« 9月半ばの八景 | トップページ | ちほー »

2012年9月24日 (月)

東京ゲームショウ2012

八景島の話が終わってないけど、先にこっちを。シーパラは、実は土曜日にも行ったので、写真増えたんだよね。
ココログは1ファイルのサイズが1MB以下じゃないといけないというルールがあるので、編集がメンドイのです。
 
 
 
Tgs2012_1
 
というわけで、ゲームショウです。去年はアイマスを見に行ったけど、今年は、そっちはスルー。ま、そもそも不可能だったのだけど。
 
で、相模原から幕張まで行くと、始発でも7時前後。どうしたものかと思ったけど、当日ちゃんと起きられたので、朝4時過ぎに部屋を出ました。睡眠時間3時間弱。前日は八景島にいたので、わりとお疲れ気味。
そして、まさかのどしゃ降り。去年も朝は雨降ったよなぁと思っていたら、まさかの一日降り続くという苦行。7時半頃にメッセに着いたんだけど、その後2時間半以上、傘をさしてつっ立っていました。このときが一番眠かった。行きの電車は、乗り換え多くて寝られなかったんだよね。
 
10時ちょいで、入場待機列に対してアイマスイベントの整理券配布終了のアナウンスが。ホント、アニメ化で人気を持ち直したんだね。
後で、このイベントのタイミングでたまたまNBGIのブースを通りがかったけど、どうやら「ぷちます」がアニメ化されるらしい。アイマス廃人は来年もしっかり予算確保しとけよ。確実にぷちますの課金ゲーム来るぞ。
 
 
入場時の整理券でモンハン4のプレイ整理券を貰い、メッセ会場内へ。ただ、このプレイ開始時間が14:10~ということで、とりあえず、全体を見て回る。
 
 
で、端にあったブシロードで近々配信開始されるというモバイルゲームを試遊。あんまり期待してなかったけど、これが意外に遊べた。
Tgs2012_2
最近、いくつか入れて自分でもやってるんだけど、ケイタイのSNSカードゲームって、みんな同じなんですよね。ホント、カードを集めるだけ。
でも、ブシロのモバイルゲームである「ブシモ」は、もうちょいゲーム性があった。どこが課金ポイントになるかはよく分からなかったけど、「ミニゲーム付アドベンチャーゲーム」といった趣。Chaos TCGなんかは、まるっきりTCGを再現してるし。
ただ、そういった関係で、いわゆる「空き時間にちょっとだけやる」といったモバゲ風の遊び方はできない。むしろ「なんでDSやVitaでの課金ゲームにしないのか?」と思う。あるいは、iPhoneを完全にゲームプラットフォームと認識しているのかもしれない。DSやVitaよりも常時の携帯率が高いと判断したということだろうか。

あと、普通にライガーやタイガーマスクがプロレスしていたのに驚いた。今の新日本プロレスの主力ってよく知らないけど、このあたりはベテラン過ぎる。
……そのあと、普通にゲームショウを楽しんでいたライガーを見かけて、そういえば獣神もオタク趣味あったんだったっけと思い出しました。そもそも、「獣神ライガー」自体、永井豪だしね。


そのあとは、セガやカプコンを眺めたり。どこも混んでて、試遊はそんなにできませんでした。とはいえ、プレイアブルでの注目作って、それほど多くないし、あっても入場規制入ってたりしてたんでね。

Tgs2012_3
カプコンは、とにかく立体物に凝ってました。異議あり!ナルホドウ君とか序の口。モンハンブースは、たった4日間のためにどんだけ世界作ってんだよ、というレベル。
Tgs2012_4
 
  
 
Tgs2012_5
SEGAは、既存ゲームとも関連したモバイルゲームを多数用意してきたけど、ブシモと同じく、やっぱりそれまでのソーシャルカードゲームよりはゲーム性の高いものでした。これからはそっちのものが増えていくんだろう。
ただ、iOSやAndroid端末対応のゲームでも、iPod touchと3キャリア以外のタブレット端末で動くのかは不明。例えば、GREEはどの端末でも動くけど3キャリアのメールアドレスが必須で実質3キャリアの携帯登録してないと使えないし、モバゲはソーシャル系の機能を使う部分だけ3キャリアの電話番号が必要になる。
いわゆる「身分証明」として3キャリアの携帯電話登録情報を要求しているので、他の単独ゲーム会社が今後どう動くのかは未知数。SNSのような機能を入れなければ、Google PlayやiTunes storeの決済だけで課金ゲームは成立すると思うけど。
 
 
去年のゲームショウは、開催前はソーシャルゲーの台頭でケイタイゲーが人気だろうって思われてたけど、実際に始まってみたら、GREEもモバゲも、ブースが広いだけで空気だった。
でも、今年は、結構なユーザーがいたという以外に、モバイルゲーム関連企業が元気だった。ゲーム会社自体も、すでにソーシャルゲームは扱っていて当然って感じだったし。


Tgs2012_6
特に「Gloops」のデカさには驚いた。ステージも派手。ゲームの内容には若干首を傾げざるを得ない部分もあったけど、それを力押しでねじ伏せてる感じ。
 
Tgs2012_7
「GMOアプリクラウド」とか、携帯課金ゲーのサーバー開発をしているだけなのに、痛車用意してユーザーにアピールしてみたり。余談だけど、個人的にはこのブースが一番良かったと思います。
Tgs2012_8
 
 
いつまで続くかはわからないけど、間違いなくゲーム業界にソーシャルバブルが来ている。
ただの泡じゃなくて中身がつまってくるかどうかは、今後の努力次第。
 
 
Tgs2012_b
 
SQEXは、今年もチョコボとスライム浮かべているだけの空気。
――イヤ、海外人気も高いし、女性にもウケがいいし、レイヤーさんもSQEX作品扱っている人は多いのだけど、画の展示ばかりで、ここは本当にゲームメーカーなのか?と思う。
まぁ、僕の興味を惹かない作品ばかりというだけなのだけど。でも、日本最大のゲームパブリッシングのわりには、作品によってTGSから発信するメッセージが皆無。
 
 
KONMAIは、ソーシャルゲーに傾倒しているなーという印象。
メタルギアは「作らなきゃいけないから作っている」ってだけに見える。もちろん、色々頑張ってはいるんだろうけど、「もう、いいよ」と思わないでもない。
  
 
今年、ちょっと意外だったのが、NBGIの元気のよさ。今のCESA会長がバンダイからの副社長ってのが影響でもしてるんだろうか。
それにしても、今のバンダイナムコは、どこからどう見ても「バンダイ」。ナムコという会社が存続しているとは思えない。
 
 
で、今年のビッグタイトルのひとつ「Project X zone」、思ってたよりも面白そう。基本、キャラゲーだけど、もはや新作が絶望的な格ゲーのキャラが生き返るのって、こういう企画くらいしかないよね。
まぁ、ちょっと「スーパーロボット大戦」みたいなタイトルが増えてきた感はあるけど、そこそこ長くなるとこういう企画が多くなるのかもね。
あと、「カプコン x セガ x バンダイナムコのゲームメーカー三社による究極のクロスオーバー」と言われるけど、普通に考えて「カプコン x セガ x バンダイ x ナムコ」の四社だよね。
 
 
あと、メダロット社で、最近出た3DS版を試遊。思いの外、3DSでの立体視が良かった。買おうと思ってるんだけど、ちょいと資金不足なのよね。
と思っていたのだけど、買っていたらTGSでアイテムが貰えたので失敗でした。さらに、3DS持ってきてたら、ARでのカメラ撮影で、メタビーとロクショウとの2ショット撮影ができたとかでガッカリ。最近Vitaばかりやっていたせいで、3DSを持ち歩く習慣がなくなっていたのが災いしたのでした。TGS、任天堂来ないから、なおさら。
メダロット、またアニメ化とかしないかな。もちろん初期型で。魂はホントにカンベン。
 
Tgs2012_a
D3は、思いのほか色々出していたけど、地球防衛軍関係をレゴで作っていたのがかっこよかった。ジオラマ作品っていいよね。
 
 
そんなこんなでグルグル回っていたら2時を過ぎたのでカプコンブースへ。
 
Tgs2012_9

さすが、最新版「モンハン4」。整理券を大量配布していたけど、それを捌ききる、凄まじい数の試遊台。しかも、シングルプレイと4人マルチプレイの2種類を用意してました。
で、すっかり忘れていたんだけど、4って3DSなのね。モンハンといえばPSPっていうイメージがあったので、説明書見せられて2画面構成だったことに、今更ながら驚きました。
 
ゲーム的には、3Gの延長線上で、これに新武器と坂道ジャンプ&それに関連したアクションを追加したのが基本。新武器は、巨大な虫を操るという、結構トリッキーなもの。召喚系のアクションを取り入れるのは、ここしばらくの流行りだけど、何故に虫?
ジャンプアクションには、敵モンスターに乗るということもできるので、色々できることはありそう。

総じて、正常進化のゲームといった印象。3DSでの映像も、思いの外綺麗でした。3DS LLに対応した拡張スティックも出るようだし、かなりの期待作。でも、発売は来年の3月なのよね。年内に出れば、年末年始のお共に最適だったろうに。
 
 
で、その後、再度ブシロブースに。ブシモでゲームが出る関係で「ラブライブ!」がステージイベントをするということだったので見に行ったのでした。
前日情報で、14:00から列整理するって話だったけど、普通に外周立ち見できるでしょ、ということで行きました。実際、下手に人の波に入るよりは、吊るされてる映像見ながらちょい後ろで見てたほうが良かった印象。
それに、あのイベントヲタの渦中に入るのとか、カンベン。アイマスもそうだけど、何でアニメ声優系グループのライブって、イタイのが固まるのだろうか。
 
イベントは、トークではなくライブだったので、終始盛り上がっていた印象。ただ、端から見ると「マニアックなアイドルとイタいヲタがお祭りしている」という図式に見えなくもない。
ライブの内容自体も、曲目が、今年初めから展開しているメンバー数人の組み合わせによるシングル揃いだったせいか、歌いなれてない感が半端無く、歌詞間違いや音外し、曲のテンポに間に合わない等のミスが連発。まぁ、イベント合わせのお祭りだけど、来月のDENGEKI MUSIC LIVE大丈夫か?と思わないでもありませんでした。同じ幕張メッセだし。
まぁ、ラブライブ出演者中9人の内、fripSideの南條女史は体調不良で休みで、ミルキィホームズメンバーの二人は前日に京都でライブやった上に、今日のステージ後にはまたミルキィとしてでなきゃいけなかったから、なかなか難しいところもあっただろうけど。っていうか、平安神宮奉納ライブって、なんか流行ってんの?
 
雑誌の誌上企画から始まっている作品なせいか、メジャーなメディアに上る前にコアなファンがついているせいで、これからの舵取りに懸念が残るラブライブだけど、曲とPVは良いので、作り手も送り手も幸せになれる展開になればいいなぁと願わずにはいられません。
 
 
で、その後回った時に、バンナムブースでアイマスの「生っすか」のイベントを見かけたわけですよ。NBGIのブース前と、ゲームショウ入り口ほとんどの領域を囲って出来ていた観客ブースを見て、「あぁ、ラブライブのイタいファンとか全然可愛いもんだな」と思ったのでした。
ぷちますとか、僕には何が楽しいのかさっぱり分からないけど、公式が周辺企画を取り込んで育っていくのはここしばらくの傾向としてあるので、これでさらにアイマスの寿命が伸びるのだなーと思いました。ナムコ末期の作品なのに、ほんとバンダイ向きの企画だったんだなぁ。
 
 
 
Tgs2012_c
 
そんなこんなで、今年のTGSは終了。帰ってきてからのニュースで「こんなのもやってたのか」とか「これ見るの忘れてた」とかもあったけど、まぁ十分見てこれたかなーと思う。
今回、物販コーナーに一歩も足を踏み入れなかったけど、ちょっと失敗だったかもしれない。予算がないので、できるだけお金を使うところにはよらないでおこうと思ったからなんだけど、意外と物販コーナーでも配布物とかあったみたいなので、よく見ておけばよかったかなーと。
 
なんだかんだで、ゲーム業界もまだまだ新たな展開をしたり、進歩の余地はいっぱいありそうで、今後の展開が楽しみです。
ただ、日本においては、XBOX 360が、まるで存在感皆無というのが鮮明になって来ました。これがWindows8発売後、少しでも変化が出るのか興味あるところです。
 
……コンパニオンさんの写真とかは、上げないよ。Google写真検索とかで出ると、面倒なんだよ。先のGMOの小さい写真くらいで我慢してね。

|

« 9月半ばの八景 | トップページ | ちほー »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 9月半ばの八景 | トップページ | ちほー »