« ちほー | トップページ | 平成二十四年度下半期 »

2012年9月30日 (日)

おんざびーち

今日は朝から江の島まで。「TARI TARI」のBD発売記念イベント参加抽選の漏れたので、せめて物販と現地を見てくるくらいはしたかったので。
 
Tarieno_01
 
9:30から開始で、11:00くらいになっても、会場をぐるりと囲むくらいの行列に驚いた。物販だけでここまで人が集まるんだから、そりゃイベントも落ちるわな。
欲しい物いっぱいあったんだけど、どうしても手持ちがなかったので、内容の鮮度が大事なラジオCD以外は、後日の通販を期待することに。オタクに金持たせてもロクなコトしないけど、資金のないオタクは存在意義に疑問が出る。
物販行列は正午過ぎには解消されたらしいし、完売品もそんなにはでなかったようだけど、台風が来るという日に神奈川の橋で行われたものとしては十分だったのではないかと。和奏さんちも賑わったらしいし。
イベント自体も、公録あり、高校生参加の合唱ありで、かなり良さ気な内容らしかったので参加できた人が羨ましい。ただ、2回まわしの2回目の方は、台風上陸中だったと思われるので、参加者の皆様は無事帰宅できたのだろうか?
 
 
Tarieno_02
 
帰りに見かけた猫。一点にちょこんと座って、じっとしてました。場所のせいもあって、ちょっと神様の遣いっぽい。
 
 
昼前には当初の目的を果たしたので、帰る前に、新江ノ島水族館へ寄ってみる。
 
Tarieno_03
 
今まで、そんなに思ってなかったけど、よく見るとペンギンて可愛いのね。いやー、びっくりした。泳ぐ姿は、結構ヤバイね。
年間パスポートを買っていたので、思った時にふらっと寄れるのがいいね。あまり広い水族館ではないのだけど、企画展示もやってるし、いろいろ海洋研究にも熱心だし、1日ガッツリ見るよりも、何回かちょくちょく来るのがいいところだと思うので、また時間ができたら行ってみようと思います。
 
 
 
で、今回は、台風が来ることもあって早めに帰るつもりだったからCASIOのデジカメだったんだけど、やっぱりコンパクトデジカメでも解像度の高いスナップが撮れればなーと思う場面は多いわけです。記録画像だったら問題ないんだけど、景色がいいところだと、自然の情報量ってかなり多いので、帰ってPCで撮った画像見た時に「もうちょっときっちり写ってればな」と思うことが多々あるわけです。
今までだと、ある程度は諦めざるを得なかったんだけど、最近は高級コンパクトデジカメを作るのがメーカーのトレンドらしく、こないだドイツであった展示会では、かなり面白そうなカメラが発表されていました。
 
いわゆる「ミラーレス」とか言われる、小型のレンズ交換式は興味なくて、レンズ一体型で、それ単体で持ち歩くのもいいし、一眼のサブとして一緒に持ち歩けるものがいいと思ってるんですが、ドイツの展示会であるフォトキナが始まる前は、SONYのDSC-RX100か、NikonのP-7700かなーと思ってました。RX100はスペックが圧倒的で、これまで何度かSONYストアで触ったり写真家セミナーで見聞きして凄さを実感してたけど、唯一、モニターがバリアングルでないのが不満でした。逆にP-7700はバリアングル液晶で、スペック的には無理をしないでまとめてきたものの、レンズの明るさ確保のためにレンズバリアじゃなくてキャップ式なったのが大いに不満。
 
で、色々考えつつ、年末にRX100購入するのが一番いいかなーと思ってたんですが、ここに来てオリンパスがXZ-2というのを出してきました。これが、実に良さ気で注目しています。
NikonのP-7xxxxシリーズを検討して、やっぱり候補から落とした理由を、こちらはほぼ解決してるんですよね。レンズは明るいし、ボディサイズもコンパクトだし、レンズキャップはレンズの可動に合わせて開くキャップがオプションで存在するし。ズーム倍率が低いのが難点だけど、ここはレンズサイズとのトレードオフなので致し方ない所。
とにかく、背面モニターがチルトアングルなのが良い。僕にとって、モニター可動式というのはカメラを選ぶ上で結構重要な項目です。PentaxのOptio 750Zを長いこと使っていたのも、そのためだし。ただ、コンパクトデジカメでは採用数がかなり減ってるんですよね。CanonのPowerShot Gシリーズがバリアングルを使っていて、もう少し小型化するかズーム倍率が上がったらいいなと思っていたのに、最高級版のG1Xでは大型化した上に最短撮影距離が長くなり、最新版のG15では、今までのものから大幅に小型化した結果バリアングル液晶を諦めるという退化っぷり。
で、ようやく、コンパクトデジカメといえるサイズでの可動液晶カメラが出てきたというわけです。
 
 
ただ、今までオリンパスのカメラは使ったことがないので、新製品であるXZ-2がどんなものか、まだ良くわからないんですよね。このへん、どこか使える機会があればいいんだけど。高級機って、お店でもちゃんと使える展示品がなかったりすることもあるし、何より操作がやや複雑なので、いろいろ調べないと判断できない。
とはいえ、スペック的には、僕の必要条件を満たしているので、結構有力な候補になっています。 
カメラがあると、色々と出かける動機付けにもなるので、持ち歩くのに苦にならないものを持って出かけたいです。
 
 
……ま、しばらくは貧乏なので何ともなりませんがね。年内いっぱいは、かなり制限して生活しないと、相当ヤバ目。11月までしのげば、なんとかなると思うのだけど……。

|

« ちほー | トップページ | 平成二十四年度下半期 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちほー | トップページ | 平成二十四年度下半期 »