカバーするレンズを買ったばかりなの、コンパクト機を買う気はないけれど、もし一眼レフカメラを持っていなかったら、旅カメラとしてコレだけでイイんじゃね?って思うくらい。
ま、なんだかんだで、今のデジカメ市場は値段優先なので、あまり売れないとは思うんだけど、こんな感じの、こだわりある物が出てくるってのはいいなーと思いました。
 
 
 
そんな中、今年も応援中のGOOD SMILE RACINGのミク号。第3戦が行われたマレーシアで、我らが0号車が、まさかの最終LAPでマシントラブルによりストップ。リタイアにはならなかったものの、12位扱いと、今季初のノーポイントに。
むむむ……あの谷口NOBをもってしてこの結果とは……今年はキビシイな……。

|

« ナツイロナナツイロ | トップページ | はやーい つよーい かっこイイ (ボクミターイ) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナツイロナナツイロ | トップページ | はやーい つよーい かっこイイ (ボクミターイ) »