« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

だっちゃー

一息ついて、今期のアニメを一通り眺めながら、石原夏織嬢の出現率に驚く。
――いや、出現率だけだったら、他にも売れっ子な声優さんはいらっしゃいますが、石原嬢の場合、EDのスタッフロールが出るまで、はたして石原嬢なのか、水橋かおり女史なのか判断がつかないところが恐ろしい。
 
 
そして、相変わらず深夜アニメはいっぱいあって録りきれないなーと思うと同時に、「nasneとは一体なんだったのか?」と思わざるを得ません。
「SONYタイマー」とか言う以前に、ここんとこ不具合で延期という製品が多い印象。ファームウェア不具合によるα57の延期とか、SONY Tabletの4.0アップデート延期とか。
今年に入って社長が交代したけど、ゲーム開発と同じようなノリで発売延期するとか、家電ではありえないと思うんだ。
 
 
 
ご当地ヒーローカードが、あと三矢サイダーについている「ダッチャー」と「トコロザワン」の1枚ずつになりました。が、さすがにもう売っているお店を見つけられません。
んー……トコロザワンがダサいと言ったことを根にもたれたか。あと2枚まで来たから、何とか手に入れたいところだけど。

| | コメント (0)

2012年7月30日 (月)

捜索

マンガだって、ネームが多いと引かれるらしいから、ラノベの文章密度が低いのは、そう望まれているからだとは思うんだ。
だけど、そんな文庫本ばかりが、各社合わせて月に50冊以上も発刊されてりゃ、さすがにどうかと思うわけよ。
 
 
 
久しぶりに立川へ行ってみたんですが、駅前にあった第一デパートが閉店していてビックリ。今年の5月には、その46年の歴史に幕を閉じていたそうで、2015年を目途に、立川再開発の目玉となる巨大ビルに生まれ変わるらしい。
っていうか、立川は、再開発が必要なほどしょんぼりな街には見えないんだけど……。
 
Tachi_1stdep

第一デパートは、下のフロアが服飾などで、上のフロアがサブカルメインという、ちょっと変わったデパートでした。
特に、サブカル系店舗の一角を占めるコトブキヤは、東京の郊外店舗で最大級のガレキ系模型店でした。
っていうか、コトブキヤは創業が立川だし、今も本社が立川にあるしね。どうやら、デパートの閉店と同時にお店もなくなっちゃったらしいんだけど、そのうち、また復活して欲しいな。
 
立川にあるガレキショップだと、他にボークスがいるんだけど、ドール主軸のボークスは、またちょっと立ち位置が違う印象。
 
まぁ、最近はぜんぜん模型やってないんだけどね。ガンプラでさえ、ぜんぜん作ってない。
静岡にガンダムが立ってたときや、ダイバーシティで、ガンプラ自体は結構買ってるんだけどね。組む時間が無いのと、飾る場所が無くて。
 
 
あと、第一デパート前にあったゲーセンも潰れてました。規模は小さかったけど、よく行ってたので、結構寂しい。
 
 
今日は行かなかったけれど、そごうが撤退した八王子も、ビックカメラとか出来て結構変わっているようなので、またそのうち行ってみよう。
 
 
23区外の東京でも、町田、立川、八王子、吉祥寺は、結構大きな町なので、住むにはいいと思うんですよね。まぁ、23区民に言わせれば、区外は田舎らしいけど。実際田舎っぽい部分も多いけど。
昔住んでた調布も、もうすぐ駅の地下化工事が終わるようなので、再開発が一気に進むんだろうなと思う。前の会社で近所に住んでる人がいて、「駅前の看板に『平成25年完成予定』とか書いてあってずいぶん先の話だなと思っていたけど、気がつけば来年なんだよね」という話をして、月日の経つのは早いもんだとしんみりしました。
 
あー、あと、区外だと府中が大きな市なんだけど、あそこはどちらかというと史跡とか神社とかの町という印象。駅前のデパート以外は、駅周辺のビルってほとんど公共施設だし。
ただ、SEGAの直営基幹店であるSEGAワールド アルカスは重要。しばらく行ってないから、また今度、何かイベント事がある時に行ってみよう。
 
 
 
――と、出かけたりするのは、部屋の状況からの現実逃避である感は否めない。
まだ未開封ダンボールが30以上あるというのはどういうことだろうか。すでに50以上のダンボールを廃棄し、明日廃棄予定のダンボールが20以上もあるというのに。
 
さすがに、物理的におかしいのではないかと思うとともに、それをこの部屋に入れきった引越し業者に感心するのでした。
っていうか、ヒト一人の荷物じゃねーな。引越しのたびに思うけど。

| | コメント (0)

2012年7月27日 (金)

2012 JAXA相模原オープンキャンパス(1日目)

ALTIMAってワーナーだったのか……PVに岡本女史が現れてビビる。
 
もはや、ジェネオンユニバーサルよりワーナーの方がパイオニアLDCだよなぁ……っていうか、そろそろ本気でジェネオンのビデオ部門は、イロイロ考えなきゃならんのではないだろうか。4代目の親は現れないと思う。
 
 
 
今日は、年に1度のお楽しみ、JAXA相模原のオープンキャンパスに行ってきました。ここしばらく、毎年行ってるけれど、今年も去年同様の人出な印象。はやぶさカプセルが帰ってきた一昨年は、驚異的な大行列で、見学も大変だった。
 
Jaxa2012_01a

先日来た引越し先が、JAXAから徒歩でも20分かからない場所にあるので、のんびりと出かけることが出来ました。――と言っても、8:30から川口教授の講演会整理券のために並んで、16:00過ぎまでずっといたのだけど。
 
はやぶさ2の計画も順調に進んでいるようで、はやぶさの成果を中心にアピールしていたここ2年の内容よりも、次の話を中心に展開していたのが、今年の特徴かと思います。
 
Jaxa2012_01b
 
入り口すぐにあるはやぶさの実物大模型も、頭のアンテナが二つあって2仕様っぽくなってたし。
 
あと、ここ数年、このオープンキャンパス時はずっと雨続きだったのだけど、今年はガッツリ晴れ。そして猛暑。
こういうイベントごとは、晴れた方が絶対にいいね。
おかげで、中庭でやっていた、探査ロボットのデモも、例年になく順調に行われていました。
 
 
お昼は、出店で「UFOハンバーガー」なるものを食べました。

Jaxa2012_01c
 
ハンバーガー自体は、リッチなパンズに厚めのパティで、「おいしいパン屋さんのハンバーガー」といった印象。上に乗っているウィンナーは、たぶん宇宙人のイメージなんだろう。
なかなかにおいしゅうございましたが、ちょいと高い。まぁ、屋台ってのは、そういうもんだと思うけど。
 
 
Jaxa2012_01d
 
あと、地元FM局が出張に来ていました。というか、地域FMなんてのがあるんだね。
番組自体は聞けていないのだけど、見ている限り、展示物の解説とかイベント情報なんかを流してたみたい。
なかなか現地で聞けるものではないのが難点。展示物見てるのに、ラジオ聞きながらは歩けない。
 
 
今日は講演中心に見て回ったので、明日は展示やデモを中心に見て回る予定。金,土で開催ってのが、夏休み中のお子様連れ向けのイベントらしいけど、やっぱ宇宙科学の現場公開ってのもあって、大人の男性も多いです。あと、結構年配の参加者が多いんですよね。
やっぱ、少年はいつまで経っても宇宙好きなんだよなーとか思ったりします。

| | コメント (0)

2012年7月26日 (木)

我が故郷、岩国が、久々に基地問題で全国区のニュースに。
基地問題は、沖縄ばかりが被害者面しているけれど、そのあおりを食うのはいつもウチ。沖縄が拒否した設備が岩国に送られたことも何度か。
 
ちなみに、岩国市は、米軍の騒音があまりに酷いために、個人公営を問わず、住居等の窓はすべて国の助成により防音ガラスになっています。また、それにあわせて、冷暖房機も支給されています。
このため、特に私学のお金のある学校でなくても、小中学校には冷房が設置されていました。
これ、はじめからそうだったわけではなく、80年代頃に実施されたので、僕が子供のときは、家に「防音工事」として、1~2ヶ月くらい業者が出入りするという事態が起こってました。あれは本当に不便だった。
さらに、古くて効果もいまひとつなので、あまり冷房は好まれておらず、結果窓を開けたりしていると、航空機の演習による轟音で授業が中断したりといったことがおきていました。今は改善されたんだろうか?
 
なお、当然のように、電気代は個人負担です。
 
米軍機の騒音は、テレビの音量をMAXにしても、その内容が聞き取れないほどの威力があります。一般航空機とは、その高度が違うので、うるささは比較にならない。
 
 
そういう環境で育ったので、僕はUSAが嫌いなのです。まぁ、戦後日本の政治がひ弱なので、自衛隊だけに防衛を任せると心配ではあるんですが。
 
 
相模原も米軍の基地があります。あるとき、間違って基地の敷地内に入りそうになってあせったけど、あらためて地図で見ると、相模原駅の半面全域が治外法権区域になっていて驚く。前に済んで他地域の近くにも在日米軍居住区があったけど、政令指定都市で、これだけの領域の治外法権区域があるのは珍しいのではなかろうか。
 
その影響があって、相模原市は、スカイツリーの電波を直接受けられず、J-COM経由で建物内に入れてるんだそうな。今日ウチに来た担当者が言ってたけど、実際ワンセグもほとんどのチャンネルが映らないので、結構強めの電波が出ている様子。
 
そのおかげで、横浜では映らなかったTOKYO MXチャンネルが見られるようになりました。tvkとMXがあれば、たいていのアニメは入るね。そして、両方で放映しているのもあるので、録画時間がかぶるのも防げる。
 
あとは、nasneが全うに動くのが出てくれば。
あれだけ大々的にPRしておいて、いざ出たと思ったら不良品があるってことでドタキャンとか、さすがにどうかと思う。っていうか、最近SONYはそういうのが多い。SONY Tabletのアップデート延期にしたってそうだし。
 
 
先の楽天の電子書籍端末騒動もそうだけど、なんだか家電製品の完成度が落ちているみたいで、技術者としてはヤな感じ。
「アップデートで対応すれば良いや」とか担当者が思っているなら、とんでもないことだ。
 
後々、きちんとした性能のものが出ても、お客さんが、今、買ったものが、今、まっとうに使えないなら、次は無いと思う。

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

前期で「ハイスクールDxD」をやって、今期で「だから僕は、Hが出来ない」を流すのはどうなんだ?と思っていたけど、似たりよったりの作品が大量生産されるのも、イマサラな気がしてきました。
まぁ、件の作品は、下野紘がカッ飛ばしているおかげで面白いのだけど。
 
あと、半年前に「戦国乙女」やって、今も「戦国コレクション」やってるのにもかかわらず開始した「織田信奈の野望」も、何もこのタイミングで開始しなくても……と思いました。
こちらは、作画が良好で、原作よりも尺がかなり詰まっているためか主人公のKYさがマイルドになっているので、まぁそれなりだという印象。原作は酷いけど、その酷さは、主に文章力の無さからくるもので、プロット自体は平凡なので、作画の良いアニメであれば、原作よりは面白くなるんじゃないだろうか。
 
MF文庫と並び、GA文庫の作家陣も大概酷いけど、ネタとしてはアニメ向きだよなー思う。中高生男子が読むのを前提として書かれていることを考えれば、あまり細かいことを言うのも野暮というものか。
 
 
少し前、ラノベ原作アニメが増えてきたときに、結構ラノベを買ったり図書館で読んだりしたけど、今回の引越しで本を増やすのには懲りてきたので、ちょっと気になるタイトルは、電子書籍で買えるかを確認したりしています。
ウチにはSONYのReaderがあるのだけど、これを買った当初では、あまり買える本も無くて、主に古典SFを中心に買っていました。それが、今ではそこそこラインナップも増えてきているので、特に完結が見えてきているような作品は、電子書籍のほうがいいかなという感じ。
 
ただ、一部の作品――というか、出版社の作品は、挿絵が無かったりするのが難。それじゃラノベの魅力の9割くらいが削られる。
僕はReaderで読むのが基本だけど、SONY Tablet Pでも、同じく読めるので、挿絵がカラーとかでも問題なく見られるんですよね。このこともあって、漫画を電子書籍で読むのも悪くないと思えるようになってきました。
 
あとは、各出版社のキャンペーンとか、一部アニメショップ系書店の特典がつかないのがデメリットなだけで、電子書籍だと場所は取らないし、取り出しも容易なのですぐ読めるしで、結構いい感じ。
でも、まだまだ電子化されている書籍は多くないので、たとえば絶版書籍なんかを電子化で再販とかすれば、そこそこの売れ行きはするんじゃないかと思う。特に30代くらいのロードス世代あたりには、また読み返したいって思う人も作品も多いんじゃないかな。
 
 
そんな、いまだマイナー感がぬぐえない電子書籍業界で、楽天が大風呂敷広げて勝負を挑んできた「kobo Touch」が、イロイロと酷いらしい。
PC Watchの記事を読む限りだと、いったい三木谷は何をしたかったのか理解に苦しむ。
 
少し前に、PSPでのコミック配信終了のアナウンスがあったり、そもそも日本での電子書籍立ち上げは何度か失敗しているわけだけど、音楽も映像もネット配信化が進む中、書籍も電子化の選択肢を用意するのは当然の流れだと思う。
紙をページ数分用意する「本」という形態も重要だけど、選択肢がひとつだけというのは無いと思う。目的に応じてユーザーに選択させるべき。
ただでさえいまひとつ感のある電子書籍専用端末の存在を、さらに疑問視させる楽天のやり方は、さすがに反省して欲しい。まぁ、企業買収でしか技術力を上げられない会社の製品なんて、所詮この程度ということか。
 
 
日常がSFになる日は、まだまだ遠い。

| | コメント (0)

2012年7月23日 (月)

1週間経過

引越しから一週間が経ちました。ここ数日は寒いくらいの気候でダンボール解体もはかどった気がしますが、まだまだ終わりは見えません。
そして、いまだ荷物の海から救い出せていない我が身分証明書はいずこへ……転入手続きが出来ないんだけど……。
 
そして、torneも同様に埋もれたままなので、テレビを見ることができません。まぁ、そんなに困ることも無いんだけど、せっかく関東に戻ってきて、アニメ録画できないのもね。
ケーブルテレビの手続きは、今週の木曜日に。それまでには何とか一通り復帰させないと。
 
 
 
この一週間やってきて、ネット回線はWiMAXで十分まかなえるんじゃないかという結論になってきました。サーバー立てて、頻繁にアップロードすることがあるならともかく、ダウンロードがもっぱらだと、この回線でも十分な帯域を確保できている印象。ニコ生も途切れずに見られるしね。
通信費も馬鹿にならないので、このままWiMAX回線で行ってみようかなと思っています。不動産屋がE-MOBILEやらを勧めるのも、あながち間違いではないね。
 
屋外で使う場合、地下鉄など、途切れる箇所も多く、僕の使ってるモデルだと6時間くらいしかバッテリが持たないので、気付いたときには切ることも必要になってくるけど、据え置きとしてみれば、いちいち回線工事をしなくてもいいっていうメリットは、なかなかのものがあります。まぁ、持ち家に住んでる人には関係ないけど。
ただ、これは、地方にうつると変わってくるんだよね。前の会社の事務所、電波入らなかったし。
 
なので、地方に出かけるときは、念のためAmazonSIMを買ってIDEOSに入れとけば間違いない。
この辺、プラチナバンドを使った通信網の整備で、つながりやすさとしてはdocomo一人勝ちの状態は変わるんだろうか。
 
 
 
今日は月曜日だったけど、すでに夏休みに入っているせいか、街には学生さんが多い印象。あと、この時期、学校の前を通ると吹奏楽部の演奏が聞こえてきますね。
そして、あらためて思うけど、関東圏はやっぱりスカート丈が短い。そして、セーラー服は少ない。
名古屋住んでて意外に思ったんだけど、いかに100万人政令指定都市とはいえ、地方だと、スカート丈はひざ上くらいだし、ブレザーよりも圧倒的にセーラー服&学ラン。関東圏に比べて、圧倒的に学校の数が少ないんだと思う。なので、制服の区別が必要になって、結果、ブレザーが多くなるのではないだろうか。
 
あと、帰ってきて実感したけど、名古屋は道が広い。広過ぎ。
それでいて、あの交通マナーの悪さは、どうしてなのか理解に苦しむ。
 
 
なんだかんだで、日本も広いね。

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

よろしく勇気

すでに大小合わせて40くらいのダンボールは解体しているハズなのに、いまだ、見える床面積は、部屋全体の2割ほどしかありません。なんとか横にはなれますが、布団とか敷けない。
それでも、ベランダに出るルートは作ったので、明日からは洗濯が出来る見込み。天気悪いっぽいので干せないけど。
 
明日で、大方のケリはつけたいけど、まだまだ先は遠いし、分類整理は、それよりさらに遠い未来。
ウチの地区は、ダンボールの回収が火曜日なので、何とかそれに合わせて追い出したい。じゃないと、開梱してもスペースが空かない。
 
 
 
ちょっと前から、ローソンのキャンペーンで、ドリンクに「ご当地ヒーローカード」が付くというのをやってます。コレを集めているんだけど、とにかく種類が多くて。
 
 
Localhero1

十六茶と三矢サイダーについていて、それぞれで種類が違い、同一キャラで2種の絵があり、全部で48種類もカードがあります。
何とかあと12枚というところまでは来たけど、このおかげで、ウチには十六茶と三矢サイダーが大量にストックされています。まぁ、お茶とかは、大量にあっても普通に減っていくので良いんですが。三矢サイダーも好きだし。
 
ネイガーやマブヤーが少しずつ認知されて、町興しに使われて久しい「ご当地ヒーロー」ですが、思ってたよりも、しっかりしたつくりのものが多く、結構いろんなところに居るみたい。
デザイン的には、おおむねヒーロー戦隊モノとメタルヒーローモノを組み合わせた感じ。
 
その中では、ちょっと古いデザインの宮城県ヒーロー「シージェッター海斗」というのがいたんだけど、カード裏に書いてある観光名所欄に「石ノ森漫画館」というのがあって、納得。そのものズバリ、石ノ森章太郎氏デザインのヒーローでした。はじめ、イナズマンかロボット刑事かと……。
 
ちなみに、今回のヒーローカードで、宮城県のヒーローは、この海斗の他に2人もいます。ただ、海斗だけはカッコ書きで「石巻市」と書いてあって、よりローカル感が増していました。
 
 
そして、このヒーローカードで、実はウチの地元にもご当地ヒーローがいることが判明。
 
Localhero2


彼の名は「ハクジャオー」。天然記念物である岩国の白蛇から生まれたヒーローらしい。ちょっと調べた限りでは、今年から活動している様子。
しかも明日は、実家から徒歩15分ほどのデパートに、「献血推進」という名目で御光臨されるらしい。行きてー。
 
そんなハクジャオーのカード裏面に書かれていた名産品と観光名所について、ジモチーのウツギさんが一言解説するゾ!
――とはいえ、僕も、山口県岩国市に住んでいた期間よりも、関東に出てきた期間のほうが長くなってきているのだけど。


ヒーローおすすめ! ご当地名産品&観光情報 ~山口県岩国市~ 

▼名産品
・岩国寿司
 ちらしっぽい押し寿司。メチャメチャ固める。確か何層か作った気もするけど、正確なところは知らない。
・岩国レンコン
 埋立地である岩国市は一般的な田畑での農作に適さないため、コレに対応した蓮畑がたくさんある。(あった)
・高森の皇牛
 これは聞いたこと無い。でも、昔高森高校は農業高校だったらしいというのは聞いたことある。今は玖珂も岩国市なんだよね。
・日本酒(だっさいなど)
 知らない。まぁ、どこでも地酒ってのはあるよね。
・錦川の天然アユ
 アユ自体は、川魚の独特の臭みなどあって、さほどおいしいわけではないけれど、錦川がいかにキレイな清流であるかというバロメータ的に扱われている印象。でも、ちゃんとワタ取って、塩かけて焼けばおいしいです。
 釣りをするには許可が要るので、近隣の釣具店などで許可証を買う必要がある。また、釣りが可能な期間も決められているので、事前に良く調べないと条例で罰せられる。

▼観光名所
・錦帯橋
 「岩国といえばコレ」というくらい、地域を代表する観光名所。修学旅行が広島だった場合、ほぼ確実にここもコースに入っている。「釘を一本も使っていない」ということで有名だが、台風によって何度も流されており、現在かかっているのも、何度目かの修復作業後の物。ただ、美しさは変わらない。
 通常時は「この水量でココまで立派な橋が必要なの?」と思うくらいだが、雨後の錦川の水流をナメてはいけない。
・岩国城
 毛利の分家、吉川氏の居城。錦帯橋からこの城へ続く景観は、なかなかに美しく、非常に日本的なのだけど、今の岩国城自体は、廃城後に再建したもので、ただの郷土資料館。城下は公園として整備されていて、春秋の年2回に市とか中国新聞社が主催する写生大会が行われている。
 ロープウェイを使ってこの城まで来れるほか、登山道を使っても登れるが、麓から見ていたほうが幸せなくらい、あまり何も無い。
・白蛇神社
 岩国で白蛇神社といわれるようなところはいくつかあるが、ここでは、来年の巳年元旦からオープンする観覧所のことを言っているのだと思う。何度か行ったことがあるけど、そんなに大した施設ではなかったが、どうやら大々的に神社っぽくリニューアルするらしい。
 観光で見に行っても、昼の白蛇は、ほぼ寝ている。
・地底王国美川ムーバレー
 知らないし、聞いたことも無かった。いつの間にこんなの作ったんだ?っていうか、美川町も今は岩国市なのね。
・岩国の鵜飼
 毎年夏の夜に行われる伝統行事。地味だけど風情はある。後継者不足が叫ばれて久しい。



 
 
以上、ウツギさんの岩国解説でした。
 
 
この「ご当地ヒーローカード」、全部集めたいけど、もう置いてるお店も少なくなってるんだよね。少し足を伸ばして探してみようか。
 
それはともかく、今回の48種類の中では、「航空戦士トコロザワン」が、ズバ抜けてダサいと思いました。他のヒーローに比べて、やっつけ感がハンパねぇ。
さすが埼玉ですね。

| | コメント (0)

2012年7月16日 (月)

移転

というわけで、相模原に戻ってきました。
 
 
いま現在、高くそびえるくろがねの城を築き上げているダンボールが部屋の9割を占めているため、今日は横になって寝られない状況です。
でも、WiMAX導入のおかげで、回線工事しなくてもネット環境は全く問題ないのがありがたい。いろいろ情報得るのにネットは不可欠なので。
で、今回のマンションは光回線を引いていないので、このままWiMAXだけで行くか、ケーブルを引くか、来週JCOMと相談。本当は今日来てくれたんだけど、とてもじゃないけどそういう話が出来る環境ではなかったので。
 
名古屋に移動したときは、実質半分以上の荷物が未整理状態だったので、今回はちゃんと全部整理して、不要な物は捨てるようにしたい。本当に、ウチにはモノがあり過ぎる。特に、本。
 
 
そんなこんなで心機一転。今年の後半戦、がんばって乗り切ろう。
 
 
……引越し費用のあまりの高額さに、かなり泣きそうですが……。

| | コメント (0)

2012年7月 9日 (月)

最終週間

IMG_20120708_164102.jpg


Android 向けのココログ更新ツールがあったので使ってみた。
ちゃんと使えるかな?


「アニプレおとなしいな」とか言ってみたけど、今期って「DOG DAYS」に「恋と選挙とチョコレート」に「ソードアート・オンライン」というラインナップなのね。容赦ねーな。
まぁ、恋チョコとかは、原作通りなら面白くならないだろうし、SOAとか、同じ作者の黒雪姫様に比べれば圧倒的に地味だし、まぁ手堅くいってる感じか。
っていうか、てっきりソードアートはジェネオンが取ると思ってたから意外。やっぱり人が抜けると扱う作品も変わってくるか。
 
それにしても、「トータルイクリプス」のデキに驚愕。イマドキあんな昭和のなんちゃって終末SFに需要なんてあるの?5,6年前の、まだマブラブに市場価値があった頃ならともかく。
っていうか、まだageってあったの?
 
 
 
最新回のトロステで「ロボティクスノーツ」の特集をやっていて、すでに発売されていたことに気付く。
あー、そういえば、ウチの中探せばポケコン出てくるな。高校時代に使ってたシャープ製の。しかも、工業高校や高専生専用のタイプ。
21世紀が来る前に休刊してしまった「ポケコンジャーナル」なんか見てプログラム打ち込んで、それ改編してゲームなんか作ってたね。マシン語もちょっとだけかじったけど、かなり難しかった。
その頃からtron構想はあったけど、今じゃOSの標準はWindows とAndroid 含むUNIX 系で、国産OS とか、誰も興味ないよなぁ。
 
まぁ、Android は、久々にプログラミングしたくなったけど、最近は仕事でもソフト書くようになったから、あの頃の考え方とか思い出すこともあります。
結局、どこで何を作っても、自分のやることは変わんなくて、職について言えば、もうあとは会社のやることが気に入るかそうじゃないかってことだけかなって思います。
 
 
その辺にわがままを通そうとするあたり、まだまだ子供だなーって反省しますね。

| | コメント (0)

2012年7月 7日 (土)

Project DIVA f 体験会

今日は、ゲーマーズ名古屋店で行われた、PS VITA版Project DIVA fの体験会に行ってきました。

Divaf_test


名古屋ゲーマーズのミクさん体験会は、PSPの2ndから参加してるから、これで通算4回目。で、名古屋のお店に参加するのは、これで最後の予定。
名古屋の人の動きも大体分かってきたので、早朝並ぶことなく、9:30頃にお店に行って14;00からの会の整理券をゲット。いつも9:20頃から配布が始まるんだけど、その頃までに集まるのって、大体60人前後くらいなんだよね。だったら、無駄に並ばないで、集合した人に配り終わったあとに行ったほうがラク。
何より、ウチから名古屋ゲーマーズって、自転車で15分かからないし。
 
体験会自体は、70人=1時間で区切って、13:00~17:00まで並ばせる(終了18:00)感じでした。だから、参加したのは大体300人弱じゃないかな。
 
すでに4月末のニコニコ超会議や、プロモーション映像もガンガン流れているので、どういったものかは分かっていたんだけど、実際にVITAの画面で見たら、ポリゴンミクさんがぐりぐり動きまくりで、カナリようございました。チャイナ服のルカ姉、ヤバ過ぎ。ボタン押すの忘れる。
あと、当然ではあるけど、UMDの読み取りの遅さみたいなモタツキが全く無いのも良い。ゲームって、テンポが大事だからね。
僕は、PSPにおけるUMDは、別に悪いメディアではなかったと思っているけれど、既にHDDをフラッシュメモリで置き換えるくらいの勢いで大容量&低価格化が進んでいる現在では、他に互換性の無い光ディスクというものに古臭さを感じるのは致し方ないトコロ。
 
4ボタン以外でも、画面をこするといったアクションが増えたり、今後もイロイロ調整が入りそうだけど、4年目を迎えたSEGAミクゲームは、実に安定した佳作に仕上がりそうで楽しみです。
 
このへん、分割商法を正当化するために、いまさら再びPSPで出そうとするアイマスとは対照的。
っつーか、NAMCOの開発陣が、せっかくトゥーンレンダリングとモーションに心血注いでるのに、ただの音ゲーをキャラごと3分割にしてPSPのローポリで出すとか、意味がワカラン。たとえ曲数が多いっていっても、どうせ半分くらいは有料DLコンテンツとして出すんだろうし、「容量が足りない」とか無いと思う。フルサイズでもないと思うし。
まぁ、ガチャ商法にケチがついて、モバイルアプリ版の収益を補填しなきゃいけないのかもしれないけど。
 
 
さて、このVITA版DIVA、PS VITA初の専用同梱モデルが同時発売されるわけですが、その予約は、ネットでは瞬殺だったんですよね。珍しくSONYストアでも受け付けてたけど、あっという間になくなってた。
でも、リアル店舗ではそこそこ受け付けていて、実は、僕も店舗予約しています。黒VITA持ってるけど。
 
で、それは当然、名古屋のお店なワケです。
つまり、VITA版発売日に、また名古屋に来なければならないのです。
 
ま、それくらいは、わけ無いけどね。8月の終わりに名古屋旅行するってことなだけ。ちょいと面倒ではあるけど。
 
 
DIVAはアーケード版もバージョンアップしてシステム一新されたし、なかなかSEGAががんばっているので、飽きるまで付き合って行くつもり。来年はPS3版も出るようだし。
んー……その頃までには、3DのTVが欲しいなぁ。実のところ、うちには地デジテレビ、いまだに無いんだよね。torneでPS3からDELLモニターにつないでいるだけなので。
あー、引っ越したらnasneの導入も考えたいな。WiMAX経由で、外からでも録画予約できたりVITAでアクセスしたり出来たら、かなり便利。
 
ウチのシステムも、これを機会にちょいと見直すことにしましょ。

| | コメント (0)

2012年7月 6日 (金)

星に願って

関東圏ではあたりまえな電車の中吊り広告ですが、地方の路線では、あまりありません。それは大阪や名古屋でも変わらず。
その反面、車社会な名古屋ではロードサイドの立て看板が多いです。
 
そんな広告看板を作る業者が、通勤路の途中にこんなCMを出してました。
 
 
Boad01Board02


……これ見て発注する会社は、自社をどう宣伝したいんだろうか……?
 
 
 
7月に入ってアニメもシーズンが変わったけど、名古屋はまだ半分も新作始まってない。というか、「夏色キセキ」とかは、ようやく最終回。最後までぱっとしないアニメだったけど、伊豆には行ってみたくなりました。
「モーレツ宇宙海賊」とかは、「何であの原作からこんな地味な作品になったんだ?」という感じ。あきまんの画集とか出てたけど、これも起用理由がまったくワカラン。っていうか、制作時間に余裕があったはずなのに、あの作画でOKなん?
あと、同監督作品の「輪廻のラグランジュ」が、シーズン2、1話目丸々前作の総集編で驚いた。投げやりなOVA作ってる場合じゃないだろ。っていうか、時間無いなら2期目なんか作るなよ。
「貧乏神が!」は、原作好きなんだけど、アニメは盛大に空回っていて、ちょっと痛々しかった。面白くなると良いんだけど、どうも原作つきギャグアニメは、サンライズと合ってない気がする。
あと、今期は久々にアニプレがおとなしい気がしたけど、そういえば「DOG DAYS」がこっちでは結構あとから始まるんだった。長々と「りりかるなのは」の再放送をやってるんだよね。なのはのタイトルにある「りりかる」って、作品とまったく意味がない気がする。
 
その他、まだHDDにたまったままの作品は多いけど、再来週から消化していこう。引越しのタイミングで、東京と名古屋の放送時差のため、数話飛ぶだろうけど。
 
 
 
そんなこんなで、引越しの現実から逃避したい今日この頃。でも、これを気に、イロイロすっきりさせたくもある今日この頃。
ま、期限は決まっているので、やることやら無いとなぁ。
 
明日の七夕は晴れるっぽいね。

| | コメント (0)

2012年7月 4日 (水)

通信事情

日本通信のSIMの期限が切れた――というか、正確には、容量制限で打ち止めに。
120日使用か、1GB使用で終了ということだったんだけど、2ヶ月くらいしかもちませんでした。結構容量使ってるなぁ。
っていうか、最近のWebサイトって、広告有り過ぎ。企業サイトやECサイトはともかく、個人ブログとかでも大量のアフィリエイト広告が貼られていたりして、かなり通信容量をとられている感じでした。
少し速度は落ちても、期限決めの容量無制限のほうが、自分の使い方には合っているらしい。Amazon専売のSIMとか出てきたので、そっちに乗り換えるかな。
 
こないだ関東に出かけたときに、はじめてWiMAXルータを関東圏で使ってみたんだけど、思ったほどつながりやすくは無かった印象。まぁ、街中で使う分には、下り2M/上り600kって感じだったけど、電車内はかなりの頻度で途切れてました。特にJR。小田急も、山に囲まれるとダメね。
首都圏だったら大丈夫かなーとか思ったりしてたけど、そんなことはありませんでした。
 
ただ、何もなさそうな住宅街とか、駅から遠く離れた公園とかでもつながりはしたので、電波自体は来ているんだろう。
とはいえ、上りでメガ出ないから、自宅に回線ひかずにWiMAXオンリーで、ってのは無しかな。引越し先は、光は無いけどケーブルTV経由があるそうなので、その状況を確認してから決めよう。
そうすると、すでに固定番号を消去している身としては、NTTとの関係をばっさり終了できるので、ちょっと良いかな。
 
 
後は、こっち来るときにJRコンテナ二つ分にもなった荷物が、どこまで圧縮できるか……そして、引越し料金を、どこまで値切れるか……。
あ、新住居の家賃は、交渉で¥2kも下がりました。不動産屋から送られてきた振込み以来用紙の金額が、最初の見積もり料金からガクッと下がっていて、何事かと思いました。
 
 
あとは、今どうも折れてるっぽい足が気がかりだけど、まぁ、何とかなるよね。
……まったく腫れひかないし、さすがにヤバイ気もするけど、つながりさえすれば何とかなるハズ。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »